スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
乗鞍高原・善五郎の滝
- 2007/05/16(Wed) -
『陽を浴びて降り注ぐ』
(1)


『むかし善五郎という釣り師がいて、ある日滝の下でイワナ釣りをしていた。すると、ググっと確かな手ごたえがあり引きあげようとすると、逆に引き込まれ滝壺に落ちてしまった。びっくりした善五郎は竿を捨てたまま、岩の上にはいあがり一目散に村へ。さっそく里人たちに話したが一向に信用されず、繰り返し話す善五郎に呆れて"善五郎の滝"と呼ぶようになった。』
・・・松本市発行「観光ガイドブック」より引用

撮影地:長野県乗鞍高原「善五郎の滝付近」(共通)
撮影機材:キャノンEOS30D TAMRON SPAF24~135mm F/3.5-5.6 AD ASPHERICAL [IF] MACRO (共通)
撮影データ:ISO100 f/5.6AE(SS1/25秒) -0.7EV 135㎜(216㎜相当・PLフィルター使用)
撮影年月日:2007年4月29日(日)


あと5枚掲載しています。続きもご覧下さいね♪

(2)
IMG_070517_02.jpg

善五郎の滝は標高1,500Mの地点で小大野川の水を集めて落水しています。
落差21.5M、幅8Mの端正な滝で、滝見台より一段上に登った場所からは乗鞍岳が望めてなかなか絵になります。
観光ポスターにも使われた構図ですが、その当時よりも木々が生長して若干景観が変わっているようです。
ここではパンフォーカスにするために、デジタルではご法度の絞りこんだ撮影をしています。

撮影データ:ISO100 f/22.0AE(SS1/8) -1.0EV 24㎜(38㎜相当・PLフィルター使用)

(3)
IMG_070517_03.jpg

滝の落ち口を狙ったものです。
日陰にはまだ雪が残っていて、雪国の滝であることを実感します。
午前10時頃までですと、朝日が当ることで虹が見えることがあります。
この時は11時近かったため、残念ながら虹を見ることは叶いませんでした。

撮影データ:ISO100 f/16.0AE(SS1/3秒) -1.0EV 99㎜(154㎜相当・PLフィルター使用)

(4)
IMG_070517_04.jpg

この滝は季節にもよりますが、昼近くになると完全に太陽光は届かなくなります。
と言うのも、滝の南側が鬱蒼とした木々に覆われているためです。
ですから、ドラマティックな効果を期待するのでしたら、遅くとも現地には午前9時までには到着しておきたいものです。
まぁ、日影では白飛びしにくくなりますから、それはそれでいいと思います。

撮影データ:ISO100 f/10.0AE(SS1/5秒) -0.3EV 52㎜(83㎜相当・PLフィルター使用)

(5)
IMG_070517_05.jpg

日陰になるとスローシャッターを選択しやすくなります。
と言うことは、糸を引いたような水の流れが表現できるわけですね。
ここで痛恨のミスに気がつきました。
この日のためにNDフィルターを購入したのに、見事に家の防湿庫に忘れてきてしまったんです(涙)

撮影データ:ISO100 f/11.0AE(SS1/4秒) -1.0EV 74㎜(118㎜相当・PLフィルター使用)

(6)
IMG_070517_06.jpg

これは滝の右側に回りこんで、わざわざ水量が少ない部分を狙ったものです。
この一部分だけには太陽の光が届いていましたので、ローキーな表現を試みてみました。

撮影データ:ISO100 f/11.0AE(SS1/8秒) -1.0EV 135㎜(216㎜相当・PLフィルター使用)
スポンサーサイト
この記事のURL | 滝・渓流 | CM(16) | TB(0) | ▲ top
<<レインボーブリッジを歩いて | メイン | HIMIKOに逢いに・・・>>
コメント
--
とても水がきれいな所ですね!
水しぶきが、本当に繊細に、よく写っていて美しいです!
ところで善五郎さんは、滝壺にはまったおかげで名を残したわけですねぇ。よっぽど、大袈裟に村人に伝えたんだろうなぁ・・・。
ところで、トチノキですけど、あれは、正式には、ベニバナトチノキだそうです!毎度いい加減表記ですみません。えへ。
2007/05/16 00:36  | URL | ENO #NzyahQ86[ 編集] |  ▲ top

-さすが-
さすが滝好きZEISSさん!
色々な表情を撮られていますね(^^)
おぉ ND忘れちゃいましたか
私も数年前に西沢渓谷で同様の事やりました(^^;
5,2がいいですね(^^)
もうちょっと暑くなったら水辺にも行ってみようかな(^^)
2007/05/16 08:29  | URL | しーたけ #-[ 編集] |  ▲ top

-全景はそこそこの滝のようですが-
近くからだとなかなかの趣きで、最後のは少し光が入って幽玄ですね、個人的にはこの1枚がダントツのような気がします。
2007/05/16 12:31  | URL | Leo #-[ 編集] |  ▲ top

-ENOさんへ-
>水しぶきが、本当に繊細に、よく写っていて美しいです!
ありがとうございます。
この滝に日が当るのは11時少し前迄ですので、ぎりぎりのタイミングで撮影したのが1枚目です。
水は・・・乗鞍の雪解け水というか地下水でしょうね。

>正式には、ベニバナトチノキだそうです!
それはかたじけないm(__)m
。。。φ(ー`)メモメモ・・・ボキ!!☆(□`;)!!
2007/05/16 20:19  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-しーたけさんへ-
ありがとうございます。

72㎜と77㎜と両方揃えたのに全くお粗末な話で・・・(笑)
まぁ、PLで代用しましたが、内心「あ~あ!」でした。

>もうちょっと暑くなったら水辺にも行ってみようかな(^^)
もう行ってたりして・・・
今年は西沢渓谷は出遅れましたが、そろそろ出撃しようかな。
昨年でしたっけ、クマが出たのは?
2007/05/16 20:22  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-光と水のコラボに…-
見入ってしまいました。
綺麗ですねぇ。
滝つぼの色も繊細で美しい!
このような写真を見ると日本に生まれて良かったなと思います。
2007/05/16 20:23  | URL | すうすう #-[ 編集] |  ▲ top

-Leoさんへ-
全景でおぉ!と思うのは午前10時までの話です。
私が行ったのは10時半頃ですから、少し遅れてしまいました。
何しろ白樺峠の方を優先しましたから・・・

>最後のは少し光が入って幽玄ですね
ありがとうございます。
このカットを撮った後には、完全に光は滝を照らさなくなりました。
ぎりぎりのところでした。
2007/05/16 20:29  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-すうすうさんへ-
ありがとうございます。
何しろ「滝」の撮影は私のライフワークですから気合が違ってきます。
ここは比較的アクセスが楽で、駐車場から10分も歩けば見ることが出来ます。

>このような写真を見ると日本に生まれて良かったなと思います。
私もそう思います。
大陸系の大きくても大味な滝はあまり興味が湧きません。
2007/05/16 20:31  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-今晩は!-
善五郎の滝、瀑布の水音と飛沫がリアルに感じられます。
どれもよいですが、特にトップと4枚目・5枚目がいいです。
上高地から白馬そして乗鞍、ハードな撮影旅行だったかと思われます。
数々の早春のアルプス、楽しませて戴きました。
2007/05/16 21:29  | URL | 武ちゃん #FXtZUIiI[ 編集] |  ▲ top

-絹糸のような滑らかさ^^-
由緒ある謂われがあるんですねぇ~
感慨深く見させて頂きました^^v
それにしても落差はあまり無いものの水量が多いのか
迫力ありますねぇ~~
そして敢えてシャッター速度を落として撮影したのかなぁ
滑らかに絹糸のようで実に美しいです~~
特に4枚目5枚目は惚れ惚れします~~^^♪
2007/05/16 21:43  | URL | @ひろちゃん #-[ 編集] |  ▲ top

-水量-
今年は少なそう。。
降雪の影響も有るのかな。。
滝の水が少ないと、飲み水まで。。
どんな夏が来るのか。

そんな夏こそ、涼を感じる滝は最高。
手前が明るく、奥が暗いと奥行きを感じる事が出来ます。
露出の設定が難しそう。
2007/05/16 23:45  | URL | ふん転菓子 #F1fVxx/w[ 編集] |  ▲ top

-流石!-
こんばんは^^
滝を撮らせたら日本一!と言えばオーバーだと謙遜されるでしょうが
それに値する作品だと思います^^

特に1枚目と4枚目がお気に入りです。
それにラストの発想の切り替えが瞬時にできるあたりは流石です!

でも、NDを忘れるなんて。。。。。残念でしたね^^;
また、次が期待できるというものです!!
2007/05/17 00:06  | URL | ossanniichan #-[ 編集] |  ▲ top

-武ちゃんさんへ-
こんにちは。

今回はいつになく水量が少なく感じられました。
いつもはもっと凄いんですよ。
雪解けシーズンだけに「アレレ?」と思いました。

>特にトップと4枚目・5枚目がいいです。
ありがとうごじます。
好きなことをやっていますから、さほどハードとは感じませんでしたが、帰ってから疲れが出ました(笑)
この後はもっとハードなところへ出かけましたよ。
徐々にアップしていきます。
2007/05/17 12:17  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-ふん転菓子さんへ-
そうそう、今年は水量が少なくて驚きました。
仰るように降雪量の関係かもしれませんね。
ほかでも似たり寄ったりかな?

>手前が明るく、奥が暗いと奥行きを感じる事が出来ます。
明暗・・・光と影ですね。
暑いときこそ滝や渓流はいいですよ~。
西沢渓谷などはオススメです。
2007/05/17 12:20  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-@ひろちゃんへ-
ゴメンナサイ、一人飛ばしちゃいました。

>絹糸のような滑らかさ^^
今年は水量が少ないせいでしょうね。
いつもは幅いっぱいに落ちて迫力があります。
そういえば、先日アップした「番所の滝」も少なかったですね。

>落差はあまり無いものの水量が多いのか
迫力ありますねぇ~~
あっ、@ひろちゃんは多いと感じちゃったんだ。
じゃぁ↑の書いたモノ訂正しないといけないかな?(笑)

>敢えてシャッター速度を落として撮影したのかなぁ
そうですね、水量が少ないときはそうします。
逆に荒々しさを出すときは速度を上げます。

>特に4枚目5枚目は惚れ惚れします~~^^♪
ありがとうございます。
2007/05/17 12:26  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-ossanniichanさんへ-
こんにちは。

日本一はありえないですよ~。
3596番目くらいかな?(笑)

>特に1枚目と4枚目がお気に入りです。
ありがとうございます。
4枚目は別バージョンもあったんですが、ラストとの兼ね合いもあってこっちにしました。

>でも、NDを忘れるなんて。。。。。残念でしたね^^;
お粗末な話でした、はい。
2007/05/17 12:31  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://zeiss85.blog4.fc2.com/tb.php/793-0ff91fc6
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。