スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
乗鞍高原・番所大滝
- 2007/05/06(Sun) -
『轟くように落ちる』
(1)


番所大滝は、乗鞍高原の入口とも言える番所(ばんどころ)を流れる小大野川にかかっています。
標高1,248mの地点より落水し、その落差は40mを誇ります。
水量が豊富で、見た目以上の迫力がある滝です。

撮影地:長野県乗鞍高原番所(共通)
撮影機材:RICOH Caplio R4(共通)
撮影データ:ISO100 プログラムAE(SS1/79秒 f/4.5) -0.3EV 48㎜相当
撮影日:2007年4月28日(土)


あと7枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
(2)
R070506_02.jpg

これが番所大滝の全貌です。
焦点距離28㎜で十分に収めることができますが、APS-Cサイズの撮像素子を持つデジ一では17㎜前後の焦点距離が必要です。
これは屋根つきの展望台から撮影していますが、飛沫が容赦なく襲い掛かってきます。
まだ水量が少ない時期でしたが、これが5月から6月ですと大変なことになります。

撮影データ:ISO100 プログラムAE(SS1/97秒 f/3.3) -0.3EV 28㎜相当

(3)
R070506_03.jpg

滝の落ち口付近を狙ってみたものです。
垂直に落ちる滝ではありませんが、荒々しい感じがしますね。
因みに、私が泊まった宿は、この落ち口からさほど遠くはない場所にあるんですよ。

撮影データ:ISO100 プログラムAE(SS1/125秒 f/4.6) 0.0EV 155㎜相当

(4)
R070506_04.jpg

滝壺を狙ったカットです。
写真では分かりにくいと思いますが、飛沫は展望台まで舞い上がってくるんですよ。
勿論、滝壺の先にある小さな丘までびしょ濡れとなっており、通常の装備では行くと尻餅をつくのが関の山です。

撮影データ:ISO100 プログラムAE(SS1/97秒 f/4.5) 0.0EV 130㎜相当

(5)
R070506_05.jpg

これ以降の写真は切り取り方を変えていますが、二枚目を見るとどこを切り取ったのかがお分かりになると思います。

撮影データ:ISO100 プログラムAE(SS1/36秒 f/4.2) 0.0EV 100㎜相当

(6)
R070506_06.jpg

撮影データ:ISO100 プログラムAE(SS1/48秒 f/4.6) 0.0EV 60㎜相当

(7)
R070506_07.jpg

撮影データ:ISO100 プログラムAE(SS1/43秒 f/4.5) -0.3EV 48㎜相当

(8)
R070506_08.jpg

撮影データ:ISO100 プログラムAE(SS1/73秒 f/4.6) 0.0EV 60㎜相当

この番所大滝は乗鞍高原の中でも、私の一番のお気に入りの滝なんですよ。
今回は、ここからまた別のちょっと怪しい場所へも探検に行っています。
その続きは「写真ざんまい!デジタルざんまい!」を是非ともご覧下さいね♪
スポンサーサイト
この記事のURL | 滝・渓流 | CM(20) | ▲ top
<<皇居東御苑の躑躅(2) | メイン | 光が丘公園に咲く花>>
コメント
--
滝を見ると、滝修行しなくちゃと思っちゃう(爆
いえ、うそです。
こちらまで水しぶきがとんできそうです。自然はすごいなぁ・・・。
なになに?怪しい場所にも探検?・・・よし行ってみよう。
2007/05/06 01:56  | URL | ENO #NzyahQ86[ 編集] |  ▲ top

-小さいけどカッコよろしいなぁ(^^;;-
っと某カメメーカーを坊屋さんだっけ?(^^;;
っとついつい口をついて出てしまう(-"-;)

落差はあまりないようですけど、幅が広いのと水量が多いので
迫力は満点ですねぇ~~
特に2枚目全体像は素晴らしい眺めです^^v
乗鞍もあちこちに滝があるんですねぇ~
これは上高地へ行ったら是が非でも立ち寄ってみようっと(^^;;

なに?続きが?゛(ノ・o・)ノジャーンプッ!
2007/05/06 08:54  | URL | @ひろちゃん #-[ 編集] |  ▲ top

-乗鞍-
高原だけど、山岳地帯の入り口ですから滝が多そう。
未だに人知れずの滝や、期間限定の滝もあるかも。
連休中の滝ですが、雪が降るほどでしたから、冬の滝のように見えます。
滝の音が聞こえる宿は安らいだのでは?
2007/05/06 10:13  | URL | ふん転菓子 #F1fVxx/w[ 編集] |  ▲ top

-爽やか-
流れ落ちる水の様子を見ると爽やかな気分になれ
ますね。これからの季節は滝を見に行くと気持ちが
よさそうです。

R4が活躍していますね♪
コンデジでも、28mmから使えますから風景などの
撮影もいい感じです。
2枚目が良いですね~♪
2007/05/06 12:08  | URL | オクトパス7号 #E6kBkVdo[ 編集] |  ▲ top

-轟く・・・。-
体いっぱいに飛沫を浴びた気分です。
轟くように・・・という表現がぴったり。
滝の轟きもしっかり伝わってきます。
さて、別室にも行ってきます。
2007/05/06 18:19  | URL | KAEDE #-[ 編集] |  ▲ top

-凄いですねぇ~♪-
休みに出かけられる体力、気力に・・・
( ^_^)/□☆□\(^_^ )カンパーイ!
絶好調? 御見事!!ですねぇ~♪
滝は任せておけ~!って感じが全面に溢れてますねぇ♪
え? 樹木の引きも花のアップも任せておけ!なの?
ハイハイ、そういう可愛くないところがZEISS カラーなのよね。
┐(-。ー;)┌ヤレヤレ
2007/05/06 18:24  | URL | 雅陽 #mQop/nM.[ 編集] |  ▲ top

-こんばんは♪-
迫力ありますね!
音や水しぶきまで伝わってくる写真ですね。
とてもコンデジの写真とは思えません。

今日、随分降ったのでまた水かさが増して明日はもっとすごいことになっているのかしら。
行ってみたい。。。叶わぬ思いだけど。(笑)
2007/05/06 19:39  | URL | fuul #t50BOgd.[ 編集] |  ▲ top

-マイナスイオン-
マイナスイオン、思い切り浴びそうな写真ですね
コンデジとは思えない仕上がりですね(^^)
恐るべしコンデジ!というかZEISSさんの腕でしょうか(^^)
2007/05/06 20:36  | URL | しーたけ #-[ 編集] |  ▲ top

-こんばんは-
おぉ! 凄い!
轟音が聞こえてきそうな大迫力ですね。

R4、大活躍ですね。
やはり使いこなせる腕が素晴らしいと思います。
ちなみに私はISO64、スポットAF、WBは晴れ、時々曇り、色の濃さは濃いに設定しています。感光方式は分からないのでマルチです。

1,4,7枚目が好きです。

それでは私もジャンプしまーす。
2007/05/06 20:58  | URL | すうすう #-[ 編集] |  ▲ top

-ENOさんへ-
仰るように自然の力って凄いものです。
人間なんて、その前では卑小なものになってしまいますね。
所詮敵う訳がない、って・・・

それだけに自然に憧れる人が多いのでしょう。
私なんかも家でじっとしているよりはアウトドアへ!ですから・・・

>なになに?怪しい場所にも探検?・・・よし行ってみよう。
是非!!
2007/05/06 22:34  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-@ひろちゃんへ-
えっ、落差40mで小さい?
そうかぁ、@ひろちゃんって落差100mくらいの滝を見慣れているんだっけ。

>特に2枚目全体像は素晴らしい眺めです^^v
でしょう?
垂直に落ちるわけじゃないんだけれど、いろいろな落ち方をしているのがいいんですよ。
だから切り取り方もいろいろとあって、時間を忘れて撮影に没頭しちゃうんですよね。

>これは上高地へ行ったら是が非でも立ち寄ってみようっと(^^;;
そうそう、上高地だけでは勿体無いですよ。
是非とも乗鞍にもお立ち寄り下さい。
2007/05/06 22:37  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-ふん転菓子さんへ-
乗鞍は川も多くて標高差もあるので、結構滝は見所が多いですよ。
小さなものもありますが、代表的なものを今回はシリーズでご覧に入れたいと思っています。
今回は第一弾ね。

>滝の音が聞こえる宿は安らいだのでは?
滝の音は聞こえないけれど、せせらぎの音はgoo!ですよ。
これで泊まるのは4回目ですが、いつも我が家の如く寛いでいます。
2007/05/06 22:40  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-こんばんは-
おおっ、得意の滝ですね、さすがに上手いですね。
ホント水量が多くて迫力がありますね。
しかも、コンデジでここまで撮るとは、恐れ入りました。
皆良いけど、特に2,4が好みです。
2007/05/06 22:44  | URL | isyota #LkZag.iM[ 編集] |  ▲ top

-オクトパス7号さんへ-
乗鞍高原にある滝はどれも涼味満点ですよ。
と言っても、この日は冬のような寒さでしたから、涼味などと言っている場合ではありませんでしたが・・・

これからの季節は滝はいいですよ。
さほど山に分け入らなくとも見ることが出来る滝は多いものです。
深山幽谷にかかる滝はまた格別ですが。

>R4が活躍していますね♪
28-200㎜相当のズームを搭載していますから、十分に一眼レフのサブ機になります。
もう少しざらついた感じがなくなれば申し分なしです。
それとシャッタースピードと絞りのコントロールが出来ればねぇ。

>2枚目が良いですね~♪
ありがとうございます。
2007/05/06 22:46  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-KAEDEさんへ-
音と迫力に欠けては乗鞍高原随一だと思っています。
とにかく飛沫が半端じゃありません。
もう暫くすると、滝見台は大変な飛沫を浴びることになります。
今回はやや水量が少なかったようです。

>さて、別室にも行ってきます。
ありがとうございます。
何だか無理やり行かせているような感じでして・・・
2007/05/06 22:50  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-雅陽さんへ-
>休みに出かけられる体力、気力に・・・
>( ^_^)/□☆□\(^_^ )カンパーイ!
サンキューです。
お陰さまで転職も成功のようで、漸く泊まりで出かける気力が湧きました。
体力は衰えてはいないんですよ(笑)

>滝は任せておけ~!って感じが全面に溢れてますねぇ♪
そこまで驕ってはいないけれど、一応「滝」の撮影はライフワークなものでして・・・
どうも私は「花とオヂサン」と思われているんですけれどね。
本職?は風景、とりわけ山岳と滝なんですよ。
2007/05/06 22:53  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-fuulさんへ-
こんばんは。

この滝はなかなかいいでしょう?
数ある日本の滝の中でもお気に入りの一つなんですよ。

コンデジといっても600万画素はあるし、28-200㎜相当のズーム付ですから・・・
強いてあげればプログラムAEしか使えない点が辛いですね。
もっと絞りたいとか速度を遅くしたいといった欲求には応えてくれません。
でも、手放すことが出来ないカメラなんです。

滝は雨が降った翌日が凄いのですが、危険も大きくなります。
観光地にある滝は平気ですが、深山幽谷にかかる滝はヤバイこともあります。
2007/05/06 22:57  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-しーたけさんへ-
そういえば、この旅行中は滝を見てもマイナスイオンという言葉は浮かんできませんでした。
多分、寒かったからなんでしょうね。

R4は素晴らしいカメラですよ。
今はR6になって、さらに洗練されたようです。
GX100も気にはなりますが・・・
2007/05/06 23:00  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-すうすうさんへ-
こんばんは。

なかなかいい滝でしょう?
駐車場から100段(正確には数えたことは・・・)くらい降りれば簡単に見ることができます。
それでいて迫力がありますから、来るたびに見に行っています。

R4の設定で違うところは、色の濃度は普通にしてあります。
濃くすると色飽和が起きやすくなるものですから・・・
その分-0.3EV補正して濃く出るようにしてあります。

>1,4,7枚目が好きです。
ありがとうございます。
2007/05/06 23:36  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-isyotaさんへ-
こんばんは。

この滝は水量が多くて、本当にいい滝だと思っています。
乗鞍高原でもお気に入りの滝です。
コンデジといえども、R4はよく頑張ってくれています。
最新のR6だと、もっと画質はいいんでしょうけれど・・・

>特に2,4が好みです。
ありがとうございます。
2007/05/06 23:44  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。