スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
雪の平湯大滝にて
- 2007/05/04(Fri) -
『水墨画の世界』
(1)


平湯大滝の入り口に着いた時は雷鳴が轟いていて、霙混じりの雨が強く降っていました。
ちょうどお昼時でしたので食事を済ませてから滝へ行くと、霙はいつしか雪に・・・
辺りはモノトーンの世界となり、あたかも水墨画のような眺めがそこには広がっていました。

撮影地:岐阜県吉城郡上宝村「平湯大滝」(共通)
撮影機材:RICOH Caplio R4(共通)
撮影データ:ISO183 プログラムAE(SS1/73秒 f/4.7) 0.0EV 75㎜相当
撮影日:2007年4月28日(土)


あと6枚掲載しています。続きもご覧下さい♪

(2)
R070504_02.jpg

いつしか雪の降り方も激しくなり、視界もかなり悪くなってきました。
気温もぐっと下がり、一時的に駐車場に止めた車へと戻ることにしました。
土産店で待機しても良かったのですが、余計なものを買い込んでしまいそうでしたので・・・

撮影データ:ISO200 プログラムAE(SS1/90秒 f/4.0) -0.3EV 95㎜相当

(3)
R070504_04.jpg

ようやく雪も峠を越して、うっすらと雪化粧をした木々が目に飛び込んできました。
歩いても10分とはかかりませんので、再度滝へと向かうことにしました。
周囲も明るくなっていて、滝の周辺もクリアに見えますね。

撮影データ:ISO100 プログラムAE(SS1/143秒 f/4.2) 0.0EV 100㎜相当

(4)
R070504_03.jpg

視界もクリアになったことですし、滝を部分的に捉えてみることにしましょう。
コンデジにはデジタルズームという機能が搭載されています。
若干画質は落ちるものの、試す価値は十分にあります。

撮影データ:ISO100 プログラムAE(SS1/189秒 f/4.8) 0.0EV 300㎜相当(推定)

(5)
R070504_05.jpg

今度は滝の落ち口付近を中心に狙ってみました。
日光の華厳の滝には及びませんが、これもなかなか迫力があると思います。

撮影データ:ISO200 プログラムAE(SS1/164秒 f/4.8) 0.0EV 250㎜相当(推定)

(6)
R070504_06.jpg

滝を撮影した地点から、広めに周囲を取り込んでみたところです。
以前は滝壺近くまで行けたそうですが、現在は崩落が激しくて通行禁止となっています。
滝壺を見ることが出来ないのは残念ですが仕方がありませんね。

平湯大滝付近は整備されていて、平成16年8月に「奥飛騨平湯大滝公園」としてオープンしています。
駐車場はもとより、土産物店や食事処、今流行の足湯などがあります。
小さなお子様連れでも、お年寄りの方でも無理なく滝へ行くことが可能となっています。

撮影データ:ISO100 プログラムAE(SS1/176秒 f/4.4) 0.0EV 50㎜相当

(7)
R070504_07.jpg

滝へ行く途中には清らかな流れもあり、目を楽しませてくれます。
川原まで降りることは可能ですが、危険ですので砂防ダムに近づくことはやめましょう。

撮影データ:ISO192 プログラムAE(SS1/36秒 f/3.3) 0.0EV 28㎜相当(推定)

私のもう一つのブログ「写真ざんまい!デジタルざんまい!」で平湯大滝訪問記を記事にしています。
併せてご覧下さいね♪
スポンサーサイト
この記事のURL | 滝・渓流 | CM(20) | ▲ top
<<光が丘公園に咲く花 | メイン | 皇居東御苑の躑躅(1)>>
コメント
-おはようございます-
うわぁ~、雪ですか。
さぞ大変だったでしょうが、静謐な素敵な写真になりましたね♪
1,2枚目の雪の写真も素敵ですが、5枚目の青みを帯びた写真も素敵。
華厳の滝といえば、本当なら今頃は日光の予定でした。
一緒に行くはずだった友人がぎっくり腰で取りやめになっちゃいました。
残念だけどまたの機会ですね。
午後から、ブラブラするつもりです。
2007/05/04 09:43  | URL | すうすう #-[ 編集] |  ▲ top

-滝の上の木に-
積もった雪は泣かせてくれますね。
これまた粘り勝ちですね、3枚目は特にたまりませんな。
2007/05/04 16:20  | URL | Leo #-[ 編集] |  ▲ top

-雪と滝-
私も3月解禁と同時に渓流へ行くと毎回このような光景に出会います^^
釣り場を特定されないようカメラは持って出掛けませんが
何時かし掲載したいって思う場面ですねぇ^^

これは悪条件になった分素晴らしい光景に出会えましたね^^
やっぱり人の行かない時間帯や環境は素晴らしく
いいチャンスでもありますねぇ~
これは全部お見事です^^v

2007/05/04 16:34  | URL | @ひろちゃん #-[ 編集] |  ▲ top

--
中国の掛け軸に描かれた水墨画のような世界ですね。
このような風景を目の前に、ZEISSさんはどんな心境だったのでしょう?
想像も出来ませんが、私だったら心が躍ってしまっていたでしょうね。
しかし、雷鳴が轟いているのはいただけません。
雷が怖い私です。。。^_^;
2007/05/04 17:17  | URL | てっぴ #G91RSZjw[ 編集] |  ▲ top

-春の空-
夏と冬が喧嘩すると、生き物は逃げるだけ。
自然の猛威の一端が解る。
その自然がもたらした芸術は魅力にあふれています。
2007/05/04 19:23  | URL | ふん転菓子 #F1fVxx/w[ 編集] |  ▲ top

-こんばんは-
良いなぁ、こんなのを撮ってみたいです。
皆良いけど、特に1,2枚目が好みです。

4/28っていうとこの間の連休中の撮影ですね。
こっちの方は天気が良かったので、良いときに撮影旅行に行ったなぁと思ってたのですが、長野方面は天気が悪かったのですね。
でも、撮影は大変ですが、こっちの方が良かったのかもですね。
2007/05/04 20:43  | URL | isyota #5Q/Qhnj6[ 編集] |  ▲ top

-ご無沙汰していました!!-
今やっと上高地からずっと拝見しおわったところです。上高地は修学旅行で何度もつれていきました。母も大好きでもう一度行ってみたいと言っています。この写真をみてほんとうにうれしかったです。大正池は見ただけなので化粧柳はみたことなかったですね。
皇居の躑躅はすばらしい。ダヴィンチ展があるので東京にいくつもりですが、躑躅のある間にいこうかなあ・・・
今日の水墨画の写真、男らしい写真ですね。すごい力を感じます。
2007/05/04 22:09  | URL | きみかる #-[ 編集] |  ▲ top

-この時期-
この時期、雪の滝とは・・・
ここのところ山で遭難の事故のニュースをやっていますが自然は厳しいですよね
R4での撮影ですね(^^)
それでもばっちり。こんな時にコンデジはいいですね(^^)
2007/05/04 22:11  | URL | しーたけ #-[ 編集] |  ▲ top

--
☆‥まさに水墨画のようです。
寒さも増して大変(素手?)だったでしょう。
でも、かえって人も少なくなって、構図なども含めて撮りやすくなったかも‥。
単純にお天気がよければいい・というものでもない、とこの写真を見て思います。
2007/05/04 23:42  | URL | 武ちゃん #FXtZUIiI[ 編集] |  ▲ top

--
はい~とっても綺麗ですが、あまり危険地帯は入りこまないでくださいね~♪ ZEISSさん、なんか危ない感じがっ・・。
冬に戻ったかのような荘厳な写真ですが、ちらちらと緑が見えるところが、違うところなのですね。。。それもなんだか面白いです。
最後の写真の手前の岩の赤いのは、ここから先は行っちゃだめよのレッドゾーン?ですか??
2007/05/05 07:17  | URL | ENO #NzyahQ86[ 編集] |  ▲ top

-すうすうさんへ-
こんにちは。

最初は霙だったんですが、ぐんぐんと気温が下がってとうとう雪になってしまいました。
まぁ、写真としては雨や霙よりも絵にはなりますね。
小降りになったところで再度撮影しに行きました。

>5枚目の青みを帯びた写真も素敵。
ありがとうございます。
画像を現像するときに、ちょっとやり過ぎちゃいました。
他と色が違っちゃいましたね。

>華厳の滝といえば、本当なら今頃は日光の予定でした。
それは残念でしたが、GWには日光方面へは行かない方がいいですよ。
なかなか辿り着けないし、帰るのも大変です。
疲れに行くようなものかな?
今月後半から入梅する前がオススメですよ。
2007/05/05 12:58  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-Leoさんへ-
>滝の上の木に積もった雪は泣かせてくれますね。
思う存分泣いて下さい。
「お~い、山田クン、Leoさんにタオル1枚」(笑)

>これまた粘り勝ちですね、3枚目は特にたまりませんな。
ありがとうございます。
粘らいでか!って感じです。

勿論、その狙いはありましたが・・・
安房トンネル@750×2=¥1,500に駐車場が何と¥500ですからねぇ。
諦めるに諦められなかったです、はい。
2007/05/05 13:08  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-@ひろちゃんへ-
>釣り場を特定されないようカメラは持って出掛けませんが
釣り師はそうするそうですね。
でも、画像を公開しなければいいんじゃないかと勝手な想像をしてしまいますが・・・
折角なんだから。

>これは悪条件になった分素晴らしい光景に出会えましたね^^
そうですね、今度は真冬に来てみたいと思うようになりました。
こういった人が来ない(おれなりに観光客はちらほらとはいましたが)条件でこそ
見ることが出来ない眺めがありますね。

>これは全部お見事です^^v
ありがとうございます。
2007/05/05 13:28  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-てっぴさんへ-
>このような風景を目の前に、ZEISSさんはどんな心境だったのでしょう?
正直に言えば「やったね!」です。
上高地の荒天の中で見た一瞬の光など、一日でこんなに美味しいことがあっていいのか?
などと自問自答しましたよ。

>しかし、雷鳴が轟いているのはいただけません。
大丈夫です、お臍はちゃんと隠しましたから・・・(笑)

今回はいろいろとラッキーでしたが、乗鞍の帰りに交通事故に危うく巻き込まれるところでした。
それも2回も・・・R158を普通に走っていたのに、脇道から無理やり入ろうとするんですからねぇ。

先行車との間隔が広がっていたわけじゃないんですよ。
「ちゃんと見て運転しろよ~、地元の松本ナンバーの常識もない2台!!」と声を大にして言いたいところです。
それでも一台は本当に突っ込んで来たんですよ。
勿論、急ブレーキで難は逃れましたが。
2007/05/05 13:35  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-ふん転菓子さんへ-
季節の変わり目にはしばしばこのようのことが起きますね。
そこで撮影を諦めるか、敢えて行うかで分かれると思います。
今回はお気楽コンデジでの撮影ですが、それも一つのやり方でしょう。
こんなチャンスを放っておく手はないと・・・
2007/05/05 13:37  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-isyotaさんへ-
こんにちは。

>皆良いけど、特に1,2枚目が好みです。
ありがとうございます。
こういった条件って滅多に訪れませんからラッキーでした。

>長野方面は天気が悪かったのですね。
4/28の土曜日は全国的に天気が崩れたようです。
関東は午前中は晴れていたようですが。
でも、それが撮影上は幸いしました。
2007/05/05 13:40  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-きみかるさんへ-
こんにちは。

>上高地は修学旅行で何度もつれていきました。
って、きみかるさんって学校の先生???
引率っていろいろと大変なんでしょうね。
景色を眺める余裕もなかったりして・・・

>大正池は見ただけなので化粧柳はみたことなかったですね。
晩秋から春にかけては小枝が赤く色づくのを見ることが出来ます。
時期が外れると色がなくなっちゃいます。

>皇居の躑躅はすばらしい。
皇居東御苑の躑躅は近々第二弾を公開しますよ。
ちょっと今度は違った雰囲気になります。

>今日の水墨画の写真、男らしい写真ですね。すごい力を感じます。
ありがとうございます。
何と言っても男の子ですから・・・自分。
2007/05/05 13:44  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-しーたけさんへ-
季節の変わり目は天候も激しく変化します。
安定するのは完全に切り替わってからでしょうね。

遭難のニュースは痛ましいものですが、注意をしても逃れられないのが事故です。
引き返すのも勇気ですが、この日の上高地は悪天候をおして出かける登山客が多かったですね。

>R4での撮影ですね(^^)
この日は一眼レフを出す気にならなかったもので・・・
天気もそうですが、極端な寝不足はいけませんね。
前日の残業がこたえました(涙)
2007/05/05 13:47  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-武ちゃんさんへ-
>☆‥まさに水墨画のようです。
ありがとうございます。
手袋はちゃんとしていましたよ。
もっとも撮影時は右手は外しましたが・・・

>構図なども含めて撮りやすくなったかも‥。
ここはあまり変化がつけにくい場所でした。
少しでも左右に動くと余計なものが滝に被っちゃうんですよ。
一応、これでも変化をつけたつもりです(汗)

>単純にお天気がよければいい・というものでもない
今にして思えば、どんよりとした曇り空じゃなくて良かった。
単なる曇りが一番凹みます。
2007/05/05 13:54  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-ENOさんへ-
>あまり危険地帯は入りこまないでくださいね~♪
大丈夫ですよ。私はビビリだから(笑)
命は一つだしぃ・・・

>冬に戻ったかのような荘厳な写真ですが、ちらちらと緑が見えるところが・・・
え~、この緑はいわゆる常緑樹で春の芽吹きではないんですよ、残念ながら。
手前にある公園のようなところでは一部見られるんですが、まだまだ冬のような感じです。

>最後の写真の手前の岩の赤いのは、ここから先は行っちゃだめよのレッドゾーン?ですか??
それは気づかなんだ。
こういったものはあまりフレームには入れないんですけれど、寒くて集中力が鈍ったのかも。
ここはまだまだ入れる場所ですから、何か他の目印なんでしょう。
2007/05/05 18:04  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。