スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
秩父・清雲寺の枝垂桜(3)-最終章-
- 2007/04/09(Mon) -
『清雲寺枝垂櫻俯瞰絵巻』

(1)


清雲寺の裏手には山があって登ることが可能です。
今回はその中腹から見下ろすようにして撮影した枝垂桜をご覧頂くことに致します。
通常は見上げることが多い枝垂桜も、このようにして見下ろすと新鮮な感じを受けますね。
サブタイトルは大仰なものになりましたが・・・(;^_^A フキフキ

撮影地:埼玉県秩父市上田野「清雲寺」(共通)
撮影機材:キャノンEOS30D EF70~200㎜ f/2.8L USM(ラストを除き共通)
撮影データ:ISO100 f/11.0AE(SS1/60秒) -1.0EV 135㎜(216㎜相当・PLフィルター使用)


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
(2)
IMG_07040902_02.jpg

枝垂桜の周りに群がっている人も、このようにして見ればあまり気にはなりません。
隙間(?)から数人垣間見えるだけですから、まぁヨシ!としましょう。
人が入ることでスケールの大きさが分かりやすいかもしれませんね。

撮影データ:ISO100 f/11.0AE(SS1/60秒) -1.0EV 120㎜(192㎜相当・PLフィルター使用)


(3)
IMG_07040902_03.jpg

境内の外にも枝垂桜があるので、それも画面に入るようにカメラを上に振って撮りました。
家屋の屋根にソーラー発電機が載っていなくて良かった~!と思う瞬間でした。
追記:と思ったら、左上の屋根に乗っかっていましたね・・・orz

撮影データ:ISO100 f/11.0AE(SS1/80秒) -1.0EV 120㎜(192㎜相当・PLフィルター使用)


(4)
IMG_07040902_04.jpg

トップ画像と少し被りますが、切り取り方を微妙に変えています。
枝垂桜を見るなら一枚目ですが、全体的なバランスではこの四枚目の方がいいかな?

撮影データ:ISO100 f/11.0AE(SS1/60秒) -1.0EV 180㎜(288㎜相当・PLフィルター使用)


(5)
IMG_07040902_05.jpg

最後は全体を写したものをご覧頂きましょう。
清雲寺は凡そこのような感じの佇まいとなっています。

秩父地方は至る所に高圧電線と高圧鉄塔があります。
風景写真を撮る場合、この二つがとてもネックとなります。
生活のためですから仕方がありませんが、ここぞ!という時にあるのがこの二つです。(;´д`)トホホ

撮影機材:キャノンEOS30D EF28~70㎜ f/2.8L USM
撮影データ:ISO100 f/7.1AE(SS1/125秒) -1.0EV 28㎜(45㎜相当・PLフィルター使用)


これで今回の清雲寺の枝垂桜はお仕舞と致します。
ご覧頂きましてありがとうございました。m(_ _)m
スポンサーサイト
この記事のURL | 花の写真 | CM(28) | ▲ top
<<平林寺の桜(2) | メイン | 山里の春>>
コメント
--
見事な枝垂桜、思わず拍手してしまいました。(^O^)/
しかし、あちこちに見事な桜の木ってあるものですね。
やっぱり日本人と桜って切り離せないです。
日本人で良かった。。。
2007/04/09 06:25  | URL | てっぴ #G91RSZjw[ 編集] |  ▲ top

--
さすがに枝垂桜で有名なだけあって、本数もかなりのものですね。
一度にこんなに咲く時期に出会えるなんて、いいなぁ~。しかも青空!!
今年は青空で桜を撮れてない私(;。;)カナシイ

2007/04/09 07:23  | URL | カルネ #VhNaT.1s[ 編集] |  ▲ top

-見下ろす枝垂れ-
見下ろす枝垂れもまたなかなかのものですね
色とりどりの桜が折り重なるように本当に綺麗ですね
和の世界を堪能しましたよ(^^)
来年は有休をとってお出かけしたいな
平日でも恐ろしいほどの観光客ですから土日は行けません(笑)
昨年は朝一で行ったので一番近い駐車場へとめられました(^^)
1,2,3がいいなぁ
2007/04/09 07:32  | URL | しーたけ #-[ 編集] |  ▲ top

--
満腹♪
桜はZEISSさんのブログだけで、メーター満タンって言う感じ。
イイですね~、綺麗ですね~、凄いですね~、さすがですね~、
も聞き飽きたでしょうから、何てコメントしよう。。。

うん、そうだ!
全部ですねぇ~♪>(゜゜;)\(--;)ォィォィ手を抜くな。。。
2007/04/09 12:22  | URL | 雅陽 #mQop/nM.[ 編集] |  ▲ top

-こんにちは-
ホントここの枝垂れは凄いですね。
ただ、支え棒がね。
支え棒が気にならない2枚目が良いですね。
それにしても凄くシャープに撮れてますね。
アンシャープを掛けているのでしょうか?。
2007/04/09 17:00  | URL | isyota #5Q/Qhnj6[ 編集] |  ▲ top

--
清雲寺の枝垂れ桜 毎日楽しませていただきました。
今日 全体像を見せていただき なるほど・・・と思いましたね。
これをこういう風に切り取るのか・・・と。
桜は難しいです(梅もそうですけど)。
どう切り取るかが勝負だと思いました(汗)
2007/04/09 17:15  | URL | KAEDE #-[ 編集] |  ▲ top

--
一枚目の写真に圧倒されてしまいました。
瓦屋根に桜、なんとも風流で
本当に昔の人が書く絵巻のように感じました。

ここの枝垂桜も有名なんですね。
そのうち行ってみたいです。
2007/04/09 17:54  | URL | あんる #-[ 編集] |  ▲ top

-全景-
一本とか二本じゃないのね!
驚いた!!
これだけあるなら行きたいけど来年ですね。。
これ位咲く場所他にもないかな。。
2007/04/09 19:36  | URL | ふん転菓子 #F1fVxx/w[ 編集] |  ▲ top

-まるで花火のよう(^^;;-
一斉にあげたスターマイン如く花火のよう(^^;;
勿論パッと咲きパッと散る意味でも桜は花火そのものって感じですが(^^;;
枝垂桜はその典型とも言える木ですねぇ^^
いやいや感服感服(^^;;

っでラストの構図が大好きぃ~~目茶痺れまする^^v
2007/04/09 19:44  | URL | @ひろちゃん #-[ 編集] |  ▲ top

-随分と登りましたね(^O^)-
去年は鹿除けの網で上にも奥にもあまり行けなかったですがこのくらいだ登ると景色が良いでしょう。
あぁ滑ったら危ないですね、靴はチャントしたのを履かないと。
清雲寺で転落事故があったなんてすぐマスコミが騒いでもう上には行けなくなっちゃいますね(^_^;)

上の方にはフツーのカタクリが咲いていたりしますが今年はどうだろうか。
2007/04/09 20:30  | URL | Leo #-[ 編集] |  ▲ top

-清雲寺、心ゆくまで楽しませて戴きました。-
まるで枝垂れ桜のシャワーのように見えます。
確かに上から見下ろすと、大勢の人物も気にならなくなるので不思議です。
労苦をいとわず山も登ってみたり、さすが写真にかける情熱も違うので感心します。
雲りのときでも、上から眺めてみれば新たな感動がありますね‥。
2007/04/09 22:00  | URL | 武ちゃん #FXtZUIiI[ 編集] |  ▲ top

-てっぴさんへ-
枝垂桜を見下ろすのは初めてでしたが、なかなかいいものです。
梅もそうですが、俯瞰して撮影することがどんなに新鮮だったか・・・
これは癖になりそうです。

>やっぱり日本人と桜って切り離せないです。
その通りです。
欧米か?何て言われたくはないものです(爆)
2007/04/09 22:37  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-こんばんは-
俯瞰してみるとさらに巨木振りが分かりますねぇ。
お寺さんの屋根の瓦も良い雰囲気です。
樹によって桜の色も違って素敵です。
美しい写真をありがとうございました!
2007/04/09 22:37  | URL | すうすう #-[ 編集] |  ▲ top

-カルネさんへ-
>見下ろす枝垂れもまたなかなかのものですね
Yes,sir!!
何で見たのかは忘れましたが、清雲寺の枝垂桜の写真でした。
下界が人で群がり始めたら山へ登ろうと決めていました。

>一度にこんなに咲く時期に出会えるなんて、いいなぁ~。しかも青空!!
プータローの特権でやんす(笑)
でも、もうこんなことは出来ないなぁ。
贅沢な二週間を過ごしましたよ。
2007/04/09 22:44  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-しーたけさんへ-
>見下ろす枝垂れもまたなかなかのものですね
はい、今回は初めからプランに入っていました。
多分、お昼近くになるにつれて人が増えるだろうと思っていましたから。

>来年は有休をとってお出かけしたいな
やはり平日でもないと大変なことになっちゃいますよね。
平日でもそれなりの人出でしたから・・・
でも、これはかなり少ない方なんでしょうね?

>1,2,3がいいなぁ
ありがとうございます。
2007/04/09 22:49  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-雅陽さんへ-
こんばんは。

>桜はZEISSさんのブログだけで、メーター満タンって言う感じ。
あっ、食傷気味になっちゃいましたか?(笑)
これでもかこれでもかと桜を出しちゃいましたから・・・
実は、まだ数回分の記事を用意でてあるんですが、出してもいいかな?

>うん、そうだ!全部ですねぇ~♪
おや、褒め殺しかな?(爆)
2007/04/09 22:52  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-isyotaさんへ-
こんばんは。

>支え棒が気にならない2枚目が良いですね。
ありがとうございます。
ここの枝垂桜は凄いのですが、確かに支え棒も凄いですね。
でも、私はあまり気にしませんでした。
古木(巨木)ともなれば、木自体では支えきれないのでしょう。
これがあるかた私たちも花を楽しめるんだな、と思いました。

>アンシャープを掛けているのでしょうか?。
はい、かけています。
リサイズするとどうしてもシャープネスに欠けることがありますので・・・
2007/04/09 22:56  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-KAEDEさんへ-
こんばんは。

>清雲寺の枝垂れ桜 毎日楽しませていただきました。
毎度ご覧いただき、ありがとうございます。

写真は「時間と空間を切り取る作業だ」というのが私の考えです。
難しく考えることはありません。
いいな!と思うところだけを切り取ればいいんですよ。

全体を入れようと思うと破綻することが結構あります。
どこをどのように見せるか、そして視線をどこに持っていかせるか・・・
それが決まれば構図とピント位置ははっきりとします。
是非実行してみてください。
2007/04/09 23:54  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-あんるさんへ-
ありがとうございます。

枝垂桜を俯瞰撮影したのは初めてでした。
なかなかいいものですね。
これは癖になりそうですよ。

>ここの枝垂桜も有名なんですね。
>そのうち行ってみたいです。
一度は見ておく価値はありますよ。
私も食わず嫌い?で行くこともなかったのですが、いろいろな方のブログに感化されました。
2007/04/10 00:04  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-ふん転菓子さんへ-
枝垂桜は30本ほどありますから、もう驚きです。
事前に調べなかったからアレですが、まさかこんなにあるなんてねぇ。
知っていたらもっと早く訪れていたかもしれません。

ふん転菓子さんも来年は是非!
早朝出撃が吉だと思います。
私は寄り道しちゃったけれど。
2007/04/10 00:16  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-@ひろちゃんへ-
こんばんは。

おぉ、なるほどスターマインね♪
そういった見方がありましたか。

>っでラストの構図が大好きぃ~~目茶痺れまする^^v
ありがとうございます。
お墓が入っちゃうからどうしようかな?と思ったんですけれど・・・
スケールの大きさを感じ取って欲しいなぁ、と。
2007/04/10 00:21  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-Leoさんへ-
>随分と登りましたね(^O^)
ちょうどNHKの中継用の機材が置いてある場所からです。
撮影するにもいい場所でgoo!でした。
聞くところによるとNHKの意向で木を何本か切ったとか・・・真偽の程は???ですが。

>あぁ滑ったら危ないですね、靴はチャントしたのを履かないと。
はい、気をつけないとヤバイ場所だと思います。
私はトレッキングシューズで行きましたが、滑り止めの爪を起こしましたよ。
滑り落ちたら洒落にもなりませんから・・・
2007/04/10 00:26  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-武ちゃんさんへ-
こんばんは。

>まるで枝垂れ桜のシャワーのように見えます。
そんな感じですよね。
前回は滝に見立てたものを掲載しましたが、内一枚は俯瞰撮影したものでした。
だから、今回はどうしようかな?とは思いました。

>労苦をいとわず山も登ってみたり・・・
いやぁ、大した登りじゃないんですよ。
とにかく人が増えだしたら上に行こうと決めていました。
案の定、人影がさほど気にならない構図をとることが出来たと思います。
2007/04/10 00:34  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-すうすうさんへ-
こんばんは。

上から見下ろす枝垂桜もいいものですよ。
とにかくここから見たかったというのもあるんですが、多分全体を見渡せるだろうなと思いました。
下界?からでは全体を見ることって不可能ですよね。
見る角度によって違いがありますので面白いものです。
2007/04/10 00:38  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-最終章!-
最終章ですか!いろいろな角度からご紹介、ありがとうございました!
桜の花と屋根瓦ってとっても似合いますね♪
ZEISSさんは、いろいろ邪魔者を気にして、撮影されていたようですが、なんとなくそれも情景のひとつとなって素敵に見えます(あ、それが苦労の成果なのか~しーたけさんの所の「ねぎの里」よりは、何でも・・・笑)
そして、本当に、どれも絵巻物にしたい作品です!
2007/04/10 09:19  | URL | ENO #NzyahQ86[ 編集] |  ▲ top

-ENOさんへ-
こんばんは。

三つやったから、もういいでしょう?(笑)
仏の顔も三度までという言葉もありますから・・・

邪魔者ですか?
うーん、一番邪魔なのは同業者(カメラマン)です。
一箇所でずーっと粘られると特にねぇ。

>どれも絵巻物にしたい作品です!
ありがとうございます。
大層なサブタイトルにしちゃいましたが・・・(;´▽`A``
2007/04/10 23:37  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-ZEISS さん、こんにちは-
「清雲寺枝垂櫻」すばらしい景色ですね。
この写真を掛け軸に表装して、
ゆっくりお茶を頂きながら眺めたいです。
ありがとうございました。
2007/04/11 18:42  | URL | 愛花 #-[ 編集] |  ▲ top

-愛花さんへ-
こんばんは。

ありがとうございます。
一度は見ておきたかった枝垂桜でした。
どうも人が多いと聞くと尻込みしてしまうものですから、遠くはないのに今回が初でした。
これだけ凄いものだったらもっと早く行っておくべきでした。
2007/04/11 22:37  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。