スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
秩父・清雲寺の枝垂桜(2)
- 2007/04/08(Sun) -
『滝の流れ落ちるが如く』

(1)


清雲寺の枝垂桜第二弾です。
今回は、枝垂桜を流れ落ちる滝に見立てて撮影した写真をご覧いただきたいと思います。
折り重なるようにして咲く枝垂桜は迫力があり、滝とはまた違った魅力に溢れていました。

撮影地:埼玉県秩父市上田野「清雲寺」(共通)
撮影機材:キャノンEOS30D EF70~200㎜ f/2.8L USM
撮影データ:ISO100 f/4.0AE(SS1/1000秒) -0.7EV 93㎜(149㎜相当)


あと5枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
(2)
IMG_070408_02.jpg

撮影機材:キャノンEOS30D EF70~200㎜ f/2.8L USM
撮影データ:ISO100 f/2.8AE(SS1/2500秒) -0.7EV 80㎜(128㎜相当)


(3)
IMG_070408_04.jpg

撮影機材:キャノンEOS30D EF70~200㎜ f/2.8L USM
撮影データ:ISO100 f/11.0AE(SS1/80秒) -1.0EV 125㎜(200㎜相当・PLフィルター使用)


(4)
IMG_070408_03.jpg

撮影機材:キャノンEOS30D EF28~70㎜ f/2.8L USM
撮影データ:ISO100 f/5.6AE(SS1/160秒) -0.7EV 58㎜(93㎜相当)


(5)
IMG_070408_05.jpg

撮影機材:キャノンEOS30D EF28~70㎜ f/2.8L USM
撮影データ:ISO100 f/5.6AE(SS1/160秒) -0.7EV 62㎜(99㎜相当)


(6)
IMG_070408_06.jpg

撮影機材:キャノンEOS30D EF70~200㎜ f/2.8L USM
撮影データ:ISO100 f/4.0AE(SS1/800秒) 0.0EV 100㎜(160㎜相当・PLフィルター使用)


今回は二枚目以降は特にコメントを入れませんでした。
次回は清雲寺の枝垂桜最終章をお届けしたいと思います。
スポンサーサイト
この記事のURL | 花の写真 | CM(24) | ▲ top
<<山里の春 | メイン | 菫の花(2)>>
コメント
-お邪魔します-
うわあ~~消えない花火のようです。
あんぐり口あけて見とれてました。

桜の滝 なんて贅沢なんだろう。
2007/04/08 00:18  | URL | ネネ #-[ 編集] |  ▲ top

--
流れてます~流れてます~
つぶつぶシャワーですね♪
3番目と5番目が特にお気に入りです!
これって、危ない場所から撮っているのですか?洗脳されやすいので、タイトル通り谷みたいなところから桜の滝をのぞいている気がしてしまい・・・。
2007/04/08 00:24  | URL | ENO #7HZtEQVc[ 編集] |  ▲ top

-いや~お見事-
3枚目の圧倒的なボリューム感と流れ落ちる風情が凄いですね、滅多に見られないというより初めてです、判る人には判るバックがほんの少し透過しているのが泣かせます(^O^)

1枚目は支えている棒を意識しすぎると避けよう隠そうと窮屈になり勝ちですが桜の一部としてアッサリと取こんじゃいましたね、お見事で御座います。
2007/04/08 07:59  | URL | Leo #-[ 編集] |  ▲ top

-ネネさんへ-
おはようございます。

消えない花火ですか・・・
なるほど、そういった感じ取り方もあるんですね。
。。。φ(ー`)メモメモ・・・ボキ!!☆(□`;)!!

>桜の滝 なんて贅沢なんだろう。
確かにそう思えます。
独り占めではありませんでしたが。
2007/04/08 09:19  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-ENOさんへ-
今回は普通に撮ったものではなく、ある意味でイメージ画像ですね。
こうやって撮るのもなかなか楽しいものですよ。

>3番目と5番目が特にお気に入りです!
ありがとうございます。
これは大地(平地ネ)に足を踏ん張っていますから危険ではないですよ。
三枚目は山の中腹のちょっと滑りやすい所から撮っていますから、そこだけちょっぴりデインジャラス!
2007/04/08 09:24  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-Leoさんへ-
ありがとうございます。

Leoさんなら三枚目は何処から撮ったかはお分かりでしょう?
第三弾はこれの特集でいくつもりです。
本当は今回使うつもりはなかったんですが、ちょっと変化をつけるために出しちゃいました(笑)

>1枚目は支えている棒を意識しすぎると避けよう隠そうと窮屈になり勝ちです
その通りだと思います。
支えも桜の一部と割り切れば気にならないと思います。それよりも気になるのは人、特に同業者(カメラマン)ですね。
2007/04/08 09:30  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-凄い!!!-
こんにちはv-22

素晴らしい枝垂れ桜ですね~♪
樹齢は?
タイトルも納得ですe-266
主役ではないけれど、五枚目好きですe-328
佐渡はまだ咲かないのv-388
2007/04/08 11:12  | URL | saho #-[ 編集] |  ▲ top

--
こんにちは。
清雲寺の枝垂れは素晴らしいですね。私は今年も見送りです。特に最後の写真は素晴らしいですね!
金曜日に更埴のアンズの里へ行ってきました。杏の花が綺麗でした。
2007/04/08 15:52  | URL | シゲ #7K8w3Y7g[ 編集] |  ▲ top

-ZEISS さん、こんにちは-
何回もスクロールして拝見・・・i-199
声もなく見入りました。
すばらしいですi-199!!感嘆i-199
2007/04/08 16:35  | URL | 愛花 #-[ 編集] |  ▲ top

-すばらしすぎぃ~~(^^;;-
ぐわぁ~~@@
滝の水が落ちているよう・・・まさにそれぇ~
ちまちました指摘など問答無用って言う被写体と構図に
ただただ平伏すのみ「へぇへぇ~~~」(^^;;

いやぁ~~流石です^^v
見事です!
素晴らしい写真ありがとう~~^^v
2007/04/08 19:12  | URL | @ひろちゃん #-[ 編集] |  ▲ top

-今日もおみごと-
今日もまるで滝が流れているようなそんな錯覚に陥るようなすごさですね
やはりここの枝垂れは別格です。
3と5がいいなぁ
来年は有休使って行こうかな(笑)
2007/04/08 19:36  | URL | しーたけ #-[ 編集] |  ▲ top

-sahoさんへ-
こんばんは。

何しろ30本ほどあるので、どれが何年かは???です。
古木は250年から600年だそうですよ。
行くのに殆ど前調べなしだったから・・・(^◇^;)

>主役ではないけれど、五枚目好きです
ありがとうございます。
トップ画像にしようかな?と思いましたが、華やか過ぎて他が地味に思えちゃうから・・・

>佐渡はまだ咲かないの
楽しみはこれからと思えば何のその♪
2007/04/08 20:34  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-シゲさんへ-
こんばんは。

>最後の写真は素晴らしいですね!
ありがとうございます。
これは一応続き物みたいな構成になっているんですよ。

>金曜日に更埴のアンズの里へ行ってきました。
見頃だったと思います。
もう長い間訪れてはいません。
行こうと思えば日帰りでも行けるんですけれどね・・・
2007/04/08 20:40  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-愛花さんへ-
こんばんは。

>何回もスクロールして拝見・・・
あっ、それは恐縮です。
何度もご覧くださってありがとうございました。
いよいよ明日は最終章を迎えますので、またご覧下さい♪
2007/04/08 20:43  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-@ひろちゃんへ-
ありがとうございます。

う~む、何てレスを書けばいいのかなぁ。
あんまり褒めすぎなんで気恥ずかしくなっちゃいますよ。
ここの枝垂桜を撮っているうちに、滝に見立てた構図でいってみようと思ったんですよ。
その時の内面の声⇒「よ~し、気合だぁ!」(爆)
2007/04/08 20:46  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-しーたけさんへ-
昨年しーたけさんの清雲寺の写真を見て、来年(今年の話ネ)は行こうと思っていました。
内心、「よ~し、人が多くても気合だぁ!」と・・・

>3と5がいいなぁ
ありがとうございます。

>来年は有休使って行こうかな(笑)
やはり平日に行くのがいいと思います。
私が行った時は天気も良かったし、人も比較的少なかったのでラッキーでした。
まぁ、11時過ぎともなるとワラワラと増殖したかのような人波が来ましたけれど・・・(笑)
2007/04/08 20:53  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-こんばんは-
ただただ荘厳な光景で、感動のあまり鳥肌が立ちました。
まさしく花の瀑布ですね。
来年は何とか時間を作って、生で見たいです。


2007/04/08 21:02  | URL | すうすう #-[ 編集] |  ▲ top

-凄い-
シダレザクラが一本だけじゃないのね。
これだけ咲いていると観光客が来るのも納得。
でも数週間で緑に変わるから定点観測で撮影しても面白そうですね。
2007/04/08 21:16  | URL | ふん転菓子 #F1fVxx/w[ 編集] |  ▲ top

-こんばんは-
青雲寺そのニですね。
花付きもよくびっしり付いた花が美しいですね。
ピンクを絡めた5枚目が良いですね。
2007/04/08 23:37  | URL | isyota #LkZag.iM[ 編集] |  ▲ top

-気がついてみれば-
ご無沙汰しました。
気がついてみればすばらしい桜、桜。

いい春でしたね。

↓の一面のスミレもとっても素敵です。
桜は余りに有名ですが、一面のスミレには
お目にかかりたいです。
2007/04/09 18:25  | URL | こすもす #1qN3oxXY[ 編集] |  ▲ top

-すうすうさんへ-
こんばんは。

桜を滝に準えるなど、ここへ来るまではそういった発想はありませんでした。
普通に撮るのでは面白くない(←天邪鬼)ので、ちょっと変わった撮り方はないのかと思ったんですよ。
「滝」に似ているはないか!と感じて撮ったのが今回の写真です。
お楽しみいただけて幸いです。

人出は凄いのですが、一見の価値はあります。
すうすうさんも是非!!
2007/04/09 22:02  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-ふん転菓子さんへ-
>シダレザクラが一本だけじゃないのね。
はい、30本ほどあって、少しずつ時期がずれて咲くようです。
白っぽいのは早めに咲いて、ピンクの色が濃いものはやや遅くさくようです。
と言っても、結構オーバーラップして咲くから凄いのでしょうね。

>これだけ咲いていると観光客が来るのも納得。
私も納得です。
拝観料がいらないことも人気の一つんなんでしょう。
駐車料金は¥500かかるけれど・・・
2007/04/09 22:10  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-isyotaさんへ-
今回は枝垂桜を滝に見立てたものばかりです。
本当に素晴らしいところです。
独り占めできたらなぁ・・・(笑)

>ピンクを絡めた5枚目が良いですね。
ありがとうございます。
今回の画像の中では一番のお気に入りです。
2007/04/09 22:30  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-こすもすさんへ-
こんばんは。

>ご無沙汰しました。
いえいえ、こちらこそお邪魔してもなかなかコメを入れられずに失礼しています。

>いい春でしたね。
本格的な春はこれからですよ。
まだまだ撮りたいもの見たいものはたくさんあります。

>↓の一面のスミレもとっても素敵です。
ありがとうございます。
私もあれだけの群落を見たのは初めてでした。
写真にするとさほどではありませんが、実際はもっと凄いですよ。
2007/04/10 00:13  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。