スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
西沢渓谷で見たもの(7)-原生林-
- 2005/05/20(Fri) -
どっしりと・・・

IMG_9387.jpg

西沢渓谷のもう一つの醍醐味である「原生林」・・・
今回は、それが主役です。


薄暗い原生林の中を歩いていると、立派な木の根っこを見つけました。
そこだけスポットライトが当たっているようで印象的でした。
渓谷のプロローグに相応しい出会いだったのかもしれません。


撮影地:山梨県山梨市「西沢渓谷」(共通)
撮影機材:キャノンEOS10D TAMRON SPAF28-75㎜ f/2.8XR Di(共通)
撮影データ:ISO100 SS1/40秒 f/9.0 -1.7補正(47㎜)

あと4枚掲載しています。続きも読んで下さいね♪

IMG_9757.jpg

日も翳り、肌寒さを感じる中を歩いていきました。
人影も少なく、孤独な道のりです。


撮影データ:ISO400 SS1/100秒 f/5.6 -1.0補正(75㎜)



IMG_9763.jpg

苔むした木も多く、それが天気の悪さと相俟って、さらに深山幽谷に分け入ったような印象が強くなりました。

撮影データ:ISO400 SS1/80秒 f/4.0 -1.0補正(75㎜)



IMG_9849.jpg

崖っぷちに生えていた大きな木です。
土砂崩れにも耐えてきたのでしょうか?
木が傾いていました。


撮影データ:ISO200 SS1/50秒 f/5.0 -1.3補正(75㎜)



IMG_9852.jpg

一瞬、日が射しました。
ラッキーと思う間もなく、わずか数秒でまたもとの曇り空に戻ってしまいました。
気温はさらに下がり、ヤッケなしではいられないくらい寒さを感じました。


撮影データ:ISO200 SS1/80秒 f/5.0 -1.0補正(47㎜)

西沢渓谷のみどころはたくさんありますが、その一つが原生林です。
森林浴としゃれ込むよりも、深い木立に覆われているところがあります。
訪れたら、是非とも原生林にも目を向けて下さい。
スポンサーサイト
この記事のURL | 木のある風景 | CM(14) | TB(0) | ▲ top
<<旧古河庭園のライトアップと薔薇の花 | メイン | ソフトフォーカスの世界Ⅱ>>
コメント
-こんばんは♪-
ZEISSさん、更新なさってる!
うれしいナ。
林に分け入ると、すごく静かなのに、生命感ありますよね。
心臓の小さな私はとても1人では歩けそうにありません。
今日三浦半島の先に近い、観音崎を散策しました。かなり整備されているのですが、それでも人影がないと、急ぎ足になってしまいます。
2005/05/20 23:41  | URL | のの #-[ 編集] |  ▲ top

-原生林-
西沢渓谷は原生林もいいんですね。私が好きな原生林が九重にあるんです。登山道の途中なんですが、ほんとうに鬱蒼としています。冬になると葉もすべて落ちてしまい、見違えるほど見通しがいいんです。
山を始めたころは、鬱蒼としているのが怖さすら感じていましたが、慣れてくると森に包まれた心地がよくなってくるんですよね。(^^)v
2005/05/20 23:54  | URL | ふみ #-[ 編集] |  ▲ top

--
私も何枚か撮ってきましたよ(^^)
いわゆる人の手が入ったガーデニングとは違う美しさ(+力強さ)があると思います。
2005/05/21 06:27  | URL | しーたけ #-[ 編集] |  ▲ top

-ののさん-
おはようございます。

一昨日までは気力が湧かなくて、あんな文章を載せちゃいましたけれど・・・
やっぱり更新しないのは寂しい(笑)

まだまだ写真はヤマのようにありますので、ネタ切れにはならないです。
あとは気力だけ(爆)
2005/05/21 09:18  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-ふみさん-
西沢渓谷の場合は遊歩道がしっかりとしていますから、深山幽谷とは書きすぎかもしれません(笑)

でも、帰りのトロッコ道から見る木は、本当にいいんですよ。
また、行きたくなってしまいました。
2005/05/21 09:22  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-しーたけさん-
手つかずの自然を見るのはいいものですね。
次は天気がいいときに「木」をメインに出かけてもいいかな?と思っています。
2005/05/21 09:24  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

--
自然への扉と言う感じですね。

大きな根が大地を掴み、人の立ち入る事を拒んでいるかの様。

森林浴がネットを通じて出来そうです。

PS
知り合いの方は、宴会の席では、お尻から根っこが生えて座布団抱えて動かなくなります。(笑い)
2005/05/21 21:22  | URL | ふん転菓子 #F1fVxx/w[ 編集] |  ▲ top

--
木の根っことか流木とか「おぅ!画になるね」と撮るのですが汚らしい写真しか撮れません。
私は臆病なのでこういう所では一人でおちついて撮れません。
慌てて撮るので汚らしくなるんでしょうね。
だって原生林とかって樹海とか想像しちゃうんだもん。
2005/05/21 23:17  | URL | EAGLE #-[ 編集] |  ▲ top

-ふん転菓子さん-
これは見ものでしたよ。
渓谷入り口からそう遠くない場所でした。
太陽光がスポット的に当たっていて、心惹かれるものがありました。
2005/05/21 23:18  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-EAGLEさん-
私は西沢渓谷は単独行では三回行きましたが、怖いと思った時はありませんでした。
でも、さすがに富士の樹海だけは流石にダメです。
あそこは・・・ありますからねえ。(怖っ!)
2005/05/21 23:21  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

--
こんばんは~
原生林に入ると木の精霊の気配を感じるような?そういう凛とした雰囲気が好きです。写真でもその雰囲気が漂ってますね。

ZEISSは写真はもちろん素晴らしいのだけれど文章がいいですね。
書くのが苦手な私にはとってもうらやましいです。
2005/05/22 00:17  | URL | riri #.Yy.42bw[ 編集] |  ▲ top

-ririさん-
ありがとうございます。
もう少し太陽の光があればメリハリ(これ、大好き・・・)がでたんですけれどね。

えー、それから文章のことですが、実は私はもともと文学を専攻したかったんですよ。
でも、将来のことを考えて法科を学んだんですが。
一時は、本気で童話作家を目指したこともあります。
でも中途半端でねえ・・・いい加減なB型人間は困ったものです(笑)
2005/05/22 00:39  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

--
一枚目の光がちょうど当ってるのが、神秘的と言うかなんかとっても良いですね。
映画とかのオープニングのワンシーンって感じです。

西沢渓谷は、本当に色んな物の撮影が楽しめるところなのですね。
2005/05/23 11:57  | URL | あんる #-[ 編集] |  ▲ top

-あんるさん-
あれはトップの写真が一番気に入っています。
見た瞬間「これだ!」という感じで撮影したんですよ。

この時の西沢渓谷の目的は、滝や渓流はもちろん、樹木・花・空・山・森林軌道跡をつぶさに撮ることだったんです。
何度も行っていますが、やはり見落としているものはありますね。

何回行っても飽きがこない場所です。
2005/05/23 12:56  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://zeiss85.blog4.fc2.com/tb.php/72-1b421b15
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。