スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
和の心
- 2007/02/08(Thu) -
『冬の武家屋敷』



今回は一昨年の冬に東北地方を旅した時の写真をご覧頂くことにします。
ここは宮城県北部にある登米町です。
武家屋敷「春蘭亭」で、中は自由に見学・撮影が出来るんですよ。
囲炉裏が何とも言えない暖かみと懐かしさを演出していますね。

撮影地:宮城県登米町「春蘭亭」(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D EF17~40㎜ f/4.0L USM(共通)
撮影データ:ISO400 プログラムAE(SS1/40秒 f/4.5) -0.7EV 17㎜(28㎜相当)


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
IMG_070208_02.jpg

囲炉裏の炎を見つめていると、どんどんと心が穏やかになっていきます。
きっと近代的かつ人工的なものではないからでしょう。
エアコンやストーブを見つめても癒されませんよね?(笑)
薪ストーブやダルマストーブは別格かもしれませんが・・・

撮影データ:ISO400 プログラムAE(SS1/40秒 f/4.5) -1.3EV 36㎜(58㎜)



IMG_070208_04.jpg

土間にはこのようなものが・・・
竹筒、桶と柿、そして大きな甕がいい味を出しています。

撮影データ:ISO800 プログラムAE(SS1/6秒 f/4.0) -0.3EV 24㎜(38㎜)



IMG_070208_03.jpg

格子戸や灯りもまさに「和」のテイストですね。
こういった空間に身を置くと、ゆったりとした時間が流れていく感じがします。

撮影データ:ISO400 プログラムAE(SS1/200秒 f/10.0) -0.3EV 23㎜(37㎜)



IMG_070208_05.jpg

これが武家屋敷の外観ですが、雪国独特の形状をしていると思います。
薪もアクセントとなっていますね。
この記事を書いているうちに、また登米町に行きたくなってしまいました。

撮影データ:ISO100 プログラムAE(SS1/80秒 f/5.6) -0.3EV 17㎜(28㎜)
スポンサーサイト
この記事のURL | その他 | CM(12) | TB(0) | ▲ top
<<ワープステーション江戸(1) | メイン | 東京・芝浦界隈Ⅱ>>
コメント
-囲炉裏の煙が-
なんとも云えない雰囲気を醸し出していますね。
火を焚いて公開するのは珍しいのでは、甕が妙に新しいなどとは言っては怒られますな(^_^;)

武士といえども意外と質素な生活だったらしいですが、このくらいだとそこそこ良い地位だったのかな。

2007/02/08 07:16  | URL | Leo #-[ 編集] |  ▲ top

-昔の日本は-
昔の日本ではよく見かけた光景なのかもしれ
ませんね。囲炉裏、今ではめったにお目にか
かれませんし。

便利な生活を手に入れた一方、何か大切なも
のを失った感じですね。
2007/02/08 07:58  | URL | オクトパス7号 #E6kBkVdo[ 編集] |  ▲ top

-Leoさんへ-
>囲炉裏の煙がなんとも云えない雰囲気を醸し出していますね。
はい、とても煙たかったことを覚えています。
我々も燻製状態になりそうでした(笑)
ここは囲炉裏の火でもてなすのが流儀だそうです。

東北の武家は質素ですが、この屋敷はかなりの格式だとのことです。
観光ガイドブックの受け売りなんですが・・・
2007/02/08 12:46  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-オクトパス7号さんへ-
確かに昔の日本では当たり前の光景だったように思えます。
古い蕎麦屋などでは見かけますが、もうレア物ですね。

>便利な生活を手に入れた一方、何か大切なものを失った感じですね。
便利さの代償に心をなくしたというか、古き良き物をも切り捨てる時代になっちゃいました。
2007/02/08 12:50  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

--
炉端から出る煙に日光が当たってる・・・
ムムッ・・・オイラも頑張ろう!

今度の日曜日に近所のサーキット撮りに行ってきます。草レースですが、300mmレンズの練習がてらに最適かなと思ってます。
2007/02/08 20:06  | URL | terabyte #-[ 編集] |  ▲ top

-風情ありますねぇ~-
ん~~TOPの囲炉裏から出た煙が日に当たって雰囲気がいいですねぇ
風情があって痺れます~~^^
ネガティブな雰囲気だけど武家屋敷って妙に陰気くさくないのが
好きですねぇ~^^
4枚目の格子戸もとても落ち着いた感じがして心和みますね^^
こんな家で暮らしてみたいです^^v
2007/02/08 22:11  | URL | @ひろちゃん #-[ 編集] |  ▲ top

-揺らぎ-
囲炉裏の火は揺らぐ。
その揺らぎ方が丁度良い。
お風呂も薪で沸かすと、ゆっくり沸くので芯まで温まる。ガスや石油は早いからジリジリと熱くなる。
一度、薪炊きの風呂に入るとガスには戻れませんよ。
でもね、途中で熱くするには誰かに頼まないと。(笑い)
裸で薪をくべると寒いのよね。
SS:1/6って凄いな。。
2007/02/08 22:55  | URL | ふん転菓子 #F1fVxx/w[ 編集] |  ▲ top

-こんばんは-
冬は被写体が少ないので、こう言った家の中の撮影も良いですね。
でも、こう言った建物何処にでもあるもんじゃないし。
TOPの光に照らし出された囲炉裏の煙が良い雰囲気です。
2007/02/08 23:25  | URL | isyota #LkZag.iM[ 編集] |  ▲ top

-terabyteさんへ-
ありがとうございます。
なかなか風情があるでしょ?

サーキットの撮影ですか。
是非見たいものですね。
いい写真を期待したいますよ。
2007/02/09 08:36  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-@ひろちゃんへ-
ありがとうございます。

武家屋敷は格式や風格を感じます。
これはやや質素な部類かもしれませんが、
当時としては格式が高かった家でしょう。

>こんな家で暮らしてみたいです^^v
多分、かなり寒いと思いますよ(笑)
2007/02/09 08:38  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-ふん転菓子さんへ-
>囲炉裏の火は揺らぐ。
まさにそのとおりですね。
蒔きで沸かしたお湯は柔らかいけれど、ガスや石油で
沸かしたお湯は硬い・・・
実感しますね。

>裸で薪をくべると寒いのよね。
絵にならないですよね(笑)
2007/02/09 08:40  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-isyotaさんへ-
おはようございます。

家から車で15分くらいのところに平林寺があります。
その近くに睡足軒の森というのがあって、そこにこのような家があります。
中まで入る機会は恵まれませんが、一度は中に入ってみたいと思っています。

>TOPの光に照らし出された囲炉裏の煙が良い雰囲気です。
ありがとうございます。
煙に燻されて、危うく燻製になるところでした(爆)
2007/02/09 08:43  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://zeiss85.blog4.fc2.com/tb.php/682-4d3959ac
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。