スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
西沢渓谷で見たもの(5)-滝編2/2-
- 2005/05/15(Sun) -
「貞泉の滝」

IMG_9478.jpg

次に掲載している「恋糸の滝」から歩いて5分の所にあります。
昨日ご紹介しました「竜神の滝」から歩いても10分ほどの距離です。
ここも滝見台がありますが、ご覧のように木に遮られて上部を見ることは出来ません。
立ち入り禁止区域からじゃないと正面から捉えることは不可能です。
でも、危険が伴いますから、立ち入ることはやめましょう。
いつ崩れ落ちるかわからない場所ですから・・・


撮影機材:キャノンEOS10D TAMRON SPAF28-75㎜ f/2.8XR Di
撮影データ:ISO100 SS1/8秒 f/16.0 -0.7補正 (47㎜)

あと5枚掲載しています。続きも読んで下さいね♪

「恋糸の滝」

IMG_9471.jpg

トップの写真の「貞泉の滝」の5分ほど手前にあります。
このように、手前の木々に遮られて、その全貌を見ることは困難です。
しかも、渇水期には見ることが出来ない「幻の滝」でもあります。


撮影機材:キャノンEOS10D TAMRON SPAF28-75㎜ f/2.8XR Di
撮影データ:ISO100 SS1/50秒 f/4.5 -0.7補正 (75㎜)



「七ツ釜五段の滝」其の弐

IMG_9564.jpg

「貞泉の滝」から30分も歩けば到着します。
これは下の部分を捉えたもので、ごく一般的なアングルです。
ここは木橋の上からの撮影ですが、三脚にカメラを載せて撮影を行うためには、かなりの忍耐力と集中力を要求されます。
ハイカーが通るたびに大きく揺れるからです。
従いまして、今回も殆ど手持ち撮影を余儀なくされました。


撮影機材:キャノンEOS10D TAMRON SPAF28-75㎜ f/2.8XR Di
撮影データ:ISO100 SS1/30秒 f/8.0 -0.7補正 (75㎜)



「七ツ釜五段の滝」其の参

IMG_9600.jpg

先ほどの木橋を離れて、上部を望める位置に移動して撮影したものです。
観光パンフレットやガイドブックなどでは、こちらの構図で撮られた写真が紹介されています。
ご覧になった方も多いのではないでしょうか?


撮影機材:キャノンEOS10D TAMRON SPAF28-75㎜ f/2.8XR Di
撮影データ:ISO100 SS1/60秒 f/5.6 補正なし (42㎜)



「不動滝」

IMG_9621.jpg

ここが西沢渓谷遊歩道から見ることが出来る最後の滝です。
ここからはいきなり急な階段が立ちはだかります。
名づけて「胸突き八丁の階段」です。
でも、今回は「アズマシャクナゲ」を撮影しながら登りましたので、疲労感はまったくありませんでし

た。
そのかわり、かなりの時間を費やしてしまいました。(笑)


撮影機材:キャノンEOS10D TAMRON SPAF28-75㎜ f/2.8XR Di
撮影データ:ISO100 SS1/60秒 f/6.3 -0.7補正 (75㎜)



「七ツ釜五段の滝」其の四

IMG_9687.jpg

「胸突き八丁の階段」を登りつめ、帰りのトロッコ道の途中にある橋から見ることができます。
上から俯瞰する形で見ますので、かなりの迫力があります。
高所恐怖症の方は、ちょっと厳しいかもしれませんね。
でも、一見の価値は十分にあると思います。


撮影機材:キャノンEOS10D TAMRON SPAF28-75㎜ f/2.8XR Di
撮影データ:ISO200 SS1/60秒 f/7.1 -1.0補正 (75㎜)

これで「西沢渓谷」も五日連続となりましたが、あと三日ばかりお付き合い下さいね。
「シャクナゲ」「森林軌道跡」「原生林」がまだ残っているんです。
では、また明日更新をいたします。
スポンサーサイト
この記事のURL | 滝・渓流 | CM(11) | TB(0) | ▲ top
<<上高地 -春- | メイン | 西沢渓谷で見たもの(4)-滝編1/2->>
コメント
-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2005/05/15 11:44  | | #[ 編集] |  ▲ top

-ネタ切れ。-
真夏、子供が滑ってきそうな滝もありますね。(笑い)

一つ質問があります。
「貞泉の滝」など、水の流れを表現したい時、三脚使いますか?山の中を担いで登るのも大変ですよね。もしかして一脚?
2005/05/15 18:14  | URL | ふん転菓子 #F1fVxx/w[ 編集] |  ▲ top

-ふん転菓子さん-
子供が滑ってきそうな滝のように見えますが、多分やったら命はないと思います。
三重の滝も一番下の最後の所は、写真には写っていませんが、かなりヤバイです。

この中で三脚を使ったのは「貞泉の滝」で、ほかは手持ちです。
何しろ遊歩道が狭いですから、三脚を立てることで周りに迷惑をかけますから。
それでも使っているヤツはいましたけどね。

因みに、私の三脚は4kgあります。
レンズ+カメラで3kgの組み合わせを支えるには、これを使います。
でも、今回は殆ど出番がありませんでした。
おかげでいい筋トレになりました(爆)
2005/05/15 19:47  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

--
七ツ釜の橋の上からは確かに厳しいですね。私は五段の上部の写真は遊歩道から
ちょっと上に上がる道?のようなところから撮りました。
それにしても私が行ったときよりかなり緑が濃くなっていますね。
これだと新緑のトロッコ道も期待できそうですね(^^)
2005/05/15 20:00  | URL | しーたけ #-[ 編集] |  ▲ top

-しーたけさん-
>ちょっと上に上がる道?
そんな道ありましたっけ・・・
あっ、もしかして湧水の近くですか?

トロッコ道は完全に曇っちゃいましたので、メリハリはないですよ。
明日は「西沢渓谷」はお休みして別の写真にします。
飽きがきそうで怖いですから(笑)
2005/05/15 20:05  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

--
私のNeo Carmagne630は雲台入れて1.9キロなので持ち歩きはかなり楽になりました。
それはそうとZEISSさんとしーたけさんの住んでる地域は離れてるのですか?
2005/05/15 20:53  | URL | EAGLE #-[ 編集] |  ▲ top

-EAGLEさん-
私もそろそろカーボン三脚が必要かも。
先日の西沢渓谷でそう思いました。
雲台込みで4kgはちと重いと感じるようになりました。
何しろ、鉄アレイ君も持って行きましたから・・・

私は埼玉県の南で東京に隣接していますが、しーたけさんは北側ですから、結構離れてはいますよ。
2005/05/15 21:02  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-カーボン三脚-
なかなか、撮影するのに苦労する場所のようですね。(三脚が使えないとか)

ところで、カーボン三脚は持ち歩きに便利ですよ。私がもともと使っていたのは、ベルボンのスーパーAなのですが、これでも3キロ近くあり、父親に持たせてみたところ重いといって、父親が自分用に買ったカーボン三脚を借りることが多いです。ちなみに、機種はイーグルさまと同じベルボンのネオカルマーニュ630です。F4、300ミリクラスや中判(6×7)中望遠程度なら問題なく使用できます。
しかも、レバー式なので操作が早く確実に出来ますよ。何より、持ち運びが軽いので持ち歩きにおうっくうにならないのが、何よりです。
2005/05/16 01:03  | URL | きつねのるーと #pxKePtJU[ 編集] |  ▲ top

-きつねのるーとさん-
体力の衰えをカバーするのとさらにアドベンチャーを行うためにも必要なアイテム・・・それがカーボン三脚だと思います。
でも、なくても何とかなっているので、先延ばし状態ですね。
でも、ここ一年以内には仕入れる必要があるかもしれません。
2005/05/16 01:37  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

--
4kgの三脚ですか。かなりの重量ですけど、この重さならかなりの大型レンズでも大丈夫そうですね。
私は、elcarmagne640と言うカーボンの4段式を使ってます。縮長が短めで、伸ばした時にそれなりの高さになると言う判断で選びました。
4段より3段の方が良いらしいですけど、持ち歩くのが苦になってしまっては意味がないとおもいましたので。今のところ満足して使っています。
2005/05/16 16:11  | URL | あんる #-[ 編集] |  ▲ top

-あんるさん-
いい三脚をお使いですね。

私はとにかく重い三脚じゃないと安心できないんですよ。
特に70-200㎜とエクスタンダーを組み合わせたりする場合ですけれど。
勿論、70-200㎜単体でも同様です。
滝を撮影するときはスローシャッターをきりますから・・・

でも、本音はカーボン三脚が欲しい(笑)
2005/05/16 17:58  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://zeiss85.blog4.fc2.com/tb.php/66-2a98cc4a
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。