スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
重要文化財旧三笠ホテル
- 2007/01/10(Wed) -
『軽井沢の鹿鳴館』



旧三笠ホテルは明治38年(1905)に竣工され、全てが日本人の手によるものでした。
また、軽井沢駅までの約2キロの道のりを黒塗りの馬車で送迎するなどのサービスもあったそうです。
また、乃木将軍や近衛文麿、有島武郎、清朝最後の皇帝溥儀といった名士が宿泊する華やかな社交の舞台でした。
そういったことからも、人々は「軽井沢の鹿鳴館」と呼んだそうです。

撮影地:長野県北佐久郡軽井沢町「旧三笠ホテル」(共通)
撮影機材:RICOH Caplio R4
撮影データ:ISO64 プログラムAE(SS1/440秒 f/5.0) 0.0EV 28㎜相当


あと5枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
IMG_070110_02.jpg

ホテルの営業は翌明治39年(1906)5月に開始し、電灯によるシャンデリア照明が採用されました。
英国製タイルの水洗トイレや英国製の絨毯など、当時の最先端・最高級の設備が整えられていました。

撮影機材:キャノンEOS30D EF28~70㎜ f/2.8L USM
撮影データ:ISO400 プログラムAE(SS1/100秒 f/5.0) 0.0EV 28㎜(45㎜相当)




R070110_03.jpg

廊下も独特の趣がありますね。
横浜の洋館でも見ましたが、さすがにここは当時の技術の粋を集めただけのことはあります。
何とも歴史の風格といったものを感じさせてくれます。

撮影機材:RICOH Caplio R4(以下、共通)
撮影データ:ISO100 プログラムAE(SS1/45秒 f/3.3) 0.0EV 28㎜相当




R070110_04.jpg

廊下から客室を覗いたところです。
木の何とも言えない温もりが伝わってきますね。
そうは言っても、冬は半端じゃない寒さだったことでしょう。

撮影データ:ISO64 プログラムAE(SS1/6秒 f/3.3) 0.0EV 28㎜相当



R070110_05.jpg

窓ガラスも当時のままです。
今のようにちゃんとした平面ではなく、微妙に歪んでいます。
現在でも多分在庫があるのでしょうね。

撮影データ:ISO100 プログラムAE(SS1/64秒 f/3.3) 0.0EV 28㎜相当



R070110_06.jpg

空はあくまでも澄み渡り、建物の白が強烈なコントラストを作り出していました。
葉が落ち尽くした裸木も好ましく感じられます。

撮影データ:ISO100 プログラムAE(SS1/440秒 f/5.0) 0.0EV 28㎜相当
スポンサーサイト
この記事のURL | 史跡・名所 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
<<お台場を行き交う船舶 | メイン | 青い稲妻>>
コメント
-鹿鳴館-
コメントありがとうございます。

「軽井沢の鹿鳴館」とはよく言ったものですよね。
1枚目の写真はドッシリとしていて、
良い感じに撮れていますよ。(^^)

他の写真も良いですが、やはり1枚目が気に入りましたね。


2007/01/10 15:24  | URL | cowzoh #Lytj6vLw[ 編集] |  ▲ top

-ここは-
ここは白糸の滝に行く手前にありますね(^^)
この中に入ると当時の雰囲気がよくわかります
宿帳も残っていて今の皇后様のサインもありますね
ん?よく見るとR4で撮っているんですね
室内も綺麗に撮れていますね
2007/01/10 15:44  | URL | しーたけ #-[ 編集] |  ▲ top

-こんにちは-
この建物1905年に建設されたにしては、色使いが華やかですね。
鹿鳴館ですものね。
CaplioR4使いこなしてますね。
室内を撮るにも手ブレ補正は付いているし、換算28mmの画角だしもってこいですね。
4.5枚目が好みです。
2007/01/10 16:44  | URL | isyota #5Q/Qhnj6[ 編集] |  ▲ top

-気品と風格-
『軽井沢の鹿鳴館』その名に相応しい建物ですね^^
3枚目はまさにコンデジパワーですね!歪みも少なく、隅々までシャープです。
それにしても、こういう写真をみるとZEISSさんの技術とセンスが光ります!

レンズ。
400mmがカバーできて、画質重視で多様性があり安上がり。。。
300F4L IS+1.4xⅡはどう思われますか?
もっと良い選択があるでしょうか?
2007/01/10 19:52  | URL | ossanniichan #-[ 編集] |  ▲ top

-cowzohさんへ-
ありがとうございます。

「軽井沢の鹿鳴館」とはよく言ったもので、当時は「万平ホテル」と
競合するかといった心配があったようです。
でも、この三笠ホテルは万平ホテルの協力があったからこそ竣工が
可能となったそうです。

一枚目は歪みを補正しましたが、下側に余裕がなかったので、少し
不自然な補正になっちゃいました。
まぁ、仕方がないですね。
2007/01/11 12:14  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-しーたけさんへ-
>宿帳も残っていて今の皇后様のサインもありますね
えっ、そういったものがあるんですか・・・
資料は殆ど見ずに撮影だけでしたから(汗)
何しろ、時間がおしちゃって白糸の滝がこの後控えていましたので・・・

>よく見るとR4で撮っているんですね
30Dも持って行きましたが、28-70㎜をつけていましたので、勢いR4メイン
となりました。
まずまずの写りだったと思います。
2007/01/11 12:18  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-isyotaさんへ-
こんにちは。

>この建物1905年に建設されたにしては、色使いが華やかですね。
臙脂色が効いているからかもしれませんね。
全体的に華やかな感じがするのも、それだと思います。

>4.5枚目が好みです。
ありがとうございます。
とにかく室内はどこを撮ってもサマになります。
これもいい感じだなぁ、と思ってシャッターを押したものです。
2007/01/11 12:23  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-ossanniichanさんへ-
>歪みも少なく、隅々までシャープです。
このカメラはなるべく高速シャッターを選ぶようになっていて、絞り込まれない
という特性があります。
でも、CCDが小さいので、被写界深度はそれなりに稼げるようです。
歪みは結構凄いですよ・・・4枚目を見ると「あれー?」って感じです。

>300F4L IS+1.4xⅡはどう思われますか?
私は100~400㎜ISLが欲しいです。
風景、鳥、鉄道なんでもござれですから・・・
こういう選択も悪くないと思いますよ。
2007/01/11 12:40  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://zeiss85.blog4.fc2.com/tb.php/651-3b77c065
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。