スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
西沢渓谷で見たもの(3)-花編-
- 2005/05/13(Fri) -
アカヤシオツツジ

IMG_9741.jpg

これはトロッコ道を少し下ったところで咲いていました。
ここは展望が良い場所で、鶏冠山と木賊山が正面に見えます。
山には太陽の光が届いていますが、花に当たっていなかったのはとても残念でした。
やはり花は光がないと、撮影していて辛いですね。
できれば逆行か斜光、譲って真上からのトップライトが欲しかったです。


撮影地:山梨県山梨市「西沢渓谷」(共通)
撮影機材:キャノンEOS10D TAMRON SPAF28-75㎜ f/2.8XR Di(共通)
撮影データ:ISO200 SS1/200秒 f/5.0 -0.7補正 (75㎜)

あと7枚掲載しています。続きも読んで下さいね。

ヤマブキ

IMG_9344.jpg

渓谷入り口にあるゲートを通過して歩いていくと、まずこの黄色い花が目に付きます。
ここは一重咲きの花を見ることができます。
花期は終わりを告げかかっていましたが、場所によっては綺麗に咲いています。


撮影データ:ISO100 SS1/100秒 f/5.6 -1.0補正 (75㎜)



ヤマザクラ

IMG_9356.jpg

ヤマブキの花が咲いている地点から、もう少し奥へ行くと若木に花をつけていました。
標高が高いせいか、山荘に植えてあるハナミズキも盛りを迎えていました。


撮影データ:ISO100 SS1/320秒 f/5.6 -1.0補正 (44㎜)



コミヤマカタバミ

IMG_9451.jpg

渓流に向かって咲いていました。
正面から撮りたいのはやまやまでしたが、何しろこのすぐ右側は崖ですから無理な話でした。
葉はミヤマカタバミと比べると丸みがあります。
花の直径は2~3センチあって、白に淡い紫色のすじがはいるのが特徴です。


撮影データ:ISO100 SS1/60秒 f/6.3 -0.3補正 (75㎜)



エイザンスミレ

IMG_9516.jpg

遊歩道の隅に咲いていました。
スミレは種類が多いだけに、フィールドで識別するのは容易ではありません。
もし、名前が間違っていましたらご教示下さい。


撮影データ:ISO400 SS1/60秒 f/5.0 -1.0補正 (75㎜)



オオカメノキ

IMG_9731.jpg

オオカメノキは北海道から九州に生育する落葉の小高木で、ブナ帯から亜高山帯にかけて生育します。
5月になって葉が出てから白い花を咲かせ、比較的短期間で花を散らせてしまいます。
西沢渓谷では、比較的多くの場所で見かけることができます。


撮影データ:ISO200 SS1/160秒 f/5.0 -1.0補正 (75㎜)



アズマシャクナゲ

IMG_9786.jpg

アズマシャクナゲは5月から6月にかけて、亜高山帯の針葉樹林に鮮やかなピンクの花を咲かせます。宮城県南部から中部地方が生育地域で、それでこの名前がついたようです。
ここ西沢渓谷では5月中旬が見頃と言われていますが、温暖化の影響で近年は開花時期が早まる傾向にあります。
ただし、今年は低温の影響で一週間ほど遅れが見られるようです。


撮影データ:ISO200 SS1/60秒 f/4.5 -1.0補正 (75㎜)



日陰ツツジ(多分・・・)

IMG_9797.jpg

これも名前の特定は難しいですね。
調べて見ましたが、100%これだ!というのは見つかりませんでした。
かなりの確率でこれではないかと思いますが、名前が間違っていましたらご教示下さい。
この花は、トロッコ道の文字通りに日陰でひっそりと咲いていました。


撮影データ:ISO200 SS1/60秒 f/4.5 -1.0補正 (75㎜)

西沢渓谷は、滝と渓流、そして山の眺望が有名ですが、このように数多くの花が出迎えてくれます。
まだまだご紹介しきれないほどありますが、また別の機会に・・・
「アズマシャクナゲ」は今回の主目的の一つでもありますから、近日中に公開します。
スポンサーサイト
この記事のURL | 花の写真 | CM(16) | TB(0) | ▲ top
<<西沢渓谷で見たもの(4)-滝編1/2- | メイン | 西沢渓谷で見たもの(2)-渓流編->>
コメント
--
私が行ったときは山吹、躑躅、石楠花でしたね。もちろん私の名前の知らない花も行くいつか見かけました(^^)
どうしても滝などに目が行ってしまうのですがきれいな花たちも忘れてはいけませんね(^^)
2005/05/13 07:29  | URL | しーたけ #-[ 編集] |  ▲ top

-こんにちは~-
アカヤシオツツジって初めて聞きました。
私はどのつつじを見てもみんな同じヤマツツジに見えてしまいますがたくさん種類があるんですね。
山吹って派手ですけど、落ち着いた色調が回りの景色に溶け込んで良い色。
日陰ツツジ?の淡い黄色もとっても好きです。
2005/05/13 11:25  | URL | riri #.Yy.42bw[ 編集] |  ▲ top

--
この花がヤマブキって言うのですね。通勤経路にこの花がキレイに咲いていて何て言うの花かなと思っていました。
ヤマブキ色ってこの花の色なんですね。

アズマシャクナゲが綺麗な色で写ってますね。この写真好きです。
2005/05/13 11:37  | URL | あんる #-[ 編集] |  ▲ top

-しーたけさん-
今回は、スナップ的に何でも撮ってやろうと思って、首からカメラをぶら下げたまま歩きました。f^^;) ポリポリ
撮るたびにザックから出すのでは、ショット数は確実に落ちますから。

空・木・花・渓流・滝・山・森林軌道跡などは殆ど手持ちでした。
道が狭くて、三脚を据えると迷惑になるな、という判断もあったんですけれど。
そのお陰で、数多くの写真を撮ることができました。(^_^)v

でも、一週間も西沢渓谷特集を続けたら飽きられちゃうかな(^_^;A
2005/05/13 12:51  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-ririさん-
こんにちは~!

昨年見たときは、トウゴクミツバツツジかな?と思いましたが、看板にこのように書いてありました。
これだけ綺麗に咲いているのは、初めてです。
群馬に凄い群落がある、とは聞いていましたが、林道工事のために入れなかったんですよ、今まで。

ヤマブキは一重ですから、爽やかな感じがしましたね。
日陰ツツジの件は追跡しているんですが、よくわからないんですよ。
誰か教えてくれないかな~なんて、ムシのいい考えなんですけれど(笑)
2005/05/13 12:56  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-あんるさん-
関東というか東京近辺ではヤマブキは終わっていますね。
奥多摩でもどうでしょう?
仰るように、山吹色というのはこれからついています。(逆だったりして・・・)

「アズマシャクナゲ」は今回の主目的ですから、別の日に特集を組みますよ。
2005/05/13 12:58  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-全て自然-
全てが、自然の中に溶け込んでます。
凄い。。

木々の中にひっそりと咲く「草木」誰にも見てもらえないのに、黙々と繰り返される自然の摂理。。感動します。
2005/05/13 18:40  | URL | ふん転菓子 #F1fVxx/w[ 編集] |  ▲ top

-ふん転菓子さん-
おお!今日は哲学的ですね。
でも、大自然の中に身を置くと、そんな感じになるのは分かる気がします。
人間なんて、ちっぽけな存在だなあって・・・

それにしても西沢渓谷はダイナミックかつ繊細です。
紅葉シーズンに行ければいいな、と思っています。
2005/05/13 20:53  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-カキコキ-
いや~特に意識はしていないのですが、ZEISSさんの写真を見ると、素直に感動します。

画面を見て何も考えず、出てきた言葉だけをキーボードを叩いているだけなんです。(笑い)

きっと頭の中が子供。(笑い)

PS
G5使っていますが、最近もう少し望遠が効くCanonのPro1?欲しい。。マクロも寄れるし。
2005/05/13 21:30  | URL | ふん転菓子 #F1fVxx/w[ 編集] |  ▲ top

-ふん転菓子さん-
CanonのPro1・・・使ったことも触ったこともありませんが、高画質デジカメですね。
レンズ交換式ではないので、CMOSのゴミにも気を使う必要はなさそうですね。

このゴミって一眼レフを使う上で、本当に困りものなんですよ。
ブロアで吹き飛ぶならいいのですが、たまにダメな時があって、そういう場合は大いに凹みます。
2005/05/13 23:07  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

--
ヤマブキの鮮やかな色が良いですね。
パッと鮮やかであり、落ち着いた感じの
花がとても新鮮に見えます。
考えてみると、ヤマブキって初めて見ま
した。
2005/05/13 23:31  | URL | オクトパス7号 #-[ 編集] |  ▲ top

-オクトパス7号さん-
ヤマブキは結構あちこちで見ることができると思いますよ。
ただ意識していなかっただけかもしれませんね。
これは一重ですが、八重のものもあります。
ヤマブキは一見派手なようで、意外と地味な存在にも思えてきますね。
2005/05/13 23:53  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-心が洗われる-
ZEISSさん、こんばんは。
今日は一日心乱れていたので、ZEISSさんのお花達を見て、煩悩が洗われる思いです。
これで安らかに眠れそう。
お休みなさい、また明日。
2005/05/14 00:05  | URL | のの #-[ 編集] |  ▲ top

-ヒカゲツツジでは?-
黄色のツツジはヒカゲツツジではないでしょうか。一度だけ、九重に登山に行った時に見かけたことがあって、お花に詳しい方に教えて頂きました。岩場に咲いていましたね。似たものに、キバナシャクナゲという花があるそうですが、九州には自生していないそうです。調べてみましたが、キバナシャクナゲは葉が短く丸いそうです。
2005/05/14 00:38  | URL | ふみ #-[ 編集] |  ▲ top

-ののさん-
あれあれ、どうしちゃいましたか?
あ、いや、詮索はやめておきましょう。

いずれにせよ、私の写真で癒されるのなら、カメラマンとして幸せなことです。
毎日更新していますから、またお越し下さいね。
2005/05/14 00:48  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-ふみさん-
ありがとうございます。
今ひとつ確信が持てなかったものですから・・・

キバナシャクナゲは這松帯に自生するもので、葉はシャクナゲ特有の肉厚のあるヤツですしね。
お陰さまで、これでスッキリとしました。
2005/05/14 00:51  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://zeiss85.blog4.fc2.com/tb.php/64-532522ae
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。