スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
麻苧の滝
- 2006/11/28(Tue) -
『優雅に流れ落ちる』

R061128_01.jpg

群馬県と長野県の境にある碓氷峠の入り口に「麻苧(あさお)の滝」があります。
今回は、何と三年ぶりの訪問となりました。
紅葉の時期に行ったことがなく、新鮮な感じを受けてきました。

この滝は落差が40mほどありますが、水量が少ないせいか激しさは感じられません。
むしろ優雅さを感じるような滝です。
但し、梅雨時は水量が多くなりますので、その様相は一変して激しさを増します。

撮影地:群馬県安中市「麻苧の滝」(共通)
撮影機材:キャノンEOS30D EF17~40㎜ f/4.0L USM
撮影データ:ISO100 SS1/3秒AE(f/16.0) -1.0EV 40㎜(64㎜相当)
撮影日:2006年11月24日


あと5枚掲載しています。続きもご覧ください♪
R061128_02.jpg

滝の落ち口付近をアップ気味に狙ってみたものです。
撮影する姿勢は殆どイナバウアー状態で、腰痛持ちにはとても辛く感じます。
足元が石や岩でゴツゴツしていなければ、寝そべって撮りたい気分ですね(笑)

撮影機材:キャノンEOS30D EF70~200㎜ f/2.8L USM
撮影データ:ISO100 SS1/2秒AE(f/18.0) 0.0EV 78㎜(125㎜相当)




R061128_03.jpg

滝壺を狙ってみましたが、このようにたおやかな水の流れです。
「麻苧の滝」は「丁須の頭」から流れ下る鍵沢にかかり、麻の簾を垂らしたような姿から名がつきました。
また、古くから山岳信仰の修験場として知られ、山中には数多くの石仏が安置されています。

撮影機材:キャノンEOS30D EF28~70㎜ f/2.8L USM
撮影データ:ISO100 SS1/2秒AE(f/22.0) -1.0EV 60㎜(96㎜相当)




R061128_04.jpg

水面を落ち葉が漂っていました。
スローシャッターを切りたいところですが、落ち葉がぶれてしまいます。
仕方が無いので、感度を上げてぶれない程度のシャッタースピードを選択せざるを得ませんでした。

このカットだけは水面の反射を取り除くためにPLフィルターを使用しています。
他のカットは、岩肌の濡れた感じを損ないたくないので、PLフィルターは使用を控えてあります。

撮影機材:キャノンEOS30D EF28~70㎜ f/2.8L USM
撮影データ:ISO400 SS1/30秒AE(f/5.6) -0.3EV 70㎜(112㎜相当・PLフィルター使用)




R061128_05.jpg

これも軽いイナバウアー状態で撮影しています。
この時期のこの時間帯(AM10:00~AM11:00)は滝には太陽光が届きません。
上の樹木は太陽光が当たっていますので、その色を取り込みたかったんです。
でも、腰が・・・

撮影機材:キャノンEOS30D TAMRON AF28~200㎜ f/3.8~5.6
撮影データ:ISO100 SS1/40秒AE(f/6.3) -1.0EV 100㎜(160㎜相当)




R061128_06.jpg

これが滝のほぼ全貌です。
吊橋から見る滝はなかなかいいものですが、足元がとても不安定です。
これは流れの傍にある大きな岩の上に乗り、しっかりと三脚にカメラを固定して撮影しています。

撮影機材:キャノンEOS30D EF28~70㎜ f/2.8L USM
撮影データ:ISO100 SS1/10秒AE(f/11.0) -1.0EV 28㎜(45㎜相当)
スポンサーサイト
この記事のURL | 滝・渓流 | CM(16) | TB(1) | ▲ top
<<錦秋の平林寺(4) | メイン | さいたま新都心>>
コメント
-滝だ-
ZEISSさんの滝だ(^^)
しかも今日は朝の更新ですね(^^)

2枚目が滝も大きくしかも紅葉も広がっているので好きですね(^^)
私は腰痛持ちではないのでわかりませんが、上を仰け反って見るのはきつそうですね(^^;
これからしばらくこの近辺がシリーズ化しそうですね(^^)
2006/11/28 11:50  | URL | しーたけ #-[ 編集] |  ▲ top

-こんにちは-
待ってました。
仕事のついでに行けるのでZEISSさんのを参考にと思い。
やっぱ今時期は水量が少ないですね。
でも真冬になると水量が少ないお陰で全面凍結しますから。
ココは日が当たらなくて空を入れて撮るのは難しいのですが、流石に上手く露出をコントロールしてますね。
イアナバウワー状態で撮った2,5枚目が好みです。
来月、早々に行ってみようかな。
そうそう、手前にある二つ並んだ滝はどうでした。水量が少なくてダメかなぁ。
2006/11/28 11:52  | URL | isyota #5Q/Qhnj6[ 編集] |  ▲ top

-彩りと滝-
こんにちは^^
先日は、お気遣いありがとうございました^^
お陰様で、だいぶ良くなりました。

やっぱり、滝にも紅葉の彩が良く似合いますよね!
日が当たろうが当たらなかろうが、水量があろうがなかろうが、
その状況に応じた撮影は流石ですね!参考にさせてもらいますね^^
雪に覆われた滝も見てみたいですね。。。
2006/11/28 13:38  | URL | ossanniichan #-[ 編集] |  ▲ top

-お邪魔します-
コメントありがとうございます。
昔のが全部消えてしまったので、少し趣向を変えて見ました。
どうでしょうか。
mixiのほうは継続してます。
2006/11/28 16:40  | URL | ネネ #-[ 編集] |  ▲ top

-滝だ~、-
こんばんは。
ZEISSの滝、なぜだか一番心惹かれます。
どれもいいですね。
紅葉としっとりとした滝。とってもいい雰囲気です。

イナバウアーですか、ご苦労様です。
腰痛めませんように。

出かけたつもりでしばらく見せていただきます。
2006/11/28 17:49  | URL | 秋桜(こすもす) #1qN3oxXY[ 編集] |  ▲ top

-お世話になりました-
静かで美しい滝でした(^^v

落ち葉も綺麗だったのにな~!
壷の落ち葉を止める手段が思いつかず、私は失敗しました(^^;
私もアップしたので、TBさせてくださいね。
2006/11/28 19:01  | URL | カルネ #VhNaT.1s[ 編集] |  ▲ top

-しーたけさんへ-
>しかも今日は朝の更新ですね(^^)
あ、いや、最近は朝の更新が多いんですよ。
何たってタイマー更新機能がありますから・・・(笑)
忙しい朝にドタバタしなくて済みますし。

>上を仰け反って見るのはきつそうですね(^^;
イナバウアー状態の撮影はきついです。
でも、ここは滝の落ち口の黄葉が見事だったですからね~。

>これからしばらくこの近辺がシリーズ化しそうですね(^^)
はい、一日おきのペースでしょうか?
他にも掲載したいネタはたくさんありますので。
2006/11/28 21:35  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-isyotaさんへ-
こんばんは。

>真冬になると水量が少ないお陰で全面凍結しますから。
おぉ、それは是非見に行きたいですね。
あちこちで凍結する滝はありますが、ここならのんびりと撮ることができるでしょう。
あまり歩かなくて済むし(笑)

>イアナバウワー状態で撮った2,5枚目が好みです。
ありがとうございます。
因みに、手前の二股に分かれて落ちる滝は、左側しか流れていませんでした。
やはり水量が多いときじゃないと拝めないんでしょうね。
2006/11/28 22:19  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-ossanniichanさんへ-
こんばんは。

>お陰様で、だいぶ良くなりました。
それは良かったですね。
って、今度は私が風邪をひいちゃいました(爆)

>やっぱり、滝にも紅葉の彩が良く似合いますよね!
ここのは黄葉で派手ではありませんが、なかなかのものでした。
北向きに落水するので、ここは夏の時期にしか滝には日の光が当たりません。
でも、登山道では日の光がありましたので、違別の場所で黄葉や紅葉が楽しめました。

>雪に覆われた滝も見てみたいですね。。。
えっ、真冬に行って来いと・・・('◇')ゞ ラジャッ!
2006/11/28 22:24  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-ネネさんへ-
ご丁寧にありがとうございます。
前のが消えたのは残念ですが、これからまた増やせばいいんじゃないでしょうか?

>mixiのほうは継続してます。
私はいろいろな方からご招待を受けていますが、どうもあの手のものは苦手で・・・
今のところ、ブログだけで手一杯です。
2006/11/28 22:27  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-秋桜(こすもす)さんへ-
ありがとうございます。

滝はライフワークのつもりで撮影していますから・・・
気合が入りますね。
だからイナバウアー状態でも撮ります(笑)

>腰痛めませんように。
実は30代の初めに痛めたんですよ。
医者曰く「これは完治しません!」と・・・
あ~あ、一生つきあうのか!とその時は思いました。
2006/11/28 22:29  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-カルネさんへ-
TBありがとうございます。

楽しめていただけたようで、ご案内した甲斐がありました。
ここはお気に入りのポイントのひとつなんですよ。
水量が大したことがないのが気がかりでした。

>壷の落ち葉を止める手段が思いつかず、私は失敗しました(^^;
あっ、ひと言いえばよかったですね<(_ _)>
2006/11/28 22:32  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-秋らしい-
2枚目の彩りがいいですね。秋らしい柔らかな色合いと
静かに流れる滝が秋の風情が好きです。
2006/11/28 23:31  | URL | ふみ #-[ 編集] |  ▲ top

-素晴らしい~~^^-
これはいいですねぇ^^
滝と紅葉の掛け合わせは季節冥利につきます^^v
落差40mとは思えない景観ですねぇ~
ラスト2枚はすんごく(゚∀゚)イイです~~^^

私も日曜日に不動峡へ行った後宇嶺の滝へ行こうとしたら
折りしも雨が降ってきて断念しました(-"-;)
今が紅葉真っ盛りで悔やまれる(^^;;
今度の日曜までもってくれるか?(^^;;
2006/11/29 01:02  | URL | @ひろちゃん #-[ 編集] |  ▲ top

-ふみさんへ-
二枚目ですね、ありがとうございます。
この日は、かのカットだけに70-200㎜を使ったんですよ。
別にタムロンの28-200でも良かったんですが(笑)

この滝は激しさはないものの、なかなかいい雰囲気で気に入っています。
梅雨時はこれとは違う表情を見せますから、滝というのは本当に面白い被写体です。
2006/11/29 19:34  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-@ひろちゃんへ-
ありがとうございます。

やはり紅葉と滝は絵になります。
この秋はいろいろと行きたいところがあったのに、殆どボツになっちゃいました(;´д`)トホホ
尾瀬、乗鞍&上高地、そして寸又峡・・・こちらはまだ諦めていないけれど、やはり無理かな?

宇嶺の滝・・・いいですね。
紅葉に染まった中に落ちる滝を見てみたいものです。
今度の土日は天気がいいようですので、@ひろちゃん、是非!!
2006/11/29 19:37  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://zeiss85.blog4.fc2.com/tb.php/604-25ed1ade
-麻苧の滝-
麻苧(あさお)の滝群馬県の裏妙義にある落差40mの滝です。あまり有名ではないこの滝Digital Photo Gallery by ZEISSのZEISSさんの案内で訪れることができました。念願のひっそりとした、美しい滝での癒しの時 …
2006/11/28 18:58  カルネドリーム ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。