スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
涼を呼ぶ「滝」
- 2005/05/07(Sat) -
「白水の滝」1


IMG_0751.jpg

鯉幟で有名な群馬県神流町にある優しい滝です。
叶山の中を永い年月をかけてくぐり抜け、苔むした石灰岩の岩肌から流れ出る水は白い糸となって流れ落ちます。
叶鉱山のトンネル(関係者以外立ち入り禁止)からは、真夏でも冷たい風が吹き出してきます。
滝の周辺も清涼な空気に包まれ、しばし都会の雑踏を忘れさせてくれます。


撮影地:群馬県多野郡神流町
撮影機材:キャノンEOS10D TAMRON SPAF28-75㎜ f/2.8XR Di
撮影データ:ISO100 SS1秒 f/10.0 -0.3補正(28㎜)

あと6枚掲載しています。続きも読んで下さいね♪

「白水の滝」2

IMG_0744_01.jpg

トップの写真の反対側に回って撮影したものです。
この滝に来る途中で、ちょうど岩牢の入り口に似た百数十mの石灰岩の断崖が迫る「叶後の牢口」と呼ばれる奇景を見ることができます。
滝のある場所から見上げれば、叶山のほぼ垂直に切り立った岩壁が聳え立ち、新緑の頃はその岩壁に生える木々の若葉が目に眩しく感じます。


撮影地:群馬県多野郡神流町
撮影機材:キャノンEOS10D TAMRON SPAF28-75㎜ f/2.8XR Di
撮影データ:ISO100 SS1/3秒 f/10.0 -0.7補正(28㎜)



「丸神の滝」1

IMG_0891.jpg

埼玉県で唯一「日本の滝百選」に選ばれた滝です。
三段(一段目12m、二段目14m、三段目50m)に分かれて、落差76mを滑り落ちる、いわゆる滑滝(なめたき)です。
豪快さは影を潜めていますが、その優しく落水するさまは一服の清涼剤といえます。


撮影地:埼玉県秩父郡両神村
撮影機材:キャノンEOS10D TAMRON AF28-200㎜(A03)
撮影データ:ISO100 SS1/13秒 f/14.0 -1.0補正(130㎜)



「丸神の滝」2

IMG_0902.jpg

ハイキングコースは、村営バス白井差線丸神の滝入口バス停から、滝前バス停の間、約1.5キロメートルのコースとなっています。
道標やハイキングコースは、よく整備され、初心者や子供たちでも安心して出かけることが出来ます。
とは言うものの、結構急な道を30分ほど登ってやっとその姿を拝むことができます。


撮影地:埼玉県秩父郡両神村
撮影機材:キャノンEOS10D TAMRON AF28-200㎜(A03)
撮影データ:ISO100 SS1/20秒 f/11.0 -0.7補正(38㎜)



「竜神の滝」1

IMG_0698.jpg


群馬県の西のはずれにある上野村にある滝です。
落差20mとさほど大きくはないものの、水量が豊富で迫力があります。
抜けるような青空と新緑の対比が美しく、とても満足できました。
訪れたのは、鯉幟を撮影したのと同じく昨年4月29日のことです


撮影地:群馬県多野郡上野村
撮影機材:キャノンEOS10D EF16-35㎜ f/2.8L USM
撮影データ:ISO100 SS1/15秒 f/10.0 -1.7補正(23㎜)



「竜神の滝」2

IMG_0664.jpg

野栗沢沿いに上っていくと、やがて野栗沢キャンプ場に着きます。
そのままキャンプ場を抜けると、右手に豪快に水を落としています。
ただ、左側の崖からは時折落石がありますので、注意が必要です。
そのうちに道が落石で埋まってしまうかもしれません。


撮影地:群馬県多野郡上野村
撮影機材:キャノンEOS10D TAMRON SPAF28-75㎜ f/2.8XR Di
撮影データ:ISO100 SS1/15秒 f/14.0 -1.7補正(23㎜)



「蛇木の滝」

IMG_0719.jpg

蛇木渓谷に作られた堰堤の、いわゆる人工滝です。
神流川の水が川幅一杯に広がって、豪快に落ちている様子は迫力満点です。
この滝を正面から見る場所は、防護柵などはありませんので注意が必要となります。


撮影地:群馬県多野郡上野村
撮影機材:キャノンEOS10D EF70-200㎜ f/2.8L USM
撮影データ:ISO100 SS1/20秒 f/32.0 -0.7補正(70㎜)
スポンサーサイト
この記事のURL | 滝・渓流 | CM(22) | TB(0) | ▲ top
<<都電荒川線 | メイン | レンゲ草(蓮華草)>>
コメント
--
ZEISSさんの滝シリーズが本格的に始まる予感ですね(^^)
これからの時期清涼感をよぶ滝・渓谷はいいですね。
この写真の中ですと上二枚が好きですね(^^)
2005/05/07 06:00  | URL | しーたけ #-[ 編集] |  ▲ top

-おはよっ-
滝も久しぶりに見せてもらったわ(^^ゞ
白糸の滝を見て依頼ご無沙汰でした~(笑)
その頃は撮影に興味もなかったわ~
今ならバシバシ撮影しちゃうけどね~(*^。^*)

私もしーたけさん同様上2枚がお気に入りで~す♪
2005/05/07 06:20  | URL | 風華 #X2wlbK7I[ 編集] |  ▲ top

-しーたけさん、やはり・・・-
最初の二枚は私も気に入っています。
丸神の滝とどちらにしようかな?と考えましたが(彩の国の住人ですから)、インパクトある方を優先させました(笑)

滝は新緑と紅葉がいいですね。
まあ、真夏でもOKですが。
2005/05/07 08:23  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-風華さん、オハヨ!-
滝は興味が湧いてきましたか?

マイナスイオンたっぷりで、健康にもいいそうですよ。(本当かなあ・・・)
滝といえば山深いところにあるイメージが強いと思いますが、今回のものでは「丸神の滝」だけが山登りが必要です。
ほかの滝は、車を降りて1分とかからない好立地なんですよ(笑)
2005/05/07 08:26  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

--
お早う御座います。
丸神の滝の1は、下の方が、映画のワンシーンで登場する王侯貴族の寝室にあるレースのカーテンが束ねて有る感じ。

本当に涼しく、ニュースステーションで「滝中継」がありましたがそれを思い出しました。
2005/05/07 08:31  | URL | ふん転菓子 #F1fVxx/w[ 編集] |  ▲ top

--
私も1,2枚目の白水の滝が好きです。
このコケ凄いですね。
車ですぐ近くまで行けるのですね。今度行ってこよう。

余談です。上で使っている丸1,2と言う数字は機種依存文字でマックだと文字化けして正しく表示されないとか昔はあったと思います。今は、もう平気なら良いのですが、少し気になったので書いてみました。
2005/05/07 11:28  | URL | あんる #-[ 編集] |  ▲ top

-ふん転菓子さん-
丸神の滝は、落差が大きくても滑り落ちるようにして落水しますから、優しい感じを受けますね。
なるほど、王侯貴族の寝室にあるレースのカーテンが束ねて有る感じ、ですね。

滝は、これからがベストシーズンです。
先ずは何処にしようかな?
2005/05/07 11:34  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-あんるさん-
Thanks!です。
そうだ、機種依存文字だってのを忘れていた・・・
早速、普通の数字に直しておきました(笑)

この白水の滝は入り口が少し分かりにくいところにあります。
地図では
http://www.mapfan.com/index.cgi?MAP=E138.51.13.4N36.5.8.1&ZM=8
です。
この中里運動広場が左下に見えて、小さいながらも看板が出ています。
2005/05/07 11:38  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

--
う~ん、マイナスイオンたっぷりな
写真ばかりですね♪
森林浴とマイナスイオンの効果で
すっきりできそうです。

白水の滝1がとても良い感じです。
ディスプレイに向かっていても水しぶ
きが飛んできそう・・・
2005/05/07 12:42  | URL | オクトパス7号 #-[ 編集] |  ▲ top

-圧倒的!!-
1枚目の写真!圧倒的な迫力ですなぁ!
轟々と流れ落ちる滝も迫力あるけど、落差の大きな滝じゃなくても、こーゆーアングルから撮ると、こんなにもダイナミックな雰囲気になるんですね。
いやいや、さすが「滝ラー」のZEISS御大!(笑)
僕のような若造に言わせれば、「滝の神降臨か!」みたいな・・・。(笑)
2005/05/07 14:25  | URL | Stand Flower #-[ 編集] |  ▲ top

-滝の表情-
ZEISSさん、こんにちは。
滝にも色々表情がありますね!
マイナスイオン浴させて頂きました♪
優雅な雰囲気の1枚めが好きですが、蛇木の滝の、豪快に流れる様子もいいですね。
水がぶつかりあう音が聞こえてきそうです。
2005/05/07 15:56  | URL | のの #7ZWz/sCA[ 編集] |  ▲ top

-いい滝です-
白水の滝は、苔が見事ですね。私も熊本の山深い沢へ行った時に、絨毯のような苔に触れたことがあります。5年くらい前から
沢登りをするようになり、滝を見るとつい
登れそうかなと見てしまいます。
沢登りは頭から水を浴びて、マイナスイオンに突っ込んでいく感じですね。(^^)
2005/05/07 18:52  | URL | ふみ #-[ 編集] |  ▲ top

-オクトパス7号-
やはりトップを飾る写真は一番気に入ったものなんです。
このFC2ブログでは一枚だけ表示させて、後は続きを読むような形式で私はアップしていますから・・・

オクトパス7号さんも、滝の写真は如何ですか?
きっと嵌りますよ。
2005/05/07 19:49  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-Stand Flowerさん-
このトップの写真は、長靴持参で1.5mほどよじ登って撮ったものなんですよ。
とにかく下が苔でしょう。
ツルツルと滑って、危ないことおびただしいです。

勿論、命の危険はなくて、カメラの水濡れが危険なんですが(笑)
勿論、コケてもいいようにして登りましたよ。
でも、下りる時の方がとても大変!
思いっきり滑りますからねえ(爆)
2005/05/07 19:53  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-ののさん、こんにちは!-
一枚目はトップを飾りますから、いつもインパクトある写真を載せています。
じゃないと続きを読んでくれる人がいなくなっちゃいますから(笑)

「蛇木の滝」は人工滝ですから、一番迫力のあるところを切り取ったんですよ。
ぱっと見て、人工の滝には見えないでしょう?
勿論、音が凄いのもこの滝です。
この下流の渓谷が綺麗だとのことですので、今度は紅葉の頃に行ってみようかな?などと思っています。
2005/05/07 19:57  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- ふみさん-
>熊本の山深い沢・・・
って菊池渓谷ではないですよね?
もっと山奥の凄いところだと思うんですが・・・

この一枚目を撮影した場所なんですが、二枚目を見ると右側1/3くらいのところに岩があって、その奥にシダ類が生えているでしょう?そこらあたりなんです。

長靴にしたのは水があまりにも冷たいことを、以前身をもって体験したからなんです(笑)

この「白水の滝」はコケの部分を切り取れば十分だと思っています。
まだ、上のほうにも流れはあるんですが、狙いがぼやけますので割り切っちゃいました。

沢登りって、実はやったこと無いんですよ。
私の山登りのレベルは、トレッキング程度のものですから、もしやったら命が・・・
2005/05/07 20:05  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

--
私は、「丸神の滝」1の水の流れが
すごく良いなと思います。
陳腐な表現ですが、糸のようですね~。
NDは、使わなくても良いのですか?
2005/05/07 21:56  | URL | FOX #-[ 編集] |  ▲ top

-FOXさん-
実は、トップの写真は「丸神の滝」にするつもりだったんですよ。
だって、彩の国・埼玉県人ですから(笑)
でも、見比べていると「苔」の方がインパクトがあるなあ、と思ってあれにしました。

それから、NDフィルターは滅多に使いません。
でも、デジタルって絞り込むとゴミが目立ちますし、回折現象もでやすくなりますから、NDを使ったほうがいいかもしれませんね。
2005/05/07 22:32  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-意外と早いシャッタースピードですね-
ども、きつねのるーとです。

さて、私も滝をと言うか、水が糸状に白く流れるのを撮影したいと思っていたのですが、意外と(思ったより)早いシャッタースピードで切っているのですね。もっと、シャッターを開けているのかと思いましたです。(流れの速さにもよるのでしょうけど・・・・)

今後、試して見たいです。
場所は・・・・、高尾辺りがてごろなのかなぁ~?私なら・・・・
2005/05/08 20:48  | URL | きつねのるーと #Og9QlhnU[ 編集] |  ▲ top

-きつねのるーとさん-
>意外と(思ったより)早いシャッタースピード・・・
でしょう?
あまり1秒以上のシャッターって使うことは少ないんですよ。
滑らかさを出す時は使いますけれど。

でも、1/8秒~1/30秒までって、結構ブレル確率が高いシャッタースピードなんですよね。
ですから、こういった撮影では20Dはちょっぴり危ないんです。
スローシャッターは10Dを使うことが多いですね。

このブレやすいシャッタースピードの辺りが、滝の美しさが出るような気がします。
勿論、流れの速さとか撮影意図に影響されますね。
まあ、実際はスピードを変えて、何枚も撮っているわけなんですが・・・
2005/05/08 22:18  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

--
「白水の滝」なんと美しい滝なんでしょう!
滝といえば荒々しい感じがするんですが、グリーンのコケに覆われた滝は優しい感じで癒されます。
こんな滝に行ってみたいです。屋久島でも見なかったですよ。
2005/05/09 22:25  | URL | riri #.Yy.42bw[ 編集] |  ▲ top

-ririさん-
こんばんは!!

「白水の滝」は独特の雰囲気を持っています。
この滝、正面から撮ると絵にならないんですよ。
どうしても横からの撮影が多くなりますね。
左と右とでは、また印象が変わってきます。
私は断然、右から狙う派です。(笑)
撮影がちょっと大変なんですけれどね。
2005/05/09 22:45  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://zeiss85.blog4.fc2.com/tb.php/57-3dbb4b19
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。