スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
絵画のように
- 2006/10/01(Sun) -
『深まる秋』

PICT061001_01.jpg

ある雨上がりの夕方に光が丘公園を訪れました。
ストレートに撮ったのでは面白みに欠けるために、ちょっとした工夫をしてみました。
ソフトウエアに頼ることなく絵画のような表現は出来ないのだろうか?と・・・

丁度ソフトフォーカスレンズをザックに入れていましたので、このレンズを使うことにしました。
カメラの設定がノーマルでは、これまたインパクトがありません。
ピクチャースタイルを「トワイライト」に、そしてホワイトバランスを「曇り」に合わせての撮影です。
すると、このように絵画のような写真に仕上げることが出来ました。

撮影地:東京都練馬区「光が丘公園」(共通)
撮影機材:キャノンEOS30D SFEF135㎜ f/2.8(共通)
撮影データ:ISO200 f/3.2AE(SS1/640秒) +0.3EV ソフト目盛2


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
PICT061001_02.jpg

別の場所に移動してみました。
大きな水溜りがあって、その奥に自転車と人物がいい具合に画面に入ってきました。
すかさずレリーズ!ですね♪

撮影データ:ISO200 f/3.2AE(SS1/250秒) +1.0EV ソフト目盛1



PICT061001_03.jpg

今度は縦位置にして、人物も自転車も画面から外しました。
そして、ソフト目盛は最大に・・・

撮影データ:ISO200 f/3.2AE(SS1/160秒) +1.0EV ソフト目盛2



PICT061001_04.jpg

似たような画像が続きましたので、ちょっとお口直しに・・・
ヒマラヤスギの葉先に輝く水滴を引き気味にして撮影したものです。
アップも悪くはありませんが、キラキラの数が多い方が面白みがあると思います。

撮影データ:ISO400 f/3.2AE(SS1/100秒) -2.0EV ソフト目盛1



PICT061001_05.jpg

最後のカットは暮れ行く森を取り上げてみましょう。
まあ、一枚目から三枚目とは大差がないんですが・・・(;´▽`A``

撮影データ:ISO200 f/3.2AE(SS1/250秒) -1.0EV ソフト目盛2
スポンサーサイト
この記事のURL | その他 | CM(34) | TB(0) | ▲ top
<<ヤマガラ | メイン | 吐竜の滝>>
コメント
-ZEISSさん(^^♪、こんばんは-
美しい~
これはもう有名な画家の描いた絵のようです。
芸術品です。
何回も何回も見ていたい秋です。
2006/10/01 18:56  | URL | 愛花 #-[ 編集] |  ▲ top

--
ホントに絵のようです。
写真って、ちょっとした工夫ですごく楽しい写真になりますね。
2枚目の写真が、すごく温かさを感じて好きです♪
2006/10/01 19:00  | URL | るみ #-[ 編集] |  ▲ top

-絵画-
まさに絵画のような作品ですね!
デジタルならでは作品(^^)
しばらく見入っていましたよ

昔紅葉のライトアップをSFで撮ったことがありますが私も今度はカメラの設定を色々いじって試してみたくなりました(^^)
2006/10/01 20:12  | URL | しーたけ #-[ 編集] |  ▲ top

-すごーい!-
1枚目を見てソフトで加工したのかと思ったら違うんですね
本当に絵画のようで綺麗です
2006/10/01 21:03  | URL | かず #-[ 編集] |  ▲ top

-お見事!-
ただただ見とれるだけ。。
本当に写真なの?と思うほど。

鮮明に写すのではなく、ジャンルとして確立できそうですよ。
2006/10/01 21:06  | URL | ふん転菓子 #-[ 編集] |  ▲ top

-愛花さんへ-
ありがとうございます。

たまにはこんなお遊びがあっても面白いでしょう?
今年の秋はこの手法で、銀杏の黄葉を撮ってみたいと思っています。
2006/10/01 21:14  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-るみさんへ-
デジタル画像なら、撮影後にソフトウエアでどうにでもなるんですが・・・
それが天邪鬼である私は、撮影時に設定したいんですよね。
というか、後であまり弄り回したくないというのが本音です。
だってメンドイですから(笑)

>2枚目の写真が、すごく温かさを感じて好きです♪
ありがとうございます。
2006/10/01 21:17  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-今晩は-
書き込み有難う御座いました。
中々ご訪問できずにいた事お許し下さい。

当方まだまだ作品を公開できるまでには至りませんが、ってか撮影に行く暇なくて・・・(苦笑
デジカメの存在すら忘れていた今日この頃です。
今の楽しみは寝る事・・・
寝る事しか考えていない有様です(笑
一日も早くカメラ持って出掛けられたらなと思うのですが現実は厳しい!
ちょっぴり寂しい秋になりそうです。

ソフトフォーカスやはりいいですね。
光のキラキラ感もいい感じです。
ではまた。。。
2006/10/01 21:17  | URL | 洸月 #-[ 編集] |  ▲ top

-しーたけさんへ-
撮影時に全て設定するのは、銀塩時代からの手法ですね。
本音は面倒臭いからかもしれませんが(笑)

>紅葉のライトアップをSFで撮ったことがありますが・・・
覚えていますよ。
とても新鮮な感じがしましたよね。
2006/10/01 21:18  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-かずさんへ-
こんばんは。

撮影時に設定したものですが、厳密にはカメラ内部でソフトウエア的に処理されているんですよ。
まあ、細かいことは言いっこなしですかね・・・

今回は習作のような感じで撮りましたが、銀杏が本来の狙いなんですよ。
今年はどこで撮ろうかな?
2006/10/01 21:21  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-驚き!-
本当に絵を見ているみたいです。
人が写り込んでいる2枚目が、優しさが溢れているようで好きです。
ヒマラヤスギの水滴も、すごく幻想的ですね♪

テクニックをいくら聞いても・・・真似できそうに無いです^^;
2006/10/01 21:23  | URL | momo #-[ 編集] |  ▲ top

-ふん転菓子さんへ-
ソフトフォーカスレンズが持つ、画像省略特性を逆手にとったわけなんです。
絞りを開け気味にして克明に描写しなければいけwるだろうな、といった予測はありました。
でも、いわゆる一つのキワモノだと思いますよ(笑)
2006/10/01 21:33  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-洸月さんへ-
こんばんは。

相変わらずお忙しそうですが、体調はいかがですか?
って、あまり人様のことは言えるほど私も完調ではないんですが・・・(汗)
どうも最近は疲れやすくていけません。
休みの日は昼寝をして疲れをとるようにしています。

>ソフトフォーカスやはりいいですね。
そうですね。
私は面倒臭がり屋なので、後から処理するのが・・・
というか、それに嵌ったら写真を撮ることを忘れそうで怖いですね。
でも、折角のデジタルですから、いつかは本格的なレタッチに挑戦したいと思っています。
2006/10/01 21:37  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-momoさんへ-
ありがとうございます。

実は大したことはしていないんですよ。
ソフトフォーカスレンズを使い、カメラの設定をチョコチョコとやっているだけです。
注意することは絞りの選択ですね。
ソフトフォーカスレンズは球面収差を利用しているので、絞っちゃうとシャープな画像になっちゃうんですよ。
2006/10/01 21:40  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-まるで油絵です-
うわぁ~これは遠く欧羅巴の雰囲気満点です^^
さしずめ、モネやルノワールってとこでしょうか?(^^;;
いいなぁ~これ^^
ラストは特に光の加減がとっても好きです
射光線が秋の雰囲気をかもし出していますね^^
できるならその中央にヌー○の女性もおいてみたい(^^;;
2006/10/01 21:53  | URL | @ひろちゃん #-[ 編集] |  ▲ top

-こんばんは♪-
素敵ですね~。
ホント、ひろさんが書いていらっしゃるように
ルノワールを思い出しました。
2枚目と4枚目がいいなぁ~。
2006/10/01 22:01  | URL | ゆき #Yqf9uHks[ 編集] |  ▲ top

-@ひろちゃんへ-
ありがとうございます。

どうせ狙うならコッテリといきたいな、と思いました。
これなら後期印象派の私(笑)でも満足です。

>できるならその中央にヌー○の女性もおいてみたい(^^;;
@ひろちゃんはどちらかと言えば「好奇淫性派」かな(爆)
2006/10/01 22:27  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-印象派の絵画を見ているようです。-
なにを撮っても芸術的に仕上げてしまうのがZEISSさんらしいですね!
もう写真のほうで充分、食べていけるんじゃないですか‥。  いつも創意と工夫が満ちていて面白いです。 v-273
2006/10/01 22:44  | URL | 武ちゃん #FXtZUIiI[ 編集] |  ▲ top

-喝采。-
これは、ただただ拍手喝采するのみですね!

ココ最近の(前もそうでしたが)ZEISSさんは、気合が入ってる
と言おうか、身をもって示す!って感じで、ありがたく拝見させていただいてます^^

今回も、私どもがコメントできるものではありませんが
たまにはコメントしないと忘れ去られるようで。。。笑

ピクチャースタイル、DLしましたが、PCのみで、カメラには登録してません^^;
こういう使い方あるなら、しとかないと^^;

私も、やっぱり2枚目がこの絵画のような雰囲気を
更に醸し出していると思います!!
2006/10/01 23:00  | URL | ossanniichan #-[ 編集] |  ▲ top

-面白いですね-
あ~、いい雰囲気ですね。これはおもしろいソフトフォーカスの使い方でいいですね。ピクチャースタイルもいい効果ですよね。
こう見ているとソフトフォーカスレンズが欲しくなってしまいます。
2006/10/01 23:26  | URL | ふみ #-[ 編集] |  ▲ top

-ゆきさんへ-
ありがとうございます。
撮っている時はルノワールなどとは考えてもいませんでしたよ。
2.5型の液晶では何となくこんな感じかな?といった程度の見え方でしたから。

このレンズは基本的にパステル調に仕上がるんですが、カメラの設定でこってりと
油絵風に仕上げてみたんですよ。
2006/10/01 23:28  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-武ちゃんさんへ-
こんばんは。

まぁ、今回は芸術を多少意識はしましたが、オモシロ半分といったところが本音です。
結果はまずまずといったところでしょうか。

>もう写真のほうで充分、食べていけるんじゃないですか‥。  
一時はカメラマンもやったことはありますよ。
自称プロカメラマン・・・ライセンスなんていらないですから(笑)
でも、安定的な収入など得られるものではありませんでした。
2006/10/01 23:31  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-ossanniichanさんへ-
ありがとうございます。

実は、最近はあまり気合が入っていないんですよ。
体調不良ということもあって、先々週清里を訪れる前後から何となくおかしいんですよ。
妙にだるくて疲れやすくて・・・

逆に、肩に力が入らなくて良かったのかも知れませんが。
ということで、この土日は家でのんびりです。
昨日の土曜日だけは、いつもの光が丘公園へ午前中だけ出かけました。
明日公開しますが、それなりに収穫はありました。
2006/10/01 23:34  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-ふみさんへ-
ありがとうございます。

このレンズは135㎜という焦点距離と設計が古いのが難点なんですよ。
でも、ふみさんは5Dだから、文字通りの焦点距離で使えますね。

私は30Dだから、換算で200㎜相当の画角となって結構頭を悩ませます。
FD時代のように85㎜にしてくれないかなぁ。
勿論USM仕様でね♪
2006/10/01 23:37  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-夢の中・・。-
まるで夢の中にいるような気持ちになります。
絵画の世界でもありますね。

カメラもこんな使い方があるのですね。
ZEISSさんのところではいつも!!!が多くなってしまいます。
また写真の奥深さを知った気がします。
2006/10/02 09:15  | URL | KAEDE #-[ 編集] |  ▲ top

-こんにちは-
おおっ、色々と挑戦してますね。
ホント絵画のような雰囲気が出てますね。
トワイライト、DPPにもあったかな、今度使ってみよう。

3枚目が好みです。
2006/10/02 09:42  | URL | isyota #5Q/Qhnj6[ 編集] |  ▲ top

-KAEDEさんへ-
あっ、「夢の中へ」ってタイトルでも良かったですね~。
気がつかなかった。(笑)

今回はお遊びというか、こんな撮り方をするのも面白いなぁ、と思ってやったんですよ。
たまに使う方法ですが、結構いけてますでしょ?
2006/10/02 12:20  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-isyotaさんへ-
こんにちは。

>おおっ、色々と挑戦してますね。
マンネリ打破ですよ。(笑)
秋はなんとなく芸術チックにいくのも悪くはないかな?
といった発想です。

ピクチャースタイルの「トワイライト」は、キャノンの
サイトからダウンロードして使います。
私はカメラ側に設定してJPEGで撮影をしています。
 
2006/10/02 12:34  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-印象派ですね~-
こんにちはv-22

外国の風景のように見えますね~e-68
とっても着眼がステキねe-267
見習って出来るものではないですが、やっぱり見習わなくてはと思います。
人物が入ると雰囲気が変わりますね・・・
静寂か動きか迷いますね、ん、タイトルなら一枚目ですねe-266
2006/10/02 12:44  | URL | saho #-[ 編集] |  ▲ top

-美術館…-
パソコンの前が、自分の席が、そのまま「美術館」になりました。
水滴が光って、イルミネーションのように感じました。
中でも、人が写り込んでいる写真を、より多く〝戻り観〟しました。
2006/10/02 17:39  | URL | Q #-[ 編集] |  ▲ top

-こんにちは-
素敵な画像ですね。
どうもこの手の画像にシビレます。
ソフトフォーカスですかいいですね。
フォトショで加工は出来ますが、
なかなかこんな具合には仕上がりません。

二枚目がいいと思います。
2006/10/03 15:25  | URL | 和さん #JalddpaA[ 編集] |  ▲ top

-sahoさんへ-
ありがとうございます。

ソフトフォーカスレンズはこのような描写も出来ますし、中間リングを噛ませて
花をアップで撮るのもいいですよ。
sahoさんも一本いっとく?(笑)
2006/10/03 21:19  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-Qさんへ-
ありがとうございます。

今回は絵画のように撮影してみましたが、思いがけずにいい結果が出たようです。
本来はこうした使い方をするレンズではないんですが、こういったお遊びもいいものですよね。
2006/10/03 21:21  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-和さんへ-
ありがとうございます。

ソフトフォーカスレンズが醸し出す甘美な世界は、やはりレンズならではの世界だと思います。
ソフトウエアでも似たような効果は出せますが、似て非なるものですね。

問題は135㎜という焦点距離が長すぎることです。
APS-Cサイズの撮像素子を持つデジ一眼では、何と200㎜相当の画角のなってしまいます。
85㎜くらいにしてくれないかなぁ。
2006/10/03 21:24  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://zeiss85.blog4.fc2.com/tb.php/549-b9ee0c98
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。