スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ユリ園へ(2)
- 2006/08/07(Mon) -
『ファンタジー編』

IMG_060807_01.jpg

久々にソフトフォーカスレンズを引っ張り出すことにしました。
実は、このレンズは最初から今回の撮影行にはお供させるとこに決めていたんです。
ユリとソフトフォーカスは似合うだろうなぁ、と予測していましたから。

APS-Cサイズの撮像素子を持つカメラでは、135㎜では長めの焦点距離となってしまいますが、
花との距離はある程度とれますのでさほどの苦労はありませんでした。
ピント合わせもカメラ任せですから、あとは背景や光を掴んでおけばいいんですよね。
久々のレンズに暫し熱中した一齣でした(笑)

撮影地:群馬県利根郡片品村「尾瀬岩鞍ゆり園」(共通)
撮影機材:キャノンEOS30D SFEF135㎜ f/2.8(共通)
撮影データ:ISO100 f/3.2AE(SS1/1600秒) +0.7EV (ソフト目盛2)


あと5枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
IMG_060807_02.jpg

手前のユリにピントを持ってきて、奥に広がるユリ園を柔らかく演出してみました。
本来、ソフトフォーカスレンズはこのような撮り方はあまり得意な方ではないんですが・・・
ユリの花が色とりどりで変化がついたから纏まったのでしょうね。

撮影データ:ISO100 f/3.2AE(SS1/1600秒) +0.7EV (ソフト目盛2)



IMG_060807_03.jpg

今度は白っぽい花を手前に持ってきて、背景はピンク色のユリをぼかしてみました。
このレンズの特徴は、背景が綺麗にぼけることですね。
ところが欠点もあります。
ピントを合わせた被写体よりも手前のボケがいただけないことです。
ですから、今回はそういった構図は極力避けるようにしました。

撮影データ:ISO100 f/3.2AE(SS1/2500秒) +0.7EV (ソフト目盛2)



IMG_060807_04.jpg

背景の黄色いユリの主張が強いので、ここは薄いピンクのユリを配してみました。
構図としては、ややセオリーを無視していますが、まぁ、こういったものもたまにはいいでしょう。

撮影データ:ISO100 f/3.2AE(SS1/2000秒) +0.7EV (ソフト目盛2)



IMG_060807_05.jpg

では、今度は黄色いユリを主役に持ってきましょう。
縦位置も押えておきましたが、横位置の方が安定感がありました。
特に右上から左下へ流れるような背景のボケがそう感じさせてくれたのでしょう。

撮影データ:ISO100 f/3.2AE(SS1/2000秒) +0.7EV (ソフト目盛2)



IMG_060807_06.jpg

最後はトンボ君に締めくくって貰いましょう。
何もトンボ君をソフトフォーカスレンズで撮ることもないんですが(笑)
背景が綺麗にぼけたので、「まぁ、いいか!」ってところですね。

撮影データ:ISO100 f/3.2AE(SS1/1000秒) +0.7EV (ソフト目盛2)

今回の撮影データを見て、「オヤ?」と思われた方もいらしゃることでしょう。
全てのカットが私にしては珍しく+0.7補正ですから・・・
ソフトフォーカスで撮影すると、画像がやや濁るような傾向があります。
それを防止するためですが、やり過ぎると今度は飛んだり、色飽和を起こしますのでその兼ね合いが難しいですね。
でも、基本はあくまでもプラス補正なんですよ。
スポンサーサイト
この記事のURL | 花の写真 | CM(36) | TB(1) | ▲ top
<<高山植物 | メイン | 丸沼高原へ・・・>>
コメント
--
こんばんはー。
尾瀬岩鞍というと、あの尾瀬岩鞍でしょうか?(笑)
ここも夏はユリ園をやっているんですねー。
尾瀬岩鞍は、以前、毎年暮れに出かけ、正月はスキー場でということを10年ほどやってましたので、とっても懐かしいです♪
それにしても、ユリの花、きれいですんぇ~...
ため息がでます(^^)
2006/08/07 19:24  | URL | ベルニナ #-[ 編集] |  ▲ top

-キタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!-
キタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!
ソフトフォーカスの世界

まさにファンタジーです(^^)
確かに普段マイナス補正で色をくっきりだす私もプラス補正にすることが多いですね(^^)
今回は何枚目ということでは、なくどれも好きな写真です(^^)
2006/08/07 20:35  | URL | しーたけ #-[ 編集] |  ▲ top

-流れ星ですね~-
こんばんは。テンプレートを変更されたのですね!
星が流れていてびっくりしました^^

ソフトフォーカスって撮った事ないです。
なんだか、どんな被写体に良いのかというイメージも沸きませんでしたが、この写真はステキですね~
妖精が住んでいそうです♪
2006/08/07 20:55  | URL | あけ #SJMMuUIM[ 編集] |  ▲ top

-ここって-
黄色いのが手前にありますよね。
ソフトフォーカスは、比較的大きくて、花びらが丸くない方が似合うのかな。

だからユリには似合う。
2006/08/07 21:06  | URL | ふん転菓子 #-[ 編集] |  ▲ top

-綺麗です~-
2枚目の写真が特に綺麗です~

>基本はあくまでもプラス補正なんですよ。
なるほどです
自分でソフトフォーカスフィルターを使って撮影すると
ZEISSさんが撮影されたようなキラキラした感じが無く暗
い感じの写真になっていたんです
2006/08/07 21:12  | URL | かず #-[ 編集] |  ▲ top

-ソフトフォーカス-
持ってないんです、付いてないんです。
ソフトフォーカス機能もレンズも(^^;
ユリの花のように派手めな花には、こんなソフトフォーカスがいいですね。
柔らかく優しく、夢心地です。
2006/08/07 21:56  | URL | カルネ #VhNaT.1s[ 編集] |  ▲ top

--
まるで夢の世界に迷い込んでしまったかのようです。
やわらかいですね♪
私もコンパクトデジカメでどうにかして撮れないかしら??
考えてみます!!
2006/08/07 22:08  | URL | るみ #-[ 編集] |  ▲ top

-ソフティ(^^;;-
百合もソフトフォーカスで撮影すると幻想的なイメージだねぇ^^
なんか不思議な世界へ迷い込んだみたい(^^;;
特に1枚目はすんごく(゚∀゚)イイです^^
それに続く2、3枚目も染物の服みたいで美しいですねぇ^^
これもある意味涼を誘います^^

お爺ちゃんのお茶>ソフティ(-"-;)
2006/08/07 22:57  | URL | @ひろちゃん^^ #-[ 編集] |  ▲ top

-ベルニナさんへ-
こんばんは。

>尾瀬岩鞍というと、あの尾瀬岩鞍でしょうか?(笑)
その通りです・・・って、他にはないと思うんですが(笑)
最近のスキー場は夏でも集客のために花を植えることが多いですね。
その最たるものがユリなんだと思います。

>ため息がでます(^^)
ありがとうございます。
2006/08/07 23:11  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-しーたけさんへ-
久々にこのレンズを使いました。
最後に何を撮ったのかも覚えていないくらいインターバルが空きました。

ソフトフォーカスばかりは、+補正が必須ですね。
昔はMDソフトロッコールでよく濁らせちゃいました(笑)
2006/08/07 23:13  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-こんばんは♪-
本当にファンタジーの世界ですね…。
いろいろな色の組み合わせが、
いろいろな雰囲気を醸し出していて、
それぞれに素敵です。
私の色の好みだけで…3枚目が一番好きかなぁ…。
4枚目は花嫁のブーケを想像しました。
柔らかな雰囲気に幸せを感じるからかもしれません。
2006/08/07 23:20  | URL | ゆき #Yqf9uHks[ 編集] |  ▲ top

-あけさんへ-
こんばんは。

はい、あまりの暑さに?テンプレを変えてみました。
少しは涼しく感じられるでしょうか・・・

ソフトフォーカスは一種のイメージ画像ですね。
ですから、はっきりとした被写体に使うのが一番効果的です。
それとコントラストを抑える効果もありますので、こういった強い光の
ある場所での撮影にもいいんですよ。
2006/08/08 00:26  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-ふん転菓子さんへ-
>黄色いのが手前にありますよね。
ありましたね。
黄色い花はかなり目立つ存在です。

ソフトフォーカスは大きくてメリハリのある被写体がいいと思います。
その点、ユリの花はうってつけでしょう。
2006/08/08 00:30  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-かずさんへ-
>2枚目の写真が特に綺麗です~
ありがとうございます。
ここは一番高いところに咲いていて、花自体も綺麗でした。
ここは斜面もキツイから人も少ないし・・・

ソフトフォーカスはとにかく+補正がセオリーです。
理由は?ですが、なぜか濁る傾向があるんですよね。
2006/08/08 00:32  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-カルネさんへ-
こんばんは。

ご存知だと思いますが、フォトショップのようなソフトウエアで似たような
効果を出すことは可能ですよ。
それでも私はこのレンズでの撮影に拘っていますが・・・

>柔らかく優しく、夢心地です。
ありがとうございます。
それがソフトフォーカスの世界なんですよね。
2006/08/08 00:35  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-るみさんへ-
>まるで夢の世界に迷い込んでしまったかのようです。
それがファンタジーの世界です。
今回の狙いはズバリ!そこにあります。

↑のカルネさんのところでも書きましたが、ソフトウエアで加工すれば
同じような効果を出すことが可能です。
レイヤーを使うんですが、興味がありましたら一度お試し下さい。
2006/08/08 00:37  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-@ひろちゃん^^ へ-
ソフトフォーカス描写はすべからく幻想的な世界になります。
ポートレートでも時々は使いますよ。
まあ、多用は禁物かもしれませんが・・・

>お爺ちゃんのお茶>ソフティ(-"-;)
えっ、何のこと???
TV見ないから、CMだと分からないです~。
2006/08/08 00:40  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-ゆきさんへ-
こんばんは。

>本当にファンタジーの世界ですね…。
それがソフトフォーカスの魅力です。

>私の色の好みだけで…3枚目が一番好きかなぁ…。
通ですね。実は私もこのカットが一番のお気に入りです。
トップに持ってこなかったのは、あくまでも構成上の理由なんですよ。
2006/08/08 00:42  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-親父ギャグだけです(^_^;;-
いやぁ~
祖父にティー(^_^;;
単にうけを外してしまっただけです(-"-;)
2006/08/08 01:09  | URL | @ひろちゃん #-[ 編集] |  ▲ top

-ZEISSさん(^^♪、おはようございます-
ファンタジーの題名にぴったりの画像が揃いました。
4枚目のピンクのユリが夢見心地でいいですね。
それに最後のトンボ君のカット大好きです。
2006/08/08 07:40  | URL | 愛花 #-[ 編集] |  ▲ top

-ファンタジック!!-
おはようございます!

まさにファンタジーな世界ですね!
こんなにも素敵な世界へのご招待ありがとうございます。^^

私も写真の楽しみ方が一つ増えたようで、ありがたいです。
でも、ソフトフォーカスなんてレンズ、ミノルタのラインナップにありましたっけ?
2006/08/08 08:44  | URL | てっぴ #G91RSZjw[ 編集] |  ▲ top

-こんにちは♪-
ソフトフォーカスの世界、やっぱり綺麗ですね~~~。
別世界です。
昨日の酷暑で参りましたが、こちらで生き返りました(^-^)
2006/08/08 09:11  | URL | のの #-[ 編集] |  ▲ top

-まさにファンタジー-
ぽぉ~と、夢見心地で拝見しました~♪
先日の百合園…イメージがまたガラッと変わってステキですね~!
夏の光なのに、とても柔らかく美しいです。
ソフトフォーカスレンズ…っていうのがあるんですね。
+補正…カキカキφ(..;)

庭で百合を撮した時、古いレンズを引っ張り出したら
カビ?のせいでしょうか…ちょっとソフトっぽかったです。(^^ゞ
またなにか撮ってみようっかな~
2006/08/08 09:44  | URL | kuku81 #BzJ1g2GI[ 編集] |  ▲ top

-TB-
何度もすみません。
TB掛けました!
m(__)m
2006/08/08 10:07  | URL | ふん転菓子 #-[ 編集] |  ▲ top

-私のための世界-
文句なく、私の世界・・・と勝手に決めています。
私も3枚目かしら。
でもマクロにとどめておくかどうか
悩みます。

一つの世界ですね。幻の世界、おぼれてしまいそうな危険な世界。
2006/08/08 14:56  | URL | こすもす #1qN3oxXY[ 編集] |  ▲ top

-夢の中・・・。-
まさにファンタジーの世界そのものです。
1枚目の手前の黄色がきいていますね。こういうの大好きです。
どれもバックのボケがすごく綺麗です。トンボも素敵。

ここでたくさんのことを学ばせていただきました。
しっかりメモしないと・・・。
2006/08/08 17:13  | URL | KAEDE #-[ 編集] |  ▲ top

-こんばんは-
おおっ、
SF使うとホントにファンタジックになりますね。
ZEISSさんお言われるとおり良く合っています。

2枚目のユリを小さく入れた構図が好みです。
2006/08/08 19:18  | URL | isyota #5Q/Qhnj6[ 編集] |  ▲ top

-@ひろちゃん へ-
それは気づかずに失礼しました(笑)
2006/08/08 20:23  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-愛花さんへ-
こんばんは。

>4枚目のピンクのユリが夢見心地でいいですね。
ありがとうございます。
メインの被写体をやや下に振って、空間を大きくとったからでしょうか?

トンボ君は蕾にはちまるんですが、なかなか花には止まってくれないんです。
多分、しがみつきにくいのでしょう。
2006/08/08 20:25  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-てっぴさんへ-
こんばんは。

ソフトフォーカズはファンタジックであり、禁断の世界でもあります(笑)
一度その魅力にとりつかれると、沼にズブズブと・・・

ミノルタにもソフトフォーカスレンズはありました。
確か、焦点距離は100㎜だったような。
今では製造中止ですから中古を気長に探すしかありません。
でも、フォトショのようなソフトウエアでも似たような効果は出せますよ。
2006/08/08 20:47  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-ののさんへ-
こんばんは。

たまにはソフトフォーカスもいいものでしょう?
暫く封印していたんですけれど・・・

どことなく甘い描写が気に入っています。
2006/08/08 20:52  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-kuku81さんへ-
>夏の光なのに、とても柔らかく美しいです。
コントラストを抑えることもソフトフォーカスレンズの持ち味なんですよ。
日本語にすれば軟焦点ということなんですよね。

>カビ?のせいでしょうか…ちょっとソフトっぽかったです。(^^ゞ
それもアリですね。
カビルンルンがソフトな世界をもたらしてくれたのでしょう。
ちょっぴりフレアっぽい描写かもしれませんね。
2006/08/08 20:56  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-ふん転菓子さんへ-
とうとう行ったんですね。
会社から見ましたよ~

TBありがとうございました。
2006/08/08 20:57  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-こすもすさんへ-
ありがとうございます。
やはり三枚目はいいと思いますよ。

>幻の世界、おぼれてしまいそうな危険な世界。
うーん、危険かどうかは???ですが、いわゆるキワモノかもしれません。
でも、その魔力(魅力とも・・・)にとりつかれると危ないですよ。
2006/08/08 21:00  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-KAEDEさんへ-
こんばんは。

>1枚目の手前の黄色がきいていますね。
いわゆる前ボケというヤツです。
うまく使えばさらに魅力的に見えますよ。
バックのボケが綺麗なのもこのレンズの特徴です。
レンズ構成枚数が少ないこともありますが・・・
2006/08/08 21:05  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-isyotaさんへ-
暫く封印をしていたSFを使いました。
まあ、最初からこれでいくぞ!とは決め手いたんですが(笑)

>2枚目のユリを小さく入れた構図が好みです。
ありがとうございます。
SFがやや苦手とする距離感と被写体の大きさですが、何とか
纏まってくれたようです。
2006/08/08 21:10  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://zeiss85.blog4.fc2.com/tb.php/500-c8ffe622
-ユリがいっぱい!-
「この方」と「あの方」に刺激され、行って来ました。(笑い)場所は群馬県尾瀬岩鞍スキー場。今日は、撮影場所は全て同じ。スキー場なので斜面。色々構図を変えたり、何かと絡めたりしてみました。風景写真?なので難し …
2006/08/08 10:06  ふん転菓子の「き」 by FC ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。