スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
日光の滝(3)
- 2006/06/27(Tue) -
『裏見の滝』

IMG_060627_01.jpg

この『裏見の滝』も一昨日にご紹介しました『寂光の滝』同様に見ておきたい滝の一つでした。
駐車場や遊歩道がしっかりと整備されていて、駐車場へ向かう道路も広くて快適です。
ここはずばりオススメのポイントです。

『裏見の滝』はその名の通り、裏側から見ることが可能な滝でした。
ところ岩石の崩落が著しいことから立ち入り禁止措置がとられてしまいました。
残念ですが事故でも発生したら大変なことになりかねません。

さて、このカットですが部分的に綺麗に見えるところをアップで撮ってみました。
シャッタースピードによって滝は表情を変えます。
これは速度を稼ぐためにISO感度を上げて撮っています。

撮影地:栃木県日光市「裏見の滝」(共通)
撮影機材:キャノンEOS30D EF70~200㎜ f/2.8L USM(PLフィルター使用)
撮影データ:ISO640 SS1/320秒AE(f/5.0) +0.3EV 200㎜


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
IMG_060627_02.jpg

これが観瀑台から見たカットです。
メインの滝以外にも、いく筋もの水の流れが確認できますね。
とても静寂な場所で、気温もぐっと低くてファインダーやレンズの曇りには要注意です。
肌寒さを感じるほどですから、真夏でも重ね着の必要はあるかもしれません。

撮影機材:キャノンEOS30D EF17~40㎜ f/4.0L USM(PLフィルター使用)
撮影データ:ISO100 SS1/3秒AE(f/22.0) 0.0EV 19㎜




IMG_060627_03.jpg

実は観瀑台を挟んで反対側にもこのようなステキな滝があります。
遊歩道を歩いてくると右側にメインの滝が見えますが、観瀑台の奥にも綺麗な流れを確認することができます。
思わず歓声が上がるかもしれませんね。

撮影機材:キャノンEOS30D EF17~40㎜ f/4.0L USM(PLフィルター使用)
撮影データ:ISO100 SS1/3秒AE(f/14.0) 0.0EV 24㎜




IMG_060627_04.jpg

駐車場から遊歩道を歩いてきて、右側にぐっと曲がる地点で見える眺めです。
ここからでも充分ですが、折角ですから観瀑台まで行きましょう。
私は何だかんだで、この裏見の滝に一時間半もいました。
これで後のスケジュールがかなりきつくなってしまいました(笑)

撮影機材:キャノンEOS30D EF17~40㎜ f/4.0L USM(PLフィルター使用)
撮影データ:ISO100 SS1/3秒AE(f/16.0) 0.0EV 27㎜




IMG_060627_05.jpg

この遊歩道を歩くと名もない滝が随所に現れます。
ただし木立が邪魔で殆ど写真にはなりません。
唯一、この滝が絵になるくらいでしょうか・・・
急に陽射しが出てきたので、手前の木の葉は犠牲になっています。
まあ、滝が主役ですからね。

撮影機材:キャノンEOS30D EF70~200㎜ f/2.8L USM(PLフィルター使用)
撮影データ:ISO640 SS1/25秒AE(f/10.0) 0.0EV 85㎜


芭蕉が句を詠んだことでも有名な日光三名瀑の一つです。
大谷川の支流である荒沢川にかかる滝で、新緑や紅葉の季節はさぞ見ごたえがあることでしょう。
落差は45mですが、芭蕉が『暫くは滝に籠るや夏の初め』と詠んだ如く、かつては滝の裏側に
まわって流れを見ることができたんですね。


次回はお待ちかねの「華厳の滝」ですよ~
スポンサーサイト
この記事のURL | 滝・渓流 | CM(30) | TB(0) | ▲ top
<<日光の滝(4) | メイン | クリンソウ>>
コメント
-恨みの滝-
裏見の滝の裏側からは結局見れなかったのですか?それは恨みますね~(^^; オイオイ
どれも迫力ある見事な滝で、今日の暑さには涼しげで最高です。
紅葉の時期も奇麗でしょうね。

落差がある大きな滝より、
規模は小さくても奇麗な滝がありますね。
観光客がたくさん来る有名な滝より
こんな滝のほうが、より癒しになりますね。
2006/06/27 20:43  | URL | カルネ #VhNaT.1s[ 編集] |  ▲ top

--
おおっ、涼しい。
今日は暑かったので、効果満点です。
滝を撮る時はスローシャッターってのが決まり文句のようになっていますが、
さすがですね。高速SSでも撮るなんて。
1枚目が清涼感があって好みです。
2006/06/27 20:58  | URL | isyota #5Q/Qhnj6[ 編集] |  ▲ top

-ZEISSさん(^^♪、こんばんは-
芭蕉は『暫くは滝に籠るや夏の初め』と詠みました。
私は3枚目の画像の前で籠りました。
梅雨の蒸し暑さの中でも、癒されます。
2006/06/27 21:30  | URL | 愛花 #-[ 編集] |  ▲ top

-3枚目-
うっすらと水のカーテンができているようなこの写真が好きです。
ZEISSさんの撮り方を見てると本当に色々な撮り方ありそれによって雰囲気が変わるんだなと思いました(^^)
2006/06/27 21:39  | URL | しーたけ #-[ 編集] |  ▲ top

-こんばんは!-
清楚で上品な滝ですね~
日光っていうのは本当に素敵な場所なんだと、
ZEISSさんの写真から感じ取る事ができます。
行ってみたいけど、、、遠いなぁ~

2006/06/27 21:53  | URL | てっぴ #G91RSZjw[ 編集] |  ▲ top

-カルネさんへ-
この「裏見の滝」は裏から見ることができない滝として有名なんですよ(笑)
裏から見た滝は昨年↓でアップしています。
http://zeiss85.blog4.fc2.com/blog-entry-153.html

>紅葉の時期も奇麗でしょうね。
そうですね、次回は紅葉の時期に訪れたいものです。
でも、ここは人気のスポットで、前回ご紹介した寂光の滝とは違って
人がたくさんいましたよ。
オマケに釣り人まで・・・邪魔だ~
2006/06/27 22:08  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-isyotaさんへ-
今日は蒸し暑かったですね。
と言っている私は、とうとうエアコンを入れてしまいました。
ついさっきのことです(笑)

私は滝を撮るときは、シャッタースピードを何段にも変えて撮ります。
経験値である程度はわかりますが、予期せぬ仕上がりとなる場合がありますから・・・

それはともかく、涼んでいただけて何よりです(^ー^)v
2006/06/27 22:11  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-愛花さんへ-
こんばんは。

>梅雨の蒸し暑さの中でも、癒されます。
それは何よりでした。
本当に今日は蒸し暑かったですね。
私は暑さよりも湿気が大の苦手です。
2006/06/27 22:14  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-しーたけさんへ-
ありがとうございます。

飛沫がカメラにかからないように注意して撮りました。
さっとセッティングしてシャッターを切っては退却する・・・この連続でした(笑)

シャッタースピードで滝は表情を変えますから、差し詰めシャッターブラケッティングでしょうか(^^)
2006/06/27 22:16  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-てっぴさんへ-
こんばんは。

>清楚で上品な滝ですね~
これでも裏見の滝本体の落差は45mもあるんですよ。
ぱっと見にはさほどではないようですが・・・

確かに関西から日光は遠すぎますね。
東京から言えば、小豆島の寒霞渓へ行く様な距離感でしょうか。
でも、日光は本当にいいところですよ。
観光客が多く集まるのが分かりますね。
2006/06/27 22:18  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-ラスト-
紅葉の時期にも訪れたいそんな場所のようですね。

TOPは今日の暑さに最適です。
2006/06/27 22:22  | URL | ふん転菓子 #F1fVxx/w[ 編集] |  ▲ top

--
こんばんは^^
今日はとっても蒸し暑かったので
1枚目の滝がすきです(^-^)V
2006/06/27 22:38  | URL | 京花 #Fm81lUyk[ 編集] |  ▲ top

-豪快に-
TOPの写真、迫力あって好きですね。水量の多い滝を
早いSSで撮るのが個人的には好きですね。
そして岩肌ですね。3枚目はいいテカリ具合です。(^.^)
2006/06/27 23:31  | URL | ふみ #-[ 編集] |  ▲ top

-お~涼っしい~~(^^;;-
こんばんは~^^
今日は暑かっただけにこの滝みたら急に涼しげでいいですねぇ~^^
日光から自宅まで近いのかなぁ?私が日光へ行くとしたら7時間もかかってしまう(-"-;)
でも日光っていっぱい滝があるんですねぇちょっと羨ましいです(^^;;

こちらも梅が島に2つほどあるから時間が取れたら出向いてみますね^^
ツァイスレンズ試してみたいのもあるし(^^;;
2006/06/28 00:12  | URL | @ひろちゃん^^ #-[ 編集] |  ▲ top

-ふん転菓子さんへ-
>紅葉の時期にも訪れたいそんな場所のようですね。
その時期は日光は大混雑ですから、早朝出撃が吉ですね。

>TOPは今日の暑さに最適です。
今日は本当に暑かった・・・
金曜日はまたもや名古屋に日帰り出張です。
暑いんだろうなぁ。
2006/06/28 01:16  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-京花さんへ-
>1枚目の滝がすきです(^-^)V
ありがとうございます。
本当に今日は蒸し暑かったですね。
これから先が思いやられます・・・(´ヘ`;)ハァ
2006/06/28 01:17  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-ふみさんへ-
ありがとうございます。

トップ画像は荒々しさを演出した撮り方ですね。
ISO感度が細かく設定できるメリットを活かしました。

>そして岩肌ですね。3枚目はいいテカリ具合です。(^.^)
PLはつけていますが、効果は30%程度に抑えてあります。
100%にしちゃうと岩肌がかさついちゃいますね。
2006/06/28 01:26  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-@ひろちゃん^^ へ-
>お~涼っしい~~(^^;;
今日は蒸し暑かったから、こんなのもいいでしょ?

>日光から自宅まで近いのかなぁ?
渋滞がなければ我が家の玄関から2時間です。
日光は滝や渓流の宝庫ですから、結構出かけることが多いんですよ。

>梅が島に2つほどあるから・・・
そいつは楽しみです。是非!!
2006/06/28 01:30  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

--
2枚目の滝も良いですが、個人的には4枚目が気に入りました。
下のほうに川の流れが見えるのが良いですね。
裏見が出来なくなったのは残念ですね。でも写真を撮りに行って事故にあってはかまいませんからね。
北海道では3年ほど前に滝を撮りに行って、ファインダーを見ながら動いてしまったために崖から落ちてしまったということがありました。残念ながら死亡事故となってしまいました。
写真を撮る前に自然の中にいることを認識しなくてはいけませんね。
2006/06/28 07:47  | URL | N2 #-[ 編集] |  ▲ top

-N2さんへ-
四枚目は最初に滝の全貌が見える地点で撮ったものです。
いわゆる奥行きを表現したものです。

滝や渓流の撮影といえば、危険とは背中合わせですね。
私は絶対にファインダーを覗きながらの移動はしません。
写真よりも命の方が大事であることは言うまでもありません。
後日アップする吹割瀑布でも、毎年のように転落事故があるそうです。
残念なことですね。
2006/06/28 07:54  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-『裏見の滝』-
荒々しい水の流れが良いかも、という事で1枚目・3枚目が良いかな~。
僕敵には?やや水量が多いし、滝らしい感じが出ていますよね。(^^)
『裏見の滝』は裏から見れるのでしょうかね。
見れるんならば・・・是非、1度は行ってみたいですよね。
2006/06/28 13:12  | URL | cowzoh #Lytj6vLw[ 編集] |  ▲ top

-え~!-
今は裏側に行けなくなってるんですね.さぞ残念だったでしょう・・・
私は裏側から見た事がありますよ(^ー')b
小さい頃の記憶なのですが、確か秋口頃で非常に寒かったのを覚えています(^^;)
私も滝を撮りましたが、絞込み&スローSSでしか撮ってない事に気づきました・・・
2006/06/28 13:14  | URL | きゃめ男 #-[ 編集] |  ▲ top

-迫力ありますね!-
こんばんは(^o^)

水飛沫が綺麗に撮れていて迫力満点ですね♪
PCの画面から飛びだしてきそうですよ(*^_^*)
個人的には、三枚目が少し優しくて涼感もあって好きです(^_-)-☆
2006/06/28 18:59  | URL | saho #-[ 編集] |  ▲ top

-cowzohさんへ-
ありがとうございます。

今回はいろいろな表情を狙ってみました。
シャッタースピードによっても表情は変わりますから。

>『裏見の滝』は裏から見れるのでしょうかね。
本文にも書きましたが、日光の裏見の滝は裏から見ることはできないんですよ。
群馬県にはいくつか見ることができる滝がありますが・・・
2006/06/28 19:27  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-きゃめ男さんへ-
>今は裏側に行けなくなってるんですね.さぞ残念だったでしょう・・・
事前に分かっていましたのでショックはありませんでしたよ。
それよりも、遊歩道の途中や、滝見台の左右に素晴らしい滝があるので
そんなことも吹っ飛んじゃいました(笑)

おっ、今激しく雷が鳴りだしました。
ということは雷雨で涼しくなるのかな?
でも、明日はまた暑くなりそうです。
2006/06/28 19:30  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-sahoさんへ-
こんばんは。

>水飛沫が綺麗に撮れていて迫力満点ですね♪
ありがとうございます。
写真で見ると大きな滝のようには見えませんが、これがなかなかの迫力でした。

>個人的には、三枚目が少し優しくて涼感もあって好きです(^_-)-☆
飛沫がかからなければ、もっと撮っていたと思います。
撮っては退散、撮っては退散でした(笑)
2006/06/28 19:32  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-こんばんは-
待っていた滝シリーズ・・・た(f/16.0っぷり楽しませていただきました。
ひとつひとつのデータになるほど・・・と思いながら。
それにしても『SS1/3秒AE』というのはすごいですね。
3枚目のような写真が撮ってみたいです。
それでは楽しみにしていた華厳の滝に行ってきます。
2006/06/28 21:09  | URL | KAEDE #-[ 編集] |  ▲ top

-滝シリーズ-
どの滝も素敵ですね~。
3枚目を見たときに、「ぅわ~っ…」って声が出ました。
ゴーゴーと音をたて、飛沫をあげて落ちてくる滝も大好きですが、
女性的な柔らかで美しい流れの滝も、とても魅力的ですね。
2006/06/29 11:40  | URL | ゆき #Yqf9uHks[ 編集] |  ▲ top

-ゆきさんへ-
ありがとうございます。

>3枚目を見たときに、「ぅわ~っ…」って声が出ました。
私もそうでしたよ。
本滝もいいんですが、反対側にある滝をどのように撮ろうか暫し考えました。
このアングルが一番良かったようです。(^ー^)v
2006/06/29 20:50  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-KAEDEさんへ-
ゴメンナサイ・・・完全にレスが抜けていました。m(__)m
過去記事のコメント欄を見ていたら、数字が奇数だったことに気づきました。
普通は偶数のはずですもんね。

>3枚目のような写真が撮ってみたいです。
どうも本滝よりも、この滝の方が人気があるみたいですね。
私もこっちが好きだったりして・・・(笑)

撮影データは参考になれば幸いです。
滝の場合、シャッタースピードで表情が変わりますから。撮る機会がありましたら
いろいろな組み合わせで撮ってみて下さい。
2006/07/13 00:33  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://zeiss85.blog4.fc2.com/tb.php/468-24e67b1f
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。