スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
田島ヶ原に咲く花
- 2005/04/19(Tue) -
さいたま市田島ヶ原は国指定特別天然記念物の「サクラ草」の自生地であることは有名です。
でも、サクラ草のほかにも可憐な花がいろいろと咲く別天地だと私は思っています。


ツボスミレ(坪菫)

IMG_7079.jpg

スミレ科に属する多年草で、北海道から九州にかけて生育します。
花は白色で小さく、中心部に紫褐色の文様があり、葉の形がハート形(正式には偏心形)をしているのが特徴です。
類似種で似た名前のタチツボスミレがありますが、この花は薄紫~紫色をしています。

撮影地:埼玉県さいたま市「田島ヶ原」(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D TAMRON SPAF90㎜ f/2.8MACRO
撮影データ:ISO200 SS1/320 f/4.0 補正なし

あと5枚掲載しています。続きも読んで下さいね♪
サクラ草

IMG_7011.jpg

定番ですから、一枚・・・
ぼけているように見えますが、実はソフトフォーカスレンズで撮影をしています。
よく見ると、花の周囲に滲んだような効果が表れています。
本来は、背景は暗めで明るい色を主役にして撮影するのがセオリーです。
今年はオギ(ツンツン伸びる草)にかなり邪魔されてしまい、あまりいい写真を撮ることはできませんでした。
昨年はいいものが撮れたんですが・・・
田島が原のサクラ草(4/13掲載のブログ)

撮影機材:キャノンEOS20D SFEF135㎜ f/2.8+中間リング12㎜
撮影データ:ISO100 SS1/400 f/4.0 補正なし (ソフト2)



ヒキノカサ

IMG_7035.jpg

キンポウゲ科に属する多年草で、関東から九州にかけて生育します。
湿った場所に生えることから、蛙の傘に見立てたというのが名前の由来だそうです。
ヒゲ状の根と紡錘状に膨らんでいる根に特徴があります。
とても可愛らしい花ですが、小さくて風に揺れていたため、撮影はかなり苦労させられました。

撮影機材:キャノンEOS20D TAMRON SPAF90㎜ f/2.8MACRO
撮影データ:ISO100 SS1/800 f/2.8 補正なし



ノウルシ

IMG_7094.jpg

ノウルシ(野漆)はトウダイグサ科に属する多年草で、絶滅危惧2類に指定されています。
でも、ここ田島ヶ原ではかなり幅をきかせている花です。
茎から乳液が出て、それが肌につくとウルシと同じようにかぶれることからこの名前がつけられました。
ということは、触るだけではかぶれないんでしょうか?

撮影機材:キャノンEOS20D TAMRON SPAF90㎜ f/2.8MACRO
撮影データ:ISO100 SS1/200 f/4.0 補正なし



シロバナタンポポ

IMG_7106.jpg

一昨日に続いて今日も見つけることができました。
セイヨウタンポポに駆逐されつつある在来種です。
田島ヶ原でも、いつまで見ることができるのでしょうか?
そういえば昨年に続いて、今年もカントウタンポポを見つけることはできませんでした。
どこへ行ってしまったんだろう?カントウタンポポ・・・
因みに、この花はサクラ草自生地から300mほど離れた場所で撮影したものです。

撮影機材:キャノンEOS20D TAMRON SPAF90㎜ f/2.8MACRO
撮影データ:ISO100 SS1/125 f/4.0 補正なし



風に吹かれて

IMG_7109.jpg

タンポポの綿毛です。
今日は風が強くて盛んに揺れていました。
長い間待って、風が一呼吸置いた瞬間に撮影しました。
撮影した場所はシロバナタンポポと同じです。

撮影機材:キャノンEOS20D TAMRON SPAF90㎜ f/2.8MACRO
撮影データ:ISO100 SS1/80 f/5.6 補正なし

このように、サクラ草以外にもいろいろな花が咲く田島ヶ原です。
お弁当を持って、ピクニック気分で出かけてみてはいかがでしょうか?

田島ヶ原サクラ草自生地
スポンサーサイト
この記事のURL | 花の写真 | CM(9) | TB(0) | ▲ top
<<旅立ち ~新たな世界へ~ | メイン | 秩父で見た春色>>
コメント
--
田島が原はいろいろな草花の咲く、自然のたくさんあるところですね。勿論私は訪れたことがありませんが、草花の撮影を存分に楽しめる場所なのですね。
ヒキノカサの写真が気に入っております。

2005/04/19 23:15  | URL | オクトパス7号 #-[ 編集] |  ▲ top

-オクトパス7号さん-
はい、田島ヶ原はいいところです。
春しか行ったことがありませんが・・・
ヒキノカサという名前は、今日初めて知ったんです。
ピント合わせには苦労しました。
久々の開放f/2.8でしたから。
f/5.6なら楽だったんですが、背後のボケが今ひとつで、f/4.0でも少し・・・
2005/04/19 23:39  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-サクラソウ-
草花に疎い私ですが、サクラソウは知っていますよ。大分県湯布院の名峰、由布岳の登山口付近に沢山咲いているのを見た事があります。あざやかな赤紫色?が印象的で綺麗でしたね。
2005/04/19 23:53  | URL | ふみ #-[ 編集] |  ▲ top

-二輪揃って-
ツボスミレ(坪菫)二輪揃って綺麗に並んでいます。
花の顔がお互いに傾きほほえましい雰囲気があふれています。
花たけが秀でていてすばらしい写真ですね。
2005/04/20 08:34  | URL | キヅカレ #-[ 編集] |  ▲ top

-ノウルシ-
ノウルシ(野漆)は初めて見ます。
福島県の田舎で漆掻きの後をつけて遊んだとき、体全身漆にかぶれたことがありました。
それ以来漆の樹の傍を通るのも怖くなりました。
写真を見て子供のときのことを思い出しました。
2005/04/20 08:41  | URL | キヅカレ #-[ 編集] |  ▲ top

--
本当に、春になると色んな花が一斉に咲くのですね。
写真撮るには、最高ですね。

昔は、タンポポなんてその辺に普通に咲いてたのに、うちの近所ではタンポポが見つかりませんでした。
逆光か斜光気味の綿毛が、風に吹かれて飛んで行く所をドアップから少し引いたところから撮影したいんです。
2005/04/20 10:33  | URL | あんる #-[ 編集] |  ▲ top

-ふみさん-
それは貴重な存在ですね。
自生地は年々減っていますから・・・
この田島ヶ原でさえ、自生地とは言いながらも、かんり人の手がかかっています。
土壌自体が乾燥しつつありますので、スプリンクラーまで設置されています。
今度見かけたら、是非カメラに収めてあげて下さい。
2005/04/20 19:11  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-キヅカレさん-
ツボスミレはサクラ草自生地の中央付近の通路に沿ってたくさん咲いています。
なかなかよく見えるものがなく、仲良く並んでいるものを撮影しました。
風が強くなって、少々苦労はしましたが・・・
というよりも、この花自体が小さかったもので、人には言えないような格好で撮影をしています。
私は山野草を撮影する時は、必ずレジャーシートを持参しています。
よく寝そべって撮影しますから。(笑)

ノウルシは絶滅危惧種でありながら、大きな顔をして咲き誇っています。
むしろ、サクラ草より目立つ存在ですね。
2005/04/20 19:22  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-あんるさん-
ここ田島ヶ原では、タンポポは三種類確認できます。
セイヨウタンポポ・カントウタンポポ・シロバナタンポポです。
在来種である二種類は年々数が少なくなっているのが気懸かりです。

>綿毛が、風に吹かれて飛んで行く所・・・
イメージと異なるかもしれませんが、今日のテーマで取り上げますよ。
2005/04/20 19:25  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://zeiss85.blog4.fc2.com/tb.php/39-a578b04c
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。