スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
和の心Ⅱ
- 2006/02/16(Thu) -
『睡足軒の森にて』

IMG_060216_01.jpg

この「睡足軒の森」には何度通ったことでしょう。
平林寺がすぐ傍にあるという条件を加えても、かなりの回数になると思います。
実は、この日は平林寺のマンサクの開花状況を確認しに行ったんです。
ところがマンサクは咲いておらず、がっかりして「睡足軒の森」に足を踏み入れたところ・・・

まさか、入り口付近に素心蝋梅が咲いているとは思いもよりませんでした。
前々から蝋梅と建物を絡めて撮りたいという思いがありまして、それが実現したのですから。
これはもう、望外の喜びとしか言いようがないと思います。

撮影地:埼玉県新座市「睡足軒の森」(共通)
撮影機材:キャノンEOS10D SIGMA AF50㎜ f/2.8DG MACRO
撮影データ:ISO100 f/2.8AE(SS1/2000秒) -1.0EV (50㎜)


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
IMG_060216_02.jpg

蝋梅と建物を絡めたいとは言いながらも、ついついアップで撮ってしまいますね。
ここの蝋梅は、もう花期を終えようとしていました。
蝋細工のような輝きは失われていましたが、逆行で捉えるとまだまだ花としての輝きはありました。

撮影機材:キャノンEOS10D TAMRON SPAF28~75㎜ f/2.8XR Di
撮影データ:ISO100 f/4.0AE(SS1/1000秒) -0.7EV (75㎜)




IMG_060216_03.jpg

木瓜でしょうか、ピンク色の花弁がほころび始めていました。
この日は風も弱く、日溜りではコートがいらないくらいの陽気でした。
あともう少しすれば、ほかの蕾も花開くことでしょう。

撮影機材:キャノンEOS10D TAMRON SPAF28~75㎜ f/2.8XR Di
撮影データ:ISO100 f/5.6AE(SS1/400秒) -1.0EV (75㎜)




IMG_060216_04.jpg

これは何というのでしょう?
軒先にぶら下がっていました。
季節外れ?の簾と妙にマッチしていましたので、思わずパチリです。

撮影機材:キャノンEOS10D TAMRON SPAF28~75㎜ f/2.8XR Di
撮影データ:ISO100 f/5.6AE(SS1/200秒) -1.0EV (75㎜)




IMG_060216_05.jpg

「睡足軒の森」といえば、忘れてはならないのがこの写真です。
毎度毎度のワンパターンですが、午前中ということもあって光が綺麗に回ってくれました。

撮影機材:キャノンEOS10D SIGMA AF50㎜ f/2.8DG MACRO
撮影データ:ISO100 f/4.0AE(SS1/40秒) -0.7EV (50㎜)
スポンサーサイト
この記事のURL | 花の写真 | CM(34) | TB(1) | ▲ top
<<浅草界隈 | メイン | コサギ>>
コメント
-ロウバイと建物-
この組み合わせ真っ先に思い浮かぶのが会社内の敷地です(--;
見事にロウバイと建物、そして運がよければセグロセキレイも一緒に写ります(笑)

できればこの写真のように和の建物と絡めたいものです(^^)
2006/02/16 20:32  | URL | しーたけ #-[ 編集] |  ▲ top

-今度行きます!-
落ち着いた雰囲気のとこですね。
平林寺もまだ行ってないので、近々行こうと思います。
近場でもいいとこたくさんあるんですね~
2006/02/16 20:47  | URL | fuul #t50BOgd.[ 編集] |  ▲ top

-なんとも・・・-
 こんばんは、風情&趣の空間ですね。最後の2枚が 好きです。
 下がっているのは、燈明ですか?
 木瓜のほころびかけた姿の 愛らしい。
2006/02/16 21:58  | URL | gohan #Zk/d7pZw[ 編集] |  ▲ top

-和の心-
特に最後の作品が、良い感じですね。
室内から外が見えますが、窓は丸。
更に明かりも丸く雰囲気が出てます。
2006/02/16 22:12  | URL | ふん転菓子 #F1fVxx/w[ 編集] |  ▲ top

-はじめまして-
はじめまして
〝蝋梅〟をキーワードに散策していたらお邪魔しました。
蝋梅が満開ですね~
私の方はまだ3~5分咲きで、まだまだこれからと言ったところです。まだ雪も降りますし!
今の季節は場所場所で様々な花の表情が楽しめます。良い季節になってきました。
それから。。。最後の写真、まさに〝和の心〟ですね。素晴らしい(^^)
ではでは。
2006/02/16 22:16  | URL | s-k-y #mQop/nM.[ 編集] |  ▲ top

-こんばんは-
え~っと何て読むのでしょう無知なもなで・・・
和風の良い建物ですね~丸い窓が最高ですね。
2006/02/16 22:43  | URL | TOMO #-[ 編集] |  ▲ top

-素心蝋梅-
1枚目の写真、建物と一緒だと蝋梅の感じも変わってきますね。
蝋梅の後ろの紅い葉(南天の葉ですか?)がとってもいいアクセント
になって素敵ですね。
日本に住んでいて良かったという感じです。とっても落ち着きます。
2006/02/16 22:59  | URL | 京花 #-[ 編集] |  ▲ top

-しーたけさんへ-
一枚目はコントラストがつき過ぎて、背後の建物が潰れちゃいました(笑)
これでも地味な10Dで、さらに抑え気味にしているんですけれど・・・

もうそろそろ蝋梅も終わりに近づきますね。
福寿草を筆頭に、いよいよ節分草などの山野草が野山を飾ってくれる
季節がやってきます。
2006/02/17 09:47  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-fuulさんへ-
いいところでしょう?
平林寺は300円かかりますが、ここは無料です。
でも、水曜日はお休みですから、ご注意下さいね。

木瓜や梅も咲き始めると思います。
そうすると、また違った雰囲気になるんじゃないかと思います。
平林寺もいいお寺ですから、こちらもお見逃しなく!
2006/02/17 09:49  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-gohanさんへ-
ありがとうございます。

ラストカットは、ここへ来ると必ず撮影しています。
これぞ日本!という感じが好きですね。

>下がっているのは、燈明ですか?
それがよう分からんのですよ。
どうも不勉強でいけないですね(笑)
2006/02/17 09:54  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-ふん転菓子さんへ-
ありがとうございます。

午前中ならば、いい光が入ってくれます。
午後になると、窓外は飛んでしまいますね。

欲を言えば、左側にある額縁がなければねえ・・・
ここは玄関より上は上がることができないので、それが残念ですね。
2006/02/17 09:56  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-s-k-yさんへ-
こちらこそ初めまして。
ご訪問&コメントありがとうございます。

福島ですと、まだ雪が降ることもあるでしょう。
雪と蝋梅という組み合わせは、こちらではなかなかお目にはかかれません。
そういった楽しみもあるような気がします。

これからは可憐な山野草も咲き始めます。
やはり春はウキウキしてきますね。

またお気軽にお立ち寄り下さい♪
2006/02/17 09:59  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-TOMOさんへ-
おはようございます。

あっ、失礼しました。
何度となくご紹介しているもので、普通に載せちゃいました。

「すいそくけんのもり」と読みます。
向かい側にある「平林寺」の境内の一部でもあるんですよ。
2006/02/17 10:03  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-京花さんへ-
ありがとうございます。

一度は蝋梅と建物を絡めたいと思っていました。
抑え気味にしたものの、やはりコントラストがきつ過ぎましたね(泣)
これがデジタルの泣き所でしょうか?

ここは桜の時期や紅葉の時期もいいんですよ。
人がいないと本当に落ち着ける場所です。
今の時期はこれはというものがないので、とても静かです。
日本人で良かったと思う瞬間ですね。
2006/02/17 10:07  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-陶酔の境地です-
こんなお部屋で、

静かに本を読み、
お茶を楽しみ、
絵手紙でも描く・・・・、
なんという贅沢でしょう。

とくれば着物ですね。
そこがちょっと苦しいけれど。

そのような生活を
どなたがしていたのでしょうね。
2006/02/17 11:12  | URL | コスモス #1qN3oxXY[ 編集] |  ▲ top

-嬉しい出来事-
こんにちは~♪

こちらも形は違いますが、嬉しい出来事なんですね\(*^▽^*)/
私も出会えました!
ただし、花瓶のお花でしたが♪
予期していない出会いは、喜びも大きいですよね(^^*)/
「和」の心、いいですね・・・シリーズですよね?
これからも楽しみです♪
TBかけさせてくださいね(^0^)
2006/02/17 12:48  | URL | saho #-[ 編集] |  ▲ top

-ロウバイ-
1枚目、建物とロウバイがしっくりしていいですね~
先日梅を撮りに行ったらロウバイがあったから撮ったけど、どうも気に入らなくて・・・ロウバイの枝ってあっちこっち向いてるからどこをどう切り取っていいやら、悩んでしまいます。
軒にぶら下がっているのは何でしょうねえ。風鈴にしては頑丈だし、外灯じゃあないですよね(^-^;あれを叩くとか?
最後の室内の障子から差し込む日差し、温かそう~ここでボーっと座布団引いて寝転がりたい気分です(^^)
2006/02/17 13:34  | URL | riri #.Yy.42bw[ 編集] |  ▲ top

--
風情がありますね。
本州から北海道に帰ってきてデメリットといえばこのような風情のある建築物、寺社仏閣、庭園が少ないことでしょうか?
2006/02/17 15:27  | URL | N2 #-[ 編集] |  ▲ top

--
蝋梅と和な建物との組み合わせって合いますね~。
和な建物と花の組み合わせって合う花が多いですよね。

最後の写真は、以前にも同じようなカットを見ましたが何度見ても良いですね。
2006/02/17 16:11  | URL | あんる #-[ 編集] |  ▲ top

-コスモスさんへ-
ここはもともと、平林寺の睡足軒や坐禅堂を改修して一般公開している場所なんですよ。
睡足軒は茶道、華道、俳句などの日本文化を楽しむサークルの方たちが利用しているようです。

平林寺は禅寺ですから、そもそもは僧侶が使っていたのでしょう。
あまり上手くない説明で申し訳ないです。
2006/02/17 17:48  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-sahoさんへ-
(^ー^)ノ"こんにちは~♪

予想外のもので、自分が探しているものに出会えたと言うのは嬉しい限りです。

>「和」の心、いいですね・・・シリーズですよね?
いやあ、鳥がシリーズ化されそうです。
でも、時々は・・・やろうかな?

最後になりましたが、TBありがとうございました。
2006/02/17 17:51  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-ririさんへ-
ありがとうございます。

前から一度撮ってみたかった写真なんですよ。
ちょっとコントラストがきつくなっちゃいましたが・・・(笑)

>ロウバイの枝ってあっちこっち向いてるからどこを・・・
言えてます。
好き勝手に伸びている枝が多いから、ちょっと纏めにくい面がありますね。

>軒にぶら下がっているのは・・・(^-^;あれを叩くとか?
多分、叩いたら怒られます(笑)
今度行く機会があったら聞いておきます。
って、忘れそうだな・・・。。。φ(ー`)メモメモ・・・ボキ!!☆(□`;)!!

ラストカットの日本間ですが、上がりこんでみたいものです。
でも、単なる見学者ではこれ以上は上がれないんですよ。(泣)
2006/02/17 18:01  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-N2さんへ-
たまにここへ来ると、心が落ち着きます。

北海道で歴史的な建造物といえば、松前方面か、あるいは小樽近辺にある鰊御殿でしょうか?
やはり新しく開拓された土地ですから、極端に古いものはないんでしょうね。
2006/02/17 18:03  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-あんるさんへ-
日本的な花と日本家屋はよく似合います。
バラなどは旧古河庭園にあるような洋館が似合いますよね?
花によって背景にある建物を選ぶことができたら、どんなにかいいでしょう。

そういえば、あんるさんの写真を初めて見たのは、水戸の偕楽園の梅でしたね。
今年は行かれないんですか?

ラストカットは毎度のワンパターンです(笑)
私にとっては定番カットでしょうか・・・
2006/02/17 18:06  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-ZEISSさん、こんばんは-
最後の写真は、丸窓と提灯のような丸い灯りがよくマッチしています。
丸窓に庭の景色を入れて、まるで丸い額のような効果が出ていますね。
2006/02/17 19:21  | URL | Aily #-[ 編集] |  ▲ top

--
木瓜の花
もう咲き出したのですね。
どんどんと近づく春。

これから楽しみですね。
2006/02/17 19:51  | URL | 和さん #-[ 編集] |  ▲ top

-Ailyさんへ-
ありがとうございます。

ラストカットは何度となく撮影していますが、中が暗いこともあって
なかなか外との露出のバランスが取れませんでした。
今回は、午前中ということもあって、室内に光が射し込み、何とかなりました。
2006/02/17 22:24  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-和さんさんへ-
木瓜の花はご近所でもかなり蕾が膨らんできました。
北風があまり当らずに日溜りとなっているところは、やはり早いですね。

でも、今年は低温のせいで、全般的に遅れがちです。
それでもきちんと季節は巡ってくるものです。
2006/02/17 22:28  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-蝋梅-
って蝋細工みたいに艶があってなんか硬そうな気がしてたので触ってみました。
当たり前ですが柔らかかった!
先日同じ木でもう一度撮って来ましたが今回は煙くなかったので春の匂いがしました。

木瓜の花・・・ボケですか。
きうり→きゅうりかと思ってしまいました。
だいたいボケの花ってのがわからないんですけど。

ラストカットは良いですね。
”和”ですね。
2006/02/17 23:13  | URL | EAGLE #-[ 編集] |  ▲ top

-EAGLEさんへ-
蝋梅は本当に蝋細工のようです。
えっ、EAGLEさん触ったんですか?
私は何だか触っちゃいけないような気がしましたので、触ったことはないんですよ。

木瓜・・・なるほど、「き」「うり」ときましたか。
きゅうりは胡瓜ですが、面白いことに「瓜」という字にはツメがありますが、
「爪」という字にはツメがないんですよね。
どうでもいいことなんですが(笑)

ラストカットは毎度毎度のワンパターンです。
今回はあえて50㎜を使ってみました。
シグママクロの諧調描写力を試す意味もあったんですよ。
2006/02/18 00:48  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-ちょっとご無沙汰しています-
一枚目の写真、とても好きです♪
主役の蝋梅がとても映えてきれいですね。
私もこんな写真が撮りたいなぁ(*^_^*)
2006/02/18 18:40  | URL | あけ #SJMMuUIM[ 編集] |  ▲ top

-こんばんは~☆彡-
久しぶりにいろいろ見せて頂きまして、トリノ観戦疲れも吹っ飛びました。

「睡足軒の森」と言うのは初耳でした。
前々からの願いがかなって本当によかったですね。

緑、黄、赤、が建物にマッチして・・・この写真は何回見ても飽きがきません。
見ていると、この森に行って見たくなるほど気持ちがふくらみます。
2006/02/18 19:30  | URL | ふじふじ #jG6L786.[ 編集] |  ▲ top

-あけさんへ-
ありがとうございます。

ちょっとコントラストがつきすぎですが、デジタルでは仕方がないですね。
これでも設定で抑え気味にはしてあるんですよ。

もう透過光命の人間なもんでして・・・(笑)
2006/02/18 20:24  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-ふじふじさんへ-
(^ー^)ノ"コンバンハ♪

ありがとうございます。
ここに蝋梅があるなんて気がつきませんでした。
やはり四季を問わず訪れてみるものですね。

トリノオリンピック観戦ですか?
私は鳥のオリンピック観戦?で大変なことになっています。
大砲のようなレンズが欲しい~(爆)
2006/02/18 20:27  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://zeiss85.blog4.fc2.com/tb.php/349-f6d75191
-嬉しい出来事-
会社の帰りに立ち寄った図書館で、ロウバイのお花に出会いました。花瓶に活けられた黄色い天使・・・とってもよい香りです♪頂いて来ました!夜のお部屋が「スタジオsaho」に変身自然に咲いているのもあるらしいとのお話でした。もう少し暖かくなったら探してみようと思い …
2006/02/17 12:49  日々好日 part4 ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。