スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
雪国
- 2006/01/03(Tue) -
『国境の長いトンネルを抜けると・・・』

IMG_060103_01.jpg

『そこは雪国だった。』(川端康成著:雪国より引用)

実際にはこれはスノーシェルターですが、ここから景色が一変しました。
一関市内から車を走らせること40分ほどで、豪雪地帯に突入します。
市内はあまり積もっていなかったため、私の友人は「じゃあ、雪を見に行こう!」とばかりに車を走らせてくれました。

撮影地:岩手県一関市(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D EF17~40㎜ f/4.0L USM(共通)
撮影データ:ISO400 プログラムAE(SS1/80秒 f/5.6) +0.3EV (40㎜)


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
IMG_060103_02.jpg

スノーシェルターを抜けて暫く走ると、このような眺めが続きます。
通る車も殆どない、寂しい風景が次から次へと車窓を後にしていきました。

撮影データ:ISO400 プログラムAE(SS1/200秒 f/8.0) +0.3EV (40㎜)



IMG_060103_04.jpg

初夏は緑で眩いばかりの山肌もこのとおりです。
画面では分かりにくいと思いますが、雪は激しく降り続いています。

撮影データ:ISO400 プログラムAE(SS1/125秒 f/8.0) 0.0EV (17㎜)



IMG_060103_03.jpg

除雪箇所はここまでで、もうこれ以上先に進むことはできません。
あと暫く行くとブナの原生林がありますが、この積雪の中を歩くとしたら雪靴では無理です。
かんじきが必要となりますが、そのようなものがあるわけでもなく、ここでUターンです。

撮影データ:ISO400 プログラムAE(SS1/100秒 f/6.3) +0.3EV (17㎜)



IMG_060103_05.jpg

日も暮れてきて、あたりはかなり薄暗くなってきました。
雪は相変わらず激しく降り積もっています。

撮影データ:ISO400 プログラムAE(SS1/160秒 f/8.0) 0.0EV (40㎜)

この日、ここまで連れて行ってもらって初めて「雪国」を体感しました。
例年ですと根雪にはまだまだだそうですが、今年は異常気象なのかもしれません。

スポンサーサイト
この記事のURL | 風景写真 | CM(26) | TB(0) | ▲ top
<<激闘!箱根駅伝 | メイン | 真冬に咲く>>
コメント
-あけましておめでとうございます-
去年はZEISSさんの素敵なサイトを発見できてとてもうれしかったです。
今年もどうぞよろしくお願い致しますm(__)m

ところで、ものすごい雪ですね!
3枚目、いかにも雪国といった(雪に縁のない私の)イメージです!
寒そうですねぇ。
スキーウェアなら持っていますがそんな装備ですか??
雪靴って雪専用の靴ですか?なんとなく、水が滲みてこず、雪の上や氷の上でも歩きやすそう・・・
2006/01/03 12:57  | URL | あけ #SJMMuUIM[ 編集] |  ▲ top

-雪国発-
こんにちは~(^^)/

昨日は雪も溶けて暖かかったのですが、朝起きてびっくり!!!
外の景色は、お写真ソックリに変身していましたよぉ・・・(--)
出勤時は積もった雪と降る雪のダブル吹雪で前が見えないときもありました、あ~こわぁ!

まぁ、いっかな・・・いつもの冬、これから二ヶ月間です♪

初めてこの雪景色の中で冬を体感されたんですねぇ~(*^0^*)/

2006/01/03 13:21  | URL | saho #-[ 編集] |  ▲ top

-きゃぁ-
雪道だぁ
最近こういうところ運転していないなぁ
しかしまぁ こういう景色を見ると雪国の厳しさというのが伝わってきますね。
この辺は風は強いけどまだまだいいほうですね(^^;
2006/01/03 14:54  | URL | しーたけ #-[ 編集] |  ▲ top

-スゴイ雪ですね~-
3枚目の枝の先まで雪が積もってる写真は白い花が咲いているみたいで綺麗です
でも寒そ~ですねぇ(笑)
2006/01/03 15:34  | URL | ka_zu_2005 #-[ 編集] |  ▲ top

-ZEISSさん、こんにちは-
3枚目の雪景色、いいですねぇ。
枝全体に白い花が咲いているようです。
ヤッパリ気温が低くて、雪がさらさらだから
あのような景色になるんでしょうか。
4枚目あのように誰も居ない雪の道をどこまでも歩いてみたい気がします。
2006/01/03 18:00  | URL | Aily #-[ 編集] |  ▲ top

-あけさんへ-
こちらこそ、よろしくお願いします。

さすがに栗駒山の麓まで行くと、凄い積雪量になります。
友人は私の驚く顔が見たかったようですよ(笑)
北海道の山の中に住んだことがある私は、ちょっとやそっとでは驚かないのに・・・

雪靴は、いわゆる長靴ではなく、防寒対策と滑り止めが施されたものです。
因みに、上はダウンジャケット、下はオーバーズボンを履いていますから完璧です。
ズボン下ですと動きにくいし、車内で暑くても脱げませんからね。
2006/01/03 18:22  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-sahoさんへ-
関東地方南部は昨日は雨模様で、超寒かったですよ。
私は炬燵で丸くなっていました(笑)
佐渡は雪ですか・・・仕事の行き帰りは注意して下さいね。

>初めてこの雪景色の中で冬を体感されたんですねぇ~(*^0^*)/
積雪&降雪というシチュエーションではそうですね。。
でも、この翌日の強風の時の方が、滅茶苦茶寒かったですよ。
(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル
2006/01/03 18:26  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-しーたけさんへ-
友人の車は四駆で、ABS+スタッドレスですから、ブレーキを踏めばググっと止まりますよ。
「雪道は運転テクじゃなくて度胸一発だよ!」と聞いてから、心の中で「アクセルは
踏まないでおくりれよね」と思っていましたが・・・

まあ、私はスタッドレスやチェーンを巻いて走ろうとは、今の車では思っていません。
パジェロに乗っていたときはガンガンと行ったものですが(笑)
2006/01/03 18:29  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-ka_zu_2005さんへ-
画面では分かりにくい思いますが、この三枚目を撮影している時が一番降雪が激しかったんですよ。
雪が降ると、寒さは意外と大したことはないんですよ。
翌日の強風の時は参りましたが・・・
2006/01/03 18:31  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-Ailyさんへ-
ありがとうございます。

この日の雪はサラサラでしたから、あのように積もったんでしょうね。

>4枚目あのように誰も居ない雪の道をどこまでも歩いてみたい気がします。
歩きやすければいいのですが、股の下まで埋まってしまいます。
ラッセルは辛いですよ~。
因みに、足跡は友人のもので、途中で諦めて引き返してきました。
2006/01/03 18:33  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-ヨロシクネ♪-
明けましておめでとうございます。
昨年はネットライフ楽しませて下さりありがとうございました。
今年も未熟な作品とお付き合い下さいね。
本年も宜しくお願い致します。

雪景色って寒々そうにも見えますが、私は暖かさも感じます。
何故だろうって自分でも不思議に思ってます。
心が温まるからかなー?
和めるんですよ。
きっと雪国の人は心の温かい人がたくさんいるからかな。
2006/01/03 18:35  | URL | 洸月 #-[ 編集] |  ▲ top

-トンネルを抜けると。-
危険が一杯。。
眼が追いつかない。その明るさに。
サングラスを途中で掛けるので追いつきますが。
慣れない人はビビル鴨?

物凄く雪深い場所のようですね。
途中で通行止めの画像もその先に行ってみたくなる。雪はその魅力が怖い。

ラストの作品の構図が良いですね。
右に雑木林。(防風林?)
左に家と、ポプラ?
家の明かりが有れば最高でしたね。
2006/01/03 20:42  | URL | ふん転菓子 #-[ 編集] |  ▲ top

-洸月さんへ-
あけましておめでとうございます。
こちらこそ、よろしくお願いします。

雪景色は決して寒さばかりではないと思います。
北海道に住んでいたこともありますが、暖かいなと思ったら雪が降りました。
逆に晴れた日の朝は、放射冷却でかなりの寒さでした。

今とは比べ物にならない、貧弱な?石炭ストーブで冬を越しましたからそう思います。
私も北国育ち♪
2006/01/03 21:54  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-ふん転菓子さんへ-
>トンネルを抜けると危険が一杯
確かに目が慣れないこともあるし、急カーブが待っていることもありますね。

>物凄く雪深い場所のようですね。
さすがは栗駒山の麓だけのことはあります。
いつもの年だと、この時期はここまで積もってはいないそうです。

>ラストの作品の構図が良いですね。
ありがとうございます。
これは車から降りずに、助手席から写した手抜き写真です。(笑)
でも、車は止めて、きちんとフレーミングはしてありますよ。
何しろ雪の降る量が半端じゃなくて・・・
2006/01/03 21:57  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

--
こんばんは。
3枚目気に入りました。
雪の中の静けさが十分伝わってきますね~
2006/01/03 22:38  | URL | Hoge #Lqa9MHXk[ 編集] |  ▲ top

-Hogeさんへ-
こんばんは♪

この画像の撮影地ですが、実は一年半前にも行ったことがあります。
これだけ変貌すると、まったく違う場所に見えてしまいますね。
因みに左側は深い谷底になります。
2006/01/03 22:47  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

--
こんばんは。
さすがに積もってますね~自分もこの冬一度だけ、チェーンを巻いて撮影して来ましたが、これ程は
積もっていませんでした。降り続く雪の中での撮影は難しいものですね。



2006/01/03 23:05  | URL | TOMO #-[ 編集] |  ▲ top

-雪国-
すごい、すごい、すご~~い!
しばらくこんなすごい雪景色みてません。
こんな綺麗な景色みたら寒くてもワクワクしちゃいますよね!

ご無事で帰ってこれてなによりです。(笑)
2006/01/04 00:13  | URL | fuul #t50BOgd.[ 編集] |  ▲ top

-TOMOさんへ-
こんばんは♪

>降り続く雪の中での撮影は難しいものですね。
まず、カメラやレンズを濡らさないようにすることですね。
私はビニールではなく、タオルを使います。
今回は寒いので、マフラーを使いました。

あとは結露に注意です。
急に暖かいところから寒いところへカメラを出した場合やその逆の場合ですね。
焦ることなく徐々に慣らさないと、あとで手痛いしっぺ返しを喰らうことがあります。
2006/01/04 02:03  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-fuulさんへ-
ご実家の方はあまり降らないんですか?
そうか、会津⇒中通り⇒浜通りの順で、雪は少なくなる、あるいはなくなりますから。
現地の人間じゃないのにマニアックな呼び名を知っているでしょう(笑)
2006/01/04 02:06  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-雪景色-
三枚目、 加山又造 の世界ですね。
冬枯れのなにげない樹が化粧して、
不思議な世界へ誘うよう。
2006/01/04 12:38  | URL | 和さん #-[ 編集] |  ▲ top

--
雪国ですね!埼玉では雪が降っても積もらないので、こういう写真を見ると、「冬」という実感がわきます。
でも、実際に生活するのは大変なんでしょうね。
2006/01/04 13:56  | URL | 裕之介 #-[ 編集] |  ▲ top

-怖そう~~-
よくここまで行けましたね!
見てるだけで寒そう~(((=_=)))ブルブル
去年吹雪の八甲田へ行きましたが観光バスでも怖かったですよ。あのときの寒さを思い出しました。
1枚目のまだ穏やかに見えるトンネルから2枚目の極寒の吹雪への展開がドラマチックですね!恐怖すら感じます。
2006/01/04 20:16  | URL | riri #.Yy.42bw[ 編集] |  ▲ top

-和さんさんへ-
加山又造・・・日本画の大家ですね。
私は残念ながら作品は見たことがありませんが・・・

確かに雪がなければ冬枯れの風景だったと思います。
雪は全てを多い尽くします。
青いビニールも隠しますから、カメラマンにとってはある意味で福音ですね。
2006/01/04 21:18  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-裕之介さんへ-
「雪国」といえば川端康成なんですが、人によっては・・・
「好きよ~、あなたあ、今でも、い~までもお♪」でしょうかね(笑)

北海道の山の中に住んでいた時は、悲惨の一語でした。
とにかく冬がいやでいやで仕方がありませんでしたよ。
2006/01/04 21:34  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-ririさんへ-
寒さは大したことはなかったんですが、三枚目を撮影したときに・・・
谷底を覗き込んで(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル
一年半前にも覗き込んでいたんですが、雪景色の方が怖いですね。

>よくここまで行けましたね!
車は友人の四駆(私も以前はパジェロ)でしたから、ガンガンと行けました。
ちょっと足に力が入ったけど(笑)
2006/01/04 21:50  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://zeiss85.blog4.fc2.com/tb.php/307-314c749f
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。