スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
地吹雪
- 2005/12/28(Wed) -
『それは、突然・・・』

IMG_051228_01.jpg

朝から風は強くは吹いていました。
それは何の予告もなく、突然やってきました。
地吹雪です。

このカットを撮影したときは、まだ大人しいほうでした。
さらに郊外に車を進めると・・・

撮影地:宮城県と岩手県の県境(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D EF17~40㎜ f/4.0L USM
撮影データ:ISO400 プログラムAE(SS1/640秒 f/14.0) 0.0EV (40㎜)


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
IMG_051228_02.jpg

車のドアを開けるのが困難なほど吹き荒れていました。
写真ではさほどひどくは見えないかもしれませんが、地吹雪をまともに受けると呼吸ができないほどです。
両足を踏ん張ってカメラを構えていても、身体があらぬ方向へ持っていかれてしまいます。

撮影機材:キャノンEOS20D EF70~200㎜ f/2.8L USM
撮影データ:ISO100 プログラムAE(SS1/800秒 f/6.3) 0.0EV (200㎜)




IMG_051228_03.jpg

暫く待ってもその勢いはおさまることはありませんでした。
少し撮影しては車に逃げ込む・・・その繰り返しです。

撮影機材:キャノンEOS20D EF70~200㎜ f/2.8L USM
撮影データ:ISO400 プログラムAE(SS1/2000秒 f/10.0) 0.0EV (200㎜)




IMG_051228_04.jpg

目と鼻の先にある民家の一階が殆ど見えません。
地吹雪にまかれてしまうという話は、まんざらではないと思った瞬間でした。

撮影機材:キャノンEOS20D EF70~200㎜ f/2.8L USM
撮影データ:ISO100 プログラムAE(SS1/2000秒 f/9.0) 0.0EV (200㎜)




IMG_051228_05.jpg

地吹雪が去った後には、このような模様が残されていました。
風はまだおさまったわけではありません。

撮影機材:キャノンEOS20D EF70~200㎜ f/2.8L USM
撮影データ:ISO100 プログラムAE(SS1/1600秒 f/11.0) 0.0EV (78㎜)


ちょうどこれを撮影した日に、山形県を走る羽越線で特急列車が脱線転覆するという事故が発生しました。
五人の尊い命が失われ、行方不明者が2名、負傷者は30名以上という大惨事となりました。
お亡くなりになった方々のご冥福をお祈りするとともに、怪我をされた方々の一日も早いご回復を願ってやみません。
スポンサーサイト
この記事のURL | その他 | CM(26) | TB(0) | ▲ top
<<くりはら田園鉄道 | メイン | 無事に帰ってきました!>>
コメント
-むか~し-
私も、昔、仕事の作業で青森、岩手をまわった
時期がありました。東京から出張して2ヶ月間
ビジネスホテルを転々として・・・
ちょうど冬でしたから、地吹雪も体験した。

自然は美しい面と、恐ろしい面がありますね。
2005/12/28 22:15  | URL | オクトパス7号 #E6kBkVdo[ 編集] |  ▲ top

-よく見ると。-
テレビのアンテナが有りますね。
それほど雪深いところじゃないのかな?

それにしても見えない時あるんですよね。
雪国で何度か経験しています。
日中は光が乱反射して、路側帯も歩道も何も見えない。
白という清楚なイメージとは裏腹に、恐怖の世界に入り込む。その瞬間全てが不安になる。

闇の世界のほうがライトを使えるので安心できる。
夜間の地吹雪は最悪ですが。

前方の車もライトを付けていないので、まだ序の口という感じがします。

外に出ると、粉雪が鼻・肺に入り込むのが解かる。

無くなられた方のご冥福をお祈りします。


ハクチョウねた。
見事な写真でしたね。
レンズの事ですが、70-200は瞬間的にピントが合うのでしょうか?24-70mmで動いている物を追いかけると、高級な感じで、スーと合うのですが、少し時間が掛かるのかな?と感じます。

20Dで目標捕らえているのに、ピントがずれる事ありましたか?
2005/12/28 22:22  | URL | ふん転菓子 #-[ 編集] |  ▲ top

-厳しい-
厳しい北国の様子がよくわかります
民家のあるところでもこれですもんね
この天候だと撮影後のカメラの手入れも念入りにやらないといけませんね
2005/12/28 23:36  | URL | しーたけ #-[ 編集] |  ▲ top

-おかえりなさい-
こんばんは。
北国はいかがでしたか?
地吹雪という言葉を聞いたことはありますが
これほどのものとは知りませんでした。
全国的に厳しい寒波の襲来となり
あちこちで被害をもたらしましたね。
脱線事故も強風が原因とのこと
厳しい自然の猛威ですね。
二枚目、水墨画のようなモノクロの
素敵な雪景色ですね。
旅先へもパソコンを持参されたのですか。
炬燵の中で、ずっと東北紀行を
楽しませていただきました。

2005/12/28 23:54  | URL | AandM #UbCtKfmc[ 編集] |  ▲ top

-ブリザード-
ってやつですか?
凄まじい感じがしますが砂嵐よりは良いのかも。
列車を脱線させちゃうぐらいだから風の威力はもの凄いんですね。
2005/12/29 00:12  | URL | EAGLE #-[ 編集] |  ▲ top

-地吹雪-
「八甲田山死の彷徨」、最近では「北の零年」
を彷彿とさせます。

吉永小百合よかったですね~。
話が違った。失礼
自然の凄さは、物語になり、絵になりますね。
2005/12/29 00:53  | URL | 和さん #-[ 編集] |  ▲ top

-真っ白ですね!-
ZEISSさん、おかえりなさい♪
岩手は真っ白な世界なのですね。
ほとんどが白と黒の世界になってしまうのですね。
雪景色はシーンと静まり返っているというイメージがあるのですが、この写真は激しそうですね。
2005/12/29 09:39  | URL | あけ #SJMMuUIM[ 編集] |  ▲ top

--
なのですね。怖い面と美しい面があります。
雪国の人は、雪景色が美しいとばかりは言っておられないのですよね。
地吹雪、こちらで見られるよな光景とは、桁違いです(^^;)
雪国紀行を見せていただいていて、一つ疑問があるのですが・・
道路端への積雪が少ないように感じましたが・・
↓線路脇や家の屋根の上なども・・
2005/12/29 10:29  | URL | momo #-[ 編集] |  ▲ top

--
おかえりなさい!
雪国はいかがでしたか??
とにかく文字通り息を飲むような画像…
ZEISSさん、撮影もかなり苦労されたんでは??
2005/12/29 11:07  | URL | かおる #-[ 編集] |  ▲ top

-ZEISSさん、こんにちは-
旅の疲れは取れましたか?
地吹雪すごいですね。尾張地方の雪は重いので、風が強くても地吹雪にはなりません。
ずっと以前に知床へ流氷を見に行ったときに経験しました。ウトロの切り通しを歩いているとき、
地吹雪に逢いました。
前が全然見えなくなったので、こんな時、車が来たら絶対にはねられるなとゾッとしました。
屋根には雪が少ないようだけど、パウダースノーだから風で飛んでしまうのでしょうか。
2005/12/29 14:09  | URL | Aily #-[ 編集] |  ▲ top

-地吹雪-
雪国はこんな日もあるんですね。
映画などでは見たことがありますが 実際に体験された方の写真を見せていただくと あらためてすごいなぁ・・・と思います。
なかなか見ることができない写真を見せていただけてよかったです。
2枚目がすごく好きです。
2005/12/29 15:24  | URL | KAEDE #-[ 編集] |  ▲ top

-ヒェ~~-
すごいことになってますね!
ウチの田舎はこんなになったことないです。たぶん。(笑)
東北でも地域によって雪の降り方が違うんでしょうね~
2005/12/29 20:05  | URL | fuul #t50BOgd.[ 編集] |  ▲ top

-オクトパス7号さんへ-
凄い地吹雪の時は、さすがに写真に撮れませんでした。
というか、撮りはしましたが、画面は真っ白で何も見えない状態です。
雪がサラサラですから、風に乗って舞うんですね。
まさに、自然の猛威です。
2005/12/29 20:42  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-ふん転菓子さんへ-
ここは宮城県と岩手県の県境で、しかも平野部ですから雪はそんなに積もりません。
でも、一番ひどく吹き荒れた時は、何も見えない状態でしたよ。
勿論、車の中で待機です。

>ハクチョウねた。見事な写真でしたね。
ありがとうございます。

>70-200は瞬間的にピントが合うのでしょうか?
スッと、瞬間的に合焦します。
10Dではあんなにレスポンスは良くないと思います。
20Dだからこそ撮れた写真ではないかと思っています。
エクステンダーを噛ませても、さほどAFスピードの低下は感じませんでした。
2005/12/29 20:48  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-しーたけさんへ-
カメラというか、レンズは毎日きちんと手入れしました。
といっても、水滴が隙間に入らないようにしたり、レンズ面を綺麗にするだけですが・・・
保護フィルターはつけない主義ですが、こんな悪条件の場合はあった方がいいと思いました。
今度は買っておこうかと・・・
2005/12/29 20:50  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-AandMさんへ-
無事に?戻りました。

>北国はいかがでしたか?
寒さも雪も覚悟したほどのものではありませんでした。
でも、油断は禁物ということで、無理はしませんでしたよ。
この時も、車から10m以上離れることはしませんでした。

>旅先へもパソコンを持参されたのですか。
いえ、お世話になったお宅のパソコンを使わせて貰いました。
なければないで帰ってからアップすればいいんですが、リアルタイムでアップしたかったもので・・・
2005/12/29 20:54  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-EAGLEさんへ-
砂嵐の経験はありませんが、これだけの強風は台風以外では初めてのことです。
両足で踏ん張っても、体がもっていかれるくらいですから・・・
本当に自然の猛威ですね。
2005/12/29 20:55  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-和さんさんへ-
私も車の中で友人と「八甲田山死の彷徨」の話をしました。
雪という白い悪魔は、人の判断力を鈍らせる恐ろしいものがあります。
2005/12/29 20:57  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-あけさんへ-
ただいま~♪

着いた日は、あまり雪はなかったのですが、毎日それなりに降雪がありました。
むしろ、太陽が射す時間が殆どない状態でした。

>この写真は激しそうですね。
風が唸っていて恐ろしいほどでしたよ。
特に四枚目を撮影したときは、まともに巻き込まれてしまいました。
すぐに後ろ向きになりましたが・・・
2005/12/29 21:00  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-momoさんへ-
雪は全てを覆いつくしますから、綺麗に見える反面、怖さを感じる場合もあります。

>道路端への積雪が少ないように感じましたが・・
雪深いところで撮った写真はまだアップしていないんですよ。
というか、岩手県南部の平野では、この時期はあまり積雪はないほうです。
車で30分ほふど山に入れば、積雪1m以上の世界にはなりますが・・・
2005/12/29 21:04  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-かおるさんへ-
ただいま~♪

>雪国はいかがでしたか??
覚悟して出かけたんですが、ちょっと拍子抜けでした。
でも、こんなことを書くと、地元の方に失礼かも。

>撮影もかなり苦労されたんでは??
大したことはなかったんですが、透明のビニール傘を持って行けばよかったです。
水を含んだ雪の中では、ちょっと苦労をさせられました。
2005/12/29 21:06  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-Ailyさんへ-
こんばんは。

>旅の疲れは取れましたか?
おかげさまで、完全に抜けました。
というか、昨日は買い物、今日は大掃除・・・
のんびりとしている暇はありませんでした(笑)

北海道では地吹雪はよく起こりますね。
ですから、多発地帯にはスノーシェルターが設置されているんですよ。
2005/12/29 21:09  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-KAEDEさんへ-
>雪国はこんな日もあるんですね。
関東の空っ風では、雪の代わりに土ぼこりが舞います。
特に春先が多いですね。

地吹雪は、一番激しい時は白一色ですから、表現するのが難しいですね。
バックに木や家などを入れないと、まったく何だかわからない写真になってしまいます。
ですから、少し収まったときに撮影したものばかりです。
2005/12/29 21:12  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-fuulさんへ-
>ウチの田舎はこんなになったことないです。
雪質の違いだと思いますよ。

でも、行きに一番雪が激しかったのが、那須から須賀川にかけての区間でした。
福島西から国見もなかなかのものでした。
この区間はよく通行止めになる場所です。

風は二日目を除いて毎日吹いていて、最後の二日間が激しかったですね。
高速でも、車が流されました。
2005/12/29 21:15  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-お帰りなさい。-
こんな地吹雪の時に車から出て撮影するZEISSさんって凄いです。
私はカメラが心配なので出られません・・・寒いの苦手ですし。

地吹雪は実際に経験してみないとわからないですね~
以前、上越道で経験しました。
真っ白な世界の中、視界がほとんど確保できず、いたるところで事故ってました。
その事故車両すら、直前まで見えないのですから・・・。
私も、一家4人、生きて帰ることはできないのでは?と、思いました。

2005/12/30 18:02  | URL | 風花 #R3h9sn4.[ 編集] |  ▲ top

-風花さんへ-
ただいま~♪

地吹雪を見た瞬間、撮るしかない!と思いました。
運転している友人に「田んぼに行こうぜ!」とリクエストしました。
我ながら物好きな人間だなあ(笑)

地吹雪は正直なところ、恐ろしさを感じます。
ですから、事故が起こらない田んぼの一本道を選んだというわけなんです。
一般道では撮る気にはなりませんから・・・

写真は比較的優しいものを選びましたが、凄まじいものも撮りました。
でも、真っ白で何だかわからないので没です。
2005/12/30 18:44  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://zeiss85.blog4.fc2.com/tb.php/301-448c37d8
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。