スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
平林寺・冬の始まり
- 2005/12/21(Wed) -
『山門の向こうに』

IMG_051221_01.jpg

武蔵野の面影を色濃く残す名刹「平林寺」も、もう冬の姿に変わりつつありました。
一部では紅葉が残ってはいたものの、木々の葉は色を失い、あるものは落葉していました。
境内には人影もなく、寂しげな風情が漂っていました。

山門の両脇で睨みをきかせている仁王様も、こころなしか手持ち無沙汰のように見えます。
禅寺である平林寺は隅々まで清掃が行き届いており、ゴミなどは一つも見当たりませんでした。
このような清々しい場所は、そう多くはないと思います。

撮影地:埼玉県新座市「平林寺」(共通)
撮影機材:キャノンEOS10D EF28㎜ f/1.8USM(共通)
撮影データ:ISO200 f/2.8AE(SS1/180秒) -1.0EV


あと6枚掲載しています。続きもご覧下さい♪

IMG_051221_02.jpg

平林寺の境内を奥の方に歩いていくと、石仏やお地蔵様が並んでいます。
赤い帽子と前掛け?が一際鮮やかな感じでした。
その前掛けに紅葉が一枚貼り付いたようになっているのが目を引きました。

開放値が明るい広角レンズですので、それをいかして背後をぼかしています。
絞って撮るのも一つの方法ですが、ここは迷わずに絞りを開けました

撮影データ:ISO100 f/1.8AE(SS1/750秒) -0.5EV



IMG_051221_03.jpg

仏殿に夕方の柔らかい陽が当たっていました。
空気の冷たさとは裏腹に、暖か味味のある色に感じられました。

撮影データ:ISO200 f/4.0AE(SS1/125秒) -0.5EV



IMG_051221_04.jpg

毎度御馴染みの?萱葺屋根の建物です。
木の影が長く延びて、いかにも冬の夕方を思わせるものがそこにはありました。

撮影データ:ISO200 f/5.6AE(SS1/250秒) -0.5EV



IMG_051221_05.jpg

薪にするのか、木が細かく切断されていました。
見たところ、桜の木のようですが・・・何があったのでしょうか?

撮影データ:ISO200 f/5.6AE(SS1/250秒) -0.5EV



IMG_051221_06.jpg

石仏が優しい表情で佇んでいました。
その視線の先には何があるのでしょう?

撮影データ:ISO100 f/1.8AE(SS1/250秒) -0.5EV



IMG_051221_07.jpg

さらに日が傾いてきました。
さて、家路につくことにしましょう。

撮影データ:ISO200 f/2.8AE(SS1/250秒) -0.5EV
スポンサーサイト
この記事のURL | 史跡・名所 | CM(24) | TB(0) | ▲ top
<<鎌倉駅界隈 | メイン | 鎌倉で気になったもの・・・>>
コメント
-お地蔵さん-
真っ赤な毛糸の帽子が何とも言えませんね。
心優しい人が被せたのでしょう。

3枚目の影ですが、光の部分が木造だからこそ、感じる優しさだと思います。新築の木の感じも良いのですが、少し古くなると、優しい色に感じます。

明日の夕方以降雪?との予報。
雪の平林寺も素敵でしょうね。
2005/12/20 23:31  | URL | ふん転菓子 #-[ 編集] |  ▲ top

-侘び寂び-
お寺の写真もいいものですね。
ってZEISSさんが撮るからか!アハ
最後の写真、静かさが伝わってくるようでとてもいいですね。

ウチのすぐ近くにもりっぱなお寺があるので、今度行ってみよかしら。

2005/12/20 23:48  | URL | fuul #t50BOgd.[ 編集] |  ▲ top

-山門の向こうに-
赤い帽子のお地蔵さんですが、この写真とっても素敵ですよね。
背景がボケているので、そう立体的に浮き上って見えるからでしょうか?

寒かったけれど、風邪はひいておりませんので・・・。(^^)
2005/12/20 23:54  | URL | cowzoh #-[ 編集] |  ▲ top

-ふん転菓子さんへ-
赤い帽子に赤い前掛け?は目立ちました。
帽子は本当に珍しいと思います。

撮影日は曇りがちで、この三枚目を撮るために待った時間は20分近く・・・(笑)
体が思いっきり冷えました。

>明日の夕方以降雪?との予報。
えっ、仕事の帰りは大丈夫かな?
首都圏の電車は雪に弱いから・・・
雪の平林寺は無理かなあ。
23日から岩手だし。
2005/12/21 00:22  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-fuulさんへ-
この平林寺はいいところです。
もし行かれていないようでしたら、オススメですよ。
と言っても、紅葉は終わったので、寒々しい眺めになっちゃったと思いますが・・・

>最後の写真、静かさが伝わってくるようでとてもいいですね。
ありがとうございます。
28㎜レンズ(換算38㎜)ですから、ワイド感が足りないんですね。
17~40㎜のズームは20Dと仲良く入院をしていたものですから、
手元にはなかったのですよ。
2005/12/21 00:25  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-cowzohさんへ-
ありがとうございます。

明るいレンズを持っていったので、開放で写しまくりました。(笑)
これもピンがかなり薄いです。
f/2.8でも良かったかもしれませんね。

>寒かったけれど、風邪はひいておりませんので・・・。(^^)
それは何よりでした。
2005/12/21 00:27  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-平林寺って・・・。-
もう随分前ですが、出かけました。
なつかしいような、つらいような場所です。
冬枯れのときは一段と寂しいでしょうね。

ところでこのお寺に、この秋、前衛的なモダンアートの絵が奉納されたのですよ。
とっても面白い組み合わせですが。
またお寺に行くことがあれば覗いてみてください。

画家は伊豆高原に住む上原一郎さんといいます。この春伊豆に行った時、偶然お会いして
ブログにも書いた人です。

その時デジカメで撮った写真をとても気に入って、使ってくださいました。アメリカの個展でも使うとか。
本当は少しぶれているのですが、表情が気に入ったようです。
(やっぱり自慢話になるかな~。)
2005/12/21 02:12  | URL | コスモス #1qN3oxXY[ 編集] |  ▲ top

-二人のお地蔵さん-
が不思議な雰囲気で写ってますね。
実写版昔話、何か起こりそう。
うちの近くで立派なお寺って言うと豊川稲荷しかないなぁ。
正月になるともの凄い人手なんですよ。
こんな雰囲気ではとても撮れないです。

ZEISSさん、今日はバースデーですか?
2005/12/21 07:11  | URL | EAGLE #-[ 編集] |  ▲ top

-最後の写真-
どれもいいのですが私は特に最後の写真に惹かれるものがあります(^^)
夕陽に照らされる地面、そして延びる影・・・
私も実はこのような写真を狙っていたのですがなかなかいいポイントを見つけられませんでした。冬至時期はやはり影をテーマにしたものを撮りたいです(^^)
2005/12/21 07:52  | URL | しーたけ #-[ 編集] |  ▲ top

-ZEISSさん、こんにちは-
冬至も近づいてこれから日暮れも日々に遅くなりますね。
6枚目のお地蔵様は、この世相には少々お疲れのようで「これだけ悪いことが多くては、もう救いようが無いわぁ」と思案中のようですね。
最後の画像、茶色の地面に影が伸びて夕暮れの静寂。いいですねえ。
2005/12/21 11:56  | URL | Aily #-[ 編集] |  ▲ top

-石仏-
6枚目のお地蔵さんの顔を見てるとなにかホッとするのです
2005/12/21 15:23  | URL | ka_zu_2005 #-[ 編集] |  ▲ top

-コスモスさんへ-
>冬枯れのときは一段と寂しいでしょうね。
うーん、それがそうでもないんですよ。
ご多分にもれず竹林がありますから、緑はあります。
また、いろいろな石仏やお地蔵様が出迎えてくれます。
あっ、山門の仁王様も・・・(笑)

>前衛的なモダンアートの絵が奉納されたのですよ。
それは存じ上げませんでした。
観光客というか参拝客の目が届かないところにあるのでしょう。

>デジカメで撮った写真をとても気に入って、使ってくださいました。
おお、それはそれは・・・
大いに自慢していいと思いますよ。
2005/12/21 22:52  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-EAGLEさんへ-
この日はお墓があるところもうろうろしました。
松平伊豆守のお墓があるんですよ。
ちょっとシュールな気分でした(笑)

>ZEISSさん、今日はバースデーですか?
はい、お陰さまで○○歳になりました。
何、EAGLEさんよりも三日だけお兄さんなだけですよ(爆)

今日は頑張った自分へのご褒美に、とあるものを買いました。
詳しくは明日夜の「写真ざんまい!デジタルざんまい!」で。
2005/12/21 22:55  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-しーたけさんへ-
↑でも書いたんですが、20Dと一緒に17-40㎜も入院したのが痛かったです。
17㎜で撮っていれば、もっと影は伸びやかに写った筈です。

考えたら、縦位置で狙っても良かったんですよね。
この時に限って横位置しか撮っていなかったんですよ。
寒かったし・・・(笑)
2005/12/21 22:58  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-Ailyさんへ-
こんばんは♪

>6枚目のお地蔵様は、この世相には少々お疲れのようで・・・
うーん、私には慈悲深い顔に思えてしまうんですが。
まあ、いろいろな見方が出来ると思いますよ。

>最後の画像、茶色の地面に影が伸びて夕暮れの静寂。いいですねえ。
ありがとうございます。
冬は伸びた影を追ってみるのも面白いものですよ。
2005/12/21 23:04  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-ka_zu_2005さんへ-
石仏はそもそも慈悲深い顔をしています。
だから、ほっとするのでしょう。
私は一時石仏をよく撮っていたことがありました。
あるときは、突然「大垣行き」の夜行鈍行に乗り、新幹線で新大阪に出てから、
兵庫県の北条の石仏を見に行ったことがあります。
家族からは呆れられてしまいました(笑)
2005/12/21 23:07  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-やっぱり-
ハッピーバースデー!お兄さん!!
3日前だから・・・数えちゃいました。

ちなみに・・・風邪引きました・・・もう寝ます。
2005/12/21 23:18  | URL | EAGLE #-[ 編集] |  ▲ top

-温もりを感じますね♪-
こんばんは(^o^)

どのお写真もステキですが、3枚目が一番好きです♪
仏殿の板のお色と夕日の射し具合が微妙に優しくて、この空間に癒されますね(^^)/

今日が誕生日だったんですか?
おめでとうございます(*^_^*)
ところで、ローソクは何本?
2005/12/21 23:58  | URL | saho #-[ 編集] |  ▲ top

-EAGLEさんへ-
>ハッピーバースデー!お兄さん!!
Thank you!弟よ・・・(笑)

そしてイヴにはEAGLEさんが年を取る・・・
えっ、風邪?
またですかあ・・・お大事に!
2005/12/22 00:30  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-sahoさんへ-
ありがとうございます。

三枚目の写真を撮るために太陽待ちをしたら、体が冷えちまいました。

>今日が誕生日だったんですか?
はい、そうですよ。
Thnaks!です。
参考までに言えば、ローソクは20本!!
2005/12/22 00:32  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

--
もう冬なんですね。このお寺には行った事が無いのに、何故か、季節を追って、訪れているような感覚になりました。
日差しがすっかり冬なんですよね。なかなか、こういう写真を撮るのは難しそうなのに、こうも簡単に表現されてしまうと、脱帽です。
2005/12/22 09:41  | URL | 裕之介 #-[ 編集] |  ▲ top

-さりげなく秋を-
f/1.8、いいですね。
顔の表情がとても賢そうに・・・。

前掛けが赤から沈み込むように黒に。
今にも目をパッチリと開け、
こちらを向いて微笑むようです。

2005/12/22 11:23  | URL | 和 #-[ 編集] |  ▲ top

-裕之介さんへ-
>何故か、季節を追って、訪れているような感覚になりました。
何度となくご紹介しているせいかもしれません。

冬は木の影などを表現すると、面白い写真が出来上がります。
裕之介さんも是非!
2005/12/22 21:42  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-和さんへ-
やはり明るいレンズというのは、表現の幅が広がります。
これがf/2.8やズームではこうはいかなかったと思います。
まあ、開放で撮らなくてはいけないものではなかったんですが・・・
2005/12/22 22:12  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://zeiss85.blog4.fc2.com/tb.php/292-fe9af1cb
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。