スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
月光のイメージ
- 2005/04/07(Thu) -
月光に咲く「枝垂桜」

IMG_4278.jpg

埼玉県小川町「西光寺」の枝垂櫻です。
月明かりに華麗に咲く・・・と言いたいところですが、実際にはよく晴れた日の午前10時に撮影したものです。
初めてご覧になった方は、「何で?」と思われたことでしょう。
さて、どのようにして撮影したのでしょうか?

撮影地:埼玉県小川町「西光寺」(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D EF70-200㎜f/2.8L USM(共通)
撮影データ:ISO100 1/160秒 f/8.0 -1補正(75㎜)PL使用

あと4枚掲載していますので、続きを読んで下さいね♪
IMG_4285.jpg

種明かしをすれば、ホワイトバランスをタングステン(電球マーク)に合わせて、露出はマイナスに振っているんです。
ただ電球マークに合わせただけでは青白い色になるだけですから、暗めに撮影することが重要です。

撮影データ:ISO100 1/640秒 f/4.0 -1補正(70㎜)PL使用



IMG_4282.jpg

それと、よく晴れた日に逆光または逆光に近い光線状態を選ぶこともポイントの一つです。
曇った日のメリハリのない光線でこの方法を用いて撮影しても、ただはっきりしない写真になってしまいます。
光は自分で作り出すことは難しいので、天候の回復を待つしかありません。
私は今シーズンは三回通って、やっと太陽光のもとで撮影できる機会に恵まれました。

撮影データ:ISO100 1/500秒 f/4.0 -1補正(115㎜)PL使用


IMG_4288.jpg

よく見ると、奥にも枝垂桜があります。
こちらは若木のようです。
古木が枯れたら、こちらの木がメインになるのでしょうか?

撮影データ:ISO100 1/400秒 f/4.0 -1補正(120㎜)PL使用



IMG_4343.jpg

最後に、お寺の東側に咲く「彼岸櫻」を撮影してみました。
実際はもっと明るいんですよ。
カタクリの花は、ちょうどこの下あたりに咲きます。
今シーズンは花期が終わりましたので、また来年のお楽しみです。
訪れる場所が増えるということは、何だかわくわくしてきますね。

撮影データ:ISO100 1/60秒 f/8.0 -0.7補正(145㎜)PL使用

埼玉県小川町ホームページ
スポンサーサイト
この記事のURL | 花の写真 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
<<光が丘公園の木 | メイン | 櫻の里「樹林公園」>>
コメント
-想像-
一人静に写真のような桜に囲まれたら、人はどのような気持ちに包まれるでしょうか。
空気はどんな感じでしょうか。
響きは何があるでしょうか。
香りも漂って来るでしょうね。
想像でも荘厳な気持ちになります。
2005/04/07 16:58  | URL | キヅカレ #-[ 編集] |  ▲ top

--
ZEISSさんがこの手法を用いて撮影した写真を見るといつも「静寂」を感じます。
それにしても、素敵ですね。
2005/04/07 17:28  | URL | あんる #-[ 編集] |  ▲ top

-キヅカレさん-
実際に月の光で見たわけではありませんので、想像の世界になりますね。
満月のもとで見たら、どんな印象をうけるんでしょう。
実際に、そういった環境に身を置いてみたいものです。
2005/04/07 20:30  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-あんるさん-
またやっっちゃいました(笑)
三度目の正直で晴れたものですから、後半は「えい、やっちゃえ!」という感じですね。

殆どはノーマルで撮影しましたが、これで「西光寺」の枝垂桜を掲載するのは三度目ですから、ちょっと趣向を変えてみようといった意識が働いてしまいましたね。

まあ「キワモノ」ですから、この春はこれで伝家の宝刀は収めることにしましょう。
2005/04/07 20:35  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

--
ZEISSさん得意のタングステンですね(^^)
私は積極的に色温度をいじるのは夕景時と曇りの時でしょうか。
ただちょっと恐いのでいつもW/B=AutoにしてRAWでいじります。

色温度調整は一歩間違うととんでもないことになりますので・・・いつもRAWでの調整になってしまいます(^^;
2005/04/07 21:25  | URL | しーたけ #-[ 編集] |  ▲ top

-しーたけさん-
私はJPEG派?なもので、撮影時に設定してしまいます。
勿論、ここぞという写真はRAWで撮ることもありますが、極めて少ないです。
RAWで撮った方が、何かと有利な面はわかっているんですけれどね。
銀塩時代の癖がいまだに抜けないZEISSなんです。
2005/04/07 21:54  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-素晴らしい桜-
ZEISSさん、今日はご訪問ありがとうございました。
写真を拝見しました、どの写真も素晴らしいですね。特に桜の写真ロマンチックですね~
撮る人によってこんなにも違うんだと思いました。

こちらこそ素晴らしい写真を拝見させて下しね。これからもよろしくです~

2005/04/07 22:51  | URL | riri #-[ 編集] |  ▲ top

-ririさん-
こちらこそ、ありがとうございます。

>特に桜の写真ロマンチックですね~
今日の写真は、一種の「キワモノ」ですからやりすぎは禁物なんですよね。
まあ、たまになら・・・(笑)

実は、無謀なことにもう一つブログをやっているんですよ。
そちらは写真の情報や解説、パソコン関連が中心となっています。
よろしかったら覗いてやって下さい。
http://blog.goo.ne.jp/zeiss85/

これからもよろしくお願いします。
2005/04/07 23:02  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-いいですね-
私はてっきりフィルターを使ったのかと・・・あるいは昔だったらタングステンフィルムで撮影ってことですよね・・・。古い話ですみません。デジタル時代なのに~っ!
でも、こういう微妙な表現ってやっぱり最終的にはセンスです。上から四枚目の写真なんて花びらの微妙な白さがすばらしいです。
最近夕暮れの帰宅途中にみる白い水仙やユキヤナギがこんな感じでとってもきれいなんです。
2005/04/09 00:23  | URL | deco #5GCKXOgw[ 編集] |  ▲ top

-decoさん-
銀塩時代は仰るように、タングステンフィルムかフィルターに頼るしかなかったですね。
その点、デジタルはWBの設定でどうにでもなります。
RAWで撮影しておけば、後から現像するときにいろいろといじることもできます。

実は4枚目は別の写真に差し替えようかな?と思っていたんですよ。
なんだか似たようなものが3枚も続いてしまったものですから・・・

また、遊びにいらして下さい。
2005/04/09 01:14  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://zeiss85.blog4.fc2.com/tb.php/28-92c138d4
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。