スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
冬支度
- 2005/11/02(Wed) -
『晩秋の小谷村』

IMG_051102_01.jpg

秋を通り越して冬の様相が垣間見える、信州白馬よりも北方に位置する小谷村(おたりむら)です。
小谷温泉を通り過ぎて鎌池に向かう途中で見つけた眺めです。
目で見ると「ふーん・・・」という程度のものかもしれませんが、どことなく惹かれるものがありました。

木の葉の色も。赤を通り越して茶色く変色しています。
晩秋の柔らかな光が山肌にある木を照らし、何だか息を大きく吸い込んでみたくなるような、そんな景色でした。

撮影地:長野県北安曇郡小谷村(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D EF70~200㎜ f/2.8L USM 、TAMRON SPAF28~75㎜ f/2.8XR Di


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
IMG_051102_02.jpg

午後のかなり傾きかけた光線の中で撮影したものです。
風景としては、どうというほどのものではありません。
ただ、光と影が織り成すコントラストに惹かれました。



IMG_051102_03.jpg

名もつけられていない滝です。
道路からかなり離れた場所にあり、これ以上近づくことはできません。
夏ならば、滝に太陽光は届くと思いますが、この季節ではこれが限界のようです。

推定落差は50mで水量が多いわけではありませんが、音だけは立派なものでした。
小谷村のHPや地図や滝に関する文献を見ても、ついぞ名前は判明しませんでした。


名前がつけられていないと書きましたが、「滝三昧さん」から『尾丸滝』で落差40mとの情報をいただきました。
滝三昧さん、ありがとうございました。(2006/02/22追記)




IMG_051102_04.jpg

滝よりも右側の方に目をやると、緑が目立つゾーンがありました。
半逆光という条件でしたので、きちんとハレキリをして撮影したものです。
山肌は影となり、手前にある木々が浮かび上がっているような印象を受けました。



IMG_051102_05.jpg

遠くに霞むように見える山を入れてフレーミングしたものです。
これとてビックリするような眺めではありません。
小谷村の風景は格別なものは少ないのですが、どことなく心が落ち着くような眺めが多いような気がします。
探せばもっと素晴らしい眺めがあるに違いありません。

信州は私の心の故郷です。
もう一年ばかり行っていませんが、近いうちに再訪しようと思います。
スポンサーサイト
この記事のURL | 風景写真 | CM(17) | TB(0) | ▲ top
<<平林寺・秋 | メイン | 夕映えの花たち>>
コメント
-私も・・・-
私も信州は心の故郷ですね。といっても松本から上高地近辺にかけて
くらいしかしらないのですが。あっ、あと北八ツもですね。
茶色って落ち着く色なんですよね。好きな色なんですよね。
晩秋ってやはりこの茶色と柔らかな光に惹かれるんですね。
2005/11/02 00:26  | URL | ふみ #-[ 編集] |  ▲ top

-信州-
信州・・・私も好きなエリアです。
でもここのところ行っていないんですよね
軽井沢小諸方面なら比較的行きやすいのですが白馬方面だとしばらく訪れていないかも。
早めに隠居してのんびり車で周ってみたいな(^^)
2005/11/02 07:00  | URL | しーたけ #-[ 編集] |  ▲ top

-信州-
私の身近な信州は南信州です。
奥三河に隣接してますので。
やはり上の方とは違いますが、それでも愛知県と比べると全然違いますね。
東栄町の方から飯田に抜けるとずっと奥三河の延長みたいですが、R153から飯田に抜けると信州らしい風景が広がり道も良いので気持ち良くドライブすることができます。
私が行けるのはその程度ですね。
2005/11/02 07:23  | URL | EAGLE #-[ 編集] |  ▲ top

--
以前、友人が長野に住んでいたので、この辺は数度、訪れました。
本州の中では格段に自然の濃いところですよね。
2005/11/02 13:27  | URL | N2 #-[ 編集] |  ▲ top

--
長野県って、10回も行った事がない県です。。
長野県は、こんなに綺麗な風景がそこらじゅうにあるんですね。
食べ物も美味しいし、景色も綺麗とは良く聞くのですが、なぜか私とは縁がないんですよね。

と言うか、雪が降る地帯にはほとんど行った事がないです(笑)
雪の写真も撮りたいから長野にでも行ってみようかな。
2005/11/02 14:28  | URL | あんる #-[ 編集] |  ▲ top

-ZEISSさん、こんばんは-
ずーとずっと以前に、松本から美ヶ原へ登ったとき、アケビの実がなっていました。試しに食べてみましたが、あんまり美味しいものではないですね。
今ほど写真に興味が無かったので、一枚も撮っていません。記憶の中の風景だけです。
2005/11/02 18:01  | URL | Aily #-[ 編集] |  ▲ top

-この辺り-
私にとって脚を踏み入れていません。
白馬なら、経験があるのですが。(冬場)
小谷村になると、もう少しで新潟県。
豪雪地帯に入りますが、今度そんな時期に行って見たい。

豪雪地帯はスタッドレスでも駄目な時があって、金属チエーンガないとやばいかな?
2005/11/02 19:05  | URL | ふん転菓子 #F1fVxx/w[ 編集] |  ▲ top

-ふみさんへ-
信州はやはりいいところです。
何度行っても飽きることがありません。
社会人になってからは2泊3日がいいところですが、できれば一週間は滞在したいですね。

そして晩秋の信州を思いっきり撮影してみたいものです。
今年は行けそうにもないかな?
2005/11/02 22:46  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-しーたけさんへ-
もうご隠居のことを考えているんですか?
早いですよ~(笑)

そうですね、軽井沢や小諸ですと日帰り圏内ですが、白馬ではちょっと無理ですね。
やってやれないことはありませんが、勿体無いです。
滞在時間が極端に短くなってしまいますから。
2005/11/02 22:48  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-ERAGLEさんへ-
そうですね、南信州なら愛知からは比較的近いですね。
因みに、私は南信には行ったことがないんです。
つい北信を目指しちゃいますから・・・

来年の5月は、出きれば奥三河と南信を巡りたいですね。
いつも言うばっかりですが(汗)
2005/11/02 22:52  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-N2さんへ-
小谷村は白馬村よりも地味ですが、私にはとても興味深い地域です。
まだまだ知られざる撮影地がごろごろと転がっていると踏んでいます。
さすがに撮影地ガイドブックにもあまり紹介されていないので、探す楽しみがありますね。
2005/11/02 22:54  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-あんるさんへ-
長野県は隈なく回ったわけではないんですが、特に北信と呼ばれる地方の大自然には驚かされます。
他の地域がどうのということではないんですが。この辺りは私のお気に入りの場所なんですよ。
2005/11/02 22:55  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-Ailyさんへ-
>。記憶の中の風景だけです。
いいじゃあないですか。
物より思い出・・・どこかのCMみたいですが、心に残る風景というのは風化しません。

気をつけなくてはいけないのは、写真を撮ることに夢中になる余りに、記憶が薄くなってしまう
ことではないでしょうか?
ですから、私は風景もきちんと見るようにしているんです。
2005/11/02 22:58  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-ふん転菓子さんへ-
冬場は恐ろしくて車では出かける気力は起きません。
行くなら電車と徒歩です。
若い頃はよく行きましたが・・・
最近は温泉と炬燵の方がいいです(笑)
2005/11/02 23:00  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-これからの時期-
これからの時期の大糸線沿線の風景は非常にそそられますね。行きたいけど、費用が出ないかな?と言うより生きたい場所が多すぎて出かけていられない、ってのが正解です。

でも、やっぱり行って見たいです。
2005/11/05 00:17  | URL | きつねのるーと #-[ 編集] |  ▲ top

-きつねのるーとさんへ-
確かに大糸線沿線はどこまかしこも絵になりますね。
最近は鉄道を絡めていないから、真冬にでも行こうかな?
白馬三山や鹿島槍ヶ岳あたりと一緒に「あずさ」を撮影してみたいですね。
でも、寒そう・・・(爆)
2005/11/05 16:16  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/02/22 01:01  | | #[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://zeiss85.blog4.fc2.com/tb.php/241-85c101ee
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。