スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
秋の長瀞・七草寺めぐり(2)
- 2005/09/02(Fri) -
萩の寺「洞昌院」へ

IMG_050902_01.jpg

今回は、一昨日の葛の寺「遍照寺」よりも手前にある萩の寺「洞昌院」の萩をご紹介します。
見頃はまだもう少し先になるようですが、ちらほらとは咲いていました。
萩は、秋の七草の中でも種類が多く、山萩・白萩・宮城野萩・屋久島萩・夏萩などがあります。
と書きましたが、私にわかるのは白萩だけです。(笑)
ここでは濃いピンクの花は山萩ということにしておきます。
宮城野萩も夏萩も山萩の一種のようですから・・・

撮影地:埼玉県長瀞町「洞昌院」(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D EF70~200㎜ f/2.8L USM
撮影データ:ISO100 f/2.8AE(SS1/320秒) 0.0EV (150㎜)

あと5枚掲載しています。続きも読んで下さいね♪
IMG_050902_02.jpg

まだ最盛期を迎えていないため、境内はひっそりとしています。
本堂の手前は山萩、奥は白萩が咲きます。
これが一斉に咲いたら、なかなかの風情だと思われます。

撮影機材:キャノンEOS20D EF17~40㎜ f/4.0L USM
撮影データ:ISO200 f/6.3AE(SS1/160秒) 0.0EV (17㎜)



IMG_050902_03.jpg

白萩ではありませんね。
私は初めて見ましたが、何という種類の萩なんでしょうか?
可愛らしい花ですので、ソフトフォーカスレンズでふわっと仕上げてみました。

撮影機材:キャノンEOS20D SFEF135㎜ f/2.8
撮影データ:ISO100 f/4.0AE(SS1/100秒) 0.0EV (135㎜・ソフト目盛2)



IMG_050902_04.jpg

萩が1万5千本もあるという萩山に登って見た眺めです。
ここも一斉に咲いたら見事でしょうね。
今回はその時の光景を想像するだけに留まりましたが・・・
それにしても前から気にはなっていましたが、キャノンの17~40㎜のボケ味は決して綺麗な部類ではないですね。

撮影機材:キャノンEOS20D EF17~40㎜ f/4.0L USM
撮影データ:ISO200 f/4.0AE(SS1/400秒) 0.0EV (40㎜)



IMG_050902_05.jpg

これもソフトフォーカスレンズで柔らかく仕上げてみました。
SFEF135㎜は後ボケがとても綺麗なことも特筆すべきことですね。
ソフトをかけなくても、素直にふわっとボケてくれます。

撮影機材:キャノンEOS20D SFEF135㎜ f/2.8
撮影データ:ISO100 f/2.8AE(SS1/320秒) 0.0EV (135㎜・ソフト目盛1)



IMG_050902_06.jpg

最後はマクロレンズでクローズアップしてみました。
萩は少しの風でもゆらゆらと揺れますから、下手な鉄砲も数打ちゃあ当たる式に何枚も撮影しました。
風は心地よいものですが、マクロ撮影では必ずしも心地よいものとはならないようです。

撮影機材:キャノンEOS20D TAMRON SPAF90㎜ f/2.8LMACRO
撮影データ:ISO200 f/4.0AE(SS1/125秒) 0.0EV (90㎜)

私のもう一つのブログ「写真ざんまい!デジタルざんまい!」で萩の寺「洞昌院」訪問記を掲載していますので、
併せてご覧いただければ幸いです。
「写真ざんまい!デジタルざんまい!」 萩の寺「洞昌院」訪問記
スポンサーサイト
この記事のURL | 花の写真 | CM(22) | TB(0) | ▲ top
<<短い夏を・・・ | メイン | 秋の花と蝶>>
コメント
--
風に揺れて、大変だったでしょうね。
萩の花のアップは、初めて見ます。綺麗なグラデーションだったんですね。知りませんでした。
秩父は沢山、お寺があって、それぞれ、特徴があっていいですね。
2005/09/02 00:09  | URL | 裕之介 #-[ 編集] |  ▲ top

-裕之介さんへ-
はい、この手の花は風が吹くと辛いです。
コスモスもそうですね。
肌には心地よい風でも、ことマクロ撮影では悪魔に思えてしまいます(笑)

秩父路はなかなかいい場所がありますね。
探せばまだありそうな気がします。
2005/09/02 00:13  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-秋の風情-
こんばんは~
今日はこちらへ一番でーす(笑)
まだまだ残暑が厳しいでしょうが、9月と聞くとやれやれやという気持ちになります。
1枚目のの萩、バックがきれいにぼけてステキですね~
ソフトフォーカスでもなかなかいけるし、強烈な夏からやさしさの秋へ移って行く、、、そういうふうに見えました。最後の花のマクロもステキ。
良い雰囲気ですね~
2005/09/02 00:15  | URL | riri #.Yy.42bw[ 編集] |  ▲ top

-ririさんへ-
こんばんは!

私が秋だなあ~と感じるのは、実はこの萩の花なんですよ。
朝晩の涼しさもそうではあるんですが、やはり視覚的にはこの花ですね。

まだ、ちらほらと咲いているだけでしたが、それでも十分満足できました。
でも、ウワーっと咲いているところも見たいですよね?
2005/09/02 00:29  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-いいですねぇ-
なんか秋を感じさせる写真ばかりですね。
トップの写真、ピントのあっているところの解像度はよく背景はすっきり!キヤノンレンズの中でもピカイチだと思います。(ズームだし)
このレンズだったら中間リングをかませて準マクロでつかえますね

あと最後の写真もいいですね
左上から光を浴び描画もマクロならでは優しい感じを受けます(^^)
2005/09/02 07:21  | URL | しーたけ #-[ 編集] |  ▲ top

-いいですね~-
秋風に揺れる萩の花。素敵です。
1枚目に惹かれましたが、ソフトフォーカスもふわっと優しくていいなぁ~。

風の日のマクロ撮影は、腹筋と心肺機能が鍛えられますね。
腕もプルプル震えたりします。
大振り袖ですので・・・(^○^)
2005/09/02 08:22  | URL | 風花 #-[ 編集] |  ▲ top

-しーたけさんへ-
ありがとうございます。
まだ、ちらほらとしか咲いていませんでしたので、ちょっぴり苦労しました(笑)

このレンズはズームであるだけに、特定の距離の被写体にはニ線ボケ(上のほう)が発生するのが難点です。
単焦点レンズなら、綺麗にボケるんでようけれど。

最後のカットは大変でした。
風にユラユラ・・・いっしょに私も揺れながらシャッターを切りました(爆)
2005/09/02 08:43  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-風花さんへ-
ソフトフォーカスは一種のキワモノに近いですから、たまーにしかやらないようにしています。
とかなんとか言って、これから毎回やったりして(笑)

暑い時のマクロ撮影は悲惨です。
「大きく息を吸って~、ハイ止めて~」の連続ですから、汗びっしょりです。
だから、いつも着替えを持っていきます(爆)
2005/09/02 08:46  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

--
1枚目と最後の2枚が良いですね。光の捉え方といい背景の処理といいすばらしいですね。
2005/09/02 08:55  | URL | N2 #-[ 編集] |  ▲ top

-N2さんへ-
一枚目と五枚目は迷いました。
どちらをトップ画像にするかで・・・
結局、普通に撮影したカットをトップに採用しました。

ラストカットは花と一緒に揺れながら撮ったので、かなりムダカットを作ってしまいました。
2005/09/02 09:30  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-やさしい萩-
萩の叢を見ると大きくて雑然としていますが、
5枚目のようにひと枝にクローズアップすると
ホ~ッとため息が出ます。そして最後の一花は
グリーンのとばりの前で、今まさに歌いはじめる歌姫のようです。
家の近くにも萩寺がありますので、ZEISSさんを真似て撮りに行こうと思います。(出来ばえは問題になりませんけどね。(笑))
2005/09/02 17:39  | URL | Aily #-[ 編集] |  ▲ top

--
一枚目と最後から2番目のソフトフォーカスの写真どちらも綺麗な緑色の中に可愛らしい花が引き立ってますよね。
でも、ソフトフォーカスの方が私は好きかも。
私が、ソフトフォーカスの世界にはまったら戻って来れなさそうです。
2005/09/02 19:59  | URL | あんる #-[ 編集] |  ▲ top

--
優しい感じに仕上がっている萩最高に素的です。
2005/09/02 20:14  | URL | 風華 #-[ 編集] |  ▲ top

-Ailyさんへ-
萩は本当に優しい花だと思います。
たおやかでいて、それで花も自己主張が強くない・・・
それだけに撮影する時は、どこをどのように切り取るかに腐心します。
寂しくても、煩くなってもいけないし、なかなか考えさせてくれる花です。

近くに萩の寺があるんですか。
是非お出かけ下さい。
そして、パチリね♪
2005/09/02 20:47  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-あんるさんへ-
一枚目と五枚目は、花は同じでも使っているレンズに違いがあります。
同じレンズで撮り比べてもいいんですが、表現の意図が変わりますね。

ソフトフォーカスの世界は嵌ると抜けられないですよ。
何気ないものでも、一味も二味も違ってきますから。
一本いっとく?(笑)
2005/09/02 20:49  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-風華さんへ-
萩を見ていると優しい気持ちになってきます。
我が家から車で30分のところに、お寺ではないんですが萩が咲く場所があります。
急にそんなことを思い出しました。
2005/09/02 20:51  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-萩の花-
私は萩の花を見たことがないので沢山咲くとどんなか想像が付きません。
が、この先具合だったら一枚目と最後が好きです。
マクロは花が少なかったり周りが多少汚くてもOKなので便利って言えば便利・・・かな?

2005/09/02 22:53  | URL | EAGLE #-[ 編集] |  ▲ top

-EAGLEさんへ-
萩の花は意外と身近な場所で咲いていると思いますよ。
お寺だけではなく公園とか・・・
我が家から歩いて10分の場所にある光が丘でも咲いていました。
鉄アレイ君で開放にして撮るとGOOD!です。

マクロは花が多く咲いていない場合でも、クローズアップできるからいいですね。
久しぶりに使いました。
最近は、鉄アレイ+中間リングのセットが多かったもので。
2005/09/02 23:16  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-時として写真の方が美しい-
そんな思いにさせられる写真ですね。
楚々として優雅な花とでも言いましょうか。

我が家の萩は、宮城の萩を買ったつもりが、間違って野萩でした。
こちらは花数は多いのですが、優雅さとは言いがたく、時々切ってしまおうと思うのです。
こんな写真を見るとますますそんな思いが強まってしまいます。

でも私は、ソフトフオーカスの写真を見ると、つい目をこすってしまので、
マクロのボケのほうが好きです。
2005/09/02 23:23  | URL | コスモス #1qN3oxXY[ 編集] |  ▲ top

-コスモスさんへ-
>楚々として優雅な花・・・
的確な表現だと思います。
私は萩の花を見ると秋を感じますが、信州では8月初めから咲いている場所があります。
やはり高原は違いますね。

写真と人間の目の決定的な違いは、写真はボケを自由にコントロールできるんですね。
肉眼はそれが出来ません。
まあ、近視や遠視で焦点を結ばないというのは例外ですが・・・
そろそろ私も「離せば分かる」状態になりつつあります。
いつかは眼鏡かあ・・・
2005/09/02 23:43  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- ZEISS さんこんにちは-
TBありがとうございました。
今日再度はぎ寺へ行ってきました。
住職にお会いできなかったので、
紫入りの萩の名は、確かめられませんでしたが、多分千代萩か紫水萩と思われます。
2005/09/16 14:30  | URL | Aily #-[ 編集] |  ▲ top

-Ailyさんへ-
あっ、わざわざ確かめに行ってくださったんですか?
ありがとうございます。

どうしてもあの花の種類が知りたくて・・・
萩の花って、そんなに種類があるとは思ってもいませんでした。
2005/09/16 20:17  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://zeiss85.blog4.fc2.com/tb.php/178-1d7c8244
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。