スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
玉原ラベンダーパークへ再び
- 2005/08/19(Fri) -
「ヤナギラン」

IMG_050819_01.jpg

やはりヤナギランは高原によく似合う花だと思います。
ピンクの花が光を透かして綺麗に輝く・・・筈でした。
ご覧のように太陽は殆ど顔を出さず、時折、薄日が射す程度でした。

ラベンダーも殆ど花期を終えて、全体的に活気がないような状態でした。
前回来た時とは客の入りも大幅に違い、ひとつの季節が終わりを告げようとしていることを肌で
感じました。

因みに、画面の背後で黄色くぼやけて写っているのはニッコウキスゲです。
この一株だけは何とか花をつけていましたので、太陽がないかわりを務めてもらうことにしました。

撮影地:群馬県沼田市「玉原ラベンダーパーク」
撮影機材:キャノンEOS20D EF70~200㎜ f/2.8L USM
撮影データ:ISO100 f/4.0AE(SS1/320秒) +0.3EV (195㎜)

あと7枚掲載しています。続きも読んで下さいね♪
「ボリジ」

IMG_050819_02.jpg

前回はもっと広い範囲を写してしまいましたので、今回は花を中心にして構成しました。
エクステンダーを噛ませることはせずに、中間リングを挟んで近寄っての撮影です。
この時はかろうじて薄日が射してくれました。

撮影機材:キャノンEOS20D EF70~200㎜ f/2.8L USM +中間リングEF25
撮影データ:ISO100 f/8.0AE(SS1/125秒) 0.0EV (165㎜)



「キャットミントラージ」

IMG_050819_03.jpg

前回は撮影しなかった花です。
もしかして咲いていなかったのかもしれません。

調べてみたら、「シソ科の多年草。ペネタ、カタリアに似ているが分け枝が少なく立直性で葉は肉厚で美しいシルバー
グリーンをしています。初夏にかけて淡紫色の花穂をつけます。」とのことです。
どうもハーブのことは・・・

撮影機材:キャノンEOS20D EF70~200㎜ f/2.8L USM +中間リングEF25
撮影データ:ISO100 f/5.6AE(SS1/125秒) +0.3EV (140㎜)



「クリーピングタイム」

IMG_050819_04.jpg


上のキャットミントラージの横に咲いていました。
「ヨーロッパ原産で、和名はヨウシュイブキジャコウソウです。植物全体によい香りがあり、花は普通桃紫色です。(シソ科) 」
とのことで、引用ばかりでスミマセン(汗)

撮影機材:キャノンEOS20D EF70~200㎜ f/2.8L USM +中間リングEF25
撮影データ:ISO100 f/5.6AE(SS1/125秒) +0.3EV (140㎜)



「高原のイメージ」

IMG_050819_05.jpg

太陽が一向に顔を出さないので、イメージカットを撮影してみました。
手前に咲いているサルビアなどの花を明るめにし、ピントを浅くすることで、背後の林や草原の緑色から浮き上がるようにしました。
どことなく初秋の冷たい空気感が出ればいいな、と思って撮影したものです。

撮影機材:キャノンEOS20D EF70~200㎜ f/2.8L USM
撮影データ:ISO100 f/4.0AE(SS1/200秒) 0.0EV (200㎜)



「ホワイトサルビア」

IMG_050819_06.jpg

彩の丘に咲いていたものです。
ここはサイドから横に長く撮影すると、背景にある花が綺麗な帯のように写ります。
メインのホワイトサルビアの手前の花にピントを合わせ、ほかはぼかすようにしました。

撮影機材:キャノンEOS20D EF70~200㎜ f/2.8L USM
撮影データ:ISO100 f/4.0AE(SS1/400秒) +0.7EV (110㎜)



「ミソハギ」

IMG_050819_07.jpg

ハイランドガーデンからエントランスに至る道の途中で咲いていました。
ここもいろいろな花が咲いていますので、リフトに乗らずに散策するのもいいですね。
リフトに乗ると、折角咲いている花や木々を目にすることなく通過してしまいますから・・・

撮影機材:キャノンEOS20D EF70~200㎜ f/2.8L USM
撮影データ:ISO100 f/5.0AE(SS1/160秒) 0.0EV (200㎜)



「幻想」

IMG_050819_08.jpg

地の底から霧が沸き立つような不思議な光景でした。
朝靄でもなければ焚き火の煙でもありません。
きっと、しーたけさんなら分かると思います。

撮影機材:キャノンEOS20D EF70~200㎜ f/2.8L USM
撮影データ:ISO200 f/4.0AE(SS1/320秒) +0.3EV (200㎜)

スポンサーサイト
この記事のURL | 花の写真 | CM(28) | TB(0) | ▲ top
<<奥多摩の名瀑へ | メイン | レンゲショウマ>>
コメント
-サルビア-
先日、くじゅうへ行ったときに『くじゅう花公園』という
ところへ行きましたが、やはりサルビアが見頃でした。
サルビアは赤いのしか知りませんでしたが、青や白いのもあるのを初めて知りました。(笑)
ZEISSさんのようには、なかなか写せませんでしたけどね。
最後の写真はスプリンクラーですか?
こうして見ると幻想的ですね。
通勤途中の畑にもあるんですよね。涼しそ~です。
2005/08/19 00:26  | URL | ふみ #-[ 編集] |  ▲ top

-ふみさんへ-
ブルーサルビアは好きな花の一つです。
ホワイトサルビアは白いだけに白飛びに気をつかいますね。
でも、撮り方によっては面白い絵になると思います。

>最後の写真はスプリンクラーですか?
当たりです!
以前ご紹介した「イオンの滝」なんですよ。
2005/08/19 00:42  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-高原の涼風が届きますね♪-
こんばんわ(*^_^*)

素晴らしい高原のお花のお写真ですね♪
ヤナギランのお花の表情が素敵です~~
背景の柔らかさもあって、どのお写真もうっとり!眺めてました(*^_^*)
いつも思っていましたが、ZEISSさんのお写真には、安らぎの空気感を感じますね・・・
とても素晴らしいです!
2005/08/19 01:18  | URL | saho #-[ 編集] |  ▲ top

--
サルビアは赤だけじゃないんですね。
今回の写真は全体的に清楚な印象を受けました。
2005/08/19 08:39  | URL | N2 #-[ 編集] |  ▲ top

-夏の終章-
「ヤナギラン」 信州の美ヶ原へ登る車窓の外に一面咲いていて名前を知りたかった花です。
「キャットミントラージ」 ミントと名にあるのできっとミントの香りがするのでしょうね。始めてみた花です。
ヤナギランのうしろのニッコウキスゲが夏の終わりを告げているようですね。
2005/08/19 09:43  | URL | Aily #-[ 編集] |  ▲ top

-こんにちは!-
またまたお久しぶりの訪問になってしまいました。。
「ミソハギ」…なんだか紫蘇の花みたい…
これもシソ科のお花なのかな??
お刺身を想像してしまいました…(汗)
相変わらず食べ物への想像力がたくましいデス。ハイ…(^^;
2005/08/19 13:56  | URL | かおる #-[ 編集] |  ▲ top

-家族サービス?-
家族サービスと言いながら実際はこちらの方が目的だったりしてね。(笑)
幻想という写真は、テクニカルホルダーで同じ様な事をしましたが、レンズの前に何か白い物でボカしてあるのかな?
2005/08/19 15:06  | URL | cowzoh #-[ 編集] |  ▲ top

-玉原2だ~-
玉原の地を踏んでいない「ふん転菓子」です。

高原のイメージ本当に素敵ですね。

ヤナギラン
高原の緑の中赤紫が映えますね。

同じ800万画素でもレンズが違うと、ハッキリと見えます。70-200欲しいな~

タイム
クリーピングタイプなので、匍匐性でしたか?
この上をハイジが歩いたとか。
アルプスの草原に咲いている花で、この上を人が歩くたびに、香るそうですね。
2005/08/19 16:31  | URL | ふん転菓子 #F1fVxx/w[ 編集] |  ▲ top

-本当に、-
家族サービスだったんですか?
こんなにいっぱい写真撮ってたら怪しいですよ(笑)
2回もこんな綺麗なところに行けて良いですねぇ。

ホワイトサルビアの写真、背景のグラデーションが綺麗ですね。
2005/08/19 17:04  | URL | あんる #-[ 編集] |  ▲ top

-玉原-
玉原で家族サービス、いいですね(^^)

私も妻を連れて行こうと思ったのですがそれどころではないので急遽、横田基地のそば、彼女の実家に行ってきました。
もうETC使いっぱなしです(T_T)
沼田まで時間帯を限定すると800円で行けます(^^)
実はヤナギランを私も撮ってきました(^^)
群生地です。ただもう終わっていました。
私も玉原にしておけばよかったかな(笑)
2005/08/19 20:21  | URL | しーたけ #-[ 編集] |  ▲ top

-sahoさんへ-
ありがとうございます。

今回は天気が良くなかったし、ラベンダーも終わっていましたので、他のお花で楽しんできました。
家族と一緒ですから、撮影に専念するのもねえ・・・
と言いながらもたくさん撮りましたよ。
徐々にアップしていこうかと思っています。
2005/08/19 21:11  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-N2さんへ-
サルビアは今回だけでも、白、ブルー、赤と三種類が咲いていました。

清楚な感じに見えたのは、直射日光で撮っていないのと、望遠で背景を
大きくぼかしたからだと思いますよ。
2005/08/19 21:14  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-Ailyさんへ-
今回は天気が良くなくて、さすがに標高1300mの高原は肌寒かったです。
ラベンダーが終わっているせいか、観光客も少なく、余計に夏の終わりを感じました。
秋は秋でいろいろな花が咲きますが、もうススキが出ていました。
写真には撮りませんでしたが・・・
2005/08/19 21:16  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

--
家族サービスなんて、いいですね(^-^*)
でも、最後の写真の謎が、解けないままです・・・。なんなんでしょう?!
2005/08/19 21:16  | URL | 裕之介 #-[ 編集] |  ▲ top

-かおるさんへ-
こんばんは♪

ミソハギは、その名の通りミソハギ科なんですよ。
おお、刺身を連想・・・かおるさんらしいのかな(笑)

この花は、お盆の頃に咲くので「盆花」という別名を持っています。
ピンクの花が可愛らしい感じでした。
2005/08/19 21:19  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-cowzohさんへ-
いいえ、あくまでも家族サービスで、写真は二の次ですよ~。
その割には大口径レンズを持っていったりしていますが(笑)

最後の「幻想」は、フィルターワークではなく、そのまま撮影したものなんですよ。
スプリンクラーが設置してあって、水を飛沫にして飛ばしているんです。
風によって舞ったところを撮影しました。
2005/08/19 21:26  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-ふん転菓子さんへ-
「高原のイメージ」は、晴れていれば恐らくサルビアは前景に入れずに、
草地と奥の林だけで構成したと思います。

>70-200欲しいな~
買うならIS付をオススメします。
私も予算が許せばIS付にしたかったところです。
手持ち撮影がこんなに多くなるとは思ってもいませんでしたよ。
どうせ三脚に載せるから、ISはいらないやと強がりを言っちゃったんですね。
ああ、後悔・・・

匍匐性?
ゴメンナサイ、よく意味が分からないです・・・orz
2005/08/19 21:32  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-あんるさんへ-
本当に家族サービスですよ。
それが証拠に?二時間とは滞在しませんでしたし、殆ど三脚なしの
スナップ撮影のようなものでした。
ちゃんとお土産屋さんにも4軒も寄ったし・・・

ホワイトサルビアは、前回は最前列の花にピンを合わせたものを撮らなかったので、
ちょっと狙ってみました。
まあまあかな?
2005/08/19 21:35  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-しーたけさんへ-
奥様、その後はお加減はいかがですか?
いろいろと大変だと思いますが、しーたけさんが倒れないようにお気をつけ下さい。

ETC、私もつけようかな?
この間、やっと財務大臣が納得してくれました(笑)

通勤割引ですと半額ですもんね。
使わない手はないです。
練馬から東松山も700円ですから、魅力的です。

ヤナギランは高原を代表する花ですよね。
咲いていれば必ず撮影しています。
2005/08/19 21:39  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-裕之介さんへ-
家族サービスと言いながらも、きちんと写真は撮りましたよ。
三脚は殆ど使わずに、パッパッという感じでしたが・・・

最後のカットは、スプリンクラーが飛ばしている飛沫なんですよ。
「イオンの滝」についてご紹介したことがありますが、覚えていらっしゃいますか?
しーたけさんも、ここで虹を撮っていました。
2005/08/19 21:42  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-家族サービスでのカメラ-
ボリジ以外は皆同じように見えます。
私だったら全部同じ仲間かと思ってしまいそうですよ。
あぁ、そう思いながらじっくり見れば違いますかね。
家族サービスで出かけた時のカメラは悩みます。
先日行った名古屋港水族館は大混雑だったので何でコンデジにしなかったんだと後悔しました。
でもイタリア村は20D持ってて良かったですけど。
IS付きの35mm換算28mmぐらいからのコンデジが一台欲しいです。
2005/08/19 22:30  | URL | EAGLE #-[ 編集] |  ▲ top

-EAGLEさんへ-
私のコンデジはオリンパスの高倍率ズーム付のもので、極めてレスポンスが鈍いため、
今は使っていません。
ですから、いつもEOSです(笑)

集中しにくいので、スナップ的な撮影になりmすね。
それでも結構待たせちゃいましたが・・・
2005/08/19 22:36  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-幻想の世界にいるような。-
なんだか、お花の写真の雰囲気が、ホテイアオイ以来、急に変わったような・・・。
そうお思いにないませんか。
全体に明るくなって、淡さがでているからでしょうか。
ポリジも今回の方がすっきりしていて、いいと思います。
今回はスナップ的に撮られたとか、その方が素直でいい写真になることもあるのかもしれませんね。
2005/08/19 23:17  | URL | コスモス #zqWSDjqk[ 編集] |  ▲ top

-コスモスさんへ-
うーん、自分では変わっていないと思うんですが・・・
共通して言えることは、どちらも好きな光線で撮影できなかったため、結果として明るめの絵になったことでしょう。

ボリジはコスモスさんのアドバイス通りに狙ってみました。
もうお花が殆どなかったのが残念!

本音は太陽光のもとで撮影したかったですね。
今回はアッサリ系になりました。
2005/08/19 23:51  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-匍匐性-
同じ名前の植物でも
匍匐性(ほふくせい)・中間・立性の3種類あります。

例えばローズマリーにも、この三種類があり、

匍匐性=地べたに這う感じ。芝桜ほど這いませんが。

中間=上に伸びようとするが枝は下に向かう。背丈が低い。1m以下

立性=上に伸びようとする。1~2m前後まで成長。

タイムにはこの三種類が存在したとおもう。
匍匐性の上を素足で歩くと香るという事。
立性ではその上を歩けませんね。
2005/08/20 00:12  | URL | ふん転菓子 #F1fVxx/w[ 編集] |  ▲ top

-ふん転菓子さんへ-
スマンことです!
昨夜は疲れていて、読み間違えました。
匍匐性 → 葡萄性 (爆)
えー、ブドウ性?何のことだろうって・・・

そうです、紛れもなく匍匐性です。
ほう、ハイジが歩いたんですか。
って、私はハイジは見たことがありませんです、ハイ。
2005/08/20 10:47  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-色とりどり-
色とりどりのお花畑を見てるとなんだか嬉しくなります(^^)
2枚目のボリジ、はじめてみました。
花がブルーのお星様みたいで可愛いですね。
最後の朝霧のような・・・スプリンクラー?にはびっくりしました。まるで朝霧ですもんね。
2005/08/22 18:53  | URL | riri #.Yy.42bw[ 編集] |  ▲ top

-ririさんへ-
曇っていたので、なるべく華やかに明るめに仕上げてみました。
いつもは逆光でギンギンですから(笑)

最後のカットはアイデアの勝利です。
何ちゃってネ。
2005/08/22 20:29  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://zeiss85.blog4.fc2.com/tb.php/164-5938449c
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。