スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
豊穣の森 -ブナ林-
- 2005/08/17(Wed) -
「大自然の恵み」

IMG_050817_04.jpg

ブナ林は豊穣の森とも言われています。
ブナ林には数多くのの種類の植物が生育し、秋には実がなって子孫を残します。
その実は動物達の餌にもなり、多くの動物達がブナ林で生活をしています。

また、ブナなどの落葉樹は、大量の葉を林床に落とします。
その落ち葉は微生物の餌になり、また腐葉土層となって堆積していきます。
この腐葉土層はかなりの量の水を蓄えますので、ブナ林は「緑のダム」とも呼ばれています。
この蓄えられた水が、すべての動植物の生命の源になっているわけですね。

撮影地:福島県桧枝岐村(共通)
撮影機材:キャノンEOS10D TAMRON AF28~200㎜(A03)
撮影データ:ISO100 f/18.0AE(SS1/2秒) -1.0EV (80㎜)

あと5枚掲載しています。続きも読んで下さいね♪
「ブナ坂の清水」

IMG_050817_02.jpg

前に一度アップしたことがある清水です。
ブナ林が豊穣であることの証のようなものですね。
水は冷たくて周囲の気温を下げながら流れていきます。
天然のクーラーのような役割をしているわけですね。

撮影機材:キャノンEOS10D EF17~40㎜ f/4.0L USM
撮影データ:ISO100 f/20.0AE(SS1/3秒) -1.0EV (17㎜)



「湧き水」

IMG_050817_03.jpg

このように、至る所で湧き水を見ることができます。
「緑のダム」と言われる所以ですね。
水はあくまでも冷たく、自然水という言葉が似つかわしいですね。

撮影機材:キャノンEOS10D TAMRON AF28~200㎜(A03)
撮影データ:ISO100 f/4.0AE(SS1/13秒) -1.0EV (32㎜)



「手つかずの自然」

IMG_050817_01.jpg

人間が入り込むことを拒んでいるような感じがします。
勿論、林床は腐葉土層ですから普通に歩けるはずもありません。
「人間が大自然に挑む」などという言葉が陳腐に思える眺めです。

撮影機材:キャノンEOS10D TAMRON AF28~200㎜(A03)
撮影データ:ISO100 f/18.0AE(SS1/2秒) 0.0EV (40㎜)



「ソバナ」

IMG_050817_05.jpg

袋状の花が好きな私は、しっかりと見落とすことがなく撮影してきました(笑)
しかし、名前がわかりません・・・
ツリガネニンジンでもないし、勿論ホタルブクロでもありません。
誰か~・・・(最近、こればっかり・・・汗)

早速、ふみさんとsahoさんから、「ソバナ」だと思う、とのカキコがありました。
私も今日になって、御岳山で現物を確認することができました。
ありがとうございました。


撮影機材:キャノンEOS10D TAMRON AF28~200㎜(A03)
撮影データ:ISO400 プログラムAE(SS1/250秒 f/7.1AE) -1.0EV (156㎜)



「ノリウツギ」

IMG_050817_06.jpg

ブナ林の近くで咲いていました。
午後の光を浴びて、とても眩しく感じられました。

ノリウツギはユキノシタ科アジサイ属の落葉低木で、北海道から九州に分布します。
生育立地は多様で、林縁や草原、岩礫地、湿原にも生育します。

撮影機材:キャノンEOS10D TAMRON AF28~200㎜(A03)
撮影データ:ISO100 プログラムAE(SS1/320秒 f/7.1AE) +0.3EV (200㎜)
スポンサーサイト
この記事のURL | 木のある風景 | CM(20) | TB(0) | ▲ top
<<レンゲショウマ | メイン | 渓谷美~西沢渓谷~>>
コメント
-ブナの林-
ブナはいいですね。涼やかな気分になれますし、
やっぱり森の象徴です。
登山道を歩いていると、最初はスギやヒノキなどの
造林ですが、だんだんと自然林になり、ブナ林など
に出会うとなんだか空気まで変わってしまいますね。
それから、5枚目の写真のお花ですが、私がくじゅうで見た
『ソバナ』ではないかな?と思いますがどうでしょう。
2005/08/17 00:39  | URL | ふみ #-[ 編集] |  ▲ top

-風を感じます♪-
こんばんわ(^o^)

私もソバナだと思いますね♪

ブナ純林でしょうか・・・
佐渡の山にもブナ純林があります。
夏に歩いていると、涼しい風にのってオニヤンマが飛んで来るのに出会ったことがあります・・・
ちょっと懐かしい感触を思い出していました(*^_^*)
2005/08/17 01:01  | URL | saho #-[ 編集] |  ▲ top

-大自然-
こんばんは♪
一枚目の写真は“大自然の恵み”というタイトルがピッタリですね!!
まぶしいほどの緑ですね。
湧き水もすごく冷たそうですね゚+.(・∀・)゚+.

ふだんこんなに自然を見ることはないのですが
たまには時間をとって山に行くのもいいですね。

先日UPされていた“西沢渓谷”も拝見しました。
エメラルドグリーンがとても美しいですね♪
自然が作り出す色ってすごくキレイ☆
なんていうか・・人が作っても出せない色ってたくさんありますね~
2005/08/17 01:31  | URL | ena #-[ 編集] |  ▲ top

--
森の中で写真を撮るのって難しいです。
森に入ったとき感動するのですが、何処を切り取ったらいいのかすごく悩みます。
結果はぱっとしない写真です。
おそらく入れるものを絞りきれないのが原因だと思いますが、それだけ魅力あるものが多いのかも?
ZEISSさんは切り取り方が上手ですよね。
2005/08/17 08:30  | URL | N2 #-[ 編集] |  ▲ top

-緑の洪水-
きゃ~
緑の洪水ですね!
2枚目の写真でノックアウト!
どちらかというと滝の水よりコケの涼感に惹かれます。
豊かな自然がたくさん見られる日本って素晴らしいと素直に思いました。
2005/08/17 11:31  | URL | riri #.Yy.42bw[ 編集] |  ▲ top

-緑に囲まれると-
癒されますよね。
2枚目の写真、前の時も書きましたがこれ良いですよね。
凄い涼しさを感じます。

N2さんも書かれていますが山の無かった写真撮るの難しいです。。
何を入れて何を入れなければ良いのか悩んでしまって
結果としてパッとしない写真ばかりになってしまうんですよね。

大きい物撮るのって苦手なんです。
2005/08/17 14:15  | URL | あんる #-[ 編集] |  ▲ top

-私も-
2枚目の写真いいなぁっておもいます(^^)
こういう自然って大切にしないといけないですね。緑がいっぱいっていいですよね。私もこの間のロックガーデンで改めて実感しました。
2005/08/17 16:54  | URL | しーたけ #-[ 編集] |  ▲ top

--
森っ!て感じですね。
うちの方は林業が盛んなので森というより山林と言う感じの所が多いです。
私は緑ばかりの環境で育ったので山に入るとどこが良いのか判断できなくなり写真が撮れなくなります。
水の流れでもあれば撮れますが木ばかりだとどこを切って良いものやら・・・。
だいたいあまり森の中には入っていかないんですが・・・。
2005/08/17 17:28  | URL | EAGLE #-[ 編集] |  ▲ top

--
またしても空気が緑に染まりそうな写真ばかりですね。綺麗です。山の奥に行くのは、ちょっと勇気が入りますが、写真のためには、行かなければダメなんでしょうね。
森や高原の写真は、夏が一番綺麗なんでしょうね。
2005/08/17 19:11  | URL | 裕之介 #-[ 編集] |  ▲ top

-ふみさんへ-
ぶな林はやはりいいもので、心が落ち着くような気がします。

5枚目の花の名前、ありがとうございます。
「ソバナ」で間違いありませんでした。
今日、実際に御岳山で現物を見て、確認がとれました。
いやあ、花の名前も難しいですね。
2005/08/17 21:57  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-sahoさんへ-
「ソバナ」の件、ありがとうございました。
今日、御岳山で同じものを見てきました。

ここは、ブナ純林ではないようです。
ブナ以外にダケカンバやミズナラがありますから、いわば混合林ですね。
もう少し上に行けばブナ純林はあるんですが、車を止めるスペースがないんですよ。
2005/08/17 22:03  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-enaさんへ-
実は、一枚目と四枚目をアップしてから5分後に差し替えたんですよ。
理由はブナがちゃんと写っているのが一枚目だからなんですよ。
ちょっとアンフェア?
湧き水は吃驚するくらい冷たいですよ。
手が切れるほどの、というとオーバーかな(笑)

驚かれるかもしれませんが、西沢渓谷の水が綺麗なのは鉱毒の影響なんです。
だから、ここの水は飲んではいけないんですよ。
自然のなせる業と人間が加担したことによるものと言えるんでしょうか?
2005/08/17 22:10  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-N2さんへ-
「写真は引き算だ」とよく言われますが、スパっと切り捨てるとスッキリとしますよ。
何だか自分の部屋の片付けに似ているような気がしちゃいます。
これも入れよう!などと始めると収拾がつかなくなりますから・・・

結局は、いろいろなパターンで撮影してみるのも一つの手ですね。
最初は広く撮って、だんだんと狭くしていく・・・すると、「これだ!」というのが見つかると思います。

何だか偉そうなことを書いちゃいましたが。
2005/08/17 22:17  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-ririさんへ-
苔が好きなんですか?
結構嫌がる人も多いようですが・・・
まあ、涼感といえば、これだけピッタリと「くる被写体もそうそうはないですよね。

2枚目は既出のようなもので、違う構図で撮影したものです。
これって結構評判が良かったので、また出しちゃいました(笑)
2005/08/17 22:36  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-あんるさんへ-
↑のririさんのところでも書きましたが、既出のようなものです。
本当に涼しさを感じ取ることができる場所です。

うーん、大きなものねえ・・・
やはり、スパっと割り切って、大胆に切り取ってみるのがいいんではないでしょうか?

例えば、北海道の広がりのある風景。
これを超広角レンズで撮れば、ただ単に広いところを撮っただけになります。
それを望遠系のレンズで切り取って広がりを演出する。
いい勉強になりますよ。
関東に住んでいると、そうそうは北海道へはいけませんから、野辺山あたりが適当かな?
2005/08/17 22:43  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- しーたけさんへ-
やはり2枚目ですか・・・
ここはお気に入りの場所ですから、次回行くことがあれば違う切り口で表現してみよう
と思っています。

この水でコーヒーを入れたら旨いだろうなあ・・・
そんなことしたら、ふみさんが羨ましがるだろうなあと思ったりして(笑)
2005/08/17 22:46  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-EAGLEさんへ-
今日も森の中へ入っていきました。
森は森羅万象という文字の頭に使われるだけあって、全てを包み込むかのような
包容力に溢れていますね。

EAGLEさんも是非、森の中に身を置いてみて下さい。
心落ち着く時を過ごせると思いますよ。
2005/08/17 22:53  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-裕之介さんへ-
尾瀬はツキノワグマの生息地ですから、特に燧裏林道を一人で歩くのはちょっと勇気がいります。
私はビビリですから、特にそう思います。

写真のため、というのもありますが、私はこの目で確かめたいという欲求が強いですね。
目的が二つあるようなものです。
カメラなしでは、かなりフラストレーションが溜まると思いますよ。
「物より思い出」というCMがありましたが、やはり「物」も欲しいですから(笑)
2005/08/17 22:58  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-天然のクーラー-
私も天然のクーラーという自然の恵みに預かり
たいですね。この写真を見るのは初めてですよ。
本当に見ているだけの森林浴より、実際に行って森林浴を楽しんで来たいと思いましたね。(笑)
2005/08/17 23:40  | URL | cowzoh #-[ 編集] |  ▲ top

-cowzohさんへ-
昨日は天然のクーラーの恩恵にあずかってきました。
東京の御岳山に登って「レンゲショウマ」を撮影したあとは、御岳渓谷を見て、最後は滝です(笑)

あっ、本当は最後は温泉でした。
なかなか充実した一日でしたよ。
帰ってきたら、何だか我が家の周りが蒸し暑く感じられました・・・
2005/08/18 00:55  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://zeiss85.blog4.fc2.com/tb.php/162-ef98a261
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。