スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
桧枝岐の滝・渓流
- 2005/08/01(Mon) -
「竜の門の滝」

IMG_050801_01.jpg

「竜の門の滝」(たつのもんのたき)は、日本百名山の一つである「会津駒ケ岳」(標高2133m)に源を発する下ノ沢
にかかる名瀑です。
二段に分かれて流れ落ち、落差は40m、50m、60mと諸説あってはっきりとはしていません。
桧枝岐村のホームページや観光パンフレットにも記述がなく、極めて曖昧なものとなっています。
次回、行く機会がありましたら、事の真相を確かめたいと思っています。
でも、見たところは落差50mはありそうな感じですね。

ここは新緑の時期もさることながら、石楠花(ハクサンシャクナゲ)の花が咲く時期は大層綺麗だろうなと思います。
分かりにくいかもしれませんが、滝の上部の方に白く点在している花は、そのハクサンシャクナゲです。
深山幽谷にある滝ですから、まだ咲き残っていたのですね。
そして、紅葉の時期は錦秋の滝と言えるほどの絶景だそうです。

この「竜の門の滝」については、私のもう一つのブログ「写真ざんまい!デジタルざんまい!」に訪問記を掲載して
いますので、併せてご覧いただければ幸いです。

撮影地:福島県桧枝岐村「竜の門の滝展望台」
撮影機材:キャノンEOS10D TAMRON AF28-200㎜ (共通)
撮影データ:ISO100 SS1/4秒AE(f/11.0) 0.0EV (46㎜)

あと4枚掲載しています。続きも読んで下さいね♪
「モーカケの滝」

IMG_050801_02.jpg

これも日本百名山の燧ケ岳に源を発するモーカケ沢に落ちている名瀑です。
「モーカケ」とは、平安時代の女房の装束のことで、平家落人伝説を偲ばせる滝としても知られています。

この滝は、七入から御池に至る国道352号線沿いにあって、立派な駐車場も整備されています。
そして、何よりも徒歩2分でこのような絶景をみることができます。
それでも、尾瀬へ急ぐ人の殆どが見向きもせずに通り過ぎてしまいます。
何とも勿体無い話ですね。

なお、立派な展望台が設置されていて、ゆったりと見ることができます。
但し、立派すぎて小型三脚や中型三脚ではその全貌を写す事はできません。
私は車のトランクに入れてある大型三脚と脚立を持ち出して対応しました。
さもなければ、展望台の柵越しに手持ちで撮影するしかないでしょう。

撮影地:福島県桧枝岐村「モーカケの滝展望台」
撮影データ:ISO100 SS1/5秒AE(f/14.0) 0.0EV (95㎜)



「ブナ坂の清水」
※ブナを漢字表記したら文字化けしているようですのでカナ表記に改めました

IMG_050801_03.jpg

モーカケの滝駐車場より100mほど国道を御池(尾瀬)寄りに行ったところにあります。
ブナ林の中を流れる水はあくまでも冷たく、周囲の空気を冷やしながら落ちていきます。

ここは道が狭いので、路上駐車は絶対にやめましょう!
大型観光バスやシャトルバスがひっきりなしに通りますので、渋滞の原因になってしまいます。
大した距離ではありませんので、モーカケの滝駐車場にとめるようにしてください。

撮影地:福島県桧枝岐村「モーカケの滝付近」
撮影データ:ISO100 f/18.0AE(SS1/4秒) -0.7EV (28㎜)



「名もない滝」

IMG_050801_04.jpg

桧枝岐村の入り口にある歓迎と書かれたアーチの傍にありました。
滝といえるほどの落差ではありませんが、水量豊かに流れ落ちていました。
このように激しく流れ落ちている場合は、シャッタースピードを早めに設定して、荒々しさを強調するのも
一つのやり方です。

撮影地:福島県桧枝岐村入り口付近
撮影データ:ISO100 プログラムAE(SS1/250秒 f/10.0) -2.0EV (38㎜)



「桧枝岐川」

IMG_050801_05.jpg

ミニ尾瀬公園のそばに「中土合公園」があります。
そこの橋の上から撮影したものです。
清流「桧枝岐川」は所々で激しく流れ落ちて、岩をも砕く勢いを感じられます。
この桧枝岐川は渓流釣りの名所でもあり、随所で釣り人の姿を見かけます。

撮影地:福島県桧枝岐村「中土合公園」
撮影データ:ISO100 f/6.3AE(SS1/40秒) 0.0EV (55㎜)

桧枝岐村の見所はこれだけではありません。
それにつきましては、また別の機会にご紹介したいと思います。
スポンサーサイト
この記事のURL | 滝・渓流 | CM(24) | TB(0) | ▲ top
<<桧枝岐の見どころ | メイン | ホテイアオイ>>
コメント
-涼しさを感じます-
すばらしい!!ZEISSさんの手にかかると水が生きているように動きが見えます。
滝が輝いています。
私が撮るとただの水に見えてしまいますけど・・・
「名もない滝」の水滴が踊っています。
涼しい音まで聞こえます。
2005/08/01 07:10  | URL | Aily #-[ 編集] |  ▲ top

-さすが・・・-
さすが、滝好きZEISSさんですね
滝はシャッタースピードを変えるだけでもずいぶんと様子が変わりますね。そこが難しいところかも(笑)
デジタルになってからは条件を変えてバンバン撮れますがフィルムの時代はそうは行きませんね(^^;
2005/08/01 07:16  | URL | しーたけ #-[ 編集] |  ▲ top

-Ailyさん-
私は花が多いんですが、本当は水物(滝・渓流)が大好きなんです。
でも、手近にあるわけではなく、そう簡単には出かけられないもので、必然的に花が多くなってしまうんです。

尾瀬の玄関口にある桧枝岐は滝や渓流の名所としても知られています。
私が行った時は涼しくて山道も苦になりませんでした。
「竜の門の滝」がちょっと長めに歩く程度で、あとは楽に見ることができる場所ばかりです。
でも、苦労して見た滝というのは記憶から薄れることはないですよ。
2005/08/01 08:59  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-お早うございます。-
朝から快晴で今日も暑くなりそうです。

そんなときに涼しげな滝に出会えルンルンです。
4枚目の『名もない滝』が特に好きです。
しぶきが飛んできそうな気分になりました。
2005/08/01 09:00  | URL | KAEDE #-[ 編集] |  ▲ top

-しーたけさん-
滝や流れを撮る時は基本的にシャッタースピード優先にしますが、時々モードが絞り優先のままだったり、プログラムAEだったりしていますね(汗)

本当にデジタルになってからは、設定をいろいろと変えて撮ることが出来るから助かります。
銀塩ですと、残り枚数や金額を考えちゃいますからね。
2005/08/01 09:01  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-KAEDEさん-
おはようございます。

関東地方は今朝から青空が広がって、予想最高気温が30℃というのは嘘になりそうです。
まあ、今が一年中で一番暑いですから、この時期さえ乗り切ればと思っています。
ベタベタムシムシが大の苦手なんですよ。
カラっとしている分には大丈夫なんですが・・・

滝で涼しくなっていただければ幸いです。
「名もない滝」といっても落差は3m程度ですから、迫力はありません。
そこで水しぶきをとめて荒々しさを演出したわけです。

滝や流れの場合、遅めのシャッタースピードを選ぶと優しくなり、速めのシャッターを選ぶと躍動感が出ます。
コンパクトデジカメでも撮影モードを選ぶことによって描写が変わりますから、機会があったらお試し下さい。
2005/08/01 09:10  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

--
さすがですね。
私も滝を写すときはPvですね。
水の量によって適正なシャッタースピードが変わるところが難しいですね。
あとは自分のイメージなのですが、撮っているうちにわからなくなる事があります。
2005/08/01 09:11  | URL | N2 #-[ 編集] |  ▲ top

-N2さん-
流れとシャッタースピードの関係を把握するのは難しいと思います。
でも、デジタルの場合は、小さいながらも液晶モニターがありますので、確認しながら撮ることが可能ですよね。

私の場合は、大体が経験値で決めてしまいますが、一段階ごとにシャッタースピードを設定しても大した変化がないため、2~3段ごとにSSを変化させて撮ることが多いですよ。
正直なところ、1/15秒と1/30秒では差は殆どないと言えます。
1/8秒と1/30秒とでは、差は結構ハッキリと出ます。

デジタルですから、いろいろと設定を変えて撮るといいですね。
設定以外にも、縦位置と横位置、切り取り方を変えると、思わぬ結果にほくそえむこともあります。

それと、PLフィルターを使った場合、100%の効果ではなく、50%程度の効果にとどめておきます。
岩が濡れた感じがなくなっちゃうからです。
何事もほどほどがよろしいようで・・・
2005/08/01 09:18  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-涼しさ-
今、蝉の声を聴きながら見ていました。
残るは水の音。。
下から二番目は、シャッター速度の関係なのか、荒々しく感じます。

高原も良いけど、水のある風景も良いですね。
2005/08/01 12:23  | URL | ふん転菓子 #F1fVxx/w[ 編集] |  ▲ top

--
3枚目の写真、良いですね~。
苔の緑が趣があって好きです。

今まで明らかに白飛びしてるとか言う場合じゃない限り、
露出補正はしてなかったのですが
ZEISSさんの写真を見て
最近露出補正してみようかなと思うようになりました。

「ブナ坂の清水」だと思うのですが、文字化けしてるのは私だけでしょうか?
フォントの設定がおかしいのかな。
2005/08/01 14:58  | URL | あんる #-[ 編集] |  ▲ top

-ふん転菓子さん-
暑い時は「滝」と「渓流」ですね。
でも、今年は例年になく滝を見に行ってはいないんですよ。
これからがシーズンなんですが・・・

滝は選択したシャッタースピードによって性格が違ってきます。
早ければ荒々しくなりますね。
優しさを表現したい場合はスローシャッターで。
2005/08/01 20:03  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-竜の門の滝-
よく見るとまだ白く見えるところ数箇所ありですね。時期的に満開の時にはどの位のものかと想像されますね。私的には「ブナ坂の清水」が一番の好みでしょうか。(笑)こんなのを見せられますと、何と申しましょうか。羨ましく思いますね~。全写真ともにね・・・。私は実を言いますと滝
の写真がなんとも言えず好きでして、自分で撮りに行けないので身近な花の写真で納得させているようなフシがあるようでして、何とか行って撮ってみたい、そんな気持ちにさせられる写真ばかりでしたよ。(笑)
2005/08/01 20:24  | URL | cowzoh #-[ 編集] |  ▲ top

-涼しそう~-
こんばんは
やっぱり夏は滝と渓谷ですね。
3枚目の「ブナ坂の清水」
これが一番好きです(^^)
苔の柔らかなグリーン、水の湿気でしっとりした雰囲気がとてもよく出ていると思います。
あ~私もまた渓谷に滝を見に行きたいです。
2005/08/01 22:33  | URL | riri #.Yy.42bw[ 編集] |  ▲ top

-こんばんは~♪-
ZEISSさん~今日はコメントいただきまして、ありがとうございます。
大胆な構図の滝の写真も、涼やかな渓流の写真も、うっとりと見惚れてしまいました。
私もこんな風に水の流れをとらえられたらいいなぁ~って思って挑戦してみたのですが・・・露出補正が難しくて^^;
ZEISSさんの写真で勉強させていただきます~♪
2005/08/01 22:54  | URL | 風花 #-[ 編集] |  ▲ top

-あんるさん-
文字化けの件、ご指摘いただきありがとうございます。m(__)m
早速、ブナとカナに改めました。
地名って儘ならないものですね(笑)

滝や渓流の場合、直射日光が当たるとコントラストがつきすぎますね。
三枚目はまだしも、四枚目は-2.0EVでこれですよ。
厳密には白飛びしています。

前からメーカーには意見を出しています。
露出補正は±2.0EVでは足りないと・・・
±3.0EVは必要なんですよ。
これを実現しているのは国内ではミノルタくらいですね。(最新機種は?ですが)
マニュアルで使えば・・・という意見も出そうですが、今のカメラはマニュアルが使いにくいんですよ。
2005/08/01 23:09  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-cowzohさん-
滝見台の周囲は殆どがシャクナゲでした。
一度満開の時に訪れたいものです。
我が家から高速を使っても4時間かあ・・・
これだけのために来るにはしんどい話ですね。
でも、それだけの価値はあるかな?

そういえば前に「箕面の滝」をアップされたことがありましたね。
滝はやはりいいですよね。
2005/08/01 23:15  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-ririさん-
こんばんは♪

今日は湿気が多くて、逃げ出したくなってしまいます。
思いは滝と渓流へ・・・(笑)

三枚目は国道の際にあるので、背後をバスや車がかすめて通っていきました。
せっかくタテハチョウの仲間がいたのに、そのたびに逃げられてしまいました。
撮れたのはかろうじてピンボケの2枚だけ(泣)

でも、これだけたくさんの滝や流れを見ることができたんだから、贅沢はなしですね。
2005/08/01 23:22  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-風花さん-
こんばんは!
こちらこそ、ありがとうございます。

露出補正はあまり難しく考えない方がいいですよ。
どうせ全ての領域は写真では再現できませんから・・・
どこを見せたいかを考えれば、選択の範囲は狭まると思います。

今回ので言えば四枚目だけが特殊ですね。
順光で太陽光が直接滝に当たっています。
そして水以外のものは影などで暗くなっていますから、ここは大胆に-2.0EV補正なんですよ。
あとは余程の悪条件でない限りは、±1.0EVで押さえておけば大丈夫だと思います。
2005/08/01 23:27  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-竜の門の滝-
大分県の九重の近くにも竜門(りゅうもん)の滝と
いう滝がありますよ。ここは大きくてなだらかな
ナメ滝ですので、いまの季節は子供達がウォーター
スライダーとして遊んでいるようです。
菊池渓谷を撮影したときは、なかなかイメージの様に撮れていなくて
やっぱり難しいなあと感じました。
そのときそのときで条件も違いますし、もっといろいろと設定を変えてみても良かったですね。
また撮ってみたいですね。
2005/08/01 23:58  | URL | ふみ #-[ 編集] |  ▲ top

-ふみさん-
行ったことはありませんが、竜門の滝は知っていますよ。
よくTVなんかでも中継することがあります。
天然のウォータースライダーなんていいですねえ。

イメージ通りに行かないときは、思いっきり広い範囲を写しておくのも手です。
後からの反省材料にもなりますし、次回へのイメージ作成のための資料にもなりますね。
あとは出かける時間帯でしょうか。
もちろん天気にも左右されます。
やはり滝や渓谷は一筋縄ではいかないですね。
2005/08/02 00:29  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-すばらしい!!-
滝だぁ~♪
ZEISSさんが撮る滝はホント音が聞こえてくるようで大好きです!!
こんな風に撮れるように特訓しないと(´ヘ`;)

特に「ブナ坂の清水」 が素敵です。
小さい滝がたくさんあるみたいで゚+.(・∀・)゚+.
こんな滝見てみたいなぁ~

滝を見るのはすごく好きなんですが滝について詳しくはないんです(-_-;)
ただ眺めるのが私は好きですねw
2005/08/03 01:46  | URL | ena #-[ 編集] |  ▲ top

-enaさん-
ありがとうございます。(^_^)v
これで少しは涼しくなったでしょうか?
な訳ないですね(笑)
関西の暑さは格別ですから・・・
神戸でしたっけ?
因みに、大阪の8月の平均気温は、沖縄を凌駕しているんですよ。
ということは、日本で一番暑い土地ということになりますね。
あっ、こんなこと書いたら余計に暑くなりますねm(__)m

「ブナ坂の清水」が人気がありますが、実は国道の脇にあって、一番苦労なしで撮影できたものなんです。
個人的には、やはりトップの「竜の門の滝」が・・・
まあ、いいか(笑)

関西にもいい滝はたくさんありますよ。
大阪では「箕面の滝」、兵庫では「猿尾滝」、「シワガラの滝」(苔が凄いです)、「原不動の滝」、「天滝」などが
有名なところです。
機会がありましたら、是非!
2005/08/03 08:54  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

--
見入ってしまいました。どの写真も素晴らしいですが、特に「ブナ坂の清水」は、気に入りました!本当に、音が聞こえてきそうです。いいなあ。
2005/08/03 17:03  | URL | 裕之介 #-[ 編集] |  ▲ top

-裕之介さん-
ありがとうございます。

やはり「ブナ坂の清水」ですか・・・
これだけで特集組んだほうが良かったかなあ(笑)
ここ、凄~く涼しかったですよ。
というよりも肌寒かったです。
水もとても冷たくて、おそらく燧ケ岳の雪解け水が大量に流れ込んでいるのでしょう。
2005/08/03 20:39  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://zeiss85.blog4.fc2.com/tb.php/146-802beec9
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。