スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
尾瀬の自然(2)
- 2005/07/27(Wed) -
「ワタスゲ」

IMG_050727_01.jpg

尾瀬は「水芭蕉」や「ニッコウキスゲ」が有名ですが、この「ワタスゲ」もなかなか魅力がある植物です。
花が終わって、このような白い穂が風になびいている姿には独特の風情があります。
そして、ワタスゲは何よりも水辺がよく似合う植物です。
背後は尾瀬沼ですが、このように白い穂が太陽の光を受けて輝くように佇んでいる姿は一服の清涼剤と言える
でしょう。

撮影地:尾瀬・浅湖湿原
撮影機材:キャノンEOS10D TAMRONAF28-200㎜ (共通)
撮影データ:ISO200 f/8.0AE(SS1/200秒) -0.7EV (130㎜)

あと6枚掲載しています。続きも読んで下さいね。
IMG_050727_02.jpg

朝露に濡れたワタスゲが朝陽に輝く一瞬です。
沼山峠から下って「大江湿原」に着いたのは、ちょうど太陽が山の端から顔を出して湿原全体を照らし出した時でした。
このような写真を撮ることができたのも、夜明けと同時に沼山峠を出発したからでしょう。
運良く太陽が顔を出してくれたからいいようなものですが、天気にも左右されることは多々ありますね。

撮影地:尾瀬・大江湿原
撮影データ:ISO100 f/8.0AE(SS1/400秒) -1.0EV (200㎜)


 
IMG_050727_03.jpg

ワタスゲは北海道と本州中部地方以北の、亜高山帯~高山帯の高層湿原に群生するカヤツリグサ科の多年草です。
花の咲く頃は背丈も低く地味ですが、白い綿毛の穂がよく目立ちます。
名前は、その果穂の姿にもとづいて付けられたものです。

撮影地:尾瀬・大江湿原
撮影データ:ISO100 f/5.6AE(SS1/200秒) -1.0EV (200㎜)



IMG_050727_04.jpg

尾瀬沼を時計回りに歩き、沼尻を通って浅湖湿原に着いた時のことです。
それまで林間を行く道だったのが、急に辺りが開けたような明るい場所に着いたのです。
木道の両側が広く見渡すことが出来て、とても爽やかな感じを受けました。
ここはニッコウキスゲよりもワタスゲの方が目立っていましたね。

撮影地:尾瀬・浅湖湿原
撮影データ:ISO200 f/11.0AE(SS1/80秒) -0.7EV (69㎜)



IMG_050727_05.jpg

上の写真と同じ位置から、右半分よりやや狭い場所を縦位置にして狙ってみました。
基本的には、横位置は広がりを、縦位置は奥行きや高さを表現できると言われています。
これはどちらかと言えば奥行きでしょうか・・・

撮影地:尾瀬・浅湖湿原
撮影データ:ISO200 f/10.0AE(SS1/100秒) -0.7EV (141㎜)



IMG_050727_06.jpg

上の5枚の写真は初日に撮影したものですが、これ以降の2枚は二日目に撮影したものです。
桧枝岐で泊まった宿のご主人から勧められて行った場所です。
御池の駐車場を横切ると登山口があります。
これが「燧裏林道」といい、30~40分も歩く間に湿原が次から次へと現れてくるとてもステキな場所です。
尾瀬に入山する登山客の6%にも満たない人数しか通ない静かな場所です。
そういった場所ですから、この日はしっかりと三脚を使って写真を撮ることができました。

撮影地:尾瀬・西田代湿原
撮影データ:ISO100 f/14.0AE(SS1/15秒) -1.0EV (85㎜)



IMG_050727_07.jpg

これはワタスゲをあえてぼかして、背後の白樺(ダケカンバ?)が目立つようにして撮影したものです。
絞らずに殆ど開放に近い状態で主題を明確にした撮り方ですね。
中途半端に絞ると、ワタスゲがふわっとぼけないで乱れたような形に写ってしまう恐れがあります。
太陽待ちをしていましたが、ちょうど右前方から光が差し込んできた瞬間を狙いました。

撮影地:尾瀬・横田代湿原
撮影データ:ISO200 f/5.6AE(SS1/100秒) -0.7EV (114㎜)

この最後の二枚を撮影した「燧裏林道」については、「写真ざんまい!デジタルざんまい!」でも取り上げました。
併せてご覧下さい。

尾瀬保護財団
スポンサーサイト
この記事のURL | 花の写真 | CM(22) | TB(1) | ▲ top
<<尾瀬の自然(3) | メイン | 尾瀬の自然(1)>>
コメント
-2枚目の写真-
2枚目の写真、光の具合がなんだかいい感じですね(^^)
実際に風があったかどうかはわかりませんがワタスゲの写真を見ていると心地良い風も感じます(^^)
2005/07/27 14:57  | URL | しーたけ #-[ 編集] |  ▲ top

-大好き!-
大好きなワタスゲを見せてもらって思わず書き込んでしまいました。
一枚目と二枚目の朝露の中でのニッコウキスゲとワタスゲがすごく好きです。

縦位置で撮るのと横位置で撮る方法の効果についてもすごく勉強になりました。
2005/07/27 16:29  | URL | KAEDE #-[ 編集] |  ▲ top

-光と風-
を感じますね。
ZEISSさんのテーマがひかりですものね。
今回のは風も感じますね。
私の写真にかけているものです。
2005/07/27 17:44  | URL | N2 #-[ 編集] |  ▲ top

-しーたけさん-
二枚目の写真は、ちょうど正面の山陰から太陽が顔を出したとこrだったんですよ。
そろそろだなあと待ち構えていました。
この頃は木道でしゃがんでいても、大して邪魔にはなりませんでした。
三脚はさすがに使いませんでしたが・・・

この日は風は結構ありましたよ。
ちょっと写真ではわかりにくいかもしれませんね。
最後から二枚目は翌日撮影したものですが、これですと分かりやすいかもしれません。
2005/07/27 18:39  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-KAEDEさん-
ありがとうございます。

ワタスゲは派手さはないものの、見る者にとって安らぎを与えてくれるような気がします。
それが風に揺られると、得もいえぬ感じですね。
2005/07/27 18:42  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-N2さん-
「光と影」は私の撮影テーマです。
特に光は最重要課題です(笑)

今回は、仰るように風が加わりました。
ワタスゲは風が吹くと分かりやすいですね、風の動きが・・・
2005/07/27 18:44  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-ワタスゲ-
ワタスゲはやはり太陽の光をうけて輝いているシーンが一番ですよね。心が安らぎますよね。ニッコウキスゲほど派手さはないけれど・・・。
2005/07/27 19:37  | URL | cowzoh #-[ 編集] |  ▲ top

-素晴らしい-
こんばんは
2枚めの細い葉や綿毛に輝く露が美しいです。
3枚目すっくと立つ1本は、まるで耳掻きのようですね。6枚目は草原に波立つ風が感じられます。何回見ても素晴らしいです。
2005/07/27 19:55  | URL | Aily #-[ 編集] |  ▲ top

-一服の清涼剤-
自宅にいながら、ビール片手に尾瀬を堪能できるのも良いもんです。(笑い)

ワタスゲがキスゲが日差しで輝いて素敵。

ワタスゲは話しで聞いた事がありましたが、実際見たことが無いと思う。良く見ると「耳かき」みたいですね。

フワフワした部分が花びら?
2005/07/27 21:05  | URL | ふん転菓子 #F1fVxx/w[ 編集] |  ▲ top

-cowzohさん-
やはり光がないと写真にメリハリがつかないので、太陽は必需品です(笑)
特に逆光気味で撮影するのがいいですね。
このワタスゲは地味ですが、私は好きです。
2005/07/27 21:10  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-Ailyさん、やっぱり・・・-
耳掻きですよね~。
人から、どんなものなの?と聞かれたら、私は「耳掻きに似ているよ」と答えています(笑)

2枚目はこの時間帯でないと撮れない写真ですね。
ラストは、ある意味では一番のお気に入りかもしれません。
ワタスゲの、というよりは風景写真としてですが。
ここで結構、太陽が顔を出してくれるのを待ったものですから・・・
2005/07/27 21:12  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

- ふん転菓子さん-
>自宅にいながら、ビール片手に尾瀬を堪能できる・・・
って、今日行っちゃったんでしょう?(笑)

ワタスゲの花ですか?これです
http://shiretoko.muratasystem.or.jp/2000/05/000530a.html
地味でしょう?

フワフワしたものは果穂だそうですよ。
2005/07/27 21:15  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-TBさせていただきました-
こんばんは。
TB、コメントありがとうございます。
偶然でしたね。
同じワタスゲの写真ですが
こちらの方が、はるかに
いい感じですよ。
わたしは一枚目も好きですが
一番下のワタスゲがいいです。
緑と白のコントラストが美しいですね。
横田代湿原のあたりでは
人影もなくのんびり撮影が
できたのでしょうか。

2005/07/27 22:09  | URL | AandM #UbCtKfmc[ 編集] |  ▲ top

-AandMさん-
こんばんは!

TBありがとうございます。
HPも拝見しました。
機会があれば、鳩待峠から入山してみたくなりました。

6枚目は私も好きな一枚です。
ワタスゲの、というよりは風景写真としてなんですが。
この「燧裏林道」は人が少なくて、とても快適に撮影ができました。
何しろ、団体さんはこっちには来ませんから(笑)
2005/07/27 22:21  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

--
コメントが遅いと聞きたいことはほとんど書かれてますね。
ワタスゲの花より綿毛の方が画になりますね。
私は最後の写真が好きですね。
何となく鹿が出てきそうな感じ。

あっ、今思い出した!
関係ないですがこないだ嫁さんの実家にカブトムシを撮りに行った時のことです。
夜11時頃、車の前方に何か発見!
バンビが道の真ん中にいました。
奥三河はそんな場所です。
ばぁちゃん曰くそこは鹿スポットらしいです。
民家のすぐ近くなのに・・・。
2005/07/27 22:46  | URL | EAGLE #T5cQRYBo[ 編集] |  ▲ top

-EAGLEさん-
おお、やはりラストカットがいいですか?
太陽待ちで粘った甲斐がありましたね。
絞り込んだものはどっちつかずになったので、やはり開放で撮った写真の方が絵になります。
出来れば鉄アレイ君で撮りたかった・・・
でも、それをザックに入れる勇気はなかったです。
初めて行く場所だから・・・
次回は持って行きまっせー(笑)

奥三河・・・最近、EAGLEさん、やけに挑発してきますね。
早く来いと・・・(笑)
秋以降ですね、行けるとしても。
2005/07/27 22:57  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-おはようございます-
ニュースなどで尾瀬と聞くと又行きたくなります
まりあん達が行ったときは、水芭蕉は終わって
ニッコウキスゲが満開でした。17キロ歩きました。ZEISSさんの写真で尾瀬ヶ原をハイキングしました。又楽しみに遊びにきます。
2005/07/28 06:05  | URL | まりあん #-[ 編集] |  ▲ top

-まりあんさん-
おはようございます。

私が行く数日前にも夕刊で「ニッコウキスゲが満開」とトップに写真入で報じられていました。
もうこの時は「行く気モード全開」でしたから、さらに拍車をかけるようなものでしたね。

また、いらして下さい。
2005/07/28 10:02  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

--
ワタスゲって小さい綿菓子みたいに可愛いですね(夕方なのでちょっとお腹が空いて・・・)
みんな綿菓子に見えます。でもこんな不謹慎な事を書いてはいけませぬね。
ワタスゲを見ると・・・・昔使っていた耳かきの反対側に付いている耳掃除ボンボンを思い出しました。風になびいている写真、動きが見えてとってもステキです~
1枚目も雰囲気が伝わってステキですが3枚目のカラフルなバックもいいな~
2005/07/28 16:35  | URL | riri #.Yy.42bw[ 編集] |  ▲ top

-ririさん-
小さな綿菓子という形容は初めて聞きました。
私はやはり耳掻きのボンボンかな?
三枚目の背景はニッコウキスゲです。
本当は黄緑色とオレンジ・イエローの背景で纏めたかったんですが、木道から出るわけにはいかないので、ちょっと中途半端な色使いになってしまいました。
2005/07/28 20:09  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

--
光を纏った2枚目の写真、いいですね。光を捉えたいと、いつも写真を撮るときに思うのですが、なかなか手にすることができません。
2005/07/29 21:55  | URL | 裕之介 #-[ 編集] |  ▲ top

-裕之介さん-
あまり難しく考えない方がいいと思います。

順光以外の光(逆光・斜光・サイド光)などが美しく感じられますが、今の時期は真上から照りつけるトップライトが多いですよね。
これも花びらなどが透けて写るので好きな光線の一つです。

手始めにトップライトでガンガン撮ってみたらいかがでしょうか。
トップライトでも時間帯によっては、逆光のように使えますから操りやすいと思います。
2005/07/29 23:17  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://zeiss85.blog4.fc2.com/tb.php/141-a5d93b2f
-ワタスゲ-
尾瀬ではワタスゲの群生も見ることができた。以前に写真では見たことがあったが、実 …
2005/07/27 21:49  AandM ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。