スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
尾瀬の自然(1)
- 2005/07/26(Tue) -
「ニッコウキスゲ」

IMG_050726_01.jpg

「夏が来~れば思い出す~、遥かな尾瀬、遠い空~・・・♪」
まさに私にとって尾瀬は遥かな尾瀬で、今まで一度も行ったことはありませんでした。
ところが、あるきっかけで思い立って出かけることにしたんです。
あるきっかけについては、私のもう一つのブログの「写真ざんまい!デジタルざんまい!」
に書きましたのでそちらをご覧下さい。

今年はニッコウキスゲの花付きが良いとのことで、このような年は長いこと花を楽しむことができるそうです。
私が訪れたときは、そろそろ花期が終わりに近づいてはいました。
ところがご覧のように、特に遠くの方は黄色い絨毯を敷き詰めたかのような色合いで、大江湿原に到着したときは
「凄い!」「綺麗!」という言葉が周りから聞こえてきました。

撮影地:尾瀬・大江湿原
撮影機材:キャノンEOS10D TAMRONAF28-200㎜ (共通)
撮影データ:ISO200 f/9.0AE(SS1/200秒) -0.7EV (28㎜) 

あと7枚掲載しています。続きも読んで下さいね。
IMG_050726_02.jpg

ニッコウキスゲはユリ科ワスレグサ属(ヘメロカリス属)の植物で、漢字では日光黄菅と書きます。
栃木県日光の戦場ケ原に多く自生していることから命名され、尾瀬ケ原や信州霧ケ峰などでも多く見ることが
できます。
よく似た花に夕菅(ゆうすげ)がありますが、低い山の草原で夕方から夜にかけて咲くことがニッコウキスゲとは
大きく違うところです。

ニッコウキスゲは茎の先に3~7個の蕾がつき、一つずつ順番に咲きます。
一つの花は一日しかもたないと言われますが、一日以上咲き続ける花もあるようです。

撮影地:尾瀬・浅湖湿原
撮影データ:ISO200 f/7.1AE(SS1/200秒) -0.7EV (76㎜)

 

IMG_050726_03.jpg

さて、大江湿原に到着した時に話を戻すことにします。
背後から朝陽は射し込んではいましたが、進行方向は厚い雲に覆われていました。
天気予報では、午前九時以降は青空が広がると言ってはいましたが・・・
なんだか暗澹たる思いで湿原の木道を進んでいきました。

撮影地:尾瀬・大江湿原
撮影データ:ISO100 f/8.0AE(SS1/160秒) -1.0EV (28㎜) 



IMG_050726_04.jpg

右を向けば青空が広がっています。
気を取り直して、というか青空が消えないうちに一枚パチリです。
このように右方向から太陽光が当たるようなサイド光の場合、立体感が出やすいことで知られています。
逆光、斜光と並んで、私が好きな光線の一つです。

撮影地:尾瀬・大江湿原
撮影データ:ISO100 f/8.0AE(SS1/200秒) -1.0EV (42㎜)



IMG_050726_05.jpg

尾瀬沼が前方に見えてきました。
生憎、太陽が徐々に雲に遮られつつあります。
遠くの木々には光が届いていますが、手前は光が失われてきました。
三本のカラマツが印象的でしたので、ここは押さえておきたいカットです。
このカットを撮り終えてからは、尾瀬沼を時計方向にぐるっと一周しました。

撮影地:尾瀬・尾瀬沼周辺
撮影データ:ISO100 f/5.0AE(SS1/100秒) -0.7EV (85㎜)



IMG_050726_06.jpg

尾瀬沼を半周した沼尻で朝の九時を迎えました。
それまで厚い雲に覆われていた尾瀬沼にも、太陽が顔を出すようになりました。
最近の天気予報はよく当たるものだと感心したものです。
これは、沼尻からさらに一時間ほど歩いた地点にある浅湖湿原で撮影したものです。
尾瀬沼が画面中央に見えますが、ここはニッコウキスゲよりもワタスゲの方が数多くあり、風に吹かれて揺れて
いました。

撮影地:尾瀬・浅湖湿原
撮影データ:ISO200 f/10.0AE(SS1/100秒) -0.7EV (57㎜)



IMG_050726_07.jpg

再び大江湿原に戻ってきました。
天気も回復して、辺りも明るくなって燧ケ岳(標高2356m)も正面に綺麗に見えるようになりました。
願わくは青空がもっと広がってくれれば言うことなしですが、絶望的な?厚い雲に覆われた状態からここまで
回復したのですから贅沢は言ってはいけませんね。

撮影地:尾瀬・大江湿原
撮影データ:ISO200 f/7.1AE(SS1/125秒) -0.3EV (34㎜)



IMG_050726_08.jpg

さあ、そろそろ尾瀬を後にする時間となってしまいました。
「せっかく青空が広がってきたんだから、もう少しいれば?」と思われたことでしょう。
団体客もかなり増えてきたし、桧枝岐でいろいろと見ておきたいものがありましたので下山することにしました。
確かに、後ろ髪を引かれる思いはありました。

撮影地:尾瀬・大江湿原
撮影データ:ISO200 f/8.0AE(SS1/160秒) -0.3EV (28㎜)

これからは暫く、尾瀬で撮影した写真を公開するつもりです。
ここは写真ギャラリーにしていますので、もう一つの私のブログである「写真ざんまい!デジタルざんまい!」には
リンクして記事を書くようにしていくつもりです。
併せてご覧いただければ幸いです。

尾瀬保護財団
スポンサーサイト
この記事のURL | 花の写真 | CM(35) | TB(2) | ▲ top
<<尾瀬の自然(2) | メイン | ヤマユリ>>
コメント
-すばらしい-
の一言に尽きますね。
レンズの効果を知り尽くしているZEISSさんだからこその写真だと思います。
参考にさせて頂きます。
2005/07/26 16:37  | URL | N2 #-[ 編集] |  ▲ top

-この自然・・・-
大切にしたいですね(^^)
尾瀬はじっくり見るためにはそれなりに時間をかけないといけないですよね。私もじっくりは見たことがないんですよ(^^;
いいなぁ 尾瀬!
2005/07/26 16:56  | URL | しーたけ #-[ 編集] |  ▲ top

-管理人のみ閲覧できます-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2005/07/26 17:06  | | #[ 編集] |  ▲ top

--
綺麗ですね!尾瀬には私も一度は行きたいと思っています。かなり歩くと聞いておりますので、筋肉痛もかなりのものかと、想像できます。お大事にです。
それにしても、いいですね、尾瀬・・・。
2005/07/26 17:15  | URL | 裕之介 #iqhSIKS2[ 編集] |  ▲ top

-遙かな尾瀬-
尾瀬、良いですね♪
日本にもこんなに素晴らしいところがあったのかと思います。もちろん私は訪れたことがありませんが、写真を撮るようになったら、一度は行ってみたいところです。

他の写真も是非見せて下さいね(^_^)/
2005/07/26 17:39  | URL | オクトパス7号 #E6kBkVdo[ 編集] |  ▲ top

-N2さん-
ありがとうございます。

本音をいえば、私も三脚を立てて、パンフォーカスで撮りたかったです。
二枚目と六枚目以外はそうしたかったです。

でも、一枚目とラストはそう見えるでしょう?
苦肉の策です。
2005/07/26 19:32  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-しーたけさん-
可能であれば尾瀬の山小屋に泊まって、翌朝、日の出前から撮影ができればベストですね。

いろいろと見たいところがあるので、尾瀬で二泊はしたいところです。
一泊二日ですと、行動範囲にどうしても制約ができてしまいます。

しーたけさんも、是非尾瀬へ・・・
秋は草紅葉もあるそうですから。
2005/07/26 19:34  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-裕之介さん-
お陰さまで筋肉痛はほぼ峠を越えました。
うん、まだまだ私も若い(笑)

裕之介さんは、ぷにいちゃんが生まれて暫くは遠出は難しそうですね。
ぷにいちゃんが大きくなって、ハイキングが出来るようになったら、是非行ってみて下さい。
感激しますよ。
2005/07/26 19:37  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-オクトパス7号さん-
尾瀬は本当にいいところです。
今回初めて行って、そう思いました。
まだ、ほんの入り口だけを覗いた程度ですが、間違いはありません。

可能であれば、平日が狙い目です。
やはり、土日の人では凄いです。
2005/07/26 19:39  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-ニッコウキスゲ-
やはりニッコウキスゲでしたね。(笑)どこを見渡しても花(ニッコウキスゲ)ばかり、こんな花に包まれてみたいですね。(笑)
2005/07/26 21:08  | URL | cowzoh #-[ 編集] |  ▲ top

--
ニッコウキスゲがどれぐらい持つか、こちらに書いてありましたね。
尾瀬かぁ、あまりに遠すぎて行けないですね。
どこからどこまでを尾瀬って言うのか良くわかりませんが広いんですね。
何で筋肉痛なのかと思いましたが沢山歩いたからですか。
私は筋肉痛になるほど沢山写真撮ったのかと思ってました。
どうも東海の尾瀬(葦毛(いもう)湿原)のイメージでそんなに歩くとは思ってませんでした。
2005/07/26 21:17  | URL | EAGLE #-[ 編集] |  ▲ top

-cowzohさん-
圧倒されるくらい凄い群落でした。
手軽に見ようとすれば、信州霧ケ峰あたりでしょうか。
ここなら車で通りすがりに見ることができます。
車山高原にもあったかな?
2005/07/26 21:50  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-EAGLEさん-
初日の歩行距離は15km弱ですが、もちろん平坦な道ばかりではありません。
二日目は大した距離ではありませんが、尾瀬へ入山する前に「竜の門の滝」へ行きましたので、これが結構堪えました。
往復一時間ほどですが、かなりの急登攀でした。
これに比べれば、初日の道のほうが遥かに楽です。
ですから、筋肉痛・・・明らかに運動不足ですね。
鍛えなきゃ。
2005/07/26 21:57  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-お疲れ様です-
尾瀬から、お帰りなさい。
素敵な写真ばかりでずっと見とれていました。
行程を、地図を見ながら確認してみましたが
どこも、同じ道は通らなかったようです。
鳩待峠から入っても、かなりのニッコウキスゲの花を見ることができましたので
尾瀬全体では計り知れないものがありますね。
さっそくTBしていただきありがとうございます。



2005/07/26 22:49  | URL | AandM #UbCtKfmc[ 編集] |  ▲ top

-夏の尾瀬-
色の対比が、綺麗ですね。
かくいう私は尾瀬といえば銀世界しか知りません。
それもはるか昔です。
2005/07/26 23:27  | URL | yellow skyline #-[ 編集] |  ▲ top

-AandMさん-
ただいまデス。

初めて行った尾瀬は驚きと感激の連続でした。
鳩待峠ですと、結構アプローチがきつそうですね。
尾瀬沼まではかなり歩かないとならない距離になってしまいます。

その点、沼山峠の方が楽ですし。ニッコウキスゲだけ見て短時間で撤収することも可能です。
それにしても尾瀬は奥が深いです。
次回は草紅葉の時期に行けるといいなと思っています。

最後になりましたが、TBありがとうございました。
2005/07/26 23:36  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-yellow skylineさん-
ありがとうございます。

結構終わってしまった花が多かったので、引きが多くなってしまいました。
綺麗な株だけクローズアップですね。

白銀も何も、私は尾瀬は今回がはじめてでした。
おかげで久しぶりに桧枝岐に泊まることもできましたし、いろいろな景色も堪能できました。
2005/07/26 23:39  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-お疲れさまでした-
すごいお花畑ですね!。お花好きの山仲間が行きたいと
言うのもわかりますね。九州にはニッコウキスゲはありませんので
ユウスゲでも見に行きたいですね。阿蘇に咲いているようです。
一度は行ってみたい尾瀬ですね。どの季節がいいかな?(^^ゞ
2005/07/26 23:44  | URL | ふみ #-[ 編集] |  ▲ top

-ふみさん-
峠を越えて山道を下っていくと、湿原の一部が木立から見え隠れするんですよ。
そこが黄色く染まっていて、心の中で「スゲー!」と思ったものです。

実際に湿原に着くと、声を出して「スゲー!」と言ってしまいましたが、後は声にはなりませんでした。
誰もが賞賛することがこれでわかりました。

私は今度は、草紅葉の頃に行きたいですね。
2005/07/26 23:53  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-絶景~-
>>「夏が来~れば思い出す~、遥かな尾瀬、遠い空~・・・♪」
この歌懐かしいですね~
そっか!!尾瀬ってどこかで聞いたことがあると思ったらこの歌でした♪
歌のままの景色が広がってますね☆

ニッコウキスゲ。これもユリ科なんですね♪
キレイな黄色一色で、一面に咲いていて・・
これこそ花のカーペット!!
実際に見るともっと迫力があるんでしょうね。
写真でも十分に伝わって来ますが(*^^)

2005/07/27 00:21  | URL | ena #-[ 編集] |  ▲ top

-尾瀬をありがとう-
ニッコウキスゲの群落すご~いの一語です。
私は一度しか行ったことがないですが、今では
遥かな尾瀬、遠い空~・・・♪が本当に体力的にも遥かな尾瀬になってしまいました。ですから
ZEISSさんの写真に、思い出を重ねて拝見しています。ありがとうございます。
ところで台風は海上を北上してくれましたけど、被害はありませんでしたか?
2005/07/27 08:30  | URL | Aily #-[ 編集] |  ▲ top

--
尾瀬ですか!素晴らしい~^O^
外は考えたくない猛暑いや酷暑ですが
ZEISSさんのお写真ですがすがしい気持ちになれます。
今日は朝から台風一過の空撮ってみました。
もっと輝きがあったほうが真夏の暑さが伝わるのか?
PLフィルター効果の良し悪しが少しわかってきました^^;;;
2005/07/27 12:07  | URL | みい #YrksS0KU[ 編集] |  ▲ top

--
いやー、凄い咲いてますね。
私が尾瀬に行った時は、ただの草原だったのに。
私が行ったのはちょうど一ヶ月前でしたから水芭蕉とニッコウキスゲの間に行ってしまったのですね。残念。

それにしても綺麗ですね。
また尾瀬に行きたくなってしまいました。
これから公開されるであろう尾瀬の写真が楽しみです♪
2005/07/27 13:25  | URL | あんる #-[ 編集] |  ▲ top

-enaさん-
こんにちは!

本当に黄色いカーペットを敷き詰めたようでした。
口から漏れる言葉は「スゲー!」・・・こればっかりです(笑)

尾瀬は初めてでしたが、天気にもまあまあ恵まれて、これだけの眺めを満喫できたんですから幸せですよね。
行ってみなければ分からないことだらけです。
どうやらこれで、尾瀬の魅力というか魔力にとりつかれたようです。
2005/07/27 18:21  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-Ailyさん-
どういたしまして。

私はこんなに尾瀬が素晴らしいものだとは知りませんでした。
今まで信州ばかり行っていましたが、何だか尾瀬の魅力にすっかり参ってしまっった感じです。
上高地や乗鞍、白馬よりも近いし・・・

台風は大丈夫でしたよ。
千葉県の房総半島に上陸したようですが、夜中のこととて、熟睡中の出来事でしたから。
2005/07/27 18:27  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-みいさん-
こんにちは!

台風一過でさぞ暑くなるかと思ったら、意外と湿気が少なくて大丈夫でした。
これで湿気があったら、エアコン全開でしたね。
今日はつけないで眠れそう♪

はい、尾瀬はステキなところでした。
何時間、いや何日あっても時間が足りない感じです。
ですから翌日、また行っちゃったんですよね。
本当は別のところに行く予定だったんですけれど・・・キャンセル・キャンセル。
って、予約とか関係ないですけれど(笑)

おお、PLフィルターの効果が分かりましたか。
もう手放せないですね?
2005/07/27 18:33  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-あんるさん-
ああ、そうか・・・ちょうど狭間に行ったんでしたっけ。
そういえば、あんるさんが尾瀬へ行ったことが心のどこかに引っかかっていたんでしょうね。
そして引き金が引かれて行っちゃった、という感じです。

ニッコウキスゲは見事でした。
こんな凄い群落は初めて見ましたから興奮しましたね。
暫くは冷静にはなれませんでしたよ。
2005/07/27 18:35  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-行ってきました。-
このキスゲの写真見たら、ハンドル握っていました。(笑い)
今日は良く歩いた・登った!滑った!普段一万歩は歩くのですが、今日は標高の高い所を歩いて更に酸欠。。

すれ違う人の視線が熱かった。
後日UP予定。
2005/07/27 20:59  | URL | ふん転菓子 #F1fVxx/w[ 編集] |  ▲ top

-ふん転菓子さん-
えっ、行っちゃったんですか?
しかも日帰り・・・タフだなあ。
私は夕方から桧枝岐の宿で飯まで爆睡でしたが。
驚きました、ハイ。
ところで、沼山峠から入ったのですか?
2005/07/27 21:08  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-場所-
キスゲは見ました。
場所は全然違います。
後日UP予定。
2005/07/27 23:12  | URL | ふん転菓子 #F1fVxx/w[ 編集] |  ▲ top

-ふん転菓子さん-
じゃあ、鳩待峠ですね。
それじゃあ、きつかったでしょう。
特に戻りが・・・
2005/07/27 23:17  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-オレンジのじゅうたんみたい-
初めて行って満開のニッコウキスゲに会えてよかったですね!
最初の写真は見ていてとても気持ちいいです。
こういう写真が癒しの写真だわ~
このまえ、ユウスゲを見てグリーンにレモンイエローはお似合いだなーと思いましたが、ニッコウキスゲのオレンジもしっくりきますね。ほんとにステキな絵です。
2005/07/28 16:01  | URL | riri #.Yy.42bw[ 編集] |  ▲ top

-ririさん-
はい、ラッキーでしたよ。
ちょっと遅いかと現地に着くまでヤキモキしたくらいですから。
トップの写真はやはり自分としても好きですよ。
あれ以上ワイドだと、ちょっと主役が霞んじゃうかもしれません。
あれくらいの画角がギリギリの線でしょうね。
2005/07/28 20:05  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

--
私も林間学校で尾瀬ヶ原のトレッキングをしてきました。
私が行ったときはそんなに満開のニッコウキスゲを見ることができなかったので、見ることができてよかったです!癒されました!
2007/08/19 21:25  | URL | かなえ #-[ 編集] |  ▲ top

-かなえさんへ-
こんばんは。
ご訪問ありがとうございます。

こちらはもう更新していませんので、あまりチェックしていないんですよ。
一応、RSSリーダーでコメントが入っているかはチェックしています。
それだけに嬉しいものがあります。

実は、私が尾瀬を訪れたのは、この時が初めてだったんですよ。
24時頃家を出発して、現地に到着したのが明け方の4時でした。
この年はニッコウキスゲの当たり年だったようで、本当にラッキーでした。

FC2が一時重くてどうしようもなかったので、今はgooでブログを続けています。
よろしかったらご覧くださいね♪
http://blog.goo.ne.jp/zeiss1221/
2007/08/19 22:18  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://zeiss85.blog4.fc2.com/tb.php/140-5df4d8f8
-ニッコウキスゲ-
この三連休を利用して、尾瀬に出かけた。カーナビで目的地設定をしたところ、目的地 …
2005/07/26 22:50  AandM ▲ top

-霧ケ峰高原-
撮影場所:長野県諏訪市霧ケ峰高原周辺 撮影日:2005/07/26長野県浅科→車山高原(通過)→霧ケ峰高原・八島湿原(撮影)→車山高原(撮影)と言う複雑な経路で散策してきました。→は全て車で移動。今回リンク先のDigital Photo Gallery by ZEISSさんのブログを見て、最近 …
2005/07/28 21:55  ふん転菓子の「き」 ▲ top

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。