スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
小樽にて-夜-
- 2005/07/01(Fri) -
「裕次郎ホーム」

20050630215138.jpg

JR函館本線・小樽駅四番線ホームは「裕次郎ホーム」と名づけられています。。
少し前に、私のもう一つのブログ「写真ざんまい!デジタルざんまい!」でご紹介したことがありますので、ご覧になった方もいらっしゃることと思います。
幼少時代を小樽で過ごした石原裕次郎さんの17回忌を迎えるにあたり、このような粋な計らいが決まったとのことです。
石原裕次郎さんは、後世に語り継がれる数少ない俳優さんの一人だと私は思います。


撮影地:北海道小樽市(共通)
撮影機材:キャノンEOS10D EF50㎜ f/1.4 (共通)
撮影データ:ISO400 プログラムAE(f/1.8 SS1/80秒)0.0EV

あと5枚掲載しています。続きも読んで下さいね。
「倉庫街にて」

20050630215150.jpg

倉庫街を散策していたら、このようなものを見つけました。
小樽地ビールを飲ませるレストランの前です。
十分に妖しいと思わせる被写体ですね。
これを前にしたら、多くの言葉は必要がないと思います。


撮影データ:ISO400 プログラムAE(f/1.4 SS1/15秒)-0.7EV



「ランプ」

20050630215158.jpg

小樽駅「裕次郎ホーム」からコンコースをも見下ろせる場所があります。
そこにはランプが数多く設置されていて、一種独特の雰囲気があります。
肉眼ではコンコースは明るく見えますが、写真にするとランプだけが写っているかのように見えるから面白いですね。


撮影データ:ISO400 プログラムAE(f/2.5 SS1/125秒)0.0EV



「旧国鉄手宮線跡」

20050630215207.jpg

旧手宮線は明治13年に札幌~手宮間が開通した北海道初の鉄道です。
日本では三番目の開通ですが、その後三笠まで延長されました。
廃線となれば、本来は撤去される運命にあったと思います。
ところが、このように開拓時代の面影が残ることは、後世に語り継がれることですから大いに歓迎したいところですね。


撮影データ:ISO400 プログラムAE(f/1.4 SS1/13秒)-2.0EV



「日本銀行旧小樽支店」

20050630215230.jpg

小樽には歴史を感じさせる建物がいたるところにあります。
この日本銀行旧小樽支店もその一つです。
現在では金融資料館になっていて、日本銀行の素顔をご紹介している広報施設です。
帰宅途中のOLが足早に通り過ぎて行きました。


撮影データ:ISO400 プログラムAE(f/1.8 SS1/80秒)0.0EV



「郵便ポストと旧北海道銀行本店」

20050630215245.jpg

小樽の街には、このような旧式のポストがよく似合います。
まして、背景に「旧北海道銀行本店」のような歴史的建造物があれば余計にマッチしますね。
時間が許せば、もっともっと滞在していたい気分でした。
小樽とはそのような場所です。


撮影データ:ISO400 プログラムAE(f/1.4 SS1/50秒)-1.0EV

北海道小樽市HP
スポンサーサイト
この記事のURL | 都市風景 | CM(16) | TB(0) | ▲ top
<<トラックバックについて | メイン | 北陸で見たもの>>
コメント
-どれを見ても-
どれを見ても趣がありますね(^^)
私、なぜか特別鉄道には強い興味はないのですが線路や線路跡、あと駅にはすごくひかれるものがあるんですよね。なんでだろう?
自分でも不思議です。
2005/07/01 07:35  | URL | しーたけ #-[ 編集] |  ▲ top

-行ってみたい-
小樽って趣きがあっていい雰囲気ですね。
街全体でこういう雰囲気を保ってあるんでしょうね。
一度は行ってみたいですね。(^^)v
福岡県北九州市の門司港レトロに似た感じがあるかもしれません。でも門司港は完全に観光地化していますが。
2005/07/01 08:20  | URL | ふみ #-[ 編集] |  ▲ top

--
ZEISSさんはポイントを全部抑えていますね。特に近辺に住んでいると特別に思わず見過ごすところをしっかり捕らえています。
特に小樽駅なんかはもう何年も行っていません。北海道はほとんど車で移動しますから。
以前は札幌~小樽間の国道5号線は1車線でしたから渋滞も多かったのですが、2車線化されて、すごくスムースになりました。高速を通れば30分です。
そういえば札幌~小樽の途中に張碓というところがあります。ここはシャコの日本一の水揚げを誇るところです。本州ものよりも大きいですよ。好き嫌いがありますが。北海道では生でも食べます。
2005/07/01 08:54  | URL | N2 #-[ 編集] |  ▲ top

--
「旧国鉄手宮線跡」、何か惹かれる物がありますね。
線路ってなんか不思議ですよね。
自分の進むこれからの人生を表しているようで、嫌だなと思うこともありますけど。

そうそう、exciteに見切りをつけてFC2に移転する事にしました。
http://anru.blog8.fc2.com/
宜しくお願いします。
2005/07/01 17:37  | URL | あんる #-[ 編集] |  ▲ top

-しーたけさん-
それは、人が関わるからではないでしょうか?
線路には人生を、そして駅には人の生活を感じることがありますよね?
なんて勝手に分析してしまいましたが・・・
2005/07/01 20:32  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-門司港も・・・-
同じようなレトロな雰囲気があると思います。

>門司港は完全に観光地化していますが。
いやあ、小樽も完全に観光地です。
でも、一歩外れると静かなところもあるんですよ。
何度行っても飽きがこないから不思議です。
それだけ思い入れがあります。
2005/07/01 20:35  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-N2さん-
今度はいつ行けるかわからないので、ガツガツ撮っているだけですよ(笑)
とにかくデジカメですから、ガンガンいけるのが強みです。
まあ、多少は構成なども考えてはいますが・・・

シャコはちょっと苦手かも・・・
先日、登別のすし屋でも食べる機会はあったんですが、箸を伸ばすことはできませんでした。
単なる食わず嫌いかも。
2005/07/01 20:39  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-あんるさん-
廃線跡には何だか心惹かれるものがあります。
以前ご紹介した西沢渓谷のトロッコ道もそうですね。

そうそうFC2へようこそ。
ここなら1GB行けまっせ~!
時々不安定にはあんるけれど、まあまあ居心地はいいですね。
Linkは変更しておきます。
2005/07/01 20:41  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-温かみがありますね-
こんばんは~
どの写真も色合いにとても温かみがあって好きです。2枚目の仮面のお店の場所、時間が無くて中には入らなかったけどたぶんあそこかな~
ランプの写真は特に好きです。
私もこういう写真を撮ってみたいな~
2005/07/01 23:29  | URL | riri #.Yy.42bw[ 編集] |  ▲ top

-手宮線跡-
小樽のヨタノを存分伊楽しんできたのですね。
北陸の方は写真を撮る暇が出ませんでしたか?

さて、私的にも手宮線のあとが気になります。でも、まだ線路が残されているのですね。少し驚きました。この路線のもう一つの終点になる三笠にも、鉄道公園があって、そちらでは蒸気機関車の動態展示がされているので、そこも行ってみたいと思っています。

それから、石造りの建物とダルマポストのヨタノはよかったですね。暗がりにポツンと立つポスト。結構ホラーぽいかも…。背景に明るいところがあるだけに…
2005/07/01 23:45  | URL | きつねのるーと #4vlN.j5I[ 編集] |  ▲ top

-ririさん、こんばんは!-
仮面のお店は検討がつくでしょう?
私のブログは続きを読む形式だから、クリックするとこれがいきなり現れるんですね。
だから二枚目の写真はいつもインパクト狙いなんです(笑)

ランプの写真は、裕次郎ホームを撮影したあとに、くるりと振り向いて気がついたものだったんですよ。
今まで、気がつかなかったなあ・・・

門司港の駅あたりにはこういったものはないんでしょうか?
2005/07/01 23:55  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-きつねのるーとさん-
ハイ、十分に楽しんできましたよ。
やはり楽しんで写真を撮るというのは大事なことで、気負ってしまうといい写真は撮れませんよね。

ああ、終点だった三笠ですね。
今度行く機会があれば、是非とも寄りたい場所です。
SLの動態保存ならば言うことはないです。

えっ、ホラー?
そうとは気がつきませんでした。
私、ビビリだからホラーはダメなんですよ(笑)
2005/07/02 00:04  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

--
 それぞれの写真に惹かれるところがあり、いいなあと思いました。特に、鉄道廃墟や廃線跡は、訪れたいところのひとつです。
 仮面もいいですね。私は大道芸を見るのが好きなので、静岡や野毛の大会へ足を運び、クラウンをよく眺めます。もともとは、癒し系キャラクターなんですよね。

 exciteですが、私も、移植したほうがいいのかなあ・・・
2005/07/02 08:34  | URL | 裕之介 #iqhSIKS2[ 編集] |  ▲ top

-オペラ座の怪人??-
すごい仮面ですね~。「オペラ座の怪人」思い出しました。
ランプやポストなどのデティールがいいですね。
演劇を観ると、こういった、「小道具」系がとても効いているのが分かります。
写真も、雰囲気をとらえるのに小さなものに目を向けるのは大切ですね、きっと。
2005/07/02 11:32  | URL | のの #-[ 編集] |  ▲ top

-裕之介さん-
ありがとうございます。
私はもともとは鉄道ファンでしたから、廃線跡は必然的に気になってしまうんですよ。

大道芸、お好きなんですか?
日光江戸村でもやっていますよ。
近くに行く機会がありましたら、覗いてやって下さい。

exciteブログは画像容量が30MBでしたっけ?
写真ブログにはちょっと厳しいですね。
いっそのことFC2へ来ませんか?
無料で1GBですよ~。
2005/07/02 11:40  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top

-ののさん-
こんにちは!

誰が「オペラ座の怪人」と言ってくるかな?と思っていたら、ののさんが初でした。
小物をいかすのは撮影でも演劇でも重要なことですね。

また、私のように組み写真(複数の写真で構成)にしていると、どこかでこのようなインパクトのある写真を持ってきて、単調にならないようにしています。
一枚だけで表現するのとは違うものがあるんですよ。
2005/07/02 11:48  | URL | ZEISS #G5I2Jj2c[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://zeiss85.blog4.fc2.com/tb.php/114-37b37d74
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。