スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
風雨の上高地
- 2007/04/30(Mon) -
『瞬光・穂高連峰』
(1)


上高地は大荒れの天候でした。
風雨が強くて写真を撮るどころか、歩くことさえ儘ならないほど酷いものでした。
それでも、気紛れな神様は時として素晴らしいプレゼントをもたらしてくれます。

これがちょうどそのような時で、一瞬、雲が切れて穂高連峰に光が射しました。
寒風と雨に耐えながら長時間待った甲斐がありました。
またとない瞬間に立ち会えた幸運に感謝です・・・

撮影地:長野県上高地「河童橋付近」(共通)
撮影機材:RICOH Caplio R4(共通)
撮影データ:ISO100 プログラムAE(SS1/570秒 f/6.9) -0.3EV 48㎜相当
撮影年月日:2007年4月28日(土)


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 山岳 | CM(18) | ▲ top
ジュウニヒトエ(十二単)
- 2007/04/27(Fri) -
『君とは初めてだね♪』
(1)


今までこの花の存在には全く気づきませんでした。
どこかで見てはいたのでしょうけれど、地味な花ですから・・・
でも、今年の春は違いました。
ある人から「ジュウニヒトエが咲いている」と教わってから見る目が違ってきました。

撮影地:山野草盗掘オジジ&オババから守るために秘密とさせていただきます。
撮影機材:キャノンEOS30D TAMRON SPAF90mm F/2.8MACRO1:1
撮影データ:ISO100 f/4.0AE(SS1/320秒) -0.3EV 90㎜(144㎜相当)


あと6枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(18) | ▲ top
皇居にて
- 2007/04/26(Thu) -
『八重桜と平川門』
(1)


先週土曜日(4/21)は出勤日でしたが、半ドン(今時珍しい・・・)でしたので皇居へ足を向けてみました。
会社から少し歩けば地下鉄東西線の神楽坂駅があります。
そこから二駅乗って竹橋駅で下車してすぐのところが平川門です

これは皇居の外周道路の歩道に咲いていた八重桜ですが、ちょうど見頃を迎えていました。
皇居を訪れるのは本当に久しぶりでしたが、いろいろな花が咲いていて楽しめましたよ。

撮影地:東京都千代田区「皇居東御苑」(共通)
撮影機材:RICOH Caplio R4
撮影データ:ISO64 プログラムAE(SS1/90秒 f/4.5) +0.3EV 135㎜相当


あと6枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(26) | ▲ top
廣徳禅寺
- 2007/04/25(Wed) -
『知られざるお寺にて』
(1)


山梨県笛吹市にある「廣徳禅寺」と聞いてピンと来た方は殆どいないと思います。
勿論、私も知りませんでしたし、訪れて初めて名前を知ったくらいです。
桃源郷で桃の花を撮影していた私がなぜ足を向ける気になったのでしょうか?
それは次のカットで明らかにすることにしましょう。

撮影地:山梨県笛吹市「廣徳禅寺」(共通)
撮影機材:キャノンEOS30D EF28~70㎜ f/2.8L USM(2枚目を除き、共通)
撮影データ:ISO100 f/4.5AE(SS1/160秒) 0.0EV 45㎜(72㎜相当・PLフィルター使用)
撮影日:2007年4月12日


あと5枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(18) | ▲ top
一宮桃源郷にて
- 2007/04/24(Tue) -
菜の花の競演』
(1)


一宮桃源郷は行政区分では笛吹市ですが、私には一宮と呼んだ方がピンときます。
昨日の慈雲寺も甲州市ですが、塩山の方がしっくりとしますね。
ついでに書けば、かの清里も北杜市(ほくとし)で、これまた???です。
広域合併で地名が変わってしまい、それに大きな違和感を感じている私です。

それはともかく、一宮桃源郷は満開の桃の花で埋め尽くされているような感じでした。
桃の木の根元には菜の花が咲いていて、本当に「春爛漫」でした。
10年以上も前に見た景色はここにはありませんでしたが、それでもかなり満足が出来ました。

撮影地:山梨県笛吹市「一宮桃源郷」(共通)
撮影機材:キャノンEOS30D EF28~70㎜ f/2.8L USM(共通)
撮影データ:ISO100 f/11.0AE(SS1/50秒) 0.0EV 70㎜(112㎜相当・PLフィルター使用)
撮影日:2007年4月12日


あと6枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(24) | ▲ top
塩山・慈雲寺の枝垂桜ほか
- 2007/04/23(Mon) -
『宴が終わって・・・』
(1)


最盛期には足の踏み込み場もないほど賑わう慈雲寺の境内はひっそりと静まり返っていました。
有名な大糸桜の花は落ち尽くし、葉桜に変化する前で枝振りがよく観察できました。
朝早かったこともありますが、シーズンを終えて普段の落ち着いた佇まいとなったお寺を訪れるのはいいものです。

木道が設置されていて、「木道以外を歩かないで下さい」とか「三脚を使わないで下さい」といった立て札が目立ちました。
「あぁ、ここにもマナーがなっていない輩がたくさんやって来るのだろうな」と、情けない気持ちになりました。
「自分さえ良ければ・・・」と低次元の発想しか出来ない人間がいかに増えたかという証左でしょうね。

撮影地:山梨県甲州市「慈雲寺」(共通)
撮影機材:キャノンEOS30D EF28~70㎜ f/2.8L USM(共通)
撮影データ:ISO100 f/5.0AE(SS1/100秒) 0.0EV 28㎜(45㎜相当・PLフィルター使用)
撮影日:2007年4月12日


あと6枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(16) | ▲ top
サクラソウ(2)
- 2007/04/22(Sun) -
『サクラソウと樹木と、そして・・・』
(1)


今日、4月22日(日)は年に一度の「サクラソウまつり」が行われます。
当初は心配された天気も、晴れ後曇りということで一安心ですね。
イベント会場はかなりの混雑が予想されますし、周辺の道路も終日大渋滞となることでしょう。

私は平日のうちに2回通いましたので、まずまずの撮影結果になったかな?と思っています。
例年、「サクラソウまつり」が開催される頃は雑草が延び放題となり、肝心のサクラソウが見えにくくなります。
オススメは4月10日前後でしょうか。

撮影地:埼玉県さいたま市「田島ヶ原サクラソウ自生地」(共通)
撮影機材:キャノンEOS30D EF70~200㎜ f/2.8L USM
撮影データ:ISO100 f/5.6AE(SS1/250秒) 0.0EV 78㎜(125㎜相当・PLフィルター使用)


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(21) | ▲ top
和光樹林公園の桜(2)
- 2007/04/21(Sat) -
『爽やかな空の下で』
(1)


ソメイヨシノの数が少ない和光樹林公園は、3月の彼岸桜に始まって4月の山桜や八重桜が咲くまで桜を楽しむことができます。
両側は山桜で、奥にある葉桜になっているものは彼岸桜とオオシマザクラです。
なぜ、こんな中途半端なフレーミングになっているかといえば、それぞれの桜の脇にはソーラー受光の鉄塔があるんですよ。
もう少し配置を何とかできなかったものかと恨んでしまいますね。

まぁ、それはともかくとして、久々に爽快な青空が広がった日に撮影が出来ました。
やはり桜は青空の下で撮影したいものですね。
以前、雨の新宿御苑で桜を撮りましたが、あれは特別な狙いがあってやったことです。
やはりお天道様はありがたいものだと実感した一日でした。

撮影地:埼玉県和光市「和光樹林公園」(共通)
撮影機材:キャノンEOS30D EF-S10~22㎜ f/3.5~4.5 USM
撮影データ:ISO160 f/11.0AE(SS1/50秒) +0.3EV 14㎜(22㎜相当・PLフィルター使用)


あと5枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(12) | ▲ top
山里の夜明け
- 2007/04/20(Fri) -
『朝もやに包まれて』

山里の夜明けは遅い。
太陽が山に遮られて光が届くのに時間がかかるからである。
この日は朝もやが立ち込めていて、余計に遅く感じられた。
さあ、今日も一日良い天気に恵まれそうだ。

(1)



(2)
IMG_070420_02.jpg


(3)
IMG_070420_03.jpg

撮影地:山梨県上野原市
撮影機材:RICOH Caplio R4
撮影データ:今回は省略させて下さいね(一応、フルオートで撮影しています)
この記事のURL | 風景写真 | CM(14) | ▲ top
鬱金櫻(ウコンザクラ)
- 2007/04/19(Thu) -
『薄黄緑色に輝く花』

(1)


鬱金櫻(ウコンザクラ)が、わが「和光樹林公園」にあるとは知りませんでした。
しかも正面入り口の傍とは・・・嗚呼、灯台下暗し(笑)
と言うことは、4月中旬にはここにあまり訪れたことがない訳です。
昨年までは「光が丘公園」に熱中していましたから無理からぬことです。

数日前に「フィナーレ」というサブタイトルをつけた記事を最後に桜を手仕舞いしようかと思っていました。
次はGW前の八重桜かな?と考えていましたから・・・
ところが、ウコンザクラが咲いているとあらば話は別で、さらに、他にもいろいろな桜が咲いていました。
と言うことで、「桜」復活です♪

撮影地:埼玉県和光市「和光樹林公園」(共通)
撮影機材:キャノンEOS30D EF70~200㎜ f/2.8L USM (共通)
撮影データ:ISO100 f/2.8AE(SS1/800秒) 0.0EV 200㎜(320㎜相当)


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(20) | ▲ top
桃源郷で鉄道写真を♪
- 2007/04/18(Wed) -
『桃畑の中を快走!』

(1)


満開の桃畑の中を快走する「特急あずさ号」です。
私はこの車両はてっきり「特急かいじ号」のものだとばかり思っていました。
鉄道ファンでありながらも、現役(?)から退いて長年経ていますから、情報がかなり古くなっていますね。
まぁ、いわば「浦島太郎」といったところでしょうか・・・

撮影地:山梨県・JR中央本線・新府駅~穴山駅間(共通)
撮影機材:キャノンEOS30D EF28~70㎜ f/2.8L USM(共通)
撮影データ:ISO250 f/8.0AE(SS1/320秒) +0.3EV 44㎜(70㎜相当・PLフィルター使用)


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 鉄道 | CM(18) | ▲ top
ベニバナトキワマンサク
- 2007/04/17(Tue) -
『今年も会えたね♪』

(1)


光が丘公園のバードサックチュアリ傍に立っているベニバナトキワマンサクです。
ここ光が丘公園では、昨年秋から冬にかけて大規模な枝打ち作業が行われました。
この木は若木なのに、何とその対象から外されなかったんですよ。

いつも咲く時期に訪れてみると、花が咲く気配が一向に感じられませんでした。
その後も訪れるたびに様子を見に行きましたが、たた呆然と立ち尽くすのみです。
気を取り直して別の花を撮影して数日が過ぎて行ってみると、いつの間にか綺麗に咲きそろっていたではありませんか。
これには嬉しかったですね。

撮影地:東京都練馬区「光が丘公園」(共通)
撮影機材:キャノンEOS30D SIGMA MACRO 50mm f/2.8 EX DG
撮影データ:ISO100 f/4.0AE(SS1/400秒) -0.7EV 50㎜(80㎜相当)


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(24) | ▲ top
フデリンドウ
- 2007/04/16(Mon) -
『やっと君に逢えた♪』

(1)


フデリンドウの存在を知ってから捜し求めていました。
植物園で見ることは出来るのでしょうけれど、やはり自然の中で眺めてみたいと思っていました。
念願叶い、やっと見つけることが出来ました。

最初は全く気づかずに、うっかりすると踏みつけてしまいそうな場所に咲いていました。
健気に咲いている姿を見ると、暫くは写真を撮ることすら忘れて眺め続けていました。
最初はマクロレンズで撮影していましたが、ここはやはりソフトに撮ってあげようと・・・

心無い山野草マニアの盗掘からフデリンドウを守るために、今回は撮影した場所を一切明かさないことといたします。
いつまでもフデリンドウが可憐な姿を見せてくれますように♪

撮影機材:キャノンEOS30D SFEF135㎜ f/2.8+中間リング
撮影データ:ISO100 f/2.8AE(SS1/640秒) -0.7EV 135㎜(216㎜相当・ソフト目盛1)


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(22) | ▲ top
キバナカタクリ
- 2007/04/15(Sun) -
『レモンイエローに輝いて』

(1)


またまたLeoさんから情報を聞いて、川口グリーンセンターへ出かけてきました。
実は、その前に練馬区の稲荷山かたくりの林でも見たんですよ。
でも、それは鉢植えでして、地植えのキバナカタクリが見たくて仕方がありませんでした。

ここ川口グリーンセンターにはかなりの数のキバナカタクリが丁度見頃を迎えていました。
ところが、行った日は薄曇でして、どんどんと雲が厚くなってくるではありませんか。
家を出る頃は青空が広がっていたのになぁ・・・とぼやいても始まりません。

仕方なくチューリップやポピーを撮っているうちに急に明るくなってきたではありませんか。
このチャンスを逃してはなるまいと大急ぎで移動したのは言うまでもありません。

Leoさんが撮影したキバナカタクリはこちらです。
しーたけさんが撮影したキバナカタクリはこちらです。

撮影地:川口市立グリーンセンター(1~3)・東京都練馬区稲荷山(4~5)
撮影機材:キャノンEOS30D EF70~200㎜ f/2.8L USM
撮影データ:ISO100 f/2.8AE(SS1/640秒) +0.3EV 200㎜(320㎜相当)


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(18) | ▲ top
新府桃源郷にて
- 2007/04/14(Sat) -
『八ヶ岳を背景に・・・』

(1)


これが見たくて山梨県にある「新府桃源郷」へやって来ました。
生憎と朝のうちは南アルプスどころか、八ヶ岳さえその姿を現してはくれませんでした。
何とかお昼近くになって空が晴れてきましたので、うっすらと八ヶ岳を拝むことが出来ました。
この日の天気予報は元々あまり良くなかったので、見えただけでヨシ!としなければいけないでしょう。

撮影地:山梨県韮崎市中田町中條「新府城跡付近」(共通)
撮影機材:キャノンEOS30D EF70~200㎜ f/2.8L USM
撮影データ:ISO100 f/29.0AE(SS1/15秒) 0.0EV 95㎜(152㎜相当・PLフィルター使用)


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(29) | ▲ top
桜吹雪
- 2007/04/13(Fri) -
『フィナーレ』

(1)


それは突然やってきました。
これとは違うものを狙っていたら、急に一陣の風が吹いてきたのです。
右方向を見ると盛大な桜吹雪が舞っており、慌ててポジションを移動して連写、連写です。

今まで何度も試みて悉く失敗していましたが、やっと念願の桜吹雪を撮影することができました。
出来ることなら桜と花びらが舞っている空間の比率を、桜1/3・桜吹雪2/3としたかったところです。

上下の空間も広げたかったのですが、画面下には道路があって車が頻繁に走っています。
画面右側には電柱やら標識があって、これ以上カメラを右に振ることもできません。
不自由な条件で撮らざるを得ませんでしたが、結果としてはまずまずかな?と思っています。

撮影地:山梨県韮崎市中田町中條「新府城跡付近」(共通)
撮影機材:キャノンEOS30D EF28~70㎜ f/2.8L USM(共通)
撮影データ:ISO100 f/8.0AE(SS1/160秒) -1.3EV 70㎜(112㎜相当)


(2)
IMG_070413_02.jpg

時系列的に言えば、初めにこのカットの撮影を行っていたんです。
このニ本の桜から張り出した枝より、はらはらと降ってくる花びらを撮影しようとして狙っていました。
そこへ件の風が吹いてきたというわけです。
いやぁ、慌てたのなんのって・・・一度盛大に舞うと、次はいつになるかは分かりませんから。

撮影データ:ISO100 f/8.0AE(SS1/100秒) -1.3EV 70㎜(112㎜相当)

(3)
IMG_070413_03.jpg

最後はほぼ正面から狙いましたが、桜の木が背景になりますからはっきりとは分かりませんね。
写真にすると花びらの数が少なく感じてしまいます。
実際に肉眼で見た限りでは、これの3倍から5倍に感じましたよ。

撮影データ:ISO100 f/8.0AE(SS1/100秒) -1.7EV 64㎜(106㎜相当)
この記事のURL | 花の写真 | CM(22) | ▲ top
サクラソウ
- 2007/04/12(Thu) -
『彩の国・田島ヶ原にて』

(1)


そろそろサクラソウが咲き始める頃だと気づき、さいたま市にある自生地へ偵察に出かけました。
ところが、見頃を迎えていましたので、急遽本格的な撮影に切り替えました。
良かった~、ちゃんとした機材を車に積んでいて・・・

この時期ともなると、お昼近くには光線はトップライト気味になります。
逆光とも順光ともつかない光ですが、やはりお天道様からの贈り物には感謝しなければなりません。
これが曇りでしたら・・・orzとなっちゃいますから。

前ボケになっている黄色いものはセイヨウタンポポです。
ここ田島ヶ原はカントウタンポポの自生地でもありますが、年々駆逐されているようです。
シロバナタンポポもありますが、こちらも数が少なくなってきているようです。

撮影地:埼玉県さいたま市「田島ヶ原サクラソウ自生地」(共通)
撮影機材:キャノンEOS30D TAMRON SPAF90mm F/2.8MACRO1:1
撮影データ:ISO100 f/2.8AE(SS1/640秒) 0.0EV 90㎜(144㎜相当・PLフィルター使用)


あと5枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(16) | ▲ top
彩の国・秩父の桜
- 2007/04/11(Wed) -
『山肌に咲く』

(1)


枝垂桜で有名な「清雲寺」から帰宅する途中、秩父札所29番の長泉院に立ち寄るつもりでした。
実際に行くと人だかりが凄くて、気持ちが萎えてしまったのは言うまでもありません。
ふと前方の山を見ると、桜がたくさん咲いている道が山の上のほうへと続いているではありませんか・・・(゜∀゜)
ならば予定変更です。←しょっちゅう(笑)

浦山ダム(秩父さくら湖)へと至る道路の両脇はずーっとソメイヨシノが植えられていました。
ところが、進行方向右側の山肌に点々と桜が咲いているではありませんか。
車を止める場所がないかと探しましたが、全くといっていいほどありませんでした。

途中で一箇所だけスペースがあることに気づいていましたが、後続車がいたため急停車は危険です。
一度上まで登ってから下り、さらにUターンして駐車できるスペースに車を止めて撮影したのが今回の写真です。
地味な眺めかもしれませんが、清雲寺の素晴らしい枝垂桜を見た後でもこの光景は心に何かを訴えてきました。

撮影地:埼玉県秩父市荒川久那(共通)
撮影機材:キャノンEOS30D EF70~200㎜ f/2.8L USM(共通)
撮影データ:ISO100 f/6.3AE(SS1/320秒) -1.0EV 150㎜(240㎜相当)


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい♪

この記事のURL | 花の写真 | CM(26) | ▲ top
菫の花(3)
- 2007/04/11(Wed) -
『木漏れ日を浴びて咲く』

(1)


先日、和光樹林公園の菫の群生している写真の数々を公開しました。
前回は『林の中、一面に咲く』というタイトルで、引きで撮影したものばかりです。
何となく物足りないので、翌日になって超広角ズームを持って撮影しに行ってきました。

手前に咲いている菫をメインとしながらも、周囲の環境をも写しこむことが出来るのは爽快な感じがします。
このタチツボスミレはそろそろ花期を終えるようで、いささか元気がなくなっていたのが残念でした。
まぁ、画面では分かりにくいと思いますが、やはり旬の時期を逃さないように撮るのは難しいものです。

撮影地:埼玉県和光市「和光樹林公園」(共通)
撮影機材:キャノンEOS30D EF-S10~22㎜ f/3.5~4.5 USM
撮影データ:ISO200 f/11.0AE(SS1/30秒) 0.0EV 10㎜(16㎜相当・PLフィルター使用)


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい♪

この記事のURL | 花の写真 | CM(16) | TB(1) | ▲ top
平林寺の桜(2)
- 2007/04/10(Tue) -
『ベルビアで撮影したように・・・』

(1)
IMG_07040302_01.jpg

ベルビアと聞いてピンときた方は、銀塩の経験がおありで思わずニヤリとしたかもしれませんね。
「彩度が高くて派手すぎる」という人もいましたが、多くのプロカメラマンはそれを使いこなしていました。
ISO感度は50で極超微粒子であったことが、当時(1980年秋)としてはセンセーショナルでした。
現在の製品はISO感度は100になっていますが、その特徴が損なわれるようなことはありません。

これは「SILKYPIX JPEG Photography」というソフトウエアを使って、かなり彩度を上げてあります。
PLフィルターは使っていますが、その効果と相俟って派手な絵作りとなっています。
デジタルは後からいろいろといじれるので、表現の幅を広げるには好都合ですね。

撮影地:埼玉県新座市「平林寺」(共通)
撮影機材:キャノンEOS30D TAMRON SPAF24~135mm F/3.5-5.6 AD ASPHERICAL [IF] MACRO
撮影データ:ISO100 f/8.0AE(SS1/100秒) 0.0EV 52㎜(83㎜相当・PLフィルター使用)


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(18) | ▲ top
秩父・清雲寺の枝垂桜(3)-最終章-
- 2007/04/09(Mon) -
『清雲寺枝垂櫻俯瞰絵巻』

(1)


清雲寺の裏手には山があって登ることが可能です。
今回はその中腹から見下ろすようにして撮影した枝垂桜をご覧頂くことに致します。
通常は見上げることが多い枝垂桜も、このようにして見下ろすと新鮮な感じを受けますね。
サブタイトルは大仰なものになりましたが・・・(;^_^A フキフキ

撮影地:埼玉県秩父市上田野「清雲寺」(共通)
撮影機材:キャノンEOS30D EF70~200㎜ f/2.8L USM(ラストを除き共通)
撮影データ:ISO100 f/11.0AE(SS1/60秒) -1.0EV 135㎜(216㎜相当・PLフィルター使用)


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(28) | ▲ top
山里の春
- 2007/04/08(Sun) -
『長閑な午後のひととき』

(1)


春浅き山里を歩くのはとても気持ちが良いものです。
風はまだ冷たさが残ってはいるものの、あちこちで春の訪れを肌で感じることが出来ます。
別に有名観光地でなくとも構わないと思います。
ぶらりとあてどもない旅に出てみるのも面白いかもしれません。

撮影地:埼玉県秩父市荒川(共通)
撮影機材:RICOH Caplio R4
撮影データ:ISO64 プログラムAE(SS1/176秒 f/4.6) -1.0EV 60㎜相当


あと5枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(20) | ▲ top
秩父・清雲寺の枝垂桜(2)
- 2007/04/08(Sun) -
『滝の流れ落ちるが如く』

(1)


清雲寺の枝垂桜第二弾です。
今回は、枝垂桜を流れ落ちる滝に見立てて撮影した写真をご覧いただきたいと思います。
折り重なるようにして咲く枝垂桜は迫力があり、滝とはまた違った魅力に溢れていました。

撮影地:埼玉県秩父市上田野「清雲寺」(共通)
撮影機材:キャノンEOS30D EF70~200㎜ f/2.8L USM
撮影データ:ISO100 f/4.0AE(SS1/1000秒) -0.7EV 93㎜(149㎜相当)


あと5枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(24) | ▲ top
菫の花(2)
- 2007/04/07(Sat) -
『林の中、一面に咲く』

(1)


Leoさん(Leoの花の写真-写真ブログ-)に咲いている場所を教わって行って来ました。
その場所とは、私が住んでいる彩の国・和光市にある「和光樹林公園」の一角なんですよ。
地元の私が知らないなんて・・・orz

それはともかく、とにかく一目で分かるほどスミレ(タチツボスミレ)が群れを成して咲いていました。
勿論、これだけの数のスミレが咲いているのを見たのは初めてのことです。(尤も、昨日のうちにロケハンしましたが・・・)
明るい雑木林の中で一面に咲くその姿は一見の価値がありますよ。

撮影地:埼玉県和光市「和光樹林公園」(共通)
撮影機材:キャノンEOS30D EF70~200㎜ f/2.8L USM(最後を除き共通)
撮影データ:ISO100 f/4.0AE(SS1/500秒) 0.0EV 200㎜(320㎜相当)


あと5枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(12) | ▲ top
秩父・清雲寺の枝垂桜(1)
- 2007/04/07(Sat) -
『六地蔵と枝垂桜』

(1)


彩の国・秩父市の若御子山の麓にある枝垂桜で有名な「清雲寺」へ行って来ました。
かなり前から一度は見ておきたいと思っていましたが、人出が凄いと聞いただけで今までは尻込みしていました。
「そんなことではいけない!」と、自分で自分を鼓舞して出かけたというわけです。

いざ現地に着くと聞きしに勝る凄さ(枝垂桜の話ですよ)で、暫くは写真を撮るのを忘れていたほどです。
あまりの迫力に、どこをどのようにして撮り始めるか・・・といったきっかけを掴むことが出来ませんでした。
まずは一回りをしましょう、ということで行き着いたのがこの六地蔵です。

撮影地:埼玉県秩父市上田野「清雲寺」(共通)
撮影機材:キャノンEOS30D EF28~70㎜f/2.8L USM
撮影データ:ISO100 f/5.6AE(SS1/125秒) 0.0EV 28㎜(45㎜相当・PLフィルター使用)


あと5枚+1枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(26) | TB(0) | ▲ top
ソメイヨシノと雪山
- 2007/04/06(Fri) -
『朝日に輝く』

(1)
IMG_070406_01.jpg

彩の国・秩父市にある枝垂桜で有名な「清雲寺」を目指して車を走らせていた時のことです。
秩父市内に入ると、左手の小高い丘にソメイヨシノが咲いているのが目に入りました。
関越自動車道を走っている時から、秩父連山が雪化粧をしていることには気づいていました。
「これは滅多にないチャンスだぞ!」と、急遽立ち寄ることにしました。

ここは芝桜で有名な羊山公園の一角で、丘を登りつめるとソメイヨシノは三分から五分咲きといったところでした。
このところ天気が安定していませんので、出直すことは全く考えてはいません。
撮れる時に撮っておく・・・これが風景写真の鉄則ですね。

撮影地:埼玉県秩父市「羊山公園」(共通)
撮影機材:キャノンESO30D EF70~200㎜ f/2.8L USM
撮影データ:ISO100 f/11.0AE(SS1/100秒) -0.7EV 80㎜(128㎜相当・PLフィルター使用)


あと6枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(19) | TB(0) | ▲ top
航空機と船舶
- 2007/04/05(Thu) -
『決まったネ!』

(1)
IMG_070324_01.jpg

このところずーっと花の写真ばかりでしたので、今回はちょっと毛色の変わったものを公開します。

羽田空港は東京湾に面しており、沖合いをいろいろな船舶が航行しています。
以前から「ジェット機と船を絡めて撮ってみたいなぁ!」と思っていました。
先日、羽田空港へ出かける用事がありましたので、ちょっと頑張ってみました。

羽田空港の展望デッキはフェンスが高い上に小さな穴しか開いておらず、撮影する場合にはかなり苦労させられます。
離陸時にいいタイミングで船がいる訳でもないし、ジェット機も滑走路から離れるポイントが個々に違います。
凡その狙いを定めて待っていると・・・まさに、キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━ !!!!! でした。

撮影地:羽田空港第二旅客ターミナル展望デッキ(共通)
撮影機材:キャノンEOS30D EF70~200㎜ f/2.8L USM(共通)
撮影データ:ISO320 プログラムAE(SS1/640秒 f/11.0) -0.3EV 200㎜(320㎜相当)


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 乗り物 | CM(16) | TB(0) | ▲ top
雨の新宿御苑(2)
- 2007/04/05(Thu) -
『雪の降り積もるが如く』

(1)


雨の新宿御苑へ出向いた本当の理由は、今回のような写真を撮影したかったからなんです。
昨日アップしたようなシチュエーションも頭にはありましたが、本命はズバリこれだったんですよ。
でも、なかなか「これは!」という場所が見つからなくて、「もう帰ろうかな?」と思った時にやっと巡り会うことが出来ました。

撮影地:東京都新宿区「新宿御苑」(共通)
撮影機材:キャノンEOS30D EF-S10~22㎜ f/3.5~4.5(共通)
撮影データ:ISO250 f/8.0AE(SS1/100秒) -0.7EV 22㎜(35㎜相当)


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(28) | TB(0) | ▲ top
紫木蓮
- 2007/04/04(Wed) -
『高貴な色に誘われて』

(1)


紫木蓮といって完全な紫ではなく、どちらかといえば赤紫に近い色合いですね。
蕾が綻ぶ時は確かに紫に近い色をしています。
古来より、特に仏教関係では紫高貴な色とされています。
その高貴な色に誘われた私は好奇心ありあり?

これは若い木ですから、まだ花の形に馥郁としたものがありません。
でも、色としてはいい感じになったかな?と思っています。

撮影地:埼玉県和光市「和光樹林公園」(共通)
撮影機材:キャノンEOS30D EF70~200㎜ f/2.8L USM(4枚目を除き共通)
撮影データ:ISO100 f/2.8AE(SS1/2000秒) 0.0EV 200㎜(320㎜相当)


あと5枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(18) | TB(3) | ▲ top
雨の新宿御苑(1)
- 2007/04/04(Wed) -
『雨が降るのを待っていた・・・』

(1)


雨が降るのを待ち望んでいた・・・それは紛れもない事実です。
なぜなら、雨の日にしか撮ることが出来ない光景がそこに広がっているからです。
この構想を暖め始めてからどれだけの歳月が流れたことでしょうか。

雨が降るという天気予報を嬉しく思うことはあまりないかもしれませんが、今回ばかりは違いました。
この好機を逃してはなりません・・・これを逃したら今度はいつのことになるかは分かりません。
今しか撮ることが出来ない写真を撮りに行こう!とばかりに新宿御苑へ出かけてきました。

撮影地:東京都新宿区「新宿御苑」(共通)
撮影機材:キャノンEOS30D EF50㎜ f/1.4USM
撮影データ:ISO100 f/2.2AE(SS1/640秒) +0.3EV 50㎜(80㎜相当)


あと6枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(22) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。