スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
近くにあるカタクリの里にて
- 2006/03/31(Fri) -
『北風に耐える』

IMG_060331_01.jpg

三月もお終いになり、いよいよ四月を迎えることになりました。
月日が経つのは早いもので、もう新年度の始まりです。
そんなシーンに相応しいかどうかは?ですが、我が家から歩いていけるカタクリの里へ行きました。

どうも最近は風が強くて、山野草を撮影するのが大変です。
この時も、右方向から強い北風が吹き、ご覧のようにカタクリの花も煽られています。
被写体ブレが起きないように、シャッタースピードを稼ぐようにして撮影を行いました。

撮影地:東京都練馬区「清水山公園」他(共通)
撮影機材:キャノンEOS10D EF70~200㎜ f/2.8L USM+エクステンダーEF2.0(共通)
撮影データ:ISO200 f/5.6AE(SS1/800秒) -1.3EV (400㎜) 


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(30) | TB(4) | ▲ top
向島百花園にて(2)
- 2006/03/30(Thu) -
『ミスミソウ咲く』

IMG_060330_01.jpg

3月18日に公開しましたオキナグサを撮影した時と一緒のものですから、もう2週間近く前のことになります。
かねてより見たかったミスミソウが咲いている一角を見つけました。
ただ、この時はオキナグサに集中していましたので、残念ながら光は殆どありませんでした。
というのも、光があるときはオキナグサの傍を離れませんでしたから・・・(;´▽`A``

逆に、太陽が雲に遮られたことでギラツキ感が出ないので、まずは花弁を大写しにしてみました。
妙に飛ぶこともなく、細部まできっちりと写りました・・・が、やっぱり光が欲し~(涙)

撮影地:東京都墨田区「向島百花園」(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D TAMRON SPAF90㎜ f/2.8MACRO
撮影データ:ISO200 f/5.6AE(SS1/125秒) -0.3EV (90㎜)


あと3枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(43) | TB(3) | ▲ top
桜花と鳥二題
- 2006/03/29(Wed) -
『夢の中・・・』

IMG_060329_01.jpg

和光樹林公園の桜の木にはメジロが花の蜜を吸いに集まっていました。
この白い桜の木の品種は定かではありませんが、メジロは木の奥にいるために前にある花が前ボケとなりました。
ちょっとドリーミーな表現になりましたので、「夢の中・・・」というサブタイトルをつけました。

撮影地:埼玉県和光市「和光樹林公園」(共通)
撮影機材:キャノンEOS10D EF70~200㎜ f/2.8L USM+エクスタンダーEF2.0
撮影データ:ISO200 プログラムAE(SS1/640秒 f/8.0) -1.0EV (400㎜)


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 野鳥・鳥類 | CM(42) | TB(1) | ▲ top
和光樹林公園の桜(2)
- 2006/03/28(Tue) -
『春爛漫』

IMG_060328_01.jpg

わが町にある「和光樹林公園」は桜の名所だと個人的には思っています。
ここはソメイヨシノや彼岸桜・山桜・里桜があって、色とりどりの花で楽しませてくれる場所なのです。
これは公園の入り口右手にある桜で、白い花を手前にして真ん中のピンクの山桜にピントを合わせています。
一番奥に咲いている木は散り始めた彼岸桜ですが、まだまだその彩りを失ってはいません。

撮影地:埼玉県和光市「和光樹林公園」(共通)
撮影機材:キャノンEOS10D EF70~200㎜ f/2.8L USM+エクステンダーEF2.0
撮影データ:ISO200 プログラムAE(SS1/500秒 f/8.0) -1.0EV (400㎜)


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(46) | TB(1) | ▲ top
光が丘公園に咲く花(2006春・1)
- 2006/03/27(Mon) -
『沈丁花の香りに誘われて』

IMG_060327_01.jpg

私が真っ先にに春を感じるのは、この沈丁花の香りなんです。
朝よりも夜になって帰宅する途中で、それを強く感じることが多いですね。
多分、日中の太陽の暖かさを受けて香りが強くなるのでしょう。

今回は、10日近く前に撮影したものをアップします。
準備はしていたものの、飛び入りの新作ばかり優先させてしまいましたから・・・
かなりのタイムラグがあることをご了解下さいね。

撮影地:東京都練馬区「光が丘公園」(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D EF70~200㎜ f/2.8L USM
撮影データ:ISO200 f/4.0AE(SS1/1600秒) 0.0EV (200㎜)


あと6枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(32) | TB(0) | ▲ top
光が丘公園の野鳥観察(7)
- 2006/03/26(Sun) -
『鷺の舞』

IMG_060326_01.jpg

ふん転菓子さんより、鷺は「翼を広げたり、飛んだり跳ねたりして影を作り魚を追い出す。」と教わりました。
この時はまさにその通りの行動をこのダイサギはとっていました。
前回は魚を逃したダイサギでしたが、今回は大漁のようでした。

今回も2~3倍に画像をトリミングしています。
文章及び撮影データは省略させていただきますので、ゆっくりとご覧下さい。

あと5枚掲載しています。
この記事のURL | 野鳥・鳥類 | CM(58) | TB(0) | ▲ top
光が丘公園の桜(1)
- 2006/03/25(Sat) -
『ソメイヨシノ開花』

IMG_060325_01.jpg

私がよく行く「光が丘公園」のシメイヨシノがとうとう開花しました。
光が丘団地の外周道路にも植えてあり、大規模な歩道橋の上から手が届く位置に咲いていたものをアップすることにします。
桜は見上げて撮影することが多いのですが、ここは平行もしくは見下ろして撮影ができるのが嬉しいですね。

今日(3/25)のお昼頃は全体的には一部咲きともなっていないため、部分的な写真ばかりになりますが・・・
かなり暖かでしたので、夕方までにはかなり開いたことでしょう。

撮影地:東京都練馬区「光が丘公園」(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D EF70~200㎜f/2.8L USM+エクステンダーEF2.0(共通)
撮影データ:ISO100 f/6.3AE(SS1/500秒) -0.7EV (400㎜)


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(30) | TB(2) | ▲ top
早春を彩る山野草(3)
- 2006/03/24(Fri) -
『月光に咲くアズマイチゲ』

IMG_060324_01.jpg

常識で考えれば、月明かりで咲いているアズマイチゲを撮れる訳がありませんよね。
これは、いわゆるイメージカットです。
↓のカットがオリジナル画像になります。

IMG_060324_01s.jpg

露出は切り詰めておいて、後からホワイトバランスをいじった訳です。
いつもは撮影時にホワイトバランスを変更するんですが、この時はイメージにはありませんでした。
JPEGでもこの程度であれば、画質の低下はほとんど無視できる範囲です。

撮影地:埼玉県秩父市吉田(旧吉田町)
撮影機材:キャノンEOS10D TAMRON SPAF90㎜ f/2.8MACRO
撮影データ:ISO100 f/5.6AE(SS1/500秒) -2.0EV (90㎜)


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(28) | TB(0) | ▲ top
光が丘公園の野鳥観察(6)
- 2006/03/23(Thu) -
『アオサギの漁』

060323_01.jpg

三日前にダイサギが魚を捕獲する写真をアップしました。
今回も同じ光が丘公園にあるバードサンクチュアリで撮影したものをアップすることにします。

今回はアオサギが主役です。
魚の捕獲から飲み込むまでの一連の動作を時系列的に追っていきたいと思います。
なお、これ以降は、文章も各撮影データも省略させていただくことにします。

あと8枚ありますので、じっくりとご覧下さい。
この記事のURL | 野鳥・鳥類 | CM(33) | TB(0) | ▲ top
カタクリの里にて
- 2006/03/22(Wed) -
『カタクリが咲き始めました』

IMG_060322_01.jpg

しーたけさんにまたもや触発されて、彩の国・小川町のカタクリの里へ行って来ました。
まだ咲き始めだということは分かっていましたが、様子を見てこようと思ったわけです。
昨年も行っていますが、いわゆるロケハンですね。
場合によっては状況が変わっているかな?と思ったものですから・・・

と言うのは建て前で、本音は早く見たかったからです(;´▽`A``
やはりポツポツと咲き始めた程度で、一面にわーっと咲いている状況にはなっていません。
とりあえず綺麗に咲いている株を狙うことにしました。

撮影地:埼玉県比企郡小川町「カタクリの里」(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D EF70~200㎜ f/2.8L USM+エクステンダーEF2.0
撮影データ:ISO100 f/5.6AE(SS1/250秒) -1.0EV (400㎜)


あと5枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(47) | TB(1) | ▲ top
和光樹林公園の桜
- 2006/03/21(Tue) -
『彼岸桜咲く』

IMG_060321_01.jpg

我が街・和光市が誇る?「和光樹林公園」の桜が咲き始めました。
満開に近いのが「彼岸桜」で、緋寒桜(山櫻?)も咲き始め、ソメイヨシノの開花も間近となっています。
梅が満開となっていますが、この木は人目につかない奥のほうでひっそりと咲いていました。

撮影地:埼玉県和光市「和光樹林公園」(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D EF70~200㎜ f/2.8L USM+エクステンションチューブEF25
撮影データ:ISO100 f/4.0AE(SS1/400秒) 0.0EV (105㎜)


あと6枚+1枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(46) | TB(1) | ▲ top
光が丘公園の野鳥観察(5)
- 2006/03/20(Mon) -
『ダイサギ・魚を(σ´∀`)σゲッツ!』

IMG_060320_01.jpg

光が丘公園にあるバードサンクチュアリへ行ったら、ダイサギが一羽来ていました。
お腹が空いているのか、水面のあちこちを気にしているような感じです。
この池には魚がいますので、恐らくは目星をつけたのでしょう。

撮影地:東京都練馬区「光が丘公園」(共通)
撮影機材:キャノンESO20D EF70~200㎜ f/2.8L USM+エクステンダーEF2.0(共通)
撮影データ:ISO100 プログラムAE(SS1/400秒 f/6.3) -1.0EV (400㎜)


あと6枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 野鳥・鳥類 | CM(26) | TB(0) | ▲ top
ヒュウガミズキ
- 2006/03/19(Sun) -
『優しく咲く』

IMG_060319_01.jpg

いつも行く光が丘公園にはヒュウガミズキの木がたくさんあって、ちょうど見頃を迎えていました。
背後が暗めで逆光に近い光線状態では、ついソフトフォーカスレンズを使いたくなります。
手前に邪魔者が入らないポジションを探して撮影したのがこのカットです。

背後にある花が蕩けるような描写となるのが、このレンズの持ち味でもあります。
逆に、手前にある花がぼけるような撮影をすると、途端にボケ具合が乱れるという癖があります。
注意して使う必要があるレンズですね。

撮影地:東京都練馬区「光が丘公園」(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D SFEF135㎜ f/2.8+エクステンションチューブEF25
撮影データ:ISO100 f/3.2(SS1/640秒) 0.0EV (ソフト目盛2)
 ※被写体にもよりますが、ソフト目盛を2にして絞りを3.2にするのがベストのようです。


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(40) | TB(0) | ▲ top
向島百花園にて(1)
- 2006/03/18(Sat) -
『オキナグサ(翁草)』

IMG_060318_01.jpg

セリバオウレンを見るために向島百花園へ出かけてきました。
ところが、今年はまだ咲いていないとのことで、どこにも見当たりませんでした・・・_| ̄|○
昨年の今頃は咲いていた筈ですが、こればかりは仕方がありません。

その代り、かねてより見たかったオキナグサを発見しました。
一度は見ておきたいという長年の夢が思いもよらぬ展開で実現したのです。
曇りがちの天気で光線は今ひとつですが、咲き始めた花が優しく迎えてくれました。

撮影地:東京都墨田区「向島百花園」(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D EF70~200㎜ f/2.8L USM+12㎜中間リング
撮影データ:ISO100 f/4.0AE(SS1/500秒) 0.0EV (110㎜)


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(40) | TB(1) | ▲ top
石神井公園の野鳥観察(6)
- 2006/03/17(Fri) -
『水辺の鳥たちⅡ』

IMG_060317_01.jpg

「僕だって負けていないよ!」とばかりに水浴びしているカルガモ君です。
誰に負けていないのかと言えば、6日前にアップしたカワウ君のことでした。
何もそんなに張り合わなくとも・・・(笑)

実は、カワウ君はこの反対側でバシャバシャとやっていたんですよ。
そしてこちら側ではカルガモ君と、この日の三宝寺池は大騒ぎでした。
それをよそに、この右側ではゴイサギが四羽も居眠りをしているといった具合でした。
なかなか三宝寺池は楽しめる場所です。

撮影地:東京都練馬区「石神井公園」(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D EF70~200㎜ f/2.8L USM +エクステンダーEF2.0(共通)
撮影データ:ISO200 プログラムAE(SS1/400秒 f/7.1) -1.0EV (400㎜)


あと5枚掲載しています。続きもご覧下さい。
この記事のURL | 野鳥・鳥類 | CM(36) | TB(1) | ▲ top
早春の旅立ち
- 2006/03/16(Thu) -
『綿毛がいっぱい』

IMG_060316_01.jpg

三日前にホトケノザをオオイヌノフグリと一緒に記事にしましたが、そこで綿毛を見つけました。
何の綿毛かは?ですが、ピンク色のホトケノザの混じって何とも言えないいい雰囲気の絵を作ってくれました。
早春でありながらもすでに旅立ちの準備を始めているんですね。
逆光の中で微風になびく綿毛が印象的でした。

『綿毛がいっぱい』とサブタイトルにありながら、一株じゃないかと思われた方も多いことでしょう。
それは二枚目以降でご堪能下さいね。

この名前が分かりました。
野襤褸菊(ノボロギク)とのことです。
sahoさん、和さんさん、ありがとうございました<(_ _)>


撮影地:埼玉県深谷市
撮影機材:撮影機材:キャノンEOS10D EF70~200㎜ f/2.8L USM+12㎜中間リング
撮影データ:ISO100 f/2.8AE(SS1/1000秒) 0.0 (150㎜)


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(38) | TB(1) | ▲ top
福寿草(3)
- 2006/03/15(Wed) -
『山林に咲く』

IMG_060315_01.jpg

今年は「国営武蔵丘陵森林公園」で保護育成された福寿草を撮影しました。
ところが、やはりワイルドな野生の福寿草をどうしても見たくなってしまったのです。
いろいろと調べるうちに、秩父市(旧吉田町)にそういった場所があることが分かりました。
ということで、早速行って来ました。

これは山林を登って行く道の途中に咲いていたもので、樹間から漏れる光を一身に浴びていました。
直射日光とも違いますので、順光にありがちなギラギラ感が少ないかな?と思います。
まだ山林の入り口でしたので、この後に思わぬ苦行?が待っているとは知る由もありませんでした。

撮影地:埼玉県秩父市吉田(共通)
撮影機材:キャノンEOS10D EF70~200㎜ f/2.8L USM
撮影データ:ISO100 f/4.0AE(SS1/500秒) -1.0 (200㎜)


あと5枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(48) | TB(1) | ▲ top
光が丘公園の野鳥観察(4)
- 2006/03/14(Tue) -
『たまにはヒヨちゃんも』

IMG_060314_01.jpg

二日続けてお花の写真になりましたので、今回は鳥ちゃんで行きましょう♪
例によって光が丘公園をふらふらとしていたら、何種類かの鳥に遭遇しました。

これはカモがいる池の傍で撮影したヒヨドリです。
400㎜で撮影していますが、かなり近い場所にある木にとまってくれました。
何だかすっ呆けた顔をしているような気がしますね(笑)

撮影地:東京都練馬区「光が丘公園」(共通)
撮影機材:キャノンESO20D EF70~200㎜ f/2.8L USM+エクステンダーEF2.0(共通)
撮影データ:ISO200 f/5.6AE(SS1/250秒) -0.7EV (400㎜)


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 野鳥・鳥類 | CM(34) | TB(2) | ▲ top
早春を彩る山野草(2)
- 2006/03/13(Mon) -
オオイヌノフグリホトケノザ

IMG_060313_01.jpg

この時期は、あちこちでこの可愛らしいオオイヌノフグリとホトケノザを目にしますね。
今回はこの二つの花にスポットをあてることにしたいと思います。

オオイヌノフグリは、ゴマノハグサ科に属するヨーロッパ原産の帰化植物です。
1890年頃に東京に帰化したことが通説となっているようです。
早春から薄い青紫色の花を咲かせ、花弁は4枚、雄しべは2本あります。
名前の由来は・・・割愛して構いませんよね(笑)

撮影地:東京都練馬区「光が丘公園」
撮影機材:キャノンEOS20D SIGM50㎜ f/2.8EX DG MACRO
撮影データ:ISO200 f/2.8AE(SS1/1600秒) 0.0EV (50㎜)


あと5枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(46) | TB(4) | ▲ top
白梅香る
- 2006/03/12(Sun) -
『梅の香りに誘われて』

IMG_060312_01.jpg

12日の土曜日はポカポカ陽気で、ふと思い立って光が丘公園の梅を見に出かけました。
予想どおりほぼ満開となっていて、太陽の光を浴びた白い花が目に眩いばかりでした。

大きな木が多いこの場所で、「さて、どうしたものか?」と暫く思案しました。
満開の花とその香りに誘われた花見客が多くて、自由度がかなり低くなっていたからです。
「こうなったら人が撮らない構図でいってみるか!」ともう一人の天邪鬼の私が耳元で囁きました。

撮影地:東京都練馬区「光が丘公園」(最後を除いて共通)
撮影機材:キャノンEOS20D EF70~200㎜ f/2.8L USM+エクステンダーEF2.0
撮影データ:ISO100 f/6.3AE(SS1/500秒) -1.3EV (400㎜)


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(36) | TB(0) | ▲ top
石神井公園の野鳥観察(5)
- 2006/03/11(Sat) -
『カワウ』

IMG_060311_01.jpg

「ウォリャー!トリャー!」とばかりに水浴びをしているカワウ君です。
この時は呆れるくらい何度も何度もやっていました。
気持ちがいいのか、それとも単なる目立ちがリ屋なのか・・・

私がいる場所はカモが多く集まるんですが、そのカモや周りにいるギャラリーまでもが注目していました。
そんな視線を感じてか、このカワウ君はさらに激しく水浴びをしていました。
何もそこまでやらなくても・・・(笑)

撮影地:東京都練馬区「石神井公園」(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D EF70~200㎜ f/2.8L USM +エクステンダーEF2.0(共通)
撮影データ:ISO200 プログラムAE(SS1/400秒 f/7.1) -1.3EV (400㎜)


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 野鳥・鳥類 | CM(34) | TB(0) | ▲ top
早春を彩る山野草(1)
- 2006/03/10(Fri) -
『節分草』

IMG_060310_01.jpg

節分草を見るために秩父市へ行きました。
ところが、殆どの花が花期を終えていたため、いささか消化不良となってしまいました。
そこで、定番スポットである小鹿野町(旧両神村)堂上の節分草自生地へ急遽足を向けることにしました。

到着したのは午後2時近くで、こんなに遅い時間帯に訪れたのは初めてのことです。
いつもは午前中に撮影を済ませますが、意外と午後の方が光線の状態がいいことに気づきました。
午後の優しい光を受けている節分草を、ソフトフォーカスレンズでさらに優しく仕上げることにしました。

撮影地:埼玉県小鹿野町両神小森堂上「節分草自生地」(共通)
撮影機材:キャノンEOS10D SFEF135㎜ f/2.8+エクステンションチューブEF25
撮影データ:ISO100 f/3.2AE(SS1/400秒) -1.0EV (135㎜・ソフト目盛2)


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(49) | TB(4) | ▲ top
石神井公園の野鳥観察(4)
- 2006/03/09(Thu) -
『見つめる』

IMG_060305_01.jpg

石神井公園にある三宝寺池そばの自然観察池に佇むコサギです。
エサを探すでもなく、一体何を見つめているのでしょう。
人馴れしているのか、柵ぎりぎりまで近寄っても逃げようとはしませんでした。
お陰で撮り放題となり、ひたすら構図を変えて撮りまくったうちの一枚がこのカットです。

撮影地:東京都練馬区「石神井公園」(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D EF70~200㎜ f/2.8L USM +エクステンダーEF2.0(共通)
撮影データ:ISO400 プログラムAE(SS1/400秒 f/7.1) -0.7EV (400㎜)


あと5枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 野鳥・鳥類 | CM(44) | TB(1) | ▲ top
森林公園の花たち(2)
- 2006/03/08(Wed) -
『心優しきスノードロップ』

IMG_060308_01.jpg

なぜ「心優しきスノードロップ」なのかは、色がなかった雪に自分の色を分けてあげたからなんです。

昔、雨や風と同じように雪には色がなかったそうです。
でも雪は、どうしても自分の色が欲しかったのです。
雪はいろいろな花のところへ行って、「私に、あなたの色を分けてください。」とお願いしました。
でもどの花も相手にはしてくれませんでした。
雪は途方にくれてしまいました。
そんな時、小さな声が聞こえてきました。
「私の色でよければ、どうぞ。」
そこにはスノードロップの花が咲いていました。
それから、雪の色は純白になったそうです。


まあ、この話は有名で、いわゆる受け売りなんですが・・・(^◇^;)

撮影地:埼玉県滑川町「国営武蔵丘陵森林公園」(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D EF70~200㎜ f/2.8L USM+エクステンダーEF2.0
撮影データ:ISO100 f/5.6AE(SS1/800秒) 0.0EV (400㎜)


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(40) | TB(1) | ▲ top
メジロと彼岸桜
- 2006/03/07(Tue) -
『花鳥風月』

IMG_060307_01.jpg

昨日公開しました東郷公園の彼岸桜にはメジロがたくさんいました。
実は、彼岸桜よりもメジロが目当てだったりして・・・(^◇^;)
「花鳥風月」と題しましたが、さすがに「月」は出ていません・・・まあ、風情ということでお許しを!

今回は彼岸桜と絡めていますので、背景がごちゃごちゃとした画像がかなり多くありました。
そこで、なるべくすっきりとした背景の画像を選んでみました。
主題をはっきりとさせるには、やはり背景はシンプルなものがいいですね。

撮影地:東京都千代田区「東郷公園」(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D EF70~200㎜ f/2.8L USM+エクステンダーEF2.0(共通)
撮影データ:ISO400 プログラムAE(SS1/320秒 f/6.3) 0.0EV (400㎜)


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 野鳥・鳥類 | CM(59) | TB(0) | ▲ top
彼岸桜満開
- 2006/03/06(Mon) -
『春色に包まれて』

IMG_060306_01.jpg

東郷公園に彼岸桜が咲いていることを、ka_zu_2005さんのブログで知りました。
野次馬根性旺盛な私は早速、お天気に恵まれた先週の土曜日に出かけてきました。
蕾は残っているものの、早くも散り始めた花があることから、ちょうど満開だったと言えるでしょう。

これは望遠ズームに中間リングを装着して、綺麗に見える部分に近寄ってみたものです。
寄ることで背景は綺麗にぼけてくれますから・・・
背景を柔らかなピンクで埋め尽くすことも考えましたが、それでは少々変化に欠けるかなと思いました。
そこで、右下に常緑樹の緑を加えてみたのがこの一枚です。

撮影地:東京都千代田区「東郷公園」(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D EF70~200㎜ f/2.8L USM+12㎜中間リング
撮影データ:ISO100 f/2.8AE(SS1/1000秒) 0.0EV (170㎜)


あと5枚+2枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(44) | TB(0) | ▲ top
彩の国のコハクチョウ(2)
- 2006/03/05(Sun) -
『飛翔Ⅲ』

060305_01.jpg

それはもう「壮観」の一語でした。
何しろ42羽ものコハクチョウが一斉に飛び立って、私がいる方向めがけて飛んできたのですから・・・
あまりのことに、ちょっと冷静さを失ってしまいました。_| ̄|○

お天気は良かったものの、コハクチョウがいる方向は雲が多くてぱっとしない空だったのが残念なところです。
うっすらと両神山や秩父連山が写ってはいますが、一ヶ月前に来た時ははっきりと見えていました。
まあ、あまり多くを望むのは贅沢というものですよね。(;´▽`A``

撮影地:彩の国・白鳥飛来地(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D EF70~200㎜ f/2.8L USM+エクステンダーEF2.0(共通)
撮影データ:ISO100 プログラムAE(SS1/400秒 f/8.0) -0.3EV (190㎜)


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 野鳥・鳥類 | CM(42) | TB(3) | ▲ top
福寿草(2)
- 2006/03/04(Sat) -
『秩父紅とその仲間』

IMG_060303_01.jpg

今回は三日前に公開しました福寿草(1)のラストカットに写っていた「秩父紅」(ちちぶべに)とその仲間をご紹介することにします。

「秩父紅」はご覧のように、一般的な福寿草と違ってオレンジ色がかっています。
滅多に見ることができないため、「幻の福寿草」とも呼ばれています。
ここは原種が咲いているのではなく、植生されたものです。
それでも二箇所くらいでしか見ることができませんでした。

撮影地:埼玉県滑川町「国営武蔵丘陵森林公園」(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D EF70~200㎜ f/2.8L USM +エクステンションチューブEF25
撮影データ:ISO100 f/8.0AE(SS1/125秒) -0.7EV (120㎜)


あと5枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(38) | TB(1) | ▲ top
枝垂梅~序章~
- 2006/03/03(Fri) -
『淡路枝垂』(あわじしだれ)

IMG_060304_01.jpg

3月3日は桃の節句ですが、残念なことに桃は咲いていませんでした。
そこで、代わりと言っては何ですが似たような色合いの花を・・・

福寿草の撮影をしながら、ちらちらと視界の端に入ってくるものがありました。
紅梅は見事に咲いている木はありましたが、私はこの枝垂梅が気になって仕方がありません。
福寿草の撮影はそこそこにして、「淡路枝垂」の撮影に切り替えることにしました。

撮影地:埼玉県滑川町「国営武蔵丘陵森林公園」(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D TAMRON SPAF90㎜ f/2.8MACRO
撮影データ:ISO100 f/2.8AE(SS1/1000秒) -0.7EV (90㎜)


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい。
この記事のURL | 花の写真 | CM(38) | TB(1) | ▲ top
光が丘公園の野鳥観察(3)
- 2006/03/02(Thu) -
『悲しきマガモ君』

IMG_060302_01.jpg

光が丘公園の池には、マガモが一羽だけいます。
いつもほかのカモの群れから離れてぽつんとしています。
石神井公園なら仲間はたくさんいるんですよね。

それに、光が丘公園は猛禽類であるオオタカもやってきます。
決して安住の地ではないと思いますが・・・
何でここにいるんでしょう?

撮影地:東京都練馬区「光が丘公園」(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D EF70~200㎜ f/2.8L USM +エクステンダーEF2.0(共通)
撮影データ:ISO400 プログラムAE(SS1/500秒 f/8.0) -0.7EV (400㎜)


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 野鳥・鳥類 | CM(28) | TB(1) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。