スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
滅びの美学
- 2006/02/28(Tue) -
『次の世代へ・・・』

IMG_060224_01.jpg

別に大上段に振りかぶるつもりはありませんでした。
「滅びの美学」といった言葉を使いたかっただけの話ですから・・・(;´▽`A``

形あるものは崩れますが、生物は次の世代へと子孫を残します。
人類や動物だけに限らず、植物も一緒ですね。
枯れて朽ち果てていくガクアジサイにひとつの美学を感じて写した一枚です。

撮影地:東京都練馬区「光が丘公園」(共通)
撮影機材:キャノンEOS10D SIGMA50㎜ f/2.8 DG MACRO EX(共通)
撮影データ:ISO200 プログラムAE(SS1/125秒 f/5.0) 0.0EV


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | その他 | CM(31) | TB(3) | ▲ top
和光樹林公園の野鳥観察
- 2006/02/27(Mon) -
『ツグミを発見!』

IMG_060227_01.jpg

先日の光が丘公園に引き続き、ツグミと二度目の遭遇です。
家に帰ろうとして前方を見ると、数メートル先にいました。
何を見つめているんでしょう・・・

もうちょっと近寄りたかったのですが、逃げられてしまっては元も子もありません。
一頻り撮影してからもう一歩近づいたら、案の定逃げられてしまいました。
やはり、野鳥は人の気配に敏感ですね。(;´▽`A``

撮影地:埼玉県和光市「和光樹林公園」(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D EF70~200㎜ f/2.8L USM +エクステンダーEF2.0(共通)
撮影データ:ISO400 プログラムAE(SS1/320秒 f/5.6) -0.3EV (400㎜)


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 野鳥・鳥類 | CM(38) | TB(1) | ▲ top
春の予感
- 2006/02/26(Sun) -
『早春の光の中で』



連翹(レンギョウ)でしょうか?
石神井公園・三宝寺池の畔で咲き始めていました。
私には水面の輝きに祝福されているかのように見えました。

開放絞りで撮影すれば、真ん丸のボケになった筈です。
でも、そうすると複数の花にピントを合わせることが困難となってしまいます。
ここは花にピントがしっかりとくることを最優先させました。

撮影地:東京都練馬区「石神井公園」(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D EF70~200㎜ f/2.8L USM +エクステンダーEF2.0(共通)
撮影データ:ISO400 プログラムAE(SS1/500秒 f/7.1) -1.0EV (370㎜)


あと5枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(24) | TB(0) | ▲ top
石神井公園の野鳥観察(3)
- 2006/02/25(Sat) -
『水辺の鳥たち』

IMG_060225_01.jpg

オシドリを撮影したのは、もちろん初めてのことです。
鴨ならよく撮影してはいますが・・・(笑)
お馴染みの石神井公園で撮影したものです。

三宝寺池での撮影を終えて、家路につこうと石神井池の畔を歩いていたときのことでした。
鴨の群れに混じって?一羽だけオシドリがいました。
何枚か撮影していたら、やおら立ち上がって羽根をバタバタ・・・
この子、木の杭の上に乗っかっていたんですね。

撮影地:東京都練馬区「石神井公園」(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D EF70~200㎜ f/2.8L USM +エクステンダーEF2.0(共通)
撮影データ:ISO400 プログラムAE(SS1/320秒 f/6.3) -0.7EV (400㎜)


あと5枚掲載しています。続きもご覧下さいね♪
この記事のURL | 野鳥・鳥類 | CM(36) | TB(1) | ▲ top
マンサク(その3)
- 2006/02/24(Fri) -
『満開、そして芳香』

IMG_060224_0201.jpg

私の撮影フィールドの一つでもある「和光樹林公園」のマンサクが満開となりました。
これはシナマンサクですが、さすがに満開ともなると賑やかですね。

マンサクは「まず咲く」との意味があって、早春になるとと枯れ木の中に黄色い花をいち早くつけます。
四枚の細い花びらが特徴で,茶色い萼片とのコントラストを作り出します。
そして、独特の芳香が辺り一面に漂っていました。

撮影地:埼玉県和光市「和光樹林公園」(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D EF70~200㎜ f/2.8L USM
撮影データ:ISO100 f/8.0AE(SS1/250秒) 0.0EV (200㎜)


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(28) | TB(0) | ▲ top
紅梅・白梅
- 2006/02/23(Thu) -
『和の心Ⅲ』

IMG_060223_01.jpg

石神井公園にある三宝寺池に面した南側の斜面では、紅梅と白梅が咲いていました。
特にこの紅梅は枝ぶりもよくて、なかなか絵になると思います。
逆光狙いで全体を撮影しようとすると、あまりにも邪魔なものが入ってしまうことが残念でした。
ですから、一番綺麗に見える部分を切り取ってみました。

撮影地:東京都練馬区「石神井公園」(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D EF70~200㎜ f/2.8L USM
撮影データ:ISO100 f/5.6AE(SS1/125秒) -1.0EV (145㎜)


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(41) | TB(3) | ▲ top
光が丘公園の野鳥観察(2)
- 2006/02/22(Wed) -
『梅に鶯』

IMG_060222_01.jpg

これも全くの偶然の産物です。
このところ石神井公園に続けて出かけたものですから、地元も見直そうと光が丘公園へ行ってきました。
かなりの収穫に気をよくして帰り道を歩いていたら、親切なオジサンが「鶯がいるよ!」と教えて下さったんです。

「梅に鶯」なんて、本当に出来すぎのシチュエーションですね。
梅の倒木に小枝が出て、白い花が咲いていました。
鶯はすばしっこくてじっとしてはいませんでしたが、今思えば縦位置で撮影すれば良かった・・・_| ̄|○
そうすれば、もっと白梅がきちんと画面に収まったことでしょう。

撮影地:東京都練馬区「光が丘公園」(共通)
撮影機材:キャノンEOS10D EF70~200㎜ f/2.8L USM +エクステンダーEF2.0(共通)
撮影データ:ISO400 プログラムAE(SS1/400秒 f/7.1) -1.3EV (400㎜)


あと5枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 野鳥・鳥類 | CM(38) | TB(0) | ▲ top
ネコヤナギ
- 2006/02/21(Tue) -
『水辺の妖精』

IMG_060221_01.jpg

野鳥を撮影するために石神井公園へ来てみたら、偶然ネコヤナギを見つけました。
三宝寺池の入り口に近いベンチのすぐ傍です。
入り口から見ると逆光に輝いていて、すぐにそれと分かりました。

ちょうどベンチがありましたので靴を脱いで上がり、背伸びをして撮影したものです。
トップライト気味の光で、一部だけ見ると逆光で捉えたかのように輝いていますね。
なお、「水辺の妖精」とは私が勝手につけた名前ですから・・・

撮影地:東京都練馬区「石神井公園」(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D EF70~200㎜ f/2.8L USM +エクステンションチューブEF25
撮影データ:ISO200 f/8.0AE(SS1/320秒) -0.7EV (190㎜)


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(51) | TB(5) | ▲ top
カワセミ ~石神井公園の野鳥観察(2) ~
- 2006/02/20(Mon) -
『空飛ぶ宝石』

IMG_060220_01.jpg

この日は初めからカワセミを撮影することが目的でした。
カワセミが来るかどうかは、なかなか予測がし難いところがあるようです。
それでも、何とかカワセミが魚を咥えて足場に戻ってきたところをを捉えることができました。

実際に、400㎜のレンズ(70~200㎜のズーム+2倍のテレコンバーター)でもあまり大きくは撮れませんでした。
ですから、これはほぼ2.5倍の大きさにトリミングを施してあります。

撮影地:東京都練馬区「石神井公園・三宝寺池/自然観察池」(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D EF70~200㎜ f/2.8L USM +エクステンダーEF2.0(共通)
撮影データ:ISO400 プログラムAE(SS1/500秒 f/8.0) -0.7EV (400㎜)
     ※約2.5倍にトリミングをしてあります。


あと6枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 野鳥・鳥類 | CM(44) | TB(1) | ▲ top
蔵の街~栃木市~
- 2006/02/19(Sun) -
『巴波川沿いの蔵』

IMG_060219_01.jpg

巴波川(うずまがわ)は栃木市を象徴するかのような蔵が立ち並んでいます。
これは栃木駅から歩いて10分ほどのところにある、塚田歴史伝説館です。
約4000㎡の敷地は栃木銀座通りの中心部を占め、8つの白壁土蔵・120mに及ぶ黒塀が並んでいます。

撮影地:栃木県栃木市(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D EF17~40㎜ f/4.0L USM PLフィルター使用(共通)
撮影データ:ISO200 プログラムAE(SS1/125秒 f/8.0) -1.0EV (29㎜)


あと5枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 観光地 | CM(24) | TB(0) | ▲ top
石神井公園の野鳥観察(1)
- 2006/02/18(Sat) -
『野鳥の楽園』

石神井公園は本当に野鳥の楽園でした。
光が丘公園にも野鳥はいますが、ここでは目にしたことがない野鳥をたくさん見ることが出来ました。
野鳥初心者ですから、名前の間違いなどがありましたらご教示下さいm(_)m
なお、今回はそれなりに大き目に撮れましたので、画像のトリミングは行っていません。

IMG_060218_01.jpg

これは、三宝寺池の近くの自然観察池(ひょうたん池?)にいた「タシギ」です。
勿論、撮影中は何の鳥だかサッパリ分からず、???状態でした。
帰ってから「野鳥図鑑」でようやく名前が分かりました。
早速、俄バードウォッチャーのバイブルが役立ったということですね(笑)

撮影地:東京都練馬区「石神井公園」(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D EF70~200㎜ f/2.8L USM +エクステンダーEF2.0(共通)
撮影データ:ISO200 プログラムAE(SS1/320秒 f/6.3) -1.0EV (400㎜)


あと4枚掲載しています、続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 野鳥・鳥類 | CM(34) | TB(4) | ▲ top
浅草界隈
- 2006/02/17(Fri) -
『浅草寺と言えば・・・』

IMG_060217_01.jpg

雷門があまりにも有名ですね。
この大きな提灯は雷門のものではなく、仲見世商店街を通り抜けたところにある宝蔵門にあるものです。
堂々たる大きさで、見るものを圧倒しますね。

ところで、この大きな提灯の下側に見事な彫り物が施されているのをご存知ですか?
これがそうです。(サムネイル表示をクリックすると大きくなります)
IMG_060217_01_02.jpg

これは、私のところによく来ていただいている「あんるさん」に教わったんですよ。
私はそれまで全然知りませんでした。

さらに今回気づいたことがもう一つあります。
雷門の提灯の寄贈者が、あの松下幸之助氏だったということです。
ニュースか何かでやっていたのかなあ・・・
これがその証拠です。
IMG_060217_01_03.jpg

世の中、気づかないことだらけですね!

今回は、各種データは省略させて下さいねm(__)m

あと5枚+1枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 都市風景 | CM(29) | TB(1) | ▲ top
和の心Ⅱ
- 2006/02/16(Thu) -
『睡足軒の森にて』

IMG_060216_01.jpg

この「睡足軒の森」には何度通ったことでしょう。
平林寺がすぐ傍にあるという条件を加えても、かなりの回数になると思います。
実は、この日は平林寺のマンサクの開花状況を確認しに行ったんです。
ところがマンサクは咲いておらず、がっかりして「睡足軒の森」に足を踏み入れたところ・・・

まさか、入り口付近に素心蝋梅が咲いているとは思いもよりませんでした。
前々から蝋梅と建物を絡めて撮りたいという思いがありまして、それが実現したのですから。
これはもう、望外の喜びとしか言いようがないと思います。

撮影地:埼玉県新座市「睡足軒の森」(共通)
撮影機材:キャノンEOS10D SIGMA AF50㎜ f/2.8DG MACRO
撮影データ:ISO100 f/2.8AE(SS1/2000秒) -1.0EV (50㎜)


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(34) | TB(1) | ▲ top
コサギ
- 2006/02/15(Wed) -
『見られているゾ!』

IMG_060215_01.jpg

最近、野鳥を見かけると過剰に反応するようになってしまいました。
もう、殆どビョーキの世界かもしれません。
前だったら、そんなことはなかったのにね・・・

この日も目的は別のものでした。
蔵のある風景を撮ろうと栃木の街をぶらぶらと歩いていたら・・・いたんですねえ。
巴波(うずま)川沿いに歩いていたら、ぱっと飛び立つ姿が。
もう、蔵はそっちのけで、コサギの撮影に夢中になった私でした。
まあ、蔵は逃げませんからね(笑)

撮影地:栃木県栃木市「巴波川沿い」(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D EF100~300㎜ f/4.5~5.6USM(共通)
撮影データ:ISO200 プログラムAE(SS1/800秒 f/10.0) -0.7EV (300㎜)


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 野鳥・鳥類 | CM(36) | TB(4) | ▲ top
ナンキンハゼの実
- 2006/02/14(Tue) -
『青空に映える』

IMG_060213_01.jpg

公園の管理事務所の入り口にありましたが、何度となく通っているのに今まで気づきませんでした。
本当に「光が丘公園」という場所は、行けば必ず新しい発見があります。

この日は収穫が多い一日でした。
シナマンサク、バードサンクチュアリでゴイサギとアオサギ、そしてこのナンキンハゼの実・・・
EOS10Dと20DのCMOS(正確にはローパスフィルター)のクリーニング依頼に、新宿のキャノンQRセンター
へ行った帰りのことでしたから・・・

撮影地:東京都練馬区「光が丘公園」(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D EF70~200㎜ f/2.8L USM +エクステンダーEF2.0
撮影データ:ISO200 プログラムAE(SS1/500秒 f/8.0 0.0EV (400㎜)


あと3枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 木の実・花の実 | CM(37) | TB(1) | ▲ top
飛行戦艦?
- 2006/02/13(Mon) -
その名は「HIMIKO」・未来型水上バス

IMG_060214_01.jpg

最初に見たときは、その異様な形に度肝を抜かれました。
本当に「天空の城ラピュタ」に出てくる、「飛行戦艦ゴリアテ」を瞬時に連想したくらいですから・・・

漫画・アニメで御馴染みの松本零士氏がプロデュースする新型水上バス「ヒミコ」がその正体です。
一昨年春から運航しているそうですが、私は初めてこの目で見ました。
浅草~お台場、または浅草~日の出桟橋の間を結んでおり、とにかく人気がある船だとのことです。

撮影地:東京浅草「吾妻橋近辺」(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D EF100~300㎜ f/4.5~5.6USM
撮影データ:ISO400 プログラムAE(SS1/400 f/10.0) -1.3EV (100㎜)


あと5枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 乗り物 | CM(46) | TB(1) | ▲ top
光が丘公園の野鳥観察
- 2006/02/12(Sun) -
『ゴイサギ・・・初見』

IMG_060212_01.jpg

初めてゴイサギを見ました&(σ´∀`)σゲッツ!
どうやらゴイサギ君、居眠りをしているようですね。

遠くにいる鳥だけに、この画像はかなり"トリミング"をしています。(笑)
200㎜×2倍テレコン×1.6倍デジタル換算の640㎜相当で撮影しても厳しいものがありますね。
果てはレンズ沼に首までどっぷりと浸からないといけないんでしょうか・・・(汗)

オリジナル画像は↓です。
IMG_060212_01_02.jpg

撮影地:東京都練馬区「光が丘公園」(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D EF70~200㎜ f/2.8L USM +エクステンダーEF2.0
撮影データ:ISO400 プログラムAE(SS1/640秒 f/9.0 -0.7EV (400㎜)


あと4枚+1枚掲載しています。続きもご覧下さいね♪
この記事のURL | 野鳥・鳥類 | CM(34) | TB(2) | ▲ top
何じゃこりゃあ!
- 2006/02/11(Sat) -
『炎のオブジェ』

IMG_060211_01.jpg

浅草の吾妻橋付近で見かける物体です。
初めて見た人は思わず「何じゃこりゃあ!」と言いたくなるかもしれません。
これは、アサヒビールの本社ビルに隣接したスーパードライホールの上にあるオブジェです。
以下、アサヒビールのホームページから引用しておきます。

『1989年の竣工と同時に東京の新名所となった吾妻橋本部ビル。22階建ての「アサヒビールタワー」は、琥珀色のガラスと頭頂部の白い外壁で、泡のあふれるビールジョッキをイメージしています。隣接する「スーパードライホール」は、フランスの著名なデザイナー、フィリップ・スタルク氏によるもので、屋上の「炎のオブジェ」は、躍進するアサヒビールの心の象徴です。』

とのことです。
さて、皆さんはどのようにお感じになったでしょうか?

撮影地:東京浅草「吾妻橋」近辺(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D EF100~300㎜ f/4.5~5.6USM
撮影データ:ISO100 プログラムAE(SS1/500秒 f/8.0) 0.0EV (160㎜)


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 都市風景 | CM(40) | TB(2) | ▲ top
マンサク(その2)
- 2006/02/10(Fri) -
『朝日を受けて』

IMG_060210_01.jpg

前回は「アカバナマンサク」をアップしましたが、今日はいたって普通のマンサクです。
朝日といっても、撮影したのは確か午前10時近くだったと思います。
奥の土手とそれに続く林が太陽を遮っていて、その時間にならないと日陰のままなんです。

この日は天気が良くて、撮影には絶好の条件でした。
でも、使っているEOS10D・20Dともに、CMOSの前にあるローパスフィルターに汚れがあることに気づいたんです。
そこで、新宿にあるキャノンのQRセンターへ行く途中でパチリと撮影した一枚です。
背景が暗いから、ゴミというか汚れは分からないと思います。

撮影地:東京都練馬区「光が丘公園」
撮影機材:キャノンEOS10D TAMRON SPAF90㎜ f/2.8MACRO
撮影データ:ISO100 f/2.8AE(SS1/500秒) -1.0EV (90㎜)


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(35) | TB(4) | ▲ top
東急世田谷線(その3)
- 2006/02/09(Thu) -
『三度目の正直!』

IMG_060209_01.jpg

東急世田谷線を撮影するのは三度目ですが、初めて太陽と青空が顔を出してくれました。
過去二回とも同じような時期に来ていますが、いずれもどんよりとした曇り空でした。
やや雲が多いものの、太陽の光と青い空が少しでもあればOK牧場です(笑)

この日、我が家を出たときは青空が広がっていました。
ところが、新宿駅で小田急線に乗る頃は、空が雲で覆われてしまったんです。
豪徳寺駅へ着いても晴れる気配は全くありません。
「二度あることは三度あるかあ・・・」_| ̄|○ とうなだれて、世田谷線に沿って歩き始めました。

撮影地:東京都世田谷区「東急世田谷線沿線」(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D EF17~40㎜ f/4.0L USM
撮影データ:ISO200 プログラムAE(SS1/250秒 f/11.0) 0.0EV (29㎜)


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 鉄道 | CM(30) | TB(0) | ▲ top
白鳥飛来地にて
- 2006/02/08(Wed) -
『会いたかったよ~!!』

060208_01.jpg

「私も~!」と言ったかどうかは???です。
白鳥は時として、いろいろな動作をしてくれます。
空ばかり見ていると、こういったショットを逃してしまいます。
視野は広く持て!ですね。

しーたけさんがアップした写真とは、表現がかなり違うようです(笑)
これも本当のところはどうだったんでしょうか?

しーたけさんが続編をアップして下さいました。
そちらも是非ご覧下さいね♪

an annex to A Tiny Digital Photo Gallery 会いたかったよ~ その後?

撮影地:彩の国・白鳥飛来地(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D EF100~300㎜ f/4.5~5.6USM(共通)
撮影データ:ISO100 プログラムAE(SS1/800 f/10.0) -1.0EV (300㎜)


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 野鳥・鳥類 | CM(35) | TB(2) | ▲ top
松陰神社にて
- 2006/02/07(Tue) -
『激動の歴史の中で・・・』

IMG_060207_01.jpg

「松陰神社」は東急世田谷線松陰神社前駅から歩いて数分の場所にあります。
その名の通り、幕末の論客である吉田松陰を祭ったもので、明治23年に松蔭没後31年経ってから建立されたものです。
現在の本殿は昭和30年に建立され、敷地内には松下村塾・松蔭幽囚の旧宅・花月楼などが保存されています。

松陰神社の神様は誰でしょう?
それはズバリ、吉田松陰その人です。
お墓も敷地内にあり、今でも吉田松陰を慕う人々がお参りに訪れます。

撮影地:東京都世田谷区「松陰神社」(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D TAMRON SPAF28~75㎜ f/2.8XR Di(共通)
撮影データ:今回は割愛させて下さいね・・・m(__)m


あと7枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 史跡・名所 | CM(20) | TB(0) | ▲ top
ロウバイ(その2)
- 2006/02/06(Mon) -
『ひっそりと咲く』

IMG_060206_01.jpg

和光樹林公園に咲いている「素心蝋梅」です。
和光樹林公園は、先日「和蝋梅」を撮影した「大泉中央公園」に隣接した場所にあります。
これもfuulさんのブログで紹介されていたものです。

曰く、「ZEISSさん情報期待してます!」と・・・('◇')ゞ ラジャッ!
ということで、fuulさんのパシリ役を立派に?務めてきました(笑)

撮影地:東京都練馬区「大泉中央公園」(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D TAMRON SPAF90㎜ f/2.8MACRO
撮影データ:ISO200 f/6.3AE(SS1/640秒) -0.7EV (90㎜)


あと4枚掲載しています、続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(31) | TB(4) | ▲ top
彩の国のコハクチョウ
- 2006/02/05(Sun) -
『飛翔Ⅱ』

IMG_060205_01.jpg

昨年12月に岩手県で白鳥を撮影して以来、久々の撮影となりました。
我が彩の国が誇る白鳥の飛来地へ行って来ました。
ここは下流と上流の二方向から飛んできますので、油断がなりません。

これは上流から飛んできたコハクチョウで、左上の方向から射す太陽光に羽根が透けて綺麗でした。
勿論、撮影中は必死ですから、追いかけるのがやっとという感じでしたね。
何カットも撮影したうちの一枚ですが、風に乗って飛んでくるので速いこと、速いこと・・・

撮影地:彩の国・白鳥飛来地(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D EF100~300㎜ f/4.5~5.6USM(共通)
撮影データ:ISO100 プログラムAE(SS1/500 f/8.0) -1.0EV (300㎜)


あと5枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 野鳥・鳥類 | CM(30) | TB(2) | ▲ top
マンサク(その1)
- 2006/02/04(Sat) -
『アカバナマンサク』 『ニシキマンサク』

IMG_060204_01.jpg

マンサクといえば黄色い花ですが、この木だけオレンジ色と形容できる色の花が咲いていました。
和光樹林公園には何度も通っているのに、この花に気づいたのは初めてです。
普通のマンサクよりも開花が早いようで、満開といえるくらいの花付きでした。

撮影しているといい香りが辺りに漂っていて、夢見心地とでも形容すればいいんでしょうか?
とてもいい気分で撮影が進みました。
香りそのものは、黄色い花のマンサクと変わりがないようです。

アカバナマンサクと書きましたが、正しくはニシキマンサクです。
後から気づきましたので、ここで訂正させていただきます。
大変失礼しました。(2006年2月24日改訂)


撮影地:埼玉県和光市「和光樹林公園」(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D TAMRON SPAF90㎜ f/2.8MACRO
撮影データ:ISO100 f/4.0AE(SS1/800秒) -1.0EV (90㎜)


あと4枚掲載しています、続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(28) | TB(1) | ▲ top
ロウバイ(その1)
- 2006/02/03(Fri) -
『和ロウバイ(和蝋梅)』

IMG_060203_01.jpg

ここ数年、蝋梅を撮影しておらず、今年はきちんと撮影したいと思っていました。
あちこちの写真ブログでも見かけるようになりましたし・・・
すると、fuulさんのブログで近場に咲いているということが書かれていたんです。

大泉中央公園ならば近いですし、車は和光樹林公園の駐車場(無料)に置いておけばOK牧場です。
因みに、大泉中央公園の駐車場は有料なんです・・・
蝋梅の木はすぐに見つけることができました。
午後の柔らかな光に照らされて、蝋梅の花は優しく息づいていました。

撮影地:東京都練馬区「大泉中央公園」(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D EF70~200㎜ f/2.8L USM +エクステンションチューブEF25
撮影データ:ISO200 f/4.5AE(SS1/500秒) -0.3EV (90㎜)


※初めは「ロウバイ」というサブタイトルをつけましたが、「和ロウバイ」に改めます。

あと4枚掲載しています、続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(33) | TB(6) | ▲ top
「中尊寺」といえば・・・
- 2006/02/02(Thu) -
『金色堂』

IMG_060202_01.jpg

そうです、この金色堂があまりにも有名で、観光パンフレットやガイドブックなどの写真は殆どがこれです。
正確には「覆堂」で、これは二代目のものです。
初代の「覆堂」は右奥の方にあります。

中尊寺自体は拝観料を徴収してはいませんが、ここだけは有料です。
私ですか?勿論・・・入りませんでした。
というのは、「金色堂」そのものをあまり重要視していないからなんです。
どうも性格的にキンキラキンとしたものは苦手なんですよ。

撮影地:岩手県平泉町「中尊寺」(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D EF17~40㎜ f/4.0L USM(共通)
撮影データ:ISO800 プログラムAE(SS1/250秒 f/9.0) 0.0EV (40㎜)


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 史跡・名所 | CM(28) | TB(0) | ▲ top
ユリノキ
- 2006/02/01(Wed) -
『斜光に輝く』

IMG_060201_01.jpg

最近、あちこちのブログでユリノキを見かけるようになりました。
私も気になってしまい、いつもの「光が丘公園」へ出かけてみることにしました。

家を出てから歩くこと30分・・・ありました、ありました。
暗い背景(ヒマラヤスギ)に斜光で輝くユリノキが。
これは花の名残りですが、もう次の芽というか蕾が出ているんですね。

撮影地:東京都練馬区「光が丘公園」(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D EF70~200㎜ f/2.8L USM +エクステンダーEF2.0
撮影データ:ISO400 f/5.6AE(SS1/250秒) -1.7EV (400㎜)


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(28) | TB(2) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。