スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
光が丘公園の紅葉
- 2005/11/30(Wed) -
『紅葉の円陣』

IMG_051130_01.jpg

紅葉ばっかりで恐縮ですが・・・m(__)m

国営武蔵丘陵森林公園には見劣りはするものの、光が丘公園の楓もなかなかの色づきをしていました。
今回は、そんな光が丘公園で見ることができる紅葉をご紹介します。

この写真は、光が丘公園でも西のはずれ(我が家から歩いても10分弱)にある楓の木を撮影したものです。
まるで紅葉が円陣を組んでいるかのように見えました。
頭に浮かんだ言葉は、ずばり「紅葉の円陣」です。
手持撮影ですから仕方がありませんが、もう少し絞り込みたいところですね。

撮影地:東京都練馬区「光が丘公園」(共通)
撮影機材:キャノンEOS10D EF70~200㎜ f/2.8L USM+エクステンダーEF1.4
撮影データ:ISO200 f/4.0AE(SS1/180秒) -1.0EV (280㎜)


あと5枚掲載しています。続きもご覧下さい。
この記事のURL | 季節の彩り | CM(16) | TB(0) | ▲ top
森林公園の過ぎ行く秋
- 2005/11/29(Tue) -
『色づく・・・』

IMG_051129_01.jpg

「イタヤカエデ」でしょうか?・・・綺麗に色づいていました。
右奥の木は、三日前の26日にご紹介しました「メタセコイア」です。
どちらもオレンジ色が基調となっていて、とても美しく感じられました。

初冬の午後の柔らかな陽射しを浴びて木の葉が生き生きと輝き、あたりに精彩を放ってるかのようでした。
この木は、国営武蔵丘陵森林公園の中央口から入ってすぐのところにあります。

撮影地:埼玉県比企郡滑川町「国営武蔵丘陵森林公園」(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D EF70~200㎜ f/2.8L USM
撮影データ:ISO100 プログラムAE(SS1/250秒 f/3.5) -0.7EV (150㎜)


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 季節の彩り | CM(30) | TB(0) | ▲ top
30年以上前のレンズで撮る!
- 2005/11/28(Mon) -
『SMCタクマーの恐るべき描写力』

IMG_05112802_01.jpg

今から30年以上前に設計・製造されたレンズで撮影した写真をご紹介します。
「タクマー」という名前は、写真を長くやっている方は耳にしたことがあるレンズ名ですね。
暫くは「スーパータクマー」という名前でしたが、SMC(スーパーマルチコーティング)という
多層膜コーティングを他社に先駆けて施した高性能レンズが「SMCタクマー」なんです。

このような半逆光という厳しい条件でもクリアな描写を誇ります。
私がこのレンズを手に入れたのは、もう30年以上前のことです。
アルバイトで苦労して貯めたお金で購入したものです。
本音は50㎜F1.4が欲しかったのですが、手が届きませんでした。
セカンド・ベストとしての選択ですね。

撮影地:東京都練馬区「光が丘公園」(共通)
撮影機材:キャノンEOS10D SMCタクマー55㎜ f/1.8(マウントアダプター使用・共通)
撮影データ:撮影データ:ISO100 f/5.6AE(SS1/250秒) -1.0EV


あと5枚掲載しています。続きもご覧下さい。
この記事のURL | 季節の彩り | CM(30) | TB(1) | ▲ top
銀杏並木
- 2005/11/27(Sun) -
『絵画のように・・・』

IMG_051127_01.jpg

つい先日のことです。
「銀杏並木を絵のように表現できないかな?」と、ふと思ったんです。
実は、今まで銀杏の木をうまく写したことがなかったものでして・・・
ちょっぴり苦手意識があるのかもしれませんね。

いつもの光が丘公園への出発が予定よりも遅くなってしまいました。
それが却って功を奏したようです。
銀杏並木をとぼとぼと歩いて行き、ふと振り返ったら・・・ありました、目指したものが。
何となく点描画のような、パステル画のような眺めが。
連写したのは言うまでもありません。

撮影地:東京都練馬区「光が丘公園」(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D EF70~200㎜ f/2.8L USM(共通)
撮影データ:ISO200 f/4.0AE(SS1/60秒) +0.7EV (70㎜)


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい。
この記事のURL | 季節の彩り | CM(49) | TB(4) | ▲ top
冬桜Ⅳ
- 2005/11/26(Sat) -
『鬼石町・桜山公園にて』

IMG_051121_01.jpg

アップするのが10日ほど遅れましたが・・・
「桜山公園」で一番気に入っている構図です。
冬桜のトンネルの向こうに、紅葉が見えるという絶好のロケーションです。
ただ、人通りが多いので「忍」の一語となります。

まだ満開ではなかったので、さほど人は多くはありませんでした。
午前中は左からのサイド光で、午後はやや右からの光となります。
どの時間帯でも順光にはならないので、いつ訪れても綺麗な光で出迎えてくれるところです。

撮影地:群馬県鬼石町「桜山公園」(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D EF70~200㎜ f/2.8L USM
撮影データ:ISO200 f/6.3AE(SS1/125秒) -0.3EV (90㎜)


あと5枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(16) | TB(1) | ▲ top
メタセコイア
- 2005/11/26(Sat) -
『オレンジ色に染まる』

IMG_051126_01.jpg

メタセコイアの色つきがこんなに凄いものだとは思いもよりませんでした。
あまりの鮮やかさに目が釘付けになったのは言うまでもありません。
そしてよく見ると、ちゃんと実がなっているではありませんか。
大きさとしては「ラクウショウ」の実の半分以下という小さなものです。
形も少し違うような感じで、何だか色が薄い梅干のように見えてしまいました。

国営武蔵丘陵森林公園の中央口から入ると、このメタセコイアのオレンジ色の大木が目に入ります。
本当は一昨日アップした「楓見本園」へ早く行きたかったのですが、これを見逃すわけにはいきません。
帰りにもしっかりと撮影しましたから、何だかんだで一時間近くもメタセコイアにLOVE LOVEでした。(笑)

撮影地:埼玉県滑川町・国営武蔵丘陵森林公園中央口付近(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D EF17~40㎜ f/4.0L USM
撮影データ:ISO200 f/5.6AE(SS1/200秒) -0.7EV (40㎜)


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい。
この記事のURL | 季節の彩り | CM(34) | TB(4) | ▲ top
オーシャン・ブルー
- 2005/11/25(Fri) -
『今時、朝顔の花が?』

IMG_05112401_01.jpg

我が家から実家までは歩いて5分のところにあります。
この花はその途中に咲いていました。
正確には「オーシャン・ブルー」というそうです。
何ともハイカラ(ふ、古っ!)なネーミングなんですね。

11月も下旬なのに、毎日元気よく咲いているようです。
この花は、午前中は綺麗なブルーをしていますが、お昼頃からはピンクがかってきます。
朝早く見に行けば良さそうなものですが、最近は何分寒いものですから・・・(笑)

撮影地:埼玉県和光市
撮影機材:キャノンEOS10D EF100~300㎜ f/4.5~5.6USM
撮影データ:ISO200 f/6.7AE(SS1/500秒) -1.0EV (300㎜)


あと3枚掲載しています。続きもご覧下さい。
この記事のURL | 花の写真 | CM(28) | TB(1) | ▲ top
森林公園の紅葉
- 2005/11/24(Thu) -


IMG_05112405_01.jpg

彩の国にある「国営武蔵丘陵森林公園」では、紅葉が見頃を迎えていました。
昨年よりは鮮やかさには少々欠けますが、「うわあ!」という声が出るくらい見事なものでした。
浮かんだ言葉は、まさに「錦秋」
見事な紅葉を思う存分に堪能してきました。

今回は写真を絞りきれずに8枚になってしまいました。
似たような写真が多くなりますが、暫くの間お付き合い下さいね。

撮影地:埼玉県比企郡滑川町「国営武蔵丘陵森林公園」楓見本園(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D EF70~200㎜ f/2.8L USM
撮影データ:ISO100 f/11.0AE(SS1/10秒) 0.0EV (75㎜)


あと7枚掲載しています。続きもご覧下さいね♪
この記事のURL | 季節の彩り | CM(38) | TB(4) | ▲ top
冬桜Ⅲ
- 2005/11/23(Wed) -
冬桜紅葉のコラボレーション』

IMG_051123_01.jpg

皆様、大変お待たせいたしました。((^_^;)\('_' ) オイオイ、誰も待っていないって・・・)
今回は、冬桜と紅葉を絡めて撮影した写真の数々をご覧にいれることにしましょう。
って、このトップの画像はちょっと地味ですが、まあ、序章ということで・・・

これは埼玉県神泉村の「城峯公園」の広場から撮影したものです。
右側に色づいた木がありますが、山の上の方にもちらっと紅葉が見えるところが味噌となっています。(笑)

撮影地:埼玉県神泉村「城峯公園」(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D EF70~200㎜ f/2.8L USM(共通)
撮影データ:ISO200 f/5.0AE(SS1/200秒) -0.7EV (70㎜)


あと5枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(18) | TB(0) | ▲ top
冬への序章Ⅳ
- 2005/11/22(Tue) -
『冬の装い』

IMG_051122_01.jpg

前日の夕刻から降り続いていた雪は、朝方になって止みました。
雲が少しずつ切れ始め、雄大な白馬連峰がその姿を現しました。
山肌は新雪に覆われ、朝陽に眩しく輝いているその様子はすっかり冬の装いです。

前日泊まった常宿の「白馬アルプスホテル」を早朝に出発した私は、大出集落へと車を走らせていました。
幸い道路には雪は殆どなく、安全に目的地に着くことが出来ました。
ところが、車を降りてからあまりの寒さに身が凍えました。
恐らく零度以下だったのでしょう。
カメラもすぐには取り出さず、暫くは寒さに慣らすことにしました。

撮影地:長野県白馬村「大出集落」付近(撮影:2003年11月)
撮影機材:キャノンEOS10D EF70~200㎜ f/2.8L USM
撮影データ:ISO100 f/11.0AE(SS1/320秒) 0.0EV (130㎜)


あと3枚掲載しています、続きもご覧下さい。
この記事のURL | 山岳 | CM(22) | TB(0) | ▲ top
都電荒川線Ⅱ
- 2005/11/21(Mon) -
『サンシャイン60を背景に走るⅡ』

IMG_05112102_01.jpg

前から一度は撮っておきたかった構図です。
個人的には架線を吊っている横棒?が目障りに感じていますが・・・
他にもっといい場所があるんでしょうか???

電車の正面でカメラを構えていますが、私は鉄道敷地外の安全な歩道にいます。
架線を見ればわかりますが、この後、面影橋方向に右側に急カーブを描いて走り去ります。
ですから、望遠レンズで狙えば、誰でも安全にこのような写真を撮ることができます。

撮影地:都電荒川線・学習院下~面影橋
撮影機材:キャノンEOS20D EF70~200㎜ f/2.8L USM
撮影データ:ISO200 f/5.0AE(SS1/500秒) 0.0EV (108㎜)


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい。
この記事のURL | 鉄道 | CM(18) | TB(0) | ▲ top
紅葉の絨毯
- 2005/11/20(Sun) -
『紅色に・・・』

IMG_051120_01.jpg

昨年、伊豆修善寺の観光ポスターを見て、いつかは紅葉の絨毯を撮りたいと思っていました。
なかなかその機会に恵まれず、冬桜を見に鬼石町の「桜山公園」へ向かう途中で思い出しました。
「ここなら撮れるんじゃないかな?」と・・・

予想は当りました。
一昨年は少し早すぎて、昨年は遅すぎました。
葉が地面に散って、なお木に紅葉が残っている条件というのはそうそうはありません。
幸運だったとしか言いようがないですね。

撮影地:群馬県鬼石町「桜山公園」(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D EF17~40㎜ f/4.0L USM
撮影データ:ISO200 f/5.6AE(SS1/100秒) -0.7EV (40㎜)


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい。
この記事のURL | 季節の彩り | CM(36) | TB(2) | ▲ top
冬桜Ⅱ
- 2005/11/19(Sat) -
『満開の城峯公園冬桜』

IMG_051119_01.jpg

城峯公園の冬桜を見に行って来ました。
ここは昨年も行きましたが、もう花期は終わりかけていてちらほらとしか咲いていませんでした。
今年はこのように見事な花をつけて出迎えてくれました。

私にしては珍しく人工物を三つ(外灯・立て札・ベンチ)も入れて撮影をしました。
そのようなものが無視できるくらい見事な咲きっぷりだったんです。
もう、このアングルしかない!といった気持ちからですね。
勿論、人影が見えない瞬間を狙いました。

撮影地:埼玉県神泉村「城峯公園」(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D EF70~200㎜ f/2.8L USM(共通)
撮影データ:ISO200 f/6.3AE(SS1/200秒) -0.7EV (70㎜)


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい。 
この記事のURL | 花の写真 | CM(21) | TB(1) | ▲ top
落葉
- 2005/11/18(Fri) -
『岩紅葉』

IMG_051118_01.jpg

雨上がりのある日、濡れた岩に紅葉が乗っていました。
閃いた言葉はタイトルどおりの「岩紅葉」
真っ赤なら言うことはなしですが、まあ楓ですからヨシ!としましょう(笑)

贅沢を言えばきりがないんですが、苔がもう少し生えていればねえ・・・
そして、上の桜の落ち葉も必要はなかったかもしれません。
勿論、人為的に排除することも可能でしたが、私は演出があまり好きではありません。
ですから、そのまま撮影を続行しました。

撮影地:埼玉県新座市「平林寺」(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D EF70~200㎜ f/2.8L USM+エクステンダーEF2.0
撮影データ:ISO200 f/8.0AE(SS1/60秒) -1.7EV (400㎜)


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい。
この記事のURL | 季節の彩り | CM(24) | TB(0) | ▲ top
水郷~安曇野
- 2005/11/17(Thu) -
『夢・・・』

IMG_051117_01.jpg

安曇野が水郷?と思われる方が多いと思います。
北アルプスの雪解け水が芳醇な地下水となり、湧き水となり、川となって安曇野を潤しています。
これもその一つ、万水川(よろずいがわ)です。
水量は豊富で、水は清らかに澄んでいます。

画面中央にある水車小屋はもともとこの地にあったものではありません。
黒澤明監督の「夢」という映画のために建てられたものです。
「こんな夢を見た・・・」で始まる映画です。
ご覧になった方もいらっしゃることでしょう。

撮影地:長野県南安曇郡穂高町「大王わさび農場」付近(共通)
撮影機材:キャノンEOS10D EF24~85㎜ f/3.5~4.5USM(共通)
撮影データ:ISO100 プログラムAE(SS1/100秒 f5.0) -0.3EV (58㎜)


あと3枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 観光地 | CM(27) | TB(0) | ▲ top
初冬の公園Ⅰ
- 2005/11/16(Wed) -
『染まる・・・』

IMG_051116_01.jpg

前から狙っていた「金色に染まる薄」です。
遠出は出来ませんので、いつもの光が丘公園で撮影したものです。

夕陽に照らされて金色に・・・と言いたいところですが、ホワイトバランスが太陽光では薄は白いままです。
そこで、日陰モード?に合わせてみました。
すると、肉眼で見たとおりの発色となり、満足度はまずまずといったところです。
薄が一面に広がる箱根の千石原で撮ってみたいものですね。

撮影地:東京都練馬区「光が丘公園」(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D EF70~200㎜ f/2.8L USM +エクステンダーEF1.4
撮影データ:ISO100 f/5.6AE(SS1/800秒) -0.7EV (280㎜)


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい。
この記事のURL | 季節の彩り | CM(28) | TB(1) | ▲ top
武蔵野の面影Ⅱ
- 2005/11/15(Tue) -
『平林寺にてⅡ』

IMG_051115_01.jpg

仏殿の前から山門と総門のある方向を望んだところです。
この場所は午前中がベストの光線状態となります。
正午には太陽が木に遮られてしまい、午後は完全に影となってしまいます。

雨上がりのしっとりとした感じを消したくなかったため、PLフィルターは使用していません。
使えば紅葉がもっと鮮やかに表現されますが、この場面は雨上がりのしっとり感を優先させました。

撮影地:埼玉県新座市「平林寺」
撮影機材:キャノンEOS20D TAMRON SPAF28~75㎜ f/2.8XR Di
撮影データ:ISO100 f/4.0AE(SS1/60秒) -0.3EV (51㎜)


あと5枚掲載しています。続きもご覧下さい♪ 
この記事のURL | 季節の彩り | CM(22) | TB(0) | ▲ top
冬への序章Ⅲ
- 2005/11/14(Mon) -
『安曇野の冬支度』

IMG_051114_01.jpg

雪を頂いた北アルプスと柿の木を絡めたい、という構想がかなり以前からありました。
もう二年前のことですが、やっとそれが実現しました。

安曇野をあちこち車で走り回り、やっと見つけたのがこの場所です。
信州新町にも大きな柿の木があることは知っていましたが、私は安曇野で撮りたかったのです。
一種の拘りかもしれません。

晩秋から冬へと季節が移ろう時期で、北アルプスには雪雲がかかっていました。
でも、青空があって気持ちがいい撮影が出来たと思います。

撮影地:長野県南安曇郡池田町(撮影:2003年11月22日)
撮影機材:キャノンEOS10D EF24~85㎜ f/3.5~4.5USM
撮影データ:ISO100 プログラムAE(SS1/160秒 f/6.3) -0.7EV (54㎜)


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 季節の彩り | CM(22) | TB(0) | ▲ top
光が丘バードサンクチュアリ
- 2005/11/13(Sun) -
バードウォッチングを・・・

IMG_051113_01.jpg

光が丘公園にあるバードサンクチュアリで撮影したものです。
ここは土日と祭日にオープンしていて、鳥好きが集まる場所としても知られています。
私も何度となく足を運んでいます。

今回は「アオサギ」が比較的近くにいて、今までになく大きく写すことができました。
どうやら、このアオサギ君は獲物を狙っているかのようですね。

撮影地:東京都練馬区「光が丘バードサンクチュアリ」
撮影機材:キャノンEOS10D EF70~200㎜ f/2.8L USM+エクステンダーEF2.0×


あと三枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 野鳥・鳥類 | CM(26) | TB(1) | ▲ top
武蔵野の面影Ⅰ
- 2005/11/12(Sat) -
『平林寺にて』

IMG_05111201_01.jpg

朝方まで関東地方は大荒れの天気でしたが、天気が回復することはわかっていました。
青空が少し見えたところで、目的地の平林寺に向かうことにしました。

雨上がりというのは独特の空気感があり、潤いをもった眺めがそこにはありました。
楓の黄葉と関東を代表する欅の黄葉が融合し、古い建物がそこに趣を添えてくれました。

撮影地;埼玉県新座市「平林寺」(撮影:2005年11月12日)
撮影機材:キャノンEOS20D EF70~200㎜ f/2.8L USM / TAMRON SPAF28~75㎜ f2.8XR Di


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい。
この記事のURL | 季節の彩り | CM(24) | TB(0) | ▲ top
公園の秋Ⅳ
- 2005/11/11(Fri) -
『陽光を浴びて・・・』

IMG_051111_01.jpg

キバナコスモスが陽光を浴びていました。
「へえ、まだ咲いているんだ」という感じで近づいてみました。
多くの花は天寿を全うしていましたが、まだまだ元気に咲いているものもありました。

この一角を遠くから見るとオレンジに染まっているように見えます。
最盛期はもっと色が溢れているんだろうな、とふと思いました。

撮影地:東京都練馬区「光が丘公園」
撮影機材:キャノンEOS10D EF70~200㎜ f/2.8L USM(一部エクステンダーEF2.0使用)


あと5枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 季節の彩り | CM(28) | TB(0) | ▲ top
碌山美術館
- 2005/11/10(Thu) -
『安曇野のシンボル』

IMG_051110_01.jpg

一見、教会のようなこの建物が、有名な「碌山美術館」です。

「碌山美術館は、日本の近代彫刻の扉を開いた荻原守衛(碌山)の作品と資料を永久に保存し、一般に公開するために昭和33年4月、29万9100余人の力によって、碌山の生地である北アルプスの麓・安曇野の真中に誕生いたしました。
 また碌山と関係の深い優れた一群の芸術家たちの作品を併せて蒐集保存し、日本近代彫刻の流れと展開を明らかにしようと努めております。
 皆さんの力によって支えられて来たこの美術館が、更により多くの人々にとって、美を鑑賞し、心の安らぎを得る場となるならば、これに越した喜びはございません。」

尖塔のうえに不死鳥をいだき、外壁に焼きレンガを積み上げた西欧教会風の建物は安曇野のシンボルとして多くの人々に愛されています。
館内には、31歳で夭逝した荻原守衛(碌山)の彫刻・絵画・書簡等を展示し、苦悩の中に制作された珠玉の作品を鑑賞することができます。

~ろくざん(碌山)美術館HPより引用~

撮影地:長野県南安曇郡穂高町「碌山美術館」(共通)
撮影機材:キャノンEOS10D EF24~85㎜ f3.5~4.5USM(共通)


あと3枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 季節の彩り | CM(31) | TB(1) | ▲ top
公園の秋Ⅲ
- 2005/11/09(Wed) -
『ラクウショウ(落羽松)』

IMG_051109_01.jpg

アメリカからメキシコ原産の水湿地に生育する落葉針葉樹で、ヌマスギとも呼ばれます。
メタセコイアと同様、このように美しい黄葉が見られます。

ここでも光が丘公園のラクウショウを二回ご紹介したことがあります。
今回は見事に黄葉になったものを公開することにします。
この木も池の畔にたっているものです。

撮影地:東京都練馬区「光が丘公園」(共通)
撮影機材:キャノンEOS10D EF70~200㎜ f/2.8L USM(共通)


あと3枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 季節の彩り | CM(26) | TB(2) | ▲ top
冬への序章Ⅱ
- 2005/11/08(Tue) -
『鎌池にて』

IMG_051108_01.jpg

長野県の最北部に位置する小谷村「鎌池」です。
木々の葉は殆ど落ちてしまい、かすかに枝にしがみついているのを見るくらいです。
すでに冬の様相となり、上空には雪雲が覆い尽くそうとでも言わんばかりに広がりつつありました。

雲の動きは早く、時折射す太陽光が鋭く感じられるほどでした。
じっとしていると寒風で指先がかじかんでしまいそうです。

撮影地:長野県北安曇郡小谷村「鎌池」(撮影:2004年11月)
撮影機材:キャノンEOS20D EF70~200㎜ f/2.8L USM他


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 季節の彩り | CM(16) | TB(0) | ▲ top
ハナミズキ
- 2005/11/07(Mon) -
『赤く染まる』

IMG_05110702_01.jpg

光が丘公園のハナミズキです。
気温の関係か、それとも10月に雨が多かったからか・・・まだ均一には染まっていないようです。
背景の赤もハナミズキですから、本来ならもっと赤く染まるような感じなんです。

ハナミズキは春には綺麗な花を咲かせ、秋には赤く染まってくれますから、一年で二度までも目を楽しませてくれます。
来春には、またステキな光景を見せてくれることでしょう。

撮影地:東京都練馬区「光が丘公園」
撮影機材:キャノンEOS10D EF70~200㎜ f/2.8L USM


あと3枚掲載しています。続きもご覧下さい。
この記事のURL | 季節の彩り | CM(32) | TB(1) | ▲ top
落ち葉の詩
- 2005/11/06(Sun) -
足元に目を向けると・・・

IMG_051106_01.jpg

昨日の土曜日は珍しく天気が良かったので、いつもの光が丘公園へ出かけてきました。
二週間ぶりに訪れる公園は、確実に秋が深まっていました。
紅葉したハナミズキなどを撮影していると、どこからか私を呼ぶような声が・・・

やっと見つけました。
木漏れ日を浴びている落ち葉が語りかけてきたようです。
「木の葉ばかり見ていないで、私も見つめて下さい・・・」と。

ということで、今回は落ち葉に焦点を合わせてみることにしました。
枚数が多い割には、似たような構図ばかりですので飽きてしまうかも・・・(汗)

撮影地:東京都練馬区「光が丘公園」
撮影機材:キャノンEOS10D EF70~200㎜ f/2.8L USM


あと6枚掲載しています。続きもご覧下さい。
この記事のURL | 季節の彩り | CM(36) | TB(2) | ▲ top
冬桜(フユザクラ)
- 2005/11/05(Sat) -
「凛とした美しさ」

IMG_051107_01.jpg

昨年、一昨年と続けて群馬県鬼石町に冬桜を見に行きました。
冬桜は別名をコバザクラ(小葉桜)といい、ヤマザクラとマメザクラの雑種と推定されています。
冬桜は春の桜のように一度には咲かず、下の枝から咲き始めてから徐々に上の方に咲いていきます。

これは昨年12月に鬼石観光ホテルに一泊した翌朝に撮影したものです。
ホワイトバランスはタングステンに合わせて、冬の朝の冷たさを表現してみました。

撮影地:群馬県鬼石町「冬桜公園」(撮影2003年11月、2004年12月)
撮影機材:キャノンEOS10D、EOS20D、レンズはいろいろ・・・


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい♪

この記事のURL | 花の写真 | CM(28) | TB(1) | ▲ top
冬への序章Ⅰ
- 2005/11/05(Sat) -
『予感・・・』

IMG_051105_01.jpg

青空がそこにはあって、草原や木にも陽の光は当たっていました。
でも、感じるこの不安のようなものは何でしょう?
押し寄せる雲がそれを物語るかのようでした。

長野県白馬の北方に位置する小谷村です。
「鎌池」にほど近い場所で、思わず車を止めて撮影を開始したほどインパクトがありました。
早く行かないと鎌池も曇ってしまうかもしれません。
でも、風景は一期一会です。
ここでの撮影も二度とはないチャンスかもしれません。

撮影地:長野県北安曇郡小谷村(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D TAMRON SPAF28~75㎜ f/2.8XR Di


あと3枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 風景写真 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
鏡池再訪
- 2005/11/04(Fri) -
『晩秋の光と影』

IMG_051104_01.jpg

先日アップしました戸隠高原にある鏡池です。
前回はコンパクトデジカメでしたが、今回は一眼レフを使いましたから狙いがよりはっきりとしました。
撮影の時間帯が遅かったため、かなり低い位置からのサイド光がメインとなっています。
この光は、木や山を撮影するにはうってつけです。
陰影が強調されることで立体感が表現できるからです。

撮影地:長野県戸隠高原「鏡池」(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D EF70~200㎜ f/2.8L USM(一部エクステンダーを使用)


あと4枚掲載しています。続きも読んで下さいね♪
この記事のURL | 季節の彩り | CM(14) | TB(0) | ▲ top
平林寺・秋
- 2005/11/03(Thu) -
『内緒話』

IMG_051103_01.jpg

私の撮影フィールドの一つでもある「平林寺」での一齣です。
鐘楼の傍にある苔のカーペットの上で、落ち葉がヒソヒソ話をしているようでした。
それぞれ色が違う葉が、各々の存在を主張していることが面白く感じられました。

これはキャノンで最も安価に入手できるレンズ(EF50㎜ f/1.8Ⅱ)で撮影しました。
実売で10,000円を切るくらいのものですが、結構良く写ります。
作りが華奢であることと、絞りが五角形であることによってボケ味に癖がある点を除けば、必要十分です。
普段ズームレンズを使い慣れた人にこそ、使って欲しいレンズです。
きっと大口径レンズの明るさに驚くことでしょう。

撮影地:埼玉県新座市「平林寺」(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D EF50㎜ f/1.8Ⅱ、EF70~200㎜ f/2.8L USM


あと4枚掲載しています。続きもご覧下さい♪
この記事のURL | 季節の彩り | CM(21) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。