スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
忘れられたかのように咲いている花たち
- 2005/04/30(Sat) -
イモカタバミ(芋片喰)

IMG_7284.jpg

ムラサキカタバミと同じく南アメリカ原産の帰化植物で、カタバミ科に属します。
芋状の塊茎で増えることからこの名前がつけられました。
日本に入ってきたのは戦後のことです。
イモカタバミの特徴は、ムラサキカタバミよりも花の色が濃くて中心が濃い赤色をしていることです。


撮影地:埼玉県和光市
撮影機材:キャノンEOS20D TAMRON SPAF90㎜ f/2.8MACRO
撮影データ:ISO100 SS1/250 f/5.0 補正なし

あと7枚掲載しています。続きも読んで下さいね♪

この記事のURL | 花の写真 | CM(22) | TB(2) | ▲ top
水の旋律 ~涼を呼ぶ滝~
- 2005/04/29(Fri) -
軽井沢白糸の滝

IMG_6339.jpg

軽井沢では有名なスポットです。
シーズン中は駐車場に車をとめるどころか、ここまでの道が大渋滞となります。
落差は3m、幅が70mほどあって、苔むした岩に絹糸のように流れる姿がとても印象的です。
軽井沢は避暑地として有名ですが、旧軽井沢よりも高地(海抜1287m)にあって、水源が浅間山の地下水ですので薄着だと寒さを感じるかもしれません。


撮影地:長野県軽井沢町
撮影機材:キャノンEOS10D EF70-200㎜ f/2.8L USM
撮影データ:ISO100 SS1/8秒 f/8.0 補正なし (75㎜)

あと5枚掲載しています。続きも読んで下さいね♪

この記事のURL | 滝・渓流 | CM(25) | TB(0) | ▲ top
ブナ林にて ~栗駒山麓の春Ⅱ~
- 2005/04/28(Thu) -
新緑のイヌブナ

IMG_0962.jpg

岩手県にある栗駒山麓は、GWを迎えると一気に春色に染まっていきます。
ヤマザクラやカタクリ、ニリンソウ、キクザキイチゲなどの山野草も一斉に花を咲かせ、カメラマンにとってはたまらなくなるほど魅力に溢れたフィールドです。
今回は、昨年のGWに訪れた時に撮影した写真をまじえて、栗駒山麓の春をご紹介したいと思います。


撮影地:岩手県栗駒山麓(共通)
撮影機材:キャノンEOS10D TAMRON SPAF28-75㎜ f/2.8XR Di
撮影データ:ISO100 1/30秒 f/8.0 補正なし PL使用 (28㎜)

あと5枚掲載しています。続きも読んで下さいね♪

この記事のURL | 木のある風景 | CM(18) | TB(1) | ▲ top
ハナダイコンの詩
- 2005/04/27(Wed) -
薄紫色に染まる

IMG_8804.jpg

ハナダイコンはこの時期、よく見かける花の一つです。
ダイコンの花に似ているからハナダイコンという名前がつけられました。
残念ながら、野菜ではないんですね。
この花は花期が終わりかかっているものですが、全体的に綺麗に薄紫色に染まった感じに見えましたのでトップを飾ることにしました。
ラベンダーに負けない!と言うと嘘になりますが、本当に綺麗な色だと思います。


撮影地:埼玉県朝霞市(共通)
撮影機材:キャノンEOS10D EF70-200㎜ f/2.8L USM
撮影データ:ISO100 SS1/2000秒 f/3.5 補正なし(200㎜)

あと5枚掲載しています。続きも読んで下さいね♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(21) | TB(0) | ▲ top
光が丘公園のハナミズキ
- 2005/04/26(Tue) -
「逆光に輝く」

IMG_7658.jpg

我が家から歩いても15分ほどの光が丘公園は、最近はすっかり私の撮影フィールドになりました。
この日の目的は「ハナミズキ」です。
暗めの背景にハナミズキの花が逆光に輝いていて、言葉には出来ないほど綺麗でした。
花が最も美しく見える光は逆光だと信じて疑わない私は、またワンパターンの写真を撮り続けるのでした。(笑)


撮影地:東京都練馬区「光が丘公園」(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D SFEF135㎜ f/2.8
撮影データ:ISO100 SS1/500 f/4.0 -1.0補正

あと6枚掲載しています。続きも読んで下さいね♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(10) | TB(1) | ▲ top
ソフトフォーカスの世界
- 2005/04/25(Mon) -
最初に、本日(4月25日)兵庫県尼崎市内のJR福知山線で起きた列車脱線事故でお亡くなりになった方々のご冥福と負傷された方々の一日も早いご快復をお祈り申し上げます。

「カトリーヌ・ドヌーブ」

IMG_4622.jpg

ソフトフォーカス効果はいわゆるピンボケ写真とは違います。
ピントの芯は残しつつも、その周りがフワっと滲んでソフトに見える描写のことをいいます。
基本的にはソフトフォーカス専用レンズを使います。
ライカでいえばタンバール90㎜があまりにも有名です。
中判以上のフォーマットでは、ニコラペルシャイトやベリート、ポートレートエクター、イマゴンなどがマニア垂涎のレンズとなっています。
国産の35㎜判では、ペンタックス、ミノルタ、キャノンからソフトフォーカスレンズが発売されています。
今回は、
キャノンSFEF135㎜ f/2.8を使って撮影した写真を5点ご紹介することにします。

この花は「カトリーヌ・ドヌーブ」という品種の薔薇で、1981年にフランスのメイアンで作出されたものです。

撮影地:東京都北区「旧古河庭園」
撮影機材:キャノンEOS20D SFEF135㎜ f/2.8 (共通)
撮影データ:ISO100 SS1/1600秒 f/2.8 補正なし

あと4枚掲載しています。続きも読んで下さいね♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(16) | TB(0) | ▲ top
遠野物語の世界
- 2005/04/24(Sun) -
【お知らせです】
お気づきの方もいらっしゃると思いますが、数日前から日計カウンターを取り付けました。
フリーで使えるものですので左上に広告表示がされます。
たまに「出会い系」などアダルト系のものが表示されてしまいます。
お見苦しいこととは存じますが、ご了解いただけますようお願いいたします。
なお、広告の左上にある×マークをクリックしても消えない場合は、ブラウザの更新ボタンをクリックすることで消えます。


~遠野物語の世界~ 南部曲がり家「千葉家」

IMG_1090.jpg

南部曲り家の千葉家は、遠野市から盛岡市に向かう国道396号線の右側にあります。
小高い丘の中腹に石垣を築いた屋敷構えの家で、曲り家の最盛期に建てられたそうです。
保存状態が良く、典型的な最高級の曲り家であるといわれており、「日本十大民家」の一つに数えられています。


曲り家というのは、L字型の家のことで、人間の住む母屋と馬小屋を直角に連結した農家をいいます。この南部曲がり家の拠点は二つあり、遠野郷と盛岡周辺です。これを外から見てみると、屋根は茅(かや)で葺き、周りを土壁で塗りつぶし、柱や貫だけを露出させます。これを遠くから眺めると、自然の風景に溶け込んで、小さな山や丘に見えます。(「遠野物語小事典」より)

撮影地:岩手県遠野市(共通)
撮影機材:キャノンEOS10D TAMRON SPAF28-75㎜ f/2.8XR Di(共通)
撮影データ:ISO100 SS1/200秒 f/5.6 -1.3補正(62㎜)

あと6枚掲載しています。続きも読んで下さいね♪
この記事のURL | 観光地 | CM(13) | TB(0) | ▲ top
石楠花が満開に!
- 2005/04/23(Sat) -
光が丘公園の石楠花が見ごろを迎えました

IMG_7474.jpg

私が最近よく足を運ぶ「光が丘公園」はいろいろな花が咲きますが、今は石楠花が綺麗に咲いています。
基本的な品種は「アズマシャクナゲ」ですが、私はてっきり「東石楠花」と書くものだとばかり思い込んでいたんです。
ところが、調べてみると「吾妻石楠花」なんですね。
知らないということは恐ろしい(笑)
それにしても、暗い背景を好んで撮影する私って一体・・・


撮影地:東京都練馬区「光が丘公園」(共通)
撮影機材:キャノンEOS10D TAMRON AF28-200㎜ f/3.8-5.6 SuperXR PLフィルター使用(共通)
撮影データ:ISO400 SS1/200秒 f/9.0 -1.3補正(90㎜)

あと4枚掲載しています。続きも読んで下さいね♪

この記事のURL | 花の写真 | CM(26) | TB(4) | ▲ top
和の心 ~睡足軒の森~
- 2005/04/22(Fri) -
「睡足軒」

IMG_4509.jpg

埼玉県新座市に「平林寺」という古刹がありますが、この「睡足軒の森」の敷地はその境内林の一部となっています。
面積は9,379㎡あり、緑が豊かな景勝の地となっています。
せっかく平林寺まで足を運びながらも、この睡足軒の森に足を踏み入れないことは、実に勿体ないことだと思います。
場所は、平林寺の入り口の斜向かいにあり、新座市役所から歩いても数分の距離です。


撮影地:埼玉県新座市「睡足軒の森」(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D EF17-40㎜ f/4.0L USM
撮影データ:ISO400 SS1/60秒 f/4.0 +1.0補正(17㎜)

あと3枚掲載しています。続きも読んで下さいね♪

この記事のURL | 史跡・名所 | CM(16) | TB(0) | ▲ top
旅立ち ~新たな世界へ~
- 2005/04/20(Wed) -
フーっ!

IMG_5430.jpg

もう夕暮れに近い時刻でした。
少女が、ふと足元のタンポポの綿帽子を手に取りました。
どうするのかな?と暫く見ていたら、フーっと優しく息を吹きかけました。
夕方の淡い光線に照らされて、タンポポの綿毛は新たな世界へと旅立っていきました。


撮影地:ヒミツ モデル:ヒミツ
撮影機材:キャノンEOS20D EF50㎜ f/1.4USM
撮影データ:ISO400 SS1/1000 f/2.8 -1.0補正

あと4枚掲載しています。続きも読んで下さいね♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(16) | TB(2) | ▲ top
田島ヶ原に咲く花
- 2005/04/19(Tue) -
さいたま市田島ヶ原は国指定特別天然記念物の「サクラ草」の自生地であることは有名です。
でも、サクラ草のほかにも可憐な花がいろいろと咲く別天地だと私は思っています。


ツボスミレ(坪菫)

IMG_7079.jpg

スミレ科に属する多年草で、北海道から九州にかけて生育します。
花は白色で小さく、中心部に紫褐色の文様があり、葉の形がハート形(正式には偏心形)をしているのが特徴です。
類似種で似た名前のタチツボスミレがありますが、この花は薄紫~紫色をしています。

撮影地:埼玉県さいたま市「田島ヶ原」(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D TAMRON SPAF90㎜ f/2.8MACRO
撮影データ:ISO200 SS1/320 f/4.0 補正なし

あと5枚掲載しています。続きも読んで下さいね♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(9) | TB(0) | ▲ top
秩父で見た春色
- 2005/04/18(Mon) -
ハナダイコン~菜の花を背景に~

IMG_6644.jpg

背景の菜の花はまばらですが、ハナダイコンがちょうど見ごろでした。
正式な名前はムラサキハナナ(紫花菜)で、アブラナ科に属します。
ハナダイコンというのは別名で、ほかにショカツサイ(諸葛采)とも呼ばれています。
ダイコンという名前がついていても、野菜ではないんですね。

私はこの花が好きで、特に群生している様は美しいと思います。
白花もまれに見ることが出来、昨年カメラに収めることができました。
オープニングを飾るには、相応しい花かな?と思っています。

撮影地:埼玉県長瀞町(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D EF70-200㎜ f/2.8L USM(共通)
撮影データ:ISO100 SS1/800 f/4.0 +0.3補正(150㎜)

あと5枚掲載しています。続きも読んでくださいね♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
瑞岩寺の岩ツツジ(ミツバツツジ)
- 2005/04/17(Sun) -
秩父のシンボル「武甲山」を望む

IMG_6263.jpg

秩父地方で「ミツバツツジ」といえば「岩根山」の名前をあげる方が圧倒的だと思います。
ところが、秩父市黒谷にある瑞岩寺の裏山に自生している「ミツバツツジ」もなかなかのものですよ。
これは、山頂近くから遠く「武甲山」を望むことが出来るポイントで撮影しました。

撮影地:埼玉県秩父市黒谷「瑞岩寺」(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D EF17-40㎜ f/4.0L USM
撮影データ:ISO200 SS1/125 f/9.0 補正なし(20㎜)

あと7枚掲載しています。続きも読んで下さいね♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
秩父路・春爛漫 -桜五題-
- 2005/04/16(Sat) -
秩父鉄道・樋口駅にて

IMG_6167.jpg

前々から撮影したいと思っていた場所です。
SL(オパレオエクスプレス)でもいいんですが、個人的には電気機関車に牽引された貨物(鉱石)列車が好きです。
桜、ハナモモ、菜の花が咲いていて、ポカポカ陽気の中で気持ちよく撮影ができました。
線路のすぐ脇で撮影しているように見えますが、離れた場所から望遠ズームを使っています。

撮影地:秩父鉄道樋口駅付近
撮影機材:キャノンEOS20D EF70-200㎜ f/2.8L USM (PL使用)
撮影データ:ISO400 SS1/500 f/5.6 -0.3補正(105㎜)

あと4枚掲載しています。続きも読んで下さいね♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(14) | TB(0) | ▲ top
水芭蕉~棚田の春~
- 2005/04/15(Fri) -
棚田に咲く「水芭蕉」

IMG_6379.jpg

秩父市(旧荒川村)日野地区の水芭蕉園が見ごろだ、との情報が入りましたので早速行って来ました。
ここは休耕棚田を利用した水芭蕉園で、尾瀬の地元から苗を購入し、丹精込めて育てられたものです。
園の規模は小さくとも生活廃水が入り込まない環境ですので、普通の大きさの水芭蕉を見ることができます。

撮影地:埼玉県秩父市日野地区「水芭蕉園」
撮影機材:キャノンEOS20D EF70-200㎜ f/2.8L USM
撮影データ:ISO200 SS1/200 f/4.0 補正なし(115㎜)

あと6枚掲載しています。続きも読んで下さいね♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
チューリップの詩
- 2005/04/14(Thu) -
雨上がりの朝

IMG_6133.jpg

三日も雨が降って、やっと今日はお日さまが顔を出してくれました。
チューリップの花びらにはまだ水滴が残っていて、お日さまの光が当たってキラキラと輝いていました。

撮影地:自宅の花壇(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D TAMRON SPAF90㎜ f/2.8MACRO(共通)
撮影データ:ISO200 SS1/1000 f/4.5 補正なし

あと6枚掲載しています。続きも読んで下さいね♪ 
この記事のURL | 花の写真 | CM(12) | TB(1) | ▲ top
田島が原のサクラ草
- 2005/04/13(Wed) -
夕陽に映える

IMG_8612.jpg

昨年4月12日のことでした。
田島が原のサクラ草が見ごろになったとの情報が入ってきました。
とにかく駐車場が狭くて道も一本しかないため、大渋滞は避けられません。
そこで一計を案じて、夕方行くことにしました。
大正解でした。
帰り道は車が数珠繋ぎでしたが、私が進む方角はスイスイです。
駐車場に車を停めて、暫くは撮影に専念です。
風が強くて撮影には少々辛かったものの、それなりの成果をあげることができました。
因みに、これはラストカットで、午後5時頃に撮影したものです。
サクラ草が夕陽に照らされて、浮かび上がっているかのようでした。
このカットを撮影し終わったら、急速に光が失われ、あたりは夜を迎える準備に入りました。

撮影地:埼玉県さいたま市「田島が原」(共通)
撮影機材:キャノンEOS10D EF70-200㎜ f/2.8L USM
撮影データ:ISO100 SS1/200 f/4.0 補正なし(180㎜)

あと4枚掲載していますので、続きも読んで下さいね♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(9) | TB(1) | ▲ top
桜・サクラ・SAKURA
- 2005/04/12(Tue) -
八重咲きの桜

IMG_5243.jpg

桜の一種だと思いますが、調べてもわかりません。m(__)m
何しろバラ科の植物ですから・・・
最近は庭木などにもよく使われているようですね。
私の近所の家でも結構植えてありますので、ポピュラーな存在なのかもしれません。
今度、植木屋さんにでも聞いてみることにしましょう。

撮影地:東京都練馬区「光が丘公園」
撮影機材:キャノンEOS20D TAMRON SPAF28-75㎜ f/2.8XR Di
撮影データ:ISO100 SS1/200 f/4.0 補正なし(60㎜)

あと4枚掲載していますので、続きを読んで下さいね♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
小田急を走る「特急電車」
- 2005/04/11(Mon) -
最新型ロマンスカー

IMG_4911.jpg

今年の3月19日に営業運転を開始した、箱根観光用の新型ロマンスカー・VSE(50000形)です。
目にも眩いシルキーホワイトを基本色とし、現在は2編成が運行しています。
一度は乗ってみたいものですね。

桜と西新宿の高層ビルを背景に収めたくて、駅の傍にある踏み切りで撮影しました。
三脚を立てると通行の邪魔になるため、全て手持ちによるものです。
勿論、鉄道敷地外からの撮影です。

新型ロマンスカー・VSE(50000形)

撮影地:小田急線代々木八幡駅付近(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D EF70-200㎜ f/2.8L USM(共通)
撮影データ:ISO400 1/800秒 f/6.3 補正なし(200㎜)

あと4枚掲載していますので、続きを読んで下さいね♪
この記事のURL | 鉄道 | CM(14) | TB(0) | ▲ top
菓子職人の心意気
- 2005/04/10(Sun) -
「人形焼」職人

IMG_6938.jpg

世田谷区にあるお菓子屋さんでのひとこまです。
老練な職人さんが、一心不乱に人形焼をこしらえていました。

勿論、撮影は許可をいただいております。
店内は暗かったのですが、外光と蛍光灯のみで撮影しました。
ストロボ?そんなものを使ったら、職人さんの仕事に支障が出ますから・・・

撮影地:東京都世田谷区
撮影機材:キャノンEOS20D TAMRON SPAF28-75㎜ f/2.8XR Di

あと3枚掲載していますので、続きを読んで下さいね♪
この記事のURL | その他 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
光が丘公園の木
- 2005/04/08(Fri) -
憩いの場所

IMG_3359.jpg

我が家から歩いて15分ほどのところに「光が丘公園」があります。
面積は 607,823.73平方メートルもあり・・・なんだかピンと来ないですが、とにかく広いというよりは巨大な空間です。
そこにはいろいろな木があり、季節の花は咲き、芝生広場などもあって、住民の憩いの場になっています。

撮影地:東京都練馬区「光が丘公園」(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D TAMRON SPAF28-75㎜ f/2.8XR Di
撮影データ:ISO100 1/100秒 f/4.0 -1.0補正(75㎜)

あと5枚掲載していますので、続きを読んで下さいね♪
この記事のURL | 木のある風景 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
月光のイメージ
- 2005/04/07(Thu) -
月光に咲く「枝垂桜」

IMG_4278.jpg

埼玉県小川町「西光寺」の枝垂櫻です。
月明かりに華麗に咲く・・・と言いたいところですが、実際にはよく晴れた日の午前10時に撮影したものです。
初めてご覧になった方は、「何で?」と思われたことでしょう。
さて、どのようにして撮影したのでしょうか?

撮影地:埼玉県小川町「西光寺」(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D EF70-200㎜f/2.8L USM(共通)
撮影データ:ISO100 1/160秒 f/8.0 -1補正(75㎜)PL使用

あと4枚掲載していますので、続きを読んで下さいね♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
櫻の里「樹林公園」
- 2005/04/06(Wed) -
山桜の競演

IMG_3768.jpg

樹林公園は山桜(あるいは里桜)が多く咲く、珍しい公園です。
外周道路は染井吉野が植えられていますが、これは公園として整備されてからのものです。
公園として開放される前は米軍基地だったことが影響しているのかもしれません。
山桜もいろいろな種類があるため、正しい品種は分かりませんが、恐らく5種類以上はあると思います。
シーズンともなれば、市民が思い思いの場所でお弁当を広げる光景が目に付きます。

撮影地:埼玉県和光市「樹林公園」(共通)
撮影機材:キャノンEOS10D TAMRON AF28-200㎜f/3.8~5.6XR(共通)
撮影データ:ISO200 1/200秒 f/8.0 -1.0補正(69㎜)PL

あと5枚掲載していますので、続きを読んで下さいね♪
この記事のURL | 花の写真 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
小川町に咲く山野草
- 2005/04/05(Tue) -
カタクリ

IMG_4356.jpg

今日はいい天気でしたので、しつこくも「西光寺」の枝垂桜を撮影しに行きました。
西光寺傍のカタクリはもう終わりですが、地元の方が「もう一つの方はまだ咲いているよ」と教えてくれましたので、急遽そちらへ向かいました。
行ってみたら「凄い!」の一言です。
かなり広い面積に可憐な花がたくさん咲いていました。
花期が終わっているものも多かったのですが、これから咲く蕾もありましたのでもう少し楽しめそうです。

撮影地:埼玉県小川町(共通)
撮影機材:EOS20D EF17-40㎜f/4.0L USM
撮影データ:ISO100 1/400 f/4.0 -1.0補正(17㎜)PL使用
この記事のURL | 花の写真 | CM(12) | TB(0) | ▲ top
栗駒山麓の春
- 2005/04/04(Mon) -
菜の花と栗駒山

IMG_0909.jpg

栗駒山は岩手県北部にある岩手山と肩を並べるほど有名な山です。
標高は1627.7mあり、岩手、宮城、秋田、山形の四県境にまたがるコニーデ型の休火山です。
岩手県側では須川岳、秋田県側では大日岳と呼ばれています。
360度眺望できる山頂からは、鳥海山、月山、蔵王連峰、秋田駒ヶ岳、早池峰山を望むことができます。

撮影地:岩手県栗駒山麓(共通)
撮影機材:キャノンEOS10D TAMRON SPAF28-75㎜f/2.8XR Di
撮影データ:ISO100 1/20秒 f/22.0 補正なし(75㎜)
この記事のURL | 花の写真 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
枝垂櫻を訪ねて(2)
- 2005/04/03(Sun) -
西光寺の枝垂櫻Ⅱ

IMG_3897.jpg

昨日に続いて、今日も埼玉県小川町にある「西光寺」へ行って来ました。
家を出発したときは晴れていたのに、現地に着いたら曇ってしまいました。(泣)
きっと日頃の行いが悪いせいでしょうね。
二日続いての撮影ですから、昨日とは少し切り口を変えました。
時折薄日が射しましたが、やはり太陽光が燦燦と降り注いでこそ立体感が表現できますね。

撮影地:埼玉県小川町「西光寺」(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D TAMRON SPAF28-75㎜f/2.8XR Di
撮影データ:ISO400 1/250秒 f/7.1 補正なし(44㎜)
この記事のURL | 花の写真 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
枝垂櫻を訪ねて(1)
- 2005/04/02(Sat) -
西光寺の枝垂櫻

IMG_3761.jpg

埼玉県小川町にある西光寺へ行って来ました。
時折薄日が射す生憎の曇り空でしたが、枝垂櫻は五分咲きでなかなかの風情を醸し出していました。
この西光寺は曹洞宗の寺院で、室町時代の後期に開創されたとのことです。
境内には「カタクリの花」が咲き、最盛期はかなりの人出になります。

撮影地:埼玉県小川町「西光寺」(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D TAMRON SPAF28-75㎜f/2.8XR Di(共通)
撮影データ:ISO200 1/500秒 f/5.6 補正なし(48㎜)

ROUTE254 西光寺
この記事のURL | 花の写真 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
樹林公園に咲く花(1)
- 2005/04/01(Fri) -
サンシュユ(山茱萸)

IMG_3599.jpg

我が家から歩いて15分ほどのところに「樹林公園」という場所があります。
元々は米軍基地だったものが返還されて、その一部が公園として整備され、一般に開放されています。
春はシナマンサク・梅・山茱萸・辛夷・木蓮・桜と私たちの目を楽しませてくれます。
私たち市民の憩いの場として、これからも末永く存続して欲しいと思います。

さて、この花の名前の由来ですが、漢名の山茱萸(さんしゅゆ)をそのまま音読みして、サンシュユになりました。
茱萸(しゅゆ)とは、呉茱萸(ごしゅゆ)の別名といわれ、茱萸(しゅす)というように読んだ場合には、サンショウの実を意味するといわれています。

撮影地:埼玉県和光市「樹林公園」(共通)
撮影機材:キャノンEOS20D SFEF135㎜f/2.8
撮影データ:ISO200 1/2,000秒 f/4.0 -0.7補正

和光樹林公園
 本文にあるリンク先は切れています
この記事のURL | 花の写真 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。